2008年09月26日

『トウキョウソナタ』

落ちて行く濃密な空気感は、決して居心地悪くない。映画を観ながら、安心してこの家族と一緒に壊れて行ける、『トウキョウソナタ』

トウキョウソナタ(竹書房文庫た1-1) (竹書房文庫 た 1-1) トウキョウソナタ(竹書房文庫た1-1) (竹書房文庫 た 1-1) 
ホラー映画のイメージが強い黒澤清監督が、今回はじめて“家族”をストレートに描いたホームドラマ。2008年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞作品。

tokyosonata1.jpgセリフでなく状況で笑わせられる。
笑えないようなシーンで笑いが起こり、深刻なシーンですら笑いがこぼれる。
すんなりと映画の世界へ入り込み、家の一員になったような気分。
焦燥感をつのらせながらも、いつかはこの、冷めてきたお風呂みたいに生暖かい、家族のテーブルへ戻れるという安堵を感じさせてくれる。

なんとかなると、生きていればなんとかなると、大きな手で背中を押され、手を引っ張って貰っているみたい。
登場人物達の右往左往を見守る監督の、家族を見つめる目の温かさがフィルムににじみ出ているようでした。

tokyosonata2.jpg香川照之さんは、壊れかけた佐々木家の中で、リストラされたことをひた隠しにしながらも虚勢を張る父親役を全身で表現されていて、目が離せませんでした。
ビール一杯の飲み方までが、憎らしいほどに饒舌。それを見守っている母親と息子達の無言のひと時が、この家族の全てを表しているような凄いシーンでした。
『TOKYO!』で、これまでで一番良かったと書きましたが、この映画もとても良かったです。私が香川照之さんの良さに今頃はじめて気がついたのかも??
表情やしぐさ、動作のひとつひとつが、オーバーなようでいて無駄がなく的確に気持ちを表現していて、まるでパントマイムのダンスを観ているようでした。

tokyosonata3.jpgピアノのシーンは、今まで観た映画の中のどのピアノのシーンよりも美しくその音色が心に響きました。
ずっと席を立ちたくないような、余韻を残すエンディングロールが心地よくて、終わり方も素敵でした。


母親役の小泉今日子さんは、夫を立て、家族に尽くす母親像が新鮮なイメージ。
終盤、どんどん変化して行く様子にはドキッとしました。

オーディションで選ばれた息子役の二人、長男・貴役の小柳友さんと次男・健二役の井之脇海さんは、二人ともとてもさわやかで、初々しさがリアルで良かったです。小柳友さんのやさしげな瞳と井之脇海さんのクールな目つきが印象的でした。

父親の友人役の津田寛治さんは印象を深く残す演技。
井川遥さんは誰もが憧れるピアノの先生のイメージそのままでぴったり。
次男の小学校の教師役、アンジャッシュの児嶋一哉さんもイマドキの先生っぽくて良かったです。
役所広司さんは「らしい」役柄で登場。登場しただけでなぜか笑いが起こっていました。どんな役でも説得力のある演技はさすがです。

脚本はオーストラリア出身のマックス・マニックスさんと、劇場用長編映画初参加の田中幸子さんと黒澤清監督。
プロデュースはEntertainment Farmとフォルテシモ。
フォルテシモはオランダを拠点にした映画の制作・セールス会社で、ウォン・カーウァイ作品やジム・ジャームッシュ作品などの製作会社として知られ、邦画を手がけるのは今回が初めてだそう。二社のプロデューサー二人から、「この映画の監督に黒澤清監督を」という依頼があったそうです。

アカルイミライアカルイミライ』がずっと気になっていたのですが、黒澤清監督作品だったんですね。今すごく観てみたいです。






ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 22:30 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(21) | 日本映画
この記事へのコメント
bakabrosさん、お久しぶりです。
日本に帰ってました。新宿をぶらついてる時、もしかして、bakabrosさんもベビーカーを押しながら歩いてるかもしれないなぁ、と思ったりしました。

これ、シアトルの映画祭にくると思ってたのですが残念ながらきませんでした。日本でみようと思えば見れたけど、行った映画館では上映してなくて「ポニョ」を観て来ました。イマイチでした〜。

