2006年05月25日

『ブロークン・フラワーズ』

『ブロークン・フラワーズ』新宿武蔵野館にて鑑賞。
ジム・ジャームッシュ監督、ビル・マーレイ主演。かつてのプレイボーイの中年男が昔の恋人を訪ね歩くというストーリーと、共演女優達の顔ぶれにもとても期待していた作品です!

ブロークンフラワーズ Broken Flowers: Music from the Film
ブロークンフラワーズ
Broken Flowers: Music from the Film


結婚に踏み切れないドン(ビル・マーレイ)に愛想を尽かした恋人シェリー(ジュリー・デルピー)が家を出て行った日に届いた、差出人不明のピンク色の封筒。
ドンが浮き名を流したのは20年前。かつての恋人が秘かに産み育てていたという息子探しの旅が始まる。ピンクの封筒と赤いタイプライターの文字だけが頼りの母親探し。果たして、ドンは息子の母親を捜し出すことが出来るのか!?

ドンは何事にも受け身で、何をするにもまず隣人のウィンストン(ジェフリー・ライト)に相談し、彼の意見にはことごとく反対するくせに、最後には言うことを聞いてしまいます。旅の日程やホテルの予約も全て任せ、彼の用意したルートを辿っていく旅車(セダン)

ドンは本当に寂しいヤツで、携帯でも、ホテルの電話でも、かかってくるのはウィンストンだけ、というのがおかしかったわーい(嬉しい顔)

現在の恋人役のジュリー・デルピーから、かつての恋人を演じるフランセス・コンロイ、シャロン・ストーンティルダ・スウィントン、大御所ジェシカ・ラングまで、30代から50代の大女優達が、それぞれに個性的な役柄を演じて楽しませてくれますかわいい
シャロン・ストーンの娘ロリータ役のアレクシス・ジーナと、ジェシカ・ラングの秘書役クロエ・セヴィニーは10代、20代かと思いきや、22歳と31歳でした。あともう1人、花屋のサン・グリーンも気になります。彼女は一体いくつなのでしょうか?

そんな中ゴージャスな女たちの中でも一番魅力的なのは、ビル・マーレイexclamation×2
終始情けない困り顔だけれど、かつての恋人と再会する、初めの瞬間だけ瞳の色が変わる目ぴかぴか(新しい) 
愛と色気を湛えた、男の視線になるのがたまらなくキュートで、全てを許すシャロン・ストーンの役柄の気分になってしまいますキスマーク
旅の途中で出逢う女達全てに男として反応している姿がまたおかし悲し。

ビル・マーレイは、昔の作品だと『恋はデジャ・ブ』が最高です。

恋はデジャ・ブ

軽いコメディという位置づけらしいですが、私にとってはタイムスリップ系ラブストーリーの名作!
 
『ブロークン・フラワーズ』を観ていて、ビル・マーレイが何度もビートたけしと重なりました。天才的なのに、照れ屋で、生きているのが恥ずかしいような佇まいが似ているな、と思っていましたが、えくぼとか、顔まで似ているように見えました。ただ単に、好みのタイプなだけかな黒ハート
本当は色んな事が出来るのに、諦めがちでやる気のない男が、ある日ちょっとしたやる気を見せる。そんな力の抜けた風情がたまらなく魅力的です。

ジム・ジャームッシュ監督作品は、『コーヒー & シガレッツ』の前に観たのは、『ナイト・オン・ザ・プラネット』かな? という位久し振りです。『ストレンジャー・ザン・パラダイス』や『ダウン・バイ・ロー』とか、その当時は衝撃的でした雷

ジム・ジャームッシュ作品集 DVD-BOX 1989-1999 ジム・ジャームッシュ / アーリー・コレクションDVD-BOX (初回限定生産)
ジム・ジャームッシュ作品集 DVD-BOX 1989-1999
ジム・ジャームッシュ / アーリー・コレクションDVD-BOX (初回限定生産)

初DVD化の「パーマネント・バケーション」と「ストレンジャー・ザン・パラダイス」「ダウン・バイ・ロー」を収録した初回限定豪華4枚組DVD BOX。あの頃のジャームッシュを今また堪能したいですCD


ジム・ジャームッシュ インタビューズ―映画監督ジム・ジャームッシュの歴史 ジム・ジャームッシュ インタビューズ―映画監督ジム・ジャームッシュの歴史
ジム・ジャームッシュも今や53歳! ビル・マーレイが55歳ですから、見た目も本当に若いですねexclamation&question
そんな彼も、いい歳になったのでしょうか。

