2008年11月16日

『BOY A』

『BOY A』自分以外の全てのものに、過去の自分を偽り続ける。彼のまとう空気は、時に瑞々しく、時にはヒリヒリと突き刺さってくる。ピンと張りつめた濃密な空気感は、明け方の澄んだ空気のよう。

Boy A Boy A
英国期待の若手作家ジョナサン・トリゲルの受賞小説を、『ダブリン上等!』のジョン・クローリーと脚本マーク・オロウのコンビが映画化。
  
少年の頃に起こした大罪。その罪はいつか赦されるのか? 彼が過去にした事を知った時、周りの人間達の、彼に対するそれまでの感情は変わるのか?

過去に罪を犯し、生まれ変わろうとしている青年ジャック。
人生の半分以上を刑務所で過ごした彼にとっては、大人になり出所した今、外界の全てが初体験。
初めてのクラブ、デート、恋愛。
普通に出逢い、友人になり、恋人になった人に、もし犯罪者という過去があったら……。
それも、国中を敵に回すような大罪だったら。
更生し、生まれ変わり、普通に暮らす事を認められ、新しい人生を生きて行けるのか? 
boy a
(c)THE WEINSTEIN COMPANY ,FILMFOUR CUBA PICTURES
彼が体験するひとつひとつの出来事が、とても丁寧に描かれるので、すっと感情移入して行きます。
まるで少年のまま大人になったような彼の仕草、はにかんだ笑顔に惹き付けられます。

彼のとまどい、喜び、悲しみ、苦悩を、彼と一緒に体験して、彼と同じようにうちひしがれて、絶望を味わう。

彼の気持ちと、周りの人々が彼を恐れる気持ちの両方がわかるので、結局どうしたら良いのか、良かったのか、答えは出せません。
ただ、ジャックという青年を知れば知るほど、彼が犯した罪との印象が繋がらなくて、彼を赦し応援したくなります。

彼が過去にした事は、最後に明かされますが、それもはっきりとは示されません。
おそらく、こうだったんだろうなとは推測できますが、それをワイドショウ的にまず知らされたら、多くの人がそうであるように、理由なくただ彼の罪を憎み、彼自身を攻撃していたかもしれない。そういう人間の本能と、再生する力、信じる心、人間の奥底に眠る色んな感情を掘り起こし、問いかけられる映画でした。

主演のジャック役にはロバート・レッドフォード監督の『大いなる陰謀』の新星アンドリュー・ガーフィールド。ジャックの後見人テリーを演じるのは、『マイ・ネーム・イズ・ジョー』の名優・ピーター・ミュラン
ジャックを息子のように愛し見守る一方、実の息子とはぎくしゃくしてしまう父親像が実にリアルでした。息子の焼きもちの焼き方も、イタいけど、よくわかります。

ジャックが恋するミシェル役のケイティ・リオンズは、グラマラスで母性の象徴のような迫力があって、とても良かったです。

11月、渋谷シネ・アミューズほか全国順次ロードショー
http://www.boy-a.jp/

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:43 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(4) | 外国映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109749255

この記事へのトラックバック

BOY A
Excerpt: BOY A (2007)今回の映画は、「BOY A」です。本作「BOY A」は、長い間社会から切り離された青年が新たな人生を歩み始める姿を描くヒューマンドラマです。監督は「ダブリン上等!」のジョン・ク..
Weblog: 映画DVD・映画ブルーレイ「やわらか映画」
Tracked: 2008-11-17 23:23

『BOYA』
Excerpt: シネトレさんの公認ブロガー試写会で、渋谷のシネカノン試写室に『BOYA』の試写を観に行ってきました。精神的にダメージの大きい作品だけれど、すごく色々なことを考えさせられる映画だと思う。********..
Weblog: cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー
Tracked: 2008-11-27 02:42

「BOY A 」過去も自分自身、そして未来も
Excerpt: 「BOY A 」★★★☆ アンドリュー・ガーフィールド、 ピーター・ミュラン主演 ジョン・クローリー 監督、2007年、イギリス、107分 「子供の頃に犯した犯罪により 少年院に入..
Weblog: soramove
Tracked: 2008-12-21 16:42

BOY A
Excerpt:  『僕はここにいても、いいの?』  コチラの「BOY A」は、11/15公開となった”胸が痛いほどにエモーショナル。瑞々しく衝撃的なブリティッシュ・インディーズの感動作”なのですが、観て来ちゃい..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2008-12-28 17:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。