2006年07月08日

『ゲド戦記』

『ゲド戦記』試写。ジブリ作品の『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』は好きですが、それ以降の作品からはあまり期待しないように。でも、どんなストーリーでも楽しめるシーンが必ずあるので、その期待値は毎回高くなる一方でもあります。
今回の『ゲド戦記』は、宮崎駿監督の息子、宮崎吾朗氏の初監督作品という事で、その辺りも非常に気になるところです。

ゲド戦記 ゲド戦記 特別収録版
ゲド戦記
ゲド戦記 特別収録版

原作は『指輪物語』『ナルニア物語』と共に世界3大ファンタジーと呼ばれるアーシュラ・K・ル=グウィンの小説。
ゲド戦記 全6冊セット ゲド戦記 3 さいはての島へ
ゲド戦記 全6冊セット
ゲド戦記 3 さいはての島へ
6巻にわたる物語から、ゲド戦記 3 さいはての島へをベースにスタジオジブリが映画化権を獲得。実現までは紆余曲折があったそうです。
絵はアニメーターが描くのだろうから、宮崎駿監督のものと似て当然なのかと思っていましたが、宮崎吾朗監督が描かれているそうです。監督が決まるまでのいきさつや、宮崎駿的な絵についてなど、宮崎吾朗監督の書く『ゲド戦記』監督日誌で詳しく語られています。

子による親殺し、親による子供の虐待、犯罪が横行して人間が売り買いされる世の中。「人間達の頭が変になっている」バランスの崩れた世界は、まさに現代の姿であるという事。
生きること、死んでいくことの意味を問いかけられ、大賢人ハイタカと偉大な王の息子アレン、捨てられた少女テルーとの間で、この問題が禅問答のように繰り返されます。

テルーの唄 (ゲド戦記 劇中挿入歌) スタジオジブリ・プロデュース 「ゲド戦記歌集」 ゲド戦記・オリジナルサウンドトラック
テルーの唄 (ゲド戦記 劇中挿入歌)
スタジオジブリ・プロデュース 「ゲド戦記歌集」 手嶌 葵のファーストアルバム。
ゲド戦記・オリジナルサウンドトラック
宮崎吾朗監督がその歌声に惚れ込み、全くの新人ながら主役テルーの声優に抜擢し、『ゲド戦記』の女神とまで呼ぶ手嶌葵さんの歌う『テルーの唄』は、すごいです。
映画の挿入歌として、たっぷり2コーラス、3コーラスに入るまでを聞かせてくれます。
わらべうたのようにシンプルだけど力強い歌詞とメロディ。そして、人の声には、確かに何か特別な力があると信じずにはいられなくなるほどに心を動かされる歌声でした。

まるで魔法をかけられたように、心が透きとおり、落ち着かされて、開かれていく。赤ん坊の頃に聴いた子守歌のよう。ゆりかごに揺られるように心地良い一時でした。
こんな素晴らしい歌を唄う、彼女の歌声を是非生で聴いてみたいと思いましたが、アニメのテルーという人物を通して聴いたあの歌声だからこそ、真っ直ぐと入ってくるのかもしれないと後から思いました。

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 20:55 | 東京 🌁 | Comment(28) | TrackBack(98) | 日本映画
この記事へのコメント
毎度です。突然の押しかけトラバ、すみませんでした。
私にとっては久々の劇場鑑賞でしたが、同時にこんなにも「もう一度観たい」と思わせてくれた作品も久々。
ちなみに、吾郎氏は絵コンテとレイアウトなので、直接作品に登場する絵は描かれていません。ご自身でもぶっちゃけられてますが、アニメに関しては完全にシロウトさんのようです。だからこそできた“新たな感性の、若いジブリ作品”だと私は思っています。
Posted by よろ川長TOM at 2006年07月10日 10:48
よろ川長TOMさま。毎度いらっしゃいませ♪
忘れた頃にやってくる、よろ川長TOMさんからのトラバ、いつも楽しみにしていますよ☆
吾郎氏は絵コンテとレイアウト、という事は、やはりアニメーターがあの絵柄を直接描かれたという事なんですね。吾郎氏も「つい絵柄が駿的なものになってしまう」と言うように、ジブリのアニメーターさん達にもあの画は染みついているのかな。
原作を知らないのですが、自らの闇と闘い苦悶する主人公とういストーリーがなかなか良かったです。吾郎監督の次回作も是非観てみたいです!
Posted by bakabros at 2006年07月10日 13:40
 忘れた頃にコメントもつけてしまうワタシです。(^_^;)
 先日深夜帯に『ブレイブストーリー』のメイクネタをやってたのを用事しながら観ていたのですが、どうもGONZOらしくないなあ、と思ったらクリーチャーなどの有機物までCGで描いてたんですね。
 CGと言っても、手描き線をスキャナで取り込んで着色するキャラクターとレンダリングのキャラクターを組み合わせるのは、大昔にはよくあったセルアニメと実写の合成みたいなものなので、これでは違和感出て当然です。ゲーム世界っぽく見せたくてあえてそれを狙ったにしても、リアルな3Dクリーチャーと二次元っぽい主人公では使い方が逆ではないかと思われます。
 この『ゲド戦記』でもGONZOが参加してますが、かれらの最も効果的な活躍の場はやはりヒトの手では絶対に描ききれないダイナミックな表現による背景動画で、複雑かつ立体的にめまぐるしくうつり変わるカメラワークや精密な動きを見せる戦車などの無機物が、手描き仕立てのこれまた緻密な演技をするキャラクターと絡むとほんとにすざまじい作品になるのです。
 おそらく、クライマックスの城での活劇シーンの背景などは間違いなくGONZOの仕事だと考えています。
Posted by よろ川長TOM at 2006年07月18日 16:39
よろ川長TOMさま。こんにちは!
『ブレイブストーリー』のメイキング録画しましたがまだ見ていません。

