2006年01月04日

東京駅の駅弁「東京」「冨有の華」

あけましておめでとうございます! 今年もどうぞよろしくお願い致します。

年末年始は京都へ行って来ました。
京都シリーズ第一弾は、東京駅の駅弁です!

31日の朝10時頃に東京駅に着きましたが、八重洲口前のお弁当売り場はもの凄い混雑で、ずっと前から食べてみたかったお目当てのお弁當「大人の休日」(2千円)は売り切れ!もうやだ〜(悲しい顔)
もう一つ目を引いた「極附弁当」(3千8百円!)も売り切れ!ふらふら
という事で、見本の写真を吟味して、一番おいしそうだった2つを買いました。
tokyobento.jpgtokyop.jpg
まずは「特選弁当 東京」千円
あさりご飯がおいしい! アナゴのにぎり、小松菜炒めもいいし、特にハマグリ煮がおいしかったです♪

新幹線で食べる駅弁は、旅の醍醐味の一つですね。
というか、結構それが一番の行き帰りの楽しみだったりします。

fuyunohana.jpgfuyuhanap.jpg
もう一つは吹き寄せ弁当「冨有の華」(ふゆのはな)千3百円
いくらの乗った帆立昆布ご飯が薄味でとてもおいしい!
姫鯛白醤油焼き、牡蠣甘辛煮、鱈酢漬けなどどれもおいしかったです。
鮭の天玉揚げ、紫芋の素揚げ、むかご磯辺揚げなど珍しい料理に、目もお腹も大満足♪
こちらはお値段的にもリーズナブルで、いろんな物を少しずつ食べたい人にお勧めします。
おしながきがついていたので数えてみたら、23品目も入っていました!
勿論一品に複数の食材が使われている物もあるので、30品目は超えているのではないでしょうか。「駅弁って、栄養バランスもいいんだなあ」と改めて思ったのですが、塩分は結構高そうですねたらーっ(汗)

rokkakudou.jpgkane1.jpg
大晦日は六角堂の鐘をつきました。丁度零時頃に近所にいたので年が変わる頃に鐘をつく事ができました!
京都で除夜の鐘を自分でつくなんて、とても貴重な体験をする事が出来て、幸先の良い一年のはじまりになりました。かわいい

美味駅弁紀行―郷土自慢の食材競演 駅弁の丸かじり
美味駅弁紀行―郷土自慢の食材競演
駅弁の丸かじり




ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 18:25 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 1/87600食
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

駅弁も「豪華一点主義」へ!? 1人前3800円の駅弁が連日完売
Excerpt: 【YOMIURI ONLINE】に「駅弁の高級化が進んでいる」という主旨の記事が掲載されていた。駅弁といえば「ご当地名物+お茶」のセットで1000円プラスαというのがイメージされるが、記事によると1個..
Weblog: Garbagenews.com
Tracked: 2006-07-02 17:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。