2006年05月06日

「TAKESHIS'」

新文芸座にて「TAKESHIS'」鑑賞。
「オペレッタ狸御殿」との二本立てで観ました。
濃い二本立てだな〜、と心配していましたが、先に観た「オペレッタ狸御殿」が思いの外面白く、頭をほぐされた心地良い状態での鑑賞になりました。
こちらも「難解」と聞いていたので覚悟してしましたが、想像していたよりはわかりやすかったです。

TAKESHIS’ TAKESHIS’サウンドトラック

テレビ界の大物スターである“ビートたけし”と、売れない芸人でコンビニ店員のフツーの男、”北野武”の2人の主役が、虚構と現実を行き来してすれ違い、時に入れ代わる。
他の周りの登場人物も、ほぼ全員が1人2役以上を演じ分け、混乱させますが、結局いつも“武”の目線に戻ってくるので、“たけし”と“武”だけを見ていれば、割とすんなりと入ってくる、意外とシンプルなストーリーのような気がしました。

鈴木清遜監督の頭の中を垣間見たような「オペレッタ狸御殿」と同じく、こちらも北野武監督の頭の中を覗いているような、刺激的でとても興味深い映画ですが、「オペレッタ狸御殿」と違うのは、全てがミニマムにまとまって、内向的であること。タイトル通り、武ーTAKESHIS'ーの頭の中身を見せたいけれど、そのままやるのは恥ずかしいのでわざとわかりにくくしました、という印象を受けます。

特にストーリー、メッセージ、言いたいことはないけれど、TAKESHIの心の叫びがスクリーンの向こう側から聞こえてくるような。

それはとても個人的で、独断的な気もしますが、こういう映画を撮れるのも、これまでの北野武監督の業績があるからこそだとも思いました。
監督も「『座頭市』でちょっと儲かったから、「好きな映画を撮らせて」って言って、撮らせてもらったんですけど、」と言っているし。
撮影中、体調が悪く、躁鬱がひどかったとかで、「ちょっと狂ってるけれど、オレは大傑作だと思ってる」んだとも。

明らかに台本なしのアドリブと思われるシーンや、自身のバイク事故を連想させるシーンなどにはドキドキさせられます。

その独りよがりも、恥ずかしがりも、冷たい叫びも、全て丸めて“武”監督の魅力です。彼の大ファンなので、「表情を観ているだけでもいい」というのもあります。

次は一体どんな作品を撮ってくれるのか、どんな作品を作ろうとも、取りあえず観るよ!と思える、とても魅力的な、数少ない監督さんの1人です。

TAKESHIS' TAKESHIS'
TAKESHIを500%体感するためには、最低5回は観なければカチンコ
濃いキャストの中で、木村彰吾さんが気になりました。

別冊カドカワ(総力特集)北野武 イチロー×北野武 キャッチボール 武がたけしを殺す理由 黒沢明、宮崎駿、北野武―日本の三人の演出家 
別冊カドカワ(総力特集)北野武
イチロー×北野武 キャッチボール
武がたけしを殺す理由
黒沢明、宮崎駿、北野武―日本の三人の演出家

余生孤独時効異形北野武「光」
北野武がSIGHTの連載だけに語った言葉、表情を多数収録した大好評の自叙伝シリーズ。
学生の頃にビートたけしのエッセイ本を読んで、自分の人生、生き方の基本が揺らぐ位、ガツンときた覚えがあります。普段自分のこと、本心を語らないからこそ、ふいにこぼれる言葉に感銘させられます。

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:59 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(6) | 日本映画
この記事へのコメント
こんばんは、お久しぶりです〜!
bakabrosさんもタケちゃんの大ファンとのことで嬉しいです(^-^)
まさに彼の作る作品なら、内容がどんなジャンルであれとりあえず観に行きますよね。
「あの夏いちばん静かな海」とか「キッズ・リターン」とかも印象的でしたが、
最初の「その男凶暴につき」が強烈でした。
これからどういう作品を送り出してくれるのか、ずっと見守りたいです。

余談ですが、私はダウンタウンの大ファンでもあるのですが(^^;
松ちゃんが今映画を撮っているらしくて、
完成したらきっとタケちゃんと比較されるんだろうなぁなんて思っています。
Posted by いも at 2006年05月08日 23:41
いもさま。こんにちは!
タケちゃんがなにをしようとも、とりあえず、ついていきます! という心持ちでおります☆
私も「その男凶暴につき」の衝撃は忘れられませんね〜。
私も、ダウンタウンも好きですよー♪
松ちゃんが映画を撮っているとは全然知りませんでした! 凄く楽しみですねー!! 
一体どんな作品になるんでしょうか!? 今から興味津々です♪
Posted by bakabros at 2006年05月09日 00:24
bakabrosさん、こんにちは♪

私は、今まで北野武をよく知らなくて誤解してたみたいです。(笑)
bakabrosさんの熱弁が伝わってきました。

最近、hana-biを観ました。
ツイターで呟やくだけじゃ足りなくて、ブログ作りました。
Posted by ひとみ at 2010年06月28日 13:27
ひとみさま。
北野武監督の作品は、映画によっても、大分イメージが違いますよね。
『HANA-BI』、北野武監督の色んな面を垣間みる事ができて刺激的な作品でした。
後でひとみさんのブログに寄らせてもらいますね♪
Posted by bakabros at 2010年07月09日 00:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17472263

この記事へのトラックバック

【 TAKESHIS' 】
Excerpt: ストーリーは難解で、追って行く内に何が何だか解らなくなること必須。 まぁそういう映画じゃないんでしょうがね、一般向けではありません。 ワケが解らないと思いつつも、最後まで飽きずに見られたのは北野..
Weblog: もじゃ映画メモメモ
Tracked: 2006-05-07 13:27

『TAKESHIS’』
Excerpt:  心理療法の一つに箱庭療法なるものがあります。  テレビなんかで取り上げられる機会も多いのでご存知の方も多いと思いますが、箱庭療法とはユング派の心理療法家の手によって考え出された心理療法の一つで小さ..
Weblog: 映画大陸
Tracked: 2006-05-07 21:58

映画「TAKESHIS'」
Excerpt: 北野武監督・ビートたけし主演の映画「TAKESHIS'」を観に行った。(11/9
Weblog: いもロックフェスティバル
Tracked: 2006-05-08 23:10

イチロー
Excerpt: イチロー関する厳選した記事を集めてみました。どうぞ!
Weblog: 芸能新聞【究極の芸能新聞!?】
Tracked: 2006-06-12 13:44

映画「TAKESHIS’」★★★
Excerpt: >映画「TAKESHIS’」★★★ 行ってきました、渋谷の映画館に。 水曜日のレディースデイだったので、割かし女性が多かったかも。 残念ながらパンフは売り切れていました。 こ..
Weblog: AI-z「出田直正(nao)の一日。」
Tracked: 2006-08-18 08:05

TAKESHIS’(タケシズ)
Excerpt: {amazon}  今年の第62回 ベネチア国際映画祭でサプライズ上映時に賛否両論と なった映画『TAKESHIS’』を早速鑑賞して来ました。 以下ネタバレ要注意。  鑑賞後すぐは、正直つ..
Weblog: 悩み事解決コラム
Tracked: 2007-11-07 12:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。