2005年06月01日

「オープン・ウォーター」

ow.jpg新宿明治安田生命ホール。「オープン・ウォーター」試写会。
サンダンス映画祭で注目を集め、当初全米19都市47館の限定公開が、話題が話題を呼び全米2079館での拡大公開となったというのを聞いて、是非試写会で観なければ(劇場公開では観たくない)と思っていた。
主催はブレンダ/ランティエ。エクステとミュール、ミニスカのギャルと、年配夫婦(!?)が目立つ客層。
映画は観る前、「低予算で、ただ二人が海の中でキャーキャー言ってる、"ブレア・ウィッチ・プロジェクト”のサメ版だろう」とタカを括っていた。
実際、その通りの展開なのだけれど、ちょっと様子が違う。
これは、観てもらわないと何とも言えないのだけれど、話題作、問題作、と言われる所以は確かにあった。

この映画に大して想像する期待度が低いレベルだった為、始まりから暫くも全く期待感が持てず、珍しく(初めてかも)、時計を観ながらの鑑賞となる。
上映時間が79分という事もあって、ささっと終わるのだろうと。
もちろん、初めからググッと映画に引き込まれればそんな事はしなかったのだけれど、どうにもこうにも、意味がないと感じられる映像が淡々と流れるだけの序盤にすっかり飽きてしまい、後は時間とのカウントダウンに。
しかしこの前編が、ラストに効いてくるので、全く意味がないわけではなかったと、見終わってから気づいた。
それにしても、長い。「あー、もういいから、早く海に入ってよ!」「で、サメが出て来るんでしょ!? 」という投げやりな体勢に。
ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の時は、もっと初めから緊張して、物語を嘘物とわかりながらもついて行っていたけれど。

まあ、敵が目に見えないお化けなのか、現実的なサメなのかというのも大きい違いだけれど、でも、「ジョーズ」は始めからずっと、もっと怖かったよな〜、とか色々考える。

気になったのは、デジタルカメラのあんまりにも下手過ぎるズームアップ。画面に水滴が着くのも気になった。
その手法で主人公二人を撮るのはわかるけど、「関係ない同乗者とか、なんでピントズレしてるの!?」とか思うけれど、きっと意味があるのだろう。という事にする。

上映から25分、やっと遭難する。
40分、最初にサメに遭遇しちょっと噛まれる。
55分、がっつりかまれる。
60分過ぎ、やっと遭難が判明する。
そして。。。。

こうやって時間経過を追ってネタバレしても、きっとこの映画の醍醐味は、劇場で全編観てみないと理解出来ないだろうと思う。

上映後、エンドロール終了後のあの客席のどよめき!あの、驚きとも笑いとも疑問とも怒りとも取れない微妙で複雑などよめきを、是非映画館で体験して貰いたい。

こればっかりは、たとえ全編の内容を人から聞いていて知っていても、例えエンディングを細かく聞いて知ってしまっていても、始まりから終わりまで、劇場でお金を払って見た人にしか味わえない何とも言えない"わだかまり"が残るのだ。
試写会場でこの反応なのだから、映画館ならその倍、驚きや落胆や疑問も大きいし、楽しめると思う。
ただの低予算のパニックムービーかと思いきや、それだけで終わらない何かがある。
それが、計算された物なのか、偶然の産物なのかは別にして。

こういう映画も面白いなあと、映画の楽しみをまた拡げられたような気がした。

オープン・ウォーター ブレア・ウィッチ・プロジェクト デラックス版 ジョーズ 30th アニバーサリースペシャル DVD-BOX (初回限定生産)

オープン・ウォーター ブレア・ウィッチ・プロジェクト デラックス版
ジョーズ 30th アニバーサリースペシャル DVD-BOX (初回限定生産)

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 18:52 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(9) | 外国映画
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
『上映後、エンドロール終了後のあの客席のどよめき!あの、驚きとも笑いとも疑問とも怒りとも取れない微妙で複雑などよめきを、是非映画館で体験して貰いたい。』
   ↑
同感です。

又、よろしくお願いします!

Posted by Johennes at 2006年02月12日 01:28
Johennesさま。
映画が終わった瞬間、騒然としていましたね。
試写会場でもあのどよめきだったので、映画館ではさぞ面白い事になっているのでは!? と期待していました。
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願い致します!
Posted by bakabros at 2006年02月12日 03:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

オープン・ウォーター 今年の233本目
Excerpt: オープン・ウォーター こ、こわい、、、 だからあたしは、海は嫌いなの。ダイビングする人の気持ち、わからないでもないんだケド、あたしは海が怖い、、、ぁ、泳げるし、潜れますyo、、、魚なんか、ほんの小..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2005-12-08 02:55

オープン・ウォーター
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  大海原にぽつねんと2人きり
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2005-12-08 22:56

オープン・ウォーター
Excerpt: 製作年度 2004年 製作国 アメリカ 上映時間 79分 監督 クリス・ケンティス 脚本 クリス・ケンティス 音楽 グレーム・レヴェル 出演 ブランチャード・ライアン 、..
Weblog: タクシードライバー耕作のDVD映画日誌
Tracked: 2006-06-05 04:40

映画『オープン・ウォーター』
Excerpt: 原題:Open Water 事実に基づくドキュメンタリー風の作品なのに、静かに進む物語なのに、思いっきり見事なアンダーヘアーを惜しげもなくみせて、すばらしい・・・ スーザン(ブラン..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-07-08 02:15

オープン・ウォーター
Excerpt: この映画が実話を基にした遭難映画だということは知ってましたが 何かのレビューに「一人だけだと気の毒で終わってしまうが、二人だとドラマが生まれる」 と書かれてあり、面白そうだったので観てみました。 ..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2006-07-18 22:27

オープン・ウォーター
Excerpt: オープン・ウォーターposted with amazlet on 06.11.21ポニーキャニオン (2006/07/19)売り上げランキング: 33957Amazon.co.jp で詳細を見る お..
Weblog: 日々エンタメざんまい!
Tracked: 2006-11-22 14:40

オープン・ウォーター@我流映画評論
Excerpt: 今回紹介するのは、若き才能を発掘することで有名なサンダンス映画祭で注目された、低予算・実話の映画『オープン・ウォーター』です。 まずはストーリーから・・・
Weblog: ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
Tracked: 2007-12-12 02:50

『オープン・ウォーター』を観たぞ〜!
Excerpt: 『オープン・ウォーター』を観ました実際に海で起こった惨事を、CGや特殊技術を一切使わずに映像化したサスペンス・スリラーです>>『オープン・ウォーター』関連原題: OPENWATERジャンル: サスペン..
Weblog: おきらく楽天 映画生活
Tracked: 2009-05-20 08:14

オープン・ウォーター
Excerpt: オープン・ウォーターは1998年1月25日。 オーストラリアのグレート・バリア・リーフで起きた実際の事件を基に作られた。 低予算で作られたインディペンデント系のこの映画は、サンダンス映画祭でも話題..
Weblog: Patsaks
Tracked: 2009-09-29 15:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。