「アカルイミライ」は、浅野さんがよかった。でも、作品自体はよくわからなかった。黒沢明監督作品は「キュア」が好きです。
Posted by ひとみ at 2008年10月27日 23:48
ひとみさま。
お久しぶりです♪
日本に帰られていたんですよね。ブログ読んでました(^^)
帰国時にもしっかり映画を鑑賞されて、ひとみさんの映画へのはまりぶりは相変わらず凄いですね〜!
『トウキョウソナタ』、東京で観るのとシアトルで観るのと、どんな感じがするのか両方で観てみたいですね。
『ポニョ』は歌がお気に入りです♪ 
『アカルイミライ』、すごく気になってます。
『キュア』も面白そう。黒澤清監督のサスペンスって、独特の重苦しさというか、人間の底にある恐ろしさみたいなものが漂っていて、すごく見応えありますね!


Posted by bakabros at 2008年10月28日 17:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[映画『トウキョウソナタ(舞台挨拶付き)』を観た]
Excerpt: ☆この映画のロケ地として、MOVIX昭島を含む複合ショッピング施設<モリタウン>が舞台として選ばれていたので、ここで舞台挨拶が行なわれるようになったそうである。 あらかじめ予約していたので、超満員だ..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』
Tracked: 2008-09-27 19:33

トウキョウソ\ナタ(ネタバレ注意)
Excerpt: {amazon} <br />  本日公開初日の映画『トウキョウソ\ナタ』を観てきました。<br /> 自分が支持する監督の一人である黒沢清監督作品で<br /> 『ニンゲン合格』以来?の家族もの作品です。<br /> 世界の黒沢と言われる..
Weblog: 悩み事解決コラム
Tracked: 2008-09-27 21:25

トウキョウソナタ
Excerpt: トウキョウの小さなマイホームで暮らす四人家族。 リストラされたことを家族に話せない父。 何だかいつもつまらなそうな母。 アメリカ軍へ入隊する兄。 こっそりピアノを習う弟。 ごく普通に暮らしていたはずな..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2008-09-27 23:43

*トウキョウソナタ*
Excerpt: {{{   ***STORY***          2008年  日本 健康機器メーカー、総務課長として働く佐々木竜平は、人事部に呼び出され、リストラを宣告される。突然の出来事に、呆然としたまま帰..
Weblog: Cartouche
Tracked: 2008-09-28 18:12

トウキョウソナタ◆黒沢清監督が描く「家族の風景」
Excerpt:        「トウキョウソナタ」 (2008年・日本/オランダ/香港) サッシから吹き込む強風が室内をかき乱す。雨水が床を濡らす。窓辺に駆け寄った主婦はびしょ濡れの床を拭きとり、サッシを閉めるが..
Weblog: 好きな映画だけ見ていたい
Tracked: 2008-09-29 16:35

トウキョウソナタ
Excerpt: カンヌ国際映画祭ある視点部門審査員賞受賞作、に惹かれて観にいく。黒沢清監督作品は「CURE」以来かな。なんてことはない、線路脇の普通のサラリーマン家庭、両親に子供二人の佐々木家。一見ごくごく普通の家庭..
Weblog: まてぃの徒然映画+雑記
Tracked: 2008-09-29 20:44

トウキョウソナタ
Excerpt: 「トウキョウソナタ」観てきました。 「ボクんち、不協和音。」 ソナタ 独奏曲、または室内楽曲の形式の一つ。 不協和音しか奏でられない家族に、演奏をまとめる指揮者が現れたのでしょうか? この演奏..
Weblog: へでいくっ!
Tracked: 2008-09-29 23:35

トウキョウソナタ
Excerpt: ボクんち、不協和音。 上映時間 119分 脚本 マックス・マニックス/黒沢清/田中幸子 監督 黒沢清 音楽 橋本和昌 出演 香川照之 小泉今日子/小柳友/井之脇海/井川遥/津田寛治/児嶋一哉/役..
Weblog: to Heart
Tracked: 2008-10-03 01:36

