2006年01月09日

京都先斗町『たき井』後編・ふぐコース

前回に引き続き京都先斗町の割烹『たき井』から“フグのコース”です。
tessaul.jpgtessa3.jpg
まずは“てっさ”! ふぐのお刺身です。今まで一度しか食べたことがなくて、しかも居酒屋のつまみだったのですが、こちらの“てっさ”は透けていながらも意外と厚みがあって、一枚で食べても充分な食べ応えがありました!
コリッコリッとした新鮮な身の歯応えがたまりません。
皮とゼラチン質の部分がまた旨い! コラーゲンたっぷりでお肌もツヤツヤ!

nabenofugu.jpgtettiri2.jpg
ふぐの鍋“てっちり”です。 ふぐの鍋を頂くのは初めてです。
結構ふぐの身がたっぷり入るんですね。綺麗に丸めて茹でられた白菜、ネギ、エノキ茸、椎茸、マロニー、豆腐、湯葉が入ります。ポン酢をお鍋のダシで薄めて頂きます。
“てっちり”初体験の感想は、まず、フグの身のおいしさに驚きました!
“てっさ”などの「歯応えだけの食べ物」のようなイメージは完全に覆されましたね。
「淡泊な白身魚のような物だろう」と思っていたら、全然違う! 身はプリッと引き締まり、弾力があってとってもおいしいんです!「これがふぐなのか!?」と思いました。

yakifugu.jpgfugukara.jpg
“焼きふぐ”“ふぐの唐揚げ”です。
“焼きふぐ”はかぼすを絞っただけで頂きましたが、こちらも独特の旨味と歯応えでとてもおいしかったです。普段焼き魚には大量の大根おろしが必要な自分ですが、ふぐに大根おろしはいらなかった! お醤油もいらないし。お酒のつまみに最高ですね

fuguzosui1.jpg
“てっちり”の締めは雑炊です。
テーブル上で作るのかと思いきや、一通り食べ終わった頃に店員さんが「雑炊にします」と言って鍋ごと持って行かれました。それから結構時間がかかって、綺麗なふぐ雑炊になって出てきたのは15分後位。鍋の最後は、もっと濁っていたような気がしたお出汁が、すっきり透明になって出てきたような気がして、「これはさっきの鍋とは違う、雑炊用のお出汁で一から作られた物か!?」とか「さっきの鍋を濾したんだ!」「いや、マロニーの切れ端が入っているから、これはさっきの鍋に違いない」とかしばらく鍋探偵ごっこをしていましたが、食べてみたらそのあまりの美味しさに、“鍋すり替え事件”はどこかへ飛んでいきました!

凄くあっさりしたお味で、でも充分にふぐの繊細なお出汁が出たとても味わい深い雑炊に驚きました。普段自宅で作る鍋の後の雑炊は、出汁醤油などで味を付けて濃い目にしますが、こちらの雑炊は、本当にふぐから出た出汁そのまんまで、そこに玉子を入れてとじた物でした。
その上品なおいしさに京都の味を感じました。

全体的に感じたのは、「ふぐってその身自体がとってもおいしいんだ!」という事。
“てっさ”は勿論、“焼きふぐ”“唐揚げ”そして“てっちり”とどんな調理をされても、ふぐ自体のおいしさが際だって感じられました。ふぐがどうして高級料理なのかがわかった気がします。ふぐのフルコースを堪能して、ふぐ大好きになりました♪ 今度はいつ食べられるかわからないけれど、この思い出だけで10年くらいは暮らせそうです!

かわいい『たき井』前編 お正月の特別コース“花”コースを頂きました。かわいい

京都人だけが食べている 京都人だけが食べている
京都の両親が日頃から食べている物が載っている本です。これがほんまもんの京都グルメや!

プリッとした食感がたまらない美味しさ!本場の美味しさをお手頃価格で!下関とらふぐ刺(大皿2... 大満足!とらふぐ満腹セット 1kgセットが2セット
位置情報楽天ふぐランキング第一位!プリッとした食感がたまらない美味しさ!本場の美味しさをお手頃価格で!下関とらふぐ刺(大皿2枚)
位置情報楽天ふぐランキング第三位!大満足!とらふぐ満腹セット 1kgセットが2セット 
このお値段ならふぐを思い出だけで終わらせないかも!?

レストランたき井
京都市中京区先斗町四条上ル下樵木町199−1
075-213-3153
営業時間 12:00〜14:00、17:00〜23:00(L.O.22:30)※昼は予約のみ営業
定休日 月休(祝の場合営業、翌休)



ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 19:47 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 1/87600食
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。