「ゲーム世界っぽく見せたくてあえてそれを.狙ったにしても、リアルな3Dクリーチャーと二次元っぽい主人公では使い方が逆ではないか」
まさに、そんな感じですね〜! 狙っている感じはなんとなくわかるんだけど、その効果があまり感じられないような気がしました。

『ゲド戦記』にもGONZOが参加していたとは知りませんでした!
それを踏まえてもう一度観てみたいです。
Posted by bakabros at 2006年07月19日 00:43
見てきました。
会場は超満員状態で、注目度がすごいんだな。。。って思いました。
子供向けだから。。。なーんて思って見てたのですが、コレは。。。大人向けですね。
淡々とした物語で、このまま最後まで行くのか?と思いきや、ラストは盛り上がって、なかなか楽しめました。
Posted by 百子 at 2006年07月25日 00:22
百子さま。こんにちは!
今までのジブリ作品のつもりで子供が見に行くと、どうなんだろう? とちょっと私も思いました。結構難しいセリフも多いし。子供達の感想を聞いてみたいです。
Posted by bakabros at 2006年07月25日 16:49
こんにちわ。
舞台挨拶付のカウントダウン上映で観てきて、嫌がおうにも盛り上がる予定が、ちょっとトーンダウンでした・・・ジブリ作品なんで酷評したくない気持ちが強いんですが・・・唯一の満足は、ジブリ独特の世界観とおっしゃるとおりあの唄ですね。
Posted by KORO at 2006年07月29日 14:33
KOROさま。こんにちは!
深く考えさせられるテーマについて、興味深く観ましたが、今までのジブリ作品のように誰にでもお勧め出来るような映画ではない気がしました。
特に子供さん方にはどうなんでしょうか?
子供客の感想を聞いてみたい作品ではあります。
Posted by bakabros at 2006年07月29日 16:06
お久しぶりです。
見て来ました。

見に行って良かったです。
「子ども向けでなく」
「誰にでもお勧め出来るような映画ではない」内容でした。

それこそ私が一度はジブリで見たいと思っていたポジション、世界観でした。
ああした翳に覆われた世界を、ジブリ以外で作り出し得るでしょうか?
最初から最後まで、客にも主人公にも説教を垂れ続けるような内容を、正面切って提示し続けられるでしょうか?
仮に出来たとして、それを発表する場があるでしょうか?
アレをわざわざ世界的に名の売れたジブリでやる事に意味があるのです。

この作品より、技術的に優れた作品は多くあるでしょう。
この作品より、良く出来た物語は多くあるでしょう。
この作品より、わくわくさせられるエンターテイメントは多くあるでしょう。

けれども、社会に対して責任を果たす、という信念を持ち、それを表明する事に意味のある立場にあって、それを実行しうる、と言う事はとても稀有な事だと思うのです。

今日は遅いので、こちらに挨拶して寝る事にしますが、久しぶりにブログを更新する気にさせられた、そういう作品であります。
Posted by めたろう at 2006年07月30日 01:10
めたろうさま。
こんにちは! お久しぶりです♪
「社会に対して責任を果たす」ということ、映画の中で語られる生死の意味や生き方について、深く考えさせられました。
ただの映画やアニメーションという枠を越えて、色んな問題を提起する作品ですね。

めたろうさんの『ゲド戦記』の記事とブログ更新、楽しみにしています♪
Posted by bakabros at 2006年07月30日 14:15
こんばんは。
ゲド戦記で検索してお邪魔しました。
TBさせていただきました。

テルーの声、良かったですね。
私も最後のテーマソングがよくてサントラ買いました。
作品としては、ジブリというブランドに期待しすぎた感がありましたが、
いまひとつテーマが絞りきれてなかったように感じました。
そんな私の心に残ったのはクモです(笑)。
あの闇の描き方はある種、共感できました。
Posted by ameixa at 2006年08月01日 01:20
ameixaさま。こんにちは!

予告編などでよく耳にはしていましたが、映画の中のアカペラの歌声は本当に魂に響くようで驚きました。
ネットでの評判はあまりよろしくないようですが、自分も含めて、観客の「ジブリ作品」に対する期待感が大きすぎるせいもあるのかなと思いました。
それにしても、その期待に今まで応え続けてきたスタジオジブリってやっぱり凄いですね!
ameixaさんの記事の中で“クモが男性”だと判明して、今頃やっとすっきりできました♪
Posted by bakabros at 2006年08月01日 01:24
宮崎アニメが好きで、ほとんどの作品を観ています。特に「天空の城ラピュタ」はお気に入り。わりと分かりやすい作品が好きです。今回の「ゲド戦記」は、ジブリ作品の中でも好きな作品になりました。
でも、「ゲド戦記」の原作は長いのですから、映画も三部作くらいにしてもよいかな?
Posted by 漂流者 at 2006年08月06日 11:43
漂流者さま。
ラピュタ、ナウシカ、もののけに千と千尋といった今までの作品が、『ゲド戦記』からイマジネーションをうけて作られていたんだな、という事を強く感じました。
三部作くらいにして、じっくりと描いて欲しかったかなと私も思います。
Posted by bakabros at 2006年08月06日 21:17
はじめまして!TB有難うございました。「ゲド戦記監督日誌」面白そうですね。パンフレットだけでは、わからない吾朗監督の苦労話がわかりそうですね。
手嶌葵さんの「テルーの唄」本当に良い歌でした。土曜日深夜NHKで放送された「夏・歌」に彼女出演して「テルーの唄」歌っていました。やっぱり、素晴らしかったです。
Posted by キュブ零 at 2006年08月06日 23:10
キュブ零さま。
監督日誌は始めから読むと凄いボリュームですが、是非第一回から読んで欲しいです。
監督の熱い志や、彼を取り囲む状況、映画にまつわる事の裏側が覗けてとても興味深いです。

