2005年03月31日

「隣人13号」モンスター中村獅童

隣人13号」がそろそろ公開らしく、TVCMが始まった。
大分前に観たけれど、いつだったかと調べてみたら、2004年の8月5日!
随分前に試写会して、リサーチに時間をかけたんだなと感心した。
映画は、メール当選したスニークブレビュー(覆面試写会)。
普通スニークブレビューと言っても、ヒントや公開日時が匂わせてあったりして、大体調べれば何の映画かわかるものが多い。
しかし、この時は本当に何の情報もなく、会場入りして、実際にフィルムが回り始めてもまだ、わからない!という状況だった。会場入りすれば、ポスターとか貼ってあったり、チラシの中に入っていたりするかな? 何て思っていたけれど、どれもなし。
隣人13号 隣人13号DVD

私はホラー映画がダメで、予告も見られないほど恐がりだから、「もしホラーだったらどうしよう!」と本気で心配していた。
映画上映後、15分程度のアンケートに答える事が条件になっていたのだけれど、もし本当にホラー映画だったら、「申し訳ないけれど、観られません!」と断って、早々に退場する心づもりまでしていた。そして・・・。

映画の始まりがすごくホラーかスプラッターっぽかったから本気でビビッた!でもタイトルが出て、そのタイトルの原作漫画と、近々映画化される事を何となく知っていたからちょっと興味も出たし、ホッとした。

原作は井上三太の「隣人13号」。それまで井上三太作品を読んだ事はなかったし、松本大洋のいとこで、画風と雰囲気が似ているという位しか知識がなかった。家族が好きで、帰ったら家に原作があった。
スニークプレビューは女性がほとんどだったから、きっとターゲットは女性だったのだろうと思う。何故? という気もする。観た限り、およそ女性向けでないから。だからこそ、女性の意見を聞きたかったのだろうけれど。

隣人13号 1 (1) 隣人13号 1 (1)

映画は小学校時代のいじめから凶暴な人格と二重人格になり、復讐するようになる男の話。
元の人格を小栗旬が、凶暴な人格を中村獅童が演じる。二人一役という難しい役を、違和感なく見せるのはCM、ミュージックビデオ等のディレクターで、今作が初映画となる井上靖雄監督の手腕によるものだと思う。

不快感をあおる映像と演出で、全編嫌な気分にさせられたけど、結末がどうなるのかと引っ張る力はあったのと、ラストが思っていたのとは大分違うイメージに展開していったのと、それが救いか。

中村獅童が怪演していた。今までクセが強いだけだと思っていたけれど、とても上手かった。
普通に演技出来るのね、と思ったけど、普通じゃない役だから、はまるのかな。
この映画の二日前に観た「モンスター」のシャーリーズ・セロンとても近いものがあった。
モンスター 通常版

シャーリーズ・セロンも、上手いなあ、とは思っても、どの役も違和感があってあまり好きではなかったけれど「モンスター」は怪演だった。
「モンスター」の演技と容姿を観て、今までの違和感は彼女の美しさによる物だったのか、と思った。
ここまで醜くしないと演技力が表に現れない程の美しさ、と言えるのか、スタイル良くて背も高いし、普通の俳優と絡んでも何か釣り合わない気がしてどうも居心地が悪い感じ。
「モンスター」ではそこを逆に活かして、体の大きさも威圧感となって凄まじかった。
「隣人13号」の中村獅童は、登場シーンから、しばらくするまで、彼と似ているなと思ったけれど、確信が持てなかった。
特殊メイクをしている事を抜かしても、それほど彼の演技力が凄まじく、本物の変態にしか見えなかったから。
「これ、誰!?」と思っていて、それが中村獅童だと気づいた時には、驚きと共に爽快感すら感じた程。やってくれるよな!と。

そして、「モンスター」のシャーリーズ・セロン同様、あそこまで醜くしなければ表に現れてこない演技力という物もあるのかなという結論に達した。

内容、見せ方や映像が結構、相当にエグいので、途中で席を立つ女性がいるかと思ったけれど、最後まで誰も退席しなかった。

「モンスター」試写会では途中退席するカップルがいたけれど、私から観るとこちらの方が耐えられない人がいそうな気がする。

物語がいじめ問題に深く関わるものなので、多くの人に観て欲しい気もするけれど、暴力描写の激しさは結構なものがあるから、誰にでもと勧められる映画ではない。
それとも、「いじめとはこれほど残虐なことなのだ」と、そういう観点で観れば問題の深刻さを受け止める助けになるのか?