『トウキョウソナタ』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「トウキョウソナタ」□監督・脚本 黒沢清 □脚本 Max Mannix、三浦幸子 □キャスト 香川照之、小泉今日子、小柳友、井之脇海、井川遥、津田寛治、役所広司■鑑賞日 9月..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2008-10-05 09:20

「トウキョウ ソナタ」家族の不協和音
Excerpt: 「トウキョウ ソナタ」★★★☆ 小泉今日子 、香川照之 主演 黒沢清 監督、2008年、119分 地下鉄に乗り、同じ方向へ行く他人と それぞれの場所へ、 その繰り返しをいつもは..
Weblog: soramove
Tracked: 2008-10-06 07:42

「トウキョウソナタ」家族という貯金
Excerpt: 「そんな権威、捨てちゃえっ」総務課長の佐々木さんは一回り年下の上司との面接で「中国大連に支店を作るのであなたの仕事はなくなります」といわれ、その上で「あなたはどういう仕事をして会社に貢献してくれますか..
Weblog: 再出発日記
Tracked: 2008-10-06 23:22

アカルイミライ?『トウキョウソナタ』
Excerpt: 東京の一戸建てに暮らす、ごく普通の4人家族が抱える問題を描いた作品です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2008-10-07 19:50

『トウキョウソナタ』
Excerpt: 監督:黒澤清 CAST:小泉今日子、香川照之、小林友 他 カンヌ映画祭「ある視点部門」 審査員賞受賞 平凡なサラリーマンの佐々木竜...
Weblog: Sweet*Days**
Tracked: 2008-10-11 19:46

トウキョウソナタ
Excerpt:     = 『トウキョウソナタ』  (2008) = 仕事に没頭する毎日を送る、平凡なサラリーマンである佐々木竜平(香川照之)は、ある日突然、長年勤め上げた会社からリストラを宣告されてしま..
Weblog: サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画
Tracked: 2008-10-12 00:25

トウキョウソナタ
Excerpt: こんな家族・・・どこにでもありそうな無さそうな・・・ 夫婦に息子2人〜夫は会社員、どこにでもいそうな中間管理職。 家では家長・父親としての威厳を大いにふるってる。 妻は専業主婦、夫に尽く..
Weblog: future world
Tracked: 2008-10-19 23:21

トウキョウソナタ
Excerpt: 《トウキョウソナタ》 2008年 日本映画 平凡な4人家族、しかしそれぞれいろん
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2008-10-22 20:44

トウキョウソナタ♪
Excerpt:   日本映画初!! カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞 受賞! 「トウキョウソナタ」、海外での評価の高い黒沢監督が初めて真っ向から挑む親と子のドラマは、現代日本の家族を映し出した意欲作。 ..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2008-10-24 01:13

トウキョウソナタ 2008-60
Excerpt: 「トウキョウソナタ」を観てきました〜♪ 健康器具メーカーの総務課長として働く佐々木(香川照之)は、或る日部長から呼び出され、リストラを宣告される。突然の出来事に、妻の恵(小泉今日子)に言い出せな..
Weblog: 観たよ〜ん〜
Tracked: 2008-10-30 06:53

【映画】トウキョウソナタ
Excerpt: ▼動機 予告編にて興味を引かれたため ▼感想 難しいなぁ・・・ ▼満足度 ★★★★☆☆☆ むずかし ▼あらすじ 仕事に没頭する毎日を送っている平凡なサラリーマンの佐々木竜平(香川照之..
Weblog: 新!やさぐれ日記
Tracked: 2008-11-02 09:06

mini review 08357「トウキョウソナタ」★★★★★★★☆☆☆
Excerpt: 東京に暮らす、ごく普通の家族がたどる崩壊から再生までの道のりを、家族のきずなをテーマに見つめ直した人間ドラマ。『回路』などで知られる黒沢清監督が、累積したうそや疑心暗鬼などにより、ありふれた家庭を壊し..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2009-03-15 02:40

香川照之 小泉今日子 井之脇海 / トウキョウソナタ
Excerpt: ワケもなく空中散歩 毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのハルカリ担当、ブロッケンです。 黒沢清脚本・監督の映画『...
Weblog: 中川ホメオパシー 
Tracked: 2010-05-18 14:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。