あ、土曜日NHK、見逃しました! 残念。
彼女がアカペラで歌っているところを、いつか生で聞いてみたいです。
Posted by bakabros at 2006年08月06日 23:36
TBありがとう御座いました。

こちらからもTB試みたのですが、2回失敗しています。下記TBのURLを入れるだけではいかんのでしょうか?

それにしても「ゲド戦記」の酷評ぶりは凄まじく、たまに出入りする
「たけくまメモ」においても、
ホストの竹熊さんが書いた酷評記事に
常連の論客が我が意を得たりと同意の大合唱。

普段信頼している書き手、荒らしばかりしているヒールの書き手、皆「ゲド戦記」に関してだけはみな同様の論旨で憎悪を燃やしておるようで、ショックです。

だんだん自分が間違っているのでは無いかと思い始め、もう一度見に行きました。

やっぱり何がイカンのかわかりませんでしたが、どうもこれは、主人公が登場した時点で、というか導入部の暗黒面全開の絵作りで、感情移入できるかどうかフルイにかけられるようだなぁ、とか判った事も多かった。
どうも、宮崎駿ファンであればあるほど逆上するような作り方なのかもなぁ、とも思いました。

どちらかと言うと、高畑勲とか押井守の系譜に近いものを感じたのですが。

実は上記「たけくまメモ」でも大好評の「時をかける少女」が未見なので、
そちらを観てから考えを纏めたいと思います。あまりに出来が良いので考えが変わるかも知れませんので。
Posted by めたろう at 2006年08月08日 05:02
たけくまメモ
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/

アドレス抜けてました。
Posted by めたろう at 2006年08月08日 05:06
関係ないことで申し訳ありません。
以下は yahoo!の映画ユーザーレビュー(ゲド戦記)のことです。ネットの魔力は恐ろしいと思った。便利じゃない、匿名性とかの問題に私達が直面しなきゃいけないことがいっぱいあると思った。。。↓↓

★評価1(星1)は工作だそうですが。
皆さん工作して評価動かしてどうするんですか?(常識なのかもしれませんが)好評も悪評も工作なんですか???
悪評の工作員らしき方が、次のように書き込んでましたね。
「映画公開日からずっと☆1つで投稿してるのにぃ〜!yahooのアカウントも一人あたま500は作ってます、工作でも何でも良いでしょ!お願いします!出来高なので、評価を2点以下にしないといけないんです、
協力してぇ〜。」
とのこと。本当でしょうか?(素直に書きすぎ、、、)
星1がここまで重なっているのが異常だとおもうので、悪評の工作員説を信じます。
作品自体は、「1ってぇことはないだろ」だと思います。(でも5でもないと思うけど、、)
工作に対抗すべく、5を入れさせていただきます。(5を入れているほかの方も、1に対抗して平均を適切に上げたいのだろうと思います)
本編評価と関係なくてすみませんでした。

★評価5(星5)は工作だそうですが。
皆さん工作して評価動かしてどうするんですか?(常識なのかもしれませんが)
好評も悪評も工作なんですか???
好評の工作員らしき方が、次のように書き込んでましたね。
「作品自体は、「1ってぇことはないだろ」だと思います。(でも5でもないと思うけど、、)
工作に対抗すべく、5を入れさせていただきます。(5を入れているほかの方も、1に対抗して平均を適切に上げたいのだろうと思います)」
とのこと。本当でしょうか?(素直に書きすぎ、、、)
星5がここまで内容が薄いののが異常だとおもうので、好評の工作員説を信じます。本編評価と関係なくてすみませんでした。

★ふざけるな!こんな駄作で大衆から金を巻き上げさらにレビューで工作か!?いいかげんにしろ!!工作員やってる奴が「IDたくさんとって評判落としてました☆」なんて言うわけねえだろ!ボケ!!
何が「工作員はやっぱりいたのか」」だこの自作自演野郎!
隣に座ってた子供が「ポケモンがよかった〜」って親に泣きついてたぞ
制作期間半年程度の手抜き作品(もののけ姫は2年以上かけて作ってます)で客騙しやがって、全然面白くなかったぞ!金返せ!!

<<今までのはyahoo!の投稿です。評価でさえ操られていて、あまりにもおかしいし、やるせないし、苦しいし。。。
先ほど言った通り、これが、ネットの魔力(匿名性とか?)なのかもしれないけど、次から次へとぐちゃぐちゃになってきて…もうyahoo!に違反通告するのでさえしんどくなってきました。
ゲド戦記は、たしかに難しい。傑作だなんていえないかもしれない。でも、私は素直な、純粋な感想がほしかっただけだったのに!!ネットを利用して調べた私がバカだっただけなのかなぁ
もぉ、パソコンなんかいらなかったよ。おかしいよ、便利でもなんでもない!!
あなたは、このようなブログみたいなものをお持ちですが、ネット時代をどう思っているんですか??
意見を聞かせていただきたいです。

Posted by yuka at 2006年08月08日 10:23
めたろうさま。
トラックバック時に再構築されていますか?
少し前に機能が追加された時から、再構築しないとトラックバックが遅れなくなったみたいです。送信に時間がかかるんですよね……。これに懲りずにまた是非お願いしますね!