特に何も起きず平坦なストーリー展開。確かに主人公ジョンの心の中では何か変化が起きているのだろうけれど、それが外に向かってこない
バックパッカーへの助言は、最大限の発信だったのかもしれませんが、父親として、未知の世界の息子へ向ける言葉としては、ちょっと物足りない気がしました。

大家族の隣人、ウィンストンとその家族達のキャラクターと、ジョンとの関係はとても良かったです。エチオピアの音楽も良かったるんるん
力の抜けたストーリー展開で人生の悲哀を漂わす、雰囲気作りはさすがです。

ただ、比べてしまうと『ロスト・イン・トランスレーション』の方がずっと好き。あの映画があったから、今、ビル・マーレイ主演のこの映画が出来たのでは? などと思ってしまいました。
これからも色んなビル・マーレイを観てみたいですハートたち(複数ハート)

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 15:29 | 東京 ☔ | Comment(4) | TrackBack(18) | 外国映画
この記事へのコメント
『恋はデジャ・ブ』、懐かしいです。
ぼくも、あの時間ファンタジーはタイプでした。
でも、ここに紹介されている画像を見ると、
まだまだあの頃は若かったんだなあ。
Posted by えい at 2006年05月26日 23:36
えいさま。
本当に若いですね! 主演女優がアンディ・マクドウェルというのがまたいいです。
今なら『恋はデジャ・ヴ』と書くのかな? とか思ってしまいました。
Posted by bakabros at 2006年05月27日 00:27
 こんばんは。マーレイは適役でしたね〜。ジャック・ニコルソンや中尾彬みたくギラギラしてないとこがポイントだった気がします。それにしてもアレクシス・ジーナは22歳なんですね。確かに「ロリータ」ですw

 犬のウィンストンも黒犬だったり、最後の車の青年の風貌に「よく見つけてきたな〜」と思ったらエンドロールで素性が明かされたり、細かい遊びも充実してて大満足でした。
Posted by UT at 2006年05月31日 03:09
UTさま。こんにちは♪
ビル・マーレイの為に書かれた脚本という感じがするほど、はまり役でしたねー☆
ラストの車の青年、って、全然わかりませんでした!
UTさんのコメントから調べてみると……、とんでもない事実がっ!?
そうなると、ストーリー自体が変わってくるような気もしますが、そんな色んな事でも謎を残してくれたこの映画への愛着が更にわきました♪
Posted by bakabros at 2006年05月31日 05:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18327221

この記事へのトラックバック

ブロークン・フラワーズ BROKEN FLOWERS
Excerpt: カンヌ国際映画祭2005 審査員特別グランプリ受賞 ビル・マーレイ、シャロン・ストーン、フランセス・コンロイ、 ジェシカ・ラング、ティルダ・スウィントン主演 ドン・ジョンソンはIT産業で成功..
Weblog: travelyuu とらべるゆう MOVIE
Tracked: 2006-05-25 19:32

映画館「ブロークン・フラワーズ」
Excerpt: 「20年前にあなたの子供生んだの」なんて手紙が来たら、ビビリますよねぇ??。でも、その気持ちって女の人にはわからない感情ですよねぇ。女だったら、自分が知らないうちに自分の子供がどこかにいるなんてことな..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2006-05-25 20:35

ブロークン・フラワーズ/BROKEN FLOWERS
Excerpt: 2005年カンヌ国際映画祭グランプリ獲得! というと期待しちゃうけど、 ジョニーデップの「デッドマン」はじめ、今まで苦手なのが多かった ジム・ジャームッシュ監督の、長編としては6年振りの新作 というの..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2006-05-26 02:05

『ブロークン・フラワーズ』
Excerpt: ※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----ジム・ジャームッシュ、久しぶりの長編だね。 確かこの監督とはあまり相性がよくなかったので..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2006-05-26 23:37

ブロークン・フラワーズ
Excerpt: ブロークン・フラワーズ ジム・ジャームッシュ監督/ビルマーレー主演 脇役に、「バスキア」のバスキアの人。 「氷の微笑」のシャロンストーン。 ナルニア王国物語の、白い人(氷の女王) 豪..
Weblog: +ひこ的映画感想+
Tracked: 2006-05-27 07:58