今、実際にいじめられている人やいじめている人、過去にいじめられてきた人、いじめてきた人は、この映画を観ようと思うのだろうか。

色んな意味で、本当のスニークブレビューはとても意義のある、観る側に価値のある上映方法だと改めて感じた。

隣人13号 SANTASTIC ! BOX 隣人13号 SANTASTIC ! BOX
SANTASTIC!プロデュース 十三⇔13号へチェンジ可能な超リアルフィギュア+感涙特典満載の特製BOX仕様の2枚組DVDセット。井上三太&井上靖雄「ドキュメント・オブ・隣人13号」R-15指定の限定DVDBOX。

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 04:39 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(9) | 日本映画
この記事へのコメント
TBありがとうございました。

「モンスター」のシャーリーズ・セロン…凄かったです!
そして今回の中村獅童も!!

単なるホラーにはない「おぞなしさ」が現実のものとの境にあり怖かったです。

では、またお邪魔しますね。
Posted by purple in sato at 2005年12月13日 00:10
ちょっと内容の古い記事にTB,コメントありがとうございます!
痛すぎるシーンが多くて、非常に観ているのが辛い映画でしたが、ちょっと拍子抜けの感もあるラストで救われたような気がします。
中村獅童さんは、この映画で見る目が変わりました。勿論良い意味で!
Posted by bakabros at 2005年12月13日 03:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10171094

この記事へのトラックバック

隣人13号
Excerpt: 『キレそうな 自分の心に 深呼吸』 『きみだって いいとこあるよ 大丈夫』   「・・・・・おい!ヤリすぎだろうっ!!」   小学校の頃、赤井トールからひどいイジメを受けていた村崎十..
Weblog: 色即是空日記+α
Tracked: 2005-12-04 13:04

隣人13号
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★☆  あなたの中に『隣人』はいますか?  
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2005-12-04 18:06

FUN×3 1/2
Excerpt: 「隣は…鉄人28号で…ホッ」
Weblog: FUN×5 ??五つの楽(fun)を探して??
Tracked: 2005-12-05 23:36

隣人13号
Excerpt: DVDで、出演:中村獅童/小栗 旬/新井浩文/吉村由美/石井智也/松本 実/劇団ひとり/村田 充/三池崇史/原作:井上三太/脚本:門 肇/監督:井上靖雄/作品『隣人13号』を観ました。 ●ストー..
Weblog: Rohi-ta_site.com
Tracked: 2006-01-09 05:09

映画『隣人13号』
Excerpt: 井上三太のコミック『隣人13号』、そこに流れる過激な血は、『ファイト・クラブ』(1999)や『オールド・ボーイ』(2004)のモチーフともなっている・・。 少年時代に受けたイジメが凶..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-05-10 00:58

隣人13号 06年129本目
Excerpt: 隣人13号 2004年  井上靖雄 監督  井上三太 原作中村獅童 、小栗旬 、新井浩文 、吉村由美 、石井智也 、三池崇史 カリスマ漫画家・井上三太 の人気コミックを実写映画化したサイ..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2006-07-09 13:43

イジメっ子の見た地獄とイジメられっ子の地獄/『隣人13号』
Excerpt: ●隣人13号 ●原作;井上三太(幻冬舎コミックス刊) ●監督:井上靖雄 ●脚本:門肇 ●撮影監督:河津太郎 ●アニメーション監督:井上卓 ●出演;中村獅童/小栗旬/新井浩文/吉村由..
Weblog: 活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世
Tracked: 2006-10-26 23:20

隣人13号って怖いの?
Excerpt: サイコ・サスペンス邦画 ホラー映画初心者のすけきよです。賛否両論ある作品「隣人13号」見ました。 あらすじ:かつていじめられっ子だった村崎十三は、一見穏やかな青年に成長し、建築現場の仕事..
Weblog: ホラー映画って呪怨が怖いの?
Tracked: 2007-05-01 18:07

隣人13号
Excerpt: {amazon}  昨今、ありがちな多重人格障害を扱った映画『隣人13号』 これだけ多重人格系がテーマになりやすいのは、前回も書いた 通り、高度情報化社会による共同体の崩壊が大きな原因と思われ..
Weblog: 悩み事解決コラム
Tracked: 2007-11-07 12:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。