私は『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』もあまり入り込めなかったし、『もののけ姫』や『平成狸合戦ぽんぽこ』はそれなりに面白かったですが、TVで観たので、なんとも言えません。
なので、『ゲド戦記』にもそんなに落差は感じませんでした。

周りの騒ぎが大きくなるにつれて、「本当にみんなこんなにジブリが好きだったのか?」「どれだけ期待していたんだろう!?」という疑問が大きくなってきました。
これだけ多くの人に語られ問題となった事は、映画にとってどんな影響と意味があるのか、この作品に限ったことでなく、なんだか心配になります。

Posted by bakabros at 2006年08月09日 00:08
「時をかける少女」を見てきました。
結論から言うと、考え方変わりました。

上記の様な経緯で見に行った為か、この2つの作品には非常に共通点が多く感じられました。
この作品の監督細田守氏が「ハウルの動く城」を降板した事を思うと、因縁という言葉を使いたくなる程に近い要素がありました。
また比較論的なやり方で纏めてみるつもりです。

一方で、今回の騒動で、ジブリブランド、というより宮崎駿作品への人々の信仰の過剰さと、結果その裏返しとしての「ゲド戦記」叩き、という構図が大変興味深く、そういう視点も盛り込んで次の記事行って見たいと思ってますが、まとまるかなぁーー。 
Posted by めたろう at 2006年08月13日 00:06
めたろうさま。

『時をかける少女』は凄い映画なんですね。
あまり興味はありませんでしたが、見てみたくなりました。
「宮崎駿作品への人々の信仰の過剰さ」、本当に“信仰”という感じです。
めたろうさんの新たな視点での『ゲド戦記』記事、楽しみにしています!
Posted by bakabros at 2006年08月13日 22:06
自分とこの次の記事を上げる前に、
原作者ル・グインが14日に怒りのコメントを発表しまして、、、。
http://www.ursulakleguin.com/GedoSenkiResponse.html

なんだか、日本国内の不評と概ね同意見らしく。
うーむ。
これにて国内の傾向は確定してしまうかもしれませんなぁ。
Posted by めたろう at 2006年08月15日 07:49
めたろう様
ル・グインのコメント、これからじっくり読んでみたいと思います。
監督には直接
「It is not my book.
 It is your film.
 It is a good film.」と語られたそうですが、本当は別に言いたい事があったんでしょうか。
色んな見方や意見があるのは当然の事なので、良いにしろ悪いにしろ、自分の感じたままを大事にしていきたいな、と改めて思いました。
Posted by bakabros at 2006年08月16日 00:45
TBどうもでした〜♪
>人の声には、確かに何か特別な力がある
この部分は賛成です!手嶌さんの声が素晴らしいことも否定しません。でも、歌手としてはどうかな?ってのが僕の印象ですねぇ・・・
Posted by はっち at 2006年08月16日 16:24
はっちさま。
歌の上手い下手とかを全く考えずに、聞き惚れていました。そんな事は自分でも珍しい事です。
画と言葉と声とメロディの相乗効果の素晴らしさでしょうか。あの歌が素直に心に染み込んできた事が嬉しかったです。
Posted by bakabros at 2006年08月16日 23:40
はじめまして。
悪評ばかりまかり通っているようですが、そんなに悪い作品ではないですよね。
深くてとても好きです。
テルーの唄は歌詞が本当にいいです。
それだけでも吾朗さんの感性が分かると思うのですが…。
私もyahooの酷いレビューにショックを受けたので、「良かった」というブログを拝見して嬉しくなり、コメントさせて頂きました。
Posted by mai at 2006年08月22日 13:53
maiさま。はじめまして!

何故こんなにも多くの人が、そこまで悪評しているのか、本当に驚きました。
やはり期待の裏返しが大きいのだろうと思います。
テルーの唄、良いですねー♪ アカペラであれだけ聴かせるのは、歌声と歌詞とメロディ、そして画との幸福な出会いですね。
Posted by bakabros at 2006年08月22日 14:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20462179

この記事へのトラックバック

『ゲド戦記』・試写会
Excerpt: 今日は某雑誌で当選した 『ゲド戦記』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★★☆》 本当
Weblog: しましまシネマライフ!
Tracked: 2006-07-09 23:16

『ゲド戦記』やられた。素直でエネルギッシュに描くということの...
Excerpt: 『ゲド戦記』やられた。素直でエネルギッシュに描くということは、なんと説得力があるのだろうか。今の自称映画マニアは理屈っぽく醒めすぎているのではないかと思うことしばしば。見えぬものこそ、というコピーは深..
Weblog: よろ川長TOMのオススメ座CINEMA
Tracked: 2006-07-10 03:37

映画:ゲド戦記 試写会
Excerpt: ゲド戦記 試写会@一ツ橋ホール 「こころを何にたとえよう」 手嶌葵さんの『テルーの唄』が頭から離れない?? 劇中アカペラで歌うシーンは珍しいくらい長い。童謡のような懐かしいかんじの曲で高..
Weblog: 駒吉の日記
Tracked: 2006-07-10 11:13