【 ブロークン・フラワーズ 】
Excerpt: 自分の息子がいるというピンク手紙を貰い、昔の恋人たちを訪ねる旅に出るロードムービー。主演はビル・マーレイ。 相変わらずのオフ・ビート感は変わらないねジム・ジャームッシュ監督。ビル・マーレイの何と..
Weblog: もじゃ映画メモメモ
Tracked: 2006-05-29 00:42

映画「ブロークン・フラワーズ」
Excerpt: 原題:Broken Flowers この映画、またまたビル・マーレイが、"ロスト・イン・トランスレーション"してるよね。あのポーカーフェイスのまんまで、哀愁に満ちた時が過ぎる・・..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-06-01 01:55

★「ブロークン・フラワーズ」
Excerpt: ビル・マーレイ主演。 このおっさん、間抜けな役が多いよね。 なにせ、「ゴースト・バスターズ」ですから・・ 本作品公開にあわせ、テレビ東京で昼間放映してたけど・・・ 相乗効果で客の入りが、良いん..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2006-06-01 22:30

『ブロークン・フラワーズ』・試写会
Excerpt: 今日は某ラジオ局のサイトで当選した 『ブロークン・フラワーズ』の試写会に行ってきた。 《私のお気に
Weblog: しましまシネマライフ!
Tracked: 2006-06-03 23:00

映画〜ブロークン・フラワーズ
Excerpt:  「ブロークン・フラワーズ」公式サイト2005年度カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品一通のピンクの手紙によって19歳になる息子の存在を知った中年男のドン・ジョンストン(ビル・マーレイ)が、まだ見ぬ息子..
Weblog: きららのきらきら生活
Tracked: 2006-06-06 22:44

マッチ・ポイントとロスト・イン・トランスレーション
Excerpt: マッチ・ポイントとロスト・イン・トランスレーションの紹介。
Weblog: 1日1分!留学への英語-編集後記-
Tracked: 2006-06-07 11:45

FRED PERRYの上下です【ブロークン・フラワーズ】
Excerpt: ここ数年、いい具合に枯れてきたビル・マーレー。 以前はあの脂っこさに拒絶反応を
Weblog: 犬も歩けばBohにあたる!
Tracked: 2006-06-13 16:10

ブロークン・フラワーズ
Excerpt: 『ブロークン・フラワーズ』 あらすじ 『かつては多くの女性たちとの恋愛を楽しんだ、元プレイボーイのドン・ジョンストン。中年となった現在も、ドンは気ままな独身生活を謳歌していた。そん..
Weblog: 39☆SMASH
Tracked: 2006-12-03 11:12

ブロークンフラワーズ
Excerpt: ジム・ジャームッシュ「ブロークンフラワーズ」です。 今も昔もプレイボーイのドンにピンクの手紙が届く。そこには「あなたの息
Weblog: ○o。1日いっぽん映画三昧。o ○
Tracked: 2006-12-20 11:04

ブロークンフラワーズ
Excerpt: ジム・ジャームッシュ「ブロークンフラワーズ」です。 今も昔もプレイボーイのドンにピンクの手紙が届く。そこには「あなたの息
Weblog: ○o。1日いっぽん映画三昧。o ○
Tracked: 2007-01-19 12:04

ブロークンフラワーズ
Excerpt: ジム・ジャームッシュ「ブロークンフラワーズ」です。 今も昔もプレイボーイのドンにピンクの手紙が届く。そこには「あなたの息
Weblog: ○o。1日いっぽん映画三昧。o ○
Tracked: 2007-02-19 14:39

「ブロークン・フラワーズ」
Excerpt: 「ストレンジャー・ザン・パラダイス」や「コーヒー&シガレッツ」などで知られる米国の才人、ジム・ジャームッシュ監督が2005年に撮ったヒューマン・ドラマ「ブロークン・フラワーズ」。中年男性がかつて愛した..
Weblog: シネマ・ワンダーランド
Tracked: 2007-03-11 17:34

ブロークン・フラワーズ/Broken Flowers(映画/DVD)
Excerpt: [ジム・ジャームッシュ] ブログ村キーワードブロークン・フラワーズ(原題:Broken Flowers)キャッチコピー:人生は思いがけない驚きを運んでくる製作国:アメリカ製作年:2005年配給:キネ...
Weblog: 映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評
Tracked: 2010-02-16 02:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。