映画vol.71『ゲド戦記』※舞台挨拶付試写会
Excerpt: 『ゲド戦記』(2006年公開)*試写会 監督:宮崎吾郎 声 :岡田准一 公式HP 『ゲド戦記』を試写会で観ました。 なんとなく..
Weblog: Cold in Summer
Tracked: 2006-07-10 14:52

ゲド戦記<試写会>
Excerpt: 試写会で観てきました。スゴイ人出でした。 <日比谷公会堂> 監督:宮崎吾朗 原作:アーシュラ・K・ル=グウィン 脚本:宮崎吾朗 丹羽圭子 美術監督:武重洋二 音楽:寺嶋民哉 うーん。 ..
Weblog: お萌えば遠くに来たもんだ!
Tracked: 2006-07-10 21:50

となりのトトロとは
Excerpt: 『となりのトトロ』は、1988年に公開されたスタジオジブリと徳間書店のアニメ映画作品です。失われてゆく日本の自然の美しさと、子供にしか見えない世界の不思議さと怖さを想像力豊かに描いて、観客の郷愁を呼び..
Weblog: 宮崎 駿 スタジオ ジブリがみたい!
Tracked: 2006-07-11 23:45

「ゲド戦記」に対する期待と不安(1)
Excerpt: 映画館にはいま、ミニパンフとでも言うべき「ゲド戦記」の6Pたてのカラーチラシが置かれている。公開初日まではまだ日があるが、私は試写会などを見るすべをもっていないので、それまではこのパンフと一回見た「ゲ..
Weblog: 再出発日記
Tracked: 2006-07-13 14:36

『ゲド戦記』
Excerpt: ----この映画って話題だよね。 なんと言っても宮崎駿を父に持つ宮崎吾郎が監督している。 「うん。しかも彼が第一回監督作品として選んだのが 『指輪物語』『ナルニア』と並び称されるファンタジー文学 『ゲ..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2006-07-14 00:03

『ゲド戦記』・・・試写会
Excerpt: 田舎の風や雨の匂い、火の香り、時には血の臭い… 今までのジブリの映画には何かしらの香りや匂いを 感じながら観てきたのですが、 この映画にはそれが感じられませんでした。 命の重さ。 生..
Weblog: 映画館で観ましょ♪
Tracked: 2006-07-17 10:42

『ゲド戦記』
Excerpt: 娯楽度[:テレビジョン:]         2006/07/29公開  (公式サイト)  満足度[:星:][:星:][:星:]  【監督】 宮崎吾朗 【プロデューサー】 鈴木敏夫 ..
Weblog: アンディの日記 シネマ版
Tracked: 2006-07-18 00:19

トトロの木
Excerpt: <div xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">先日のスクールコンサートで行った鮭川村立曲川小学校のすぐ近くに、あの有名なトトロの木がありました。
Weblog: あけちゃん★ぶろぐ
Tracked: 2006-07-18 23:41

ゲド戦記試写会
Excerpt: 昨日の話になってしまいますが、スタジオジブリ最新作『ゲド戦記』の試写会に行ってきました。 アメリカの女流作家アーシュラ・K・ル=グウィンの「ゲド戦記」シリーズをスタジオジブリが映画化したファンタジー..
Weblog: VIVA!MUSIC!
Tracked: 2006-07-19 23:53

風の谷のナウシカ
Excerpt: 風の谷のナウシカ 宮崎駿 久石譲 高畑勲 ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2003-11-19 売り上げランキング : 179
Weblog: Amazonマニア
Tracked: 2006-07-20 14:47

感想/ゲド戦記(試写)
Excerpt: きたよきたよジブリ! 駿の息子・宮崎吾朗が監督でナニかと超話題。周りの映画ライターは低評価出してたけど、どうなの『ゲド戦記』? 7月29日公開。 ゲド戦記 かつては同じ世界にいたヒトと竜。自由..
Weblog: APRIL FOOLS
Tracked: 2006-07-22 11:03

スタジオジブリ・プロデュース 「ゲド戦記歌集」
Excerpt: 素朴だけどずっと心に残る歌。何度でも聴きたくなる歌。心を動かされずにはいられない歌――宮崎吾朗さんの歌詞と手嶌さんの優しい歌声が、楽曲が見事にマッチしていて、じんわりと涙が出ました。
Weblog: 映画・音楽大好き
Tracked: 2006-07-22 14:02

ゲド戦記
Excerpt: 「ゲド戦記」の試写会に行ってきました。スタジオジブリ作品で、宮崎駿監督の長男で
Weblog: 百子の部屋
Tracked: 2006-07-25 00:23

ゲド戦記
Excerpt: アサヒ飲料で「ゲド戦記」の試写会が当たったので、9歳の長男と行って来ました。 画像がとても美しいので、絵画を習っている長男や、油絵を習い始めた私にも勉強になるのではないかな、と思ったからです。 ..
Weblog: まぁず、なにやってんだか
Tracked: 2006-07-25 14:08

ゲド戦記
Excerpt: [ゲド戦記]は宮崎駿の長男・宮崎吾朗の初監督作品でもあり、キャラクターはジブリの流れを受け継いでいるものの、作品は宮崎吾郎が自分の持つ世界観を表現したもので、ジブリ作品と切り離して楽しむべき映画です。..
Weblog: 映画館で見たい映画
Tracked: 2006-07-27 16:37

映画vol.71『ゲド戦記』※舞台挨拶付試写会
Excerpt: 『ゲド戦記』(2006年公開)*試写会 監督:宮崎吾郎 声 :岡田准一 公式HP 『ゲド戦記』を試写会で観ました。 なんとなく..
Weblog: Cold in Summer
Tracked: 2006-07-28 11:43

劇場鑑賞「ゲド戦記」
Excerpt: 「ゲド戦記」を鑑賞してきました「指輪物語」「ナルニア国物語」と並び、世界3大ファンタジーと称されるアーシュラ・K・ル・グウィンの児童文学を映画化。スタジオジブリ20年越しの企画を、宮崎駿の息子で本作が..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2006-07-29 13:15

ゲド戦記
Excerpt:  日本  アニメ&ファンタジー&ドラマ  監督:宮崎吾朗  出演:(声の出演)      岡田准一      手嶌葵      菅原文太      田中裕子 多島海世界アースシー..
Weblog: Saturday In The Park
Tracked: 2006-07-29 14:10

ゲド戦記 監督:宮崎 吾郎
Excerpt: ≪採点(読むなび!参照)≫ 合計:60点 採点内訳へ ≪梗概≫ 多島海世界のアースシーでは、聖なる生物の竜が共食いを始め、農民は田畑を捨て、職人は技を忘れていくなどさまざまな異変が..
Weblog: 読むなび!(裏)
Tracked: 2006-07-29 14:32

ゲド戦記
Excerpt: ジブリ最新作は父駿から息子吾朗に世代交代の第一作「ゲド戦記」 原作は「指輪物語」「ナルニア国物語」と並んで超有名なんですってね。私はどれも原作を読んでいませんが。 今回は期待半分と、がっかり覚悟半分で..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2006-07-29 16:25

ゲド戦記
Excerpt: 深みに欠ける部分はあるけれど, 絵画的な背景で展開される人間ドラマが, ゆったりと心地よく,LOHASな気分に浸り, 響くメッセージは胸を打ち,二カ所で涙。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-07-29 17:59

ゲド戦記
Excerpt: 出掛けたついでに友人と観てきました。初日だったからかけっこう人がいましたね。宮崎アニメということもあってか、子連れの方もちらほらといました。夏休み中でもあるから余計に親子連れがいるのかな?とり..
Weblog: まったりでいこう〜
Tracked: 2006-07-29 21:16

「ゲド戦記」を観る
Excerpt: 「ゲド戦記」というお話は、全六巻もあって‘ゲドさん’が少年の時からの長い長い話なのだそうです。 「スタジオジブリが有名な児童文学を映画化する」。 正直、私はこの知識のみ(後は主演声優がV6・岡..
Weblog: 紫@試写会マニア
Tracked: 2006-07-29 21:59

ゲド戦記・・・・・・・宮崎吾朗監督
Excerpt: ゲド見てきました。午後からの上映時間に行ったせいか、お客もいっぱいでしたね〜。ところで「笑止」という言葉。「笑止千万」などと使われますね。笑止:1ばかばかしいこと。おかしいこと。また、そのさま。2気の..
Weblog: ぷち てんてん
Tracked: 2006-07-29 23:23

ゲド戦記
Excerpt: 『TALES FROM EARTHSEA 』公開:2006/07/29監督:宮崎吾朗原作:アーシュラ・K・ル=グウィン『ゲド戦記』シリーズ(岩波書店刊)&nbsp; 原案:宮崎駿声の出演:岡田准一、手..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2006-07-30 00:18

ゲド戦記・・・もう一声
Excerpt: 本日公開・・ということで「ゲド戦記」見てきました。先週から『ゲド戦記歌集』聴いて、期待感を盛り上げていたこともあり、とっても楽しみにしていたので・・・・冒頭に、第一巻の巻頭詩が紹介され、 ことばは沈黙..
Weblog: システムエンジニアの晴耕雨読
Tracked: 2006-07-30 00:25

受け継がれしもの「ゲド戦記」
Excerpt: 「ゲド戦記」もしくは「海辺のカフカ」? (これは映画を見ている途中、ふっと思った
Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA
Tracked: 2006-07-30 00:39

ゲド戦記観るとこです('-^*)/
Excerpt: 家族で映画鑑賞です。待ちに待っていたゲド戦記(b^-゜)
Weblog: 新・里山暮らしのコーギー犬「バロン」の日々
Tracked: 2006-07-30 07:09

ゲド戦記(罪を背負って旅に出た先にみた答えとは・・・)
Excerpt: 「ゲド戦記」は宮崎駿監督の息子である宮崎悟朗監督に初監督作品として注目され、スタジオジブリが今年最大の話題作として送った作品である。物語は一見奥深そうだが人の心を上手く描いた作品として興味深い作品でも..
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2006-07-30 08:01

ゲド戦記
Excerpt: 邦題:ゲド戦記 原作:「ゲド戦記 3 さいはての島へ」アーシュラ・K・ル=グウィ
Weblog: Pocket Warmer
Tracked: 2006-07-30 11:08

ゲド戦記
Excerpt:  父親に反対され、そのために親子の確執が生まれる・・・で、いきなり殺したのか。
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2006-07-30 11:47

『ゲド戦記』舞台挨拶@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
Excerpt: 舞台挨拶シリーズも定着してきたのかな?(ぉぃ今回は、邦画では一番の超大作『ゲド戦記』でございます。ジブリの舞台挨拶は、『猫の恩返し』以来2度目。あの時は、鈴木敏夫Pにサインもらったっけ(爆)にしても、..
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2006-07-30 12:59

「ゲド戦記」この映画を見てタイトルを理解するのは難しい
Excerpt: 「ゲド戦記」★★★ 岡田准一、手嶌葵 声の出演 宮崎吾朗監督、スタジオジブリ作品、2006年 大宣伝をかけたジブリの新作。 珍しく公開初日に見た、 劇場はこのあたりでは一番大きなハコ。 ..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-07-30 18:56

ゲド戦記
Excerpt: レイトショーで観てきました。 人が少なくて居心地良かったです(^^ 監督がアレなんで、かなり期待しないで観に行ったんですが …良かったですよ(>< 面白いと言うより、良い映画といっ..
Weblog: MONYABLOGDO
Tracked: 2006-07-31 01:26

映画 「ゲド戦記」 鑑賞レポート
Excerpt: 映画「ゲド戦記」鑑賞レポート 「今回は止めておこう。」と、多忙な日々を送る中で諦めていた映画「ゲド戦記」の初日鑑賞。 しかし、最近の作品は全て初日公開に足を運び続けてきたという妙なプライド..
Weblog: STABLO.G|スタブロのブログ
Tracked: 2006-07-31 03:15

今の日本社会に向けたメッセージ。『ゲド戦記』
Excerpt: 国を捨て、影に怯える王子アレンと、魔法使いである大賢人ハイタカ(ゲド)の物語です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2006-07-31 10:39

「ゲド戦記」
Excerpt: 「ゲド戦記」 監督 宮崎吾朗 声  岡田准一、手嶌葵、田中裕子、小林薫、夏川結衣・・・story 多島海世界アースシー。西の果てに住む竜と東海域に住む人々。彼らは分かれることで共存していた。..
Weblog: ミチミチ
Tracked: 2006-07-31 12:17

『ゲド戦記』鑑賞!
Excerpt: 『ゲド戦記』鑑賞レビュー♪ヽ(´・ω・`)ノ 命を大切に しないやつなんて 大っ嫌いDA!!!! by テルー 世界の均衡を崩す者の正体を つきとめる旅に出た大賢人..
Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
Tracked: 2006-07-31 18:18

ゲド戦記・・・・・評価額1050円
Excerpt: 「指輪物語」「ナルニア国物語」に並ぶ三大古典ファンタジーの一つ、アシューラ・K・ル=グィン原作の「ゲド戦記」シリーズ初の映画化・・・・ではない。 一応、原作の三巻「さいはての島へ」をベースとしてはい..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2006-07-31 23:42

『ゲド戦記』観ました
Excerpt: ことばは沈黙に 光は闇に 生は死の中にこそ あるものなれ 飛翔せるタカの 虚空にこそ 輝ける如くに ―『エアの創造』― 原 作 : アーシュラ・K.ル=グウィン「ゲド戦記..
Weblog: cena emocional
Tracked: 2006-08-01 01:12

cd:テルーの唄 (ゲド戦記 劇中挿入歌)
Excerpt: 誰が言ったかは知らないが、「もう世界の詩は書き尽くされた」という言葉を聞いたことがある。 また、言葉を使う職業柄からか、私も時折「現代ほど詩が相応しくない時代はない」と、厭世的に思いがちになること..
Weblog: 映画・音楽大好き
Tracked: 2006-08-01 07:46

ゲド戦記
Excerpt: 竜が人間の住む世界に現れて共食いを始めるなど、異変が起こりはじめた多島海世界“アースシー”。異変の原因を探るべく旅に出た大賢者ゲドことハイタカは、その途中で父王を刺して国を飛び出してきたエンラ..
Weblog: 空の彼方へ
Tracked: 2006-08-01 08:30

ゲド戦記
Excerpt: ジブリの最新作は、宮崎吾朗監督の『ゲド戦記』。原作は、『指輪物語』『ナルニア国物語』とならび称される、世界的ファンタジーの傑作『ゲド戦記』(清水真砂子訳・岩波書店刊)。&nbsp;監督は、宮崎吾..
Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
Tracked: 2006-08-01 10:03

ゲド戦記
Excerpt: story  ル=グウィンの名作ファンタジー『ゲド戦記』をスタジオジブリが映画化した長編アニメーション。巨匠・宮崎駿監督の息子、宮崎吾朗の第一回監督作品。声の出演は主人公アレン役に岡田准..
Weblog: 土曜の夜は・・・
Tracked: 2006-08-01 21:18

となりのトトロの裏話(さつき篇)
Excerpt: サツキ(草壁サツキ)声優は日高のり子。草壁家の長女。11歳ということになっているが、じつは年齢があやしい。そもそも小学4年生だったものがあまりにしっかりしているので6年生に変更されたとも言われている。..
Weblog: 宮崎 駿 スタジオ ジブリがみたい!
Tracked: 2006-08-01 23:32

失敗を喜ぶべきか?父殺しの大罪/『ゲド戦記』宮崎吾郎監督
Excerpt: ●ゲド戦記● ●原作;アーシュラ・K、ル=グウィン ●監督:宮崎吾朗 ●声の出演:岡田准一/手嶌葵/田中裕子/小林薫/夏川結衣 ●公開:2006年7/28 ●上映時間:115分 楽..
Weblog: 活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世
Tracked: 2006-08-02 02:16

「ゲド戦記」見てきました
Excerpt:  宮崎駿監督の息子、宮崎吾朗初監督作品ゲド戦記を見てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2006-08-03 01:55

ゲド戦記
Excerpt: ゲド戦記 Tales From Earthsea (2006/日本) アレンが岡田君に見える件 監督・脚本 宮崎吾朗 Goro Miyazaki 原作 アーシュラ・K・ル=グウィン Ur..
Weblog: 壺のある生活
Tracked: 2006-08-03 20:39

ゲド戦記
Excerpt:  宮崎吾朗監督第一作作品。と銘売ってますが、誰!?と思った人は多いはず。スタジオジブリの新作という事もあって、劇場は混雑していました。  舞台は多島海世界“アースシー..
Weblog: とにかく、映画好きなもので。
Tracked: 2006-08-03 20:41

「ゲド戦記」
Excerpt: 「ゲド戦記」、 アニメ作品として制作されたのですから、 もっと爽快に、スカッとさせて欲しかったな??というのが本音でした。
Weblog: しんのすけの イッツマイライフ
Tracked: 2006-08-03 21:52

ゲド戦記
Excerpt: 試写会があたったので瑠璃さんと見に行ってきました。。。 感想ですか・・・・ ねむたかったぁ~って言ったら「寝てたじゃん」って。。。 はい、寝てました(- −;) ストーリーがスローテンポ。..
Weblog: ちわわぱらだいす
Tracked: 2006-08-03 23:18

【劇場映画】 ゲド戦記
Excerpt: ≪ストーリー≫ 竜が人間の住む世界に現れて共食いを始めるなど、異変が起こりはじめた多島海世界“アースシー”。異変の原因を探るべく旅に出た大賢者ゲドことハイタカは、その途中で父王を刺して国を飛び出して..
Weblog: ナマケモノの穴
Tracked: 2006-08-03 23:43

ゲド戦記
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  素材はいいがシェフが悪い  
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2006-08-03 23:46

『ゲド戦記』2006・7・30に観ました
Excerpt: ?2006 二馬力・GNDHDDT 『ゲド戦記』   公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ある日、西の果てに棲む竜が人間の住む東の海に現れ、同時に人間界にさまざまな災い起こるように..
Weblog: 映画と秋葉原とネット小遣いと日記
Tracked: 2006-08-04 12:48

ゲド戦記
Excerpt: 「ち、ちょっと・・・気分が・・・ゲド」ε=( ̄ω ̄υ) 「ハイタカ(吐いたか)?」Σ(゚Д゚;))) 私も普段は“なぎさ”という“通り名”を使っていますが、“真(まこと)の名”は ..
Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ
Tracked: 2006-08-04 15:39

Tales From Earthsea
Excerpt: 『ゲド戦記』 前評判を見る限りあまり期待しない方がいいのは分っていましたが、それでもなぜか期待してしまうのがスタジオジブリ。けれど今回ばかりはガッカリと言わざるを得ません。状況説明は全部セリフで言っ..
Weblog: Tokyo Bay Side
Tracked: 2006-08-04 21:52

ゲド戦記/感想
Excerpt: 2006年07月29日公開のアニメ映画「ゲド戦記」を見ました。 * ネタバレあり * 見終わって最初に思ったことは、パパ・宮崎駿さんが作ったらどんなだったかな〜?と…ナンセンスなことで..
Weblog: 映画★特典付き前売り券情報局
Tracked: 2006-08-05 01:29

「ゲド戦記」
Excerpt: 幼少時は人並み以上にアニメ番組を見ていた事を考えると、自分はかなり異質な人間なのかもしれない。と言うのも、スタジオジブリが手掛けた作品で実際に見た事が在るのは、「となりのトトロ」と「火垂るの墓」、そし..
Weblog: ば○こう○ちの納得いかないコーナー
Tracked: 2006-08-05 02:42

私的考察 映画「ゲド戦記」
Excerpt: スタジオジブリ発、宮崎駿監督の長男である宮崎吾朗氏の第1回監督作品「ゲド戦記 」観賞。 この映画は一幅の掛け軸のようだ。 示唆に富んでいるというよりは、メッセージそのもの。 その掛..
Weblog: やまたくの音吐朗々Diary
Tracked: 2006-08-05 06:57

ゲド戦記(7月29日公開)
Excerpt: 西の海の果てに棲む竜が,人間の世界に現れた. それと時を同じくして,作物が枯れ,家畜が倒れていく. ゲド(ハイタカ:声・菅原文太)は,その原因を探る旅の途中,ある国の王子アレン(岡田准一)..
Weblog: オレメデア
Tracked: 2006-08-05 11:00

『ゲド戦記』   いのちを大切にしない奴なんか大嫌いだ!
Excerpt: 見てきましたよ!宮崎吾朗監督の『ゲド戦記』。昨日(金曜日)の日刊スポーツに週末シネマという特集で評論が載っていたけど、結構辛辣でした。自分は、そう思わなかったけどなあ。
Weblog: キュブ零のシネマニア
Tracked: 2006-08-05 18:11

「ゲド戦記」45点。
Excerpt: ゲド戦記・オリジナルサウンドトラック スタジオジブリhp ほんとにジブリか。
Weblog: mountain77 D.Reverse side
Tracked: 2006-08-05 22:59

ゲド戦記
Excerpt: 見終わった後、wikiで調べてみたところ、このゲド戦記(原題はEARTHSEA)は世界三大ファンタジーと言われているらしく、他の二つが指輪物語(Lord Of The Ring)とナルニア国物語。なる..
Weblog: バイヤーKENの全力疾走「商売日記」
Tracked: 2006-08-06 20:51

『ゲド戦記』
Excerpt: 「心を何に喩えましょう」 映画を見終わって劇場に後にして、そして、数日がたった今でもなお、澄みきった歌声が頭の中でリフレインしています。 とても印象的な映画だったと思います。 「ゲド戦記」 メ..
Weblog: Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐
Tracked: 2006-08-06 21:40

ゲド戦記
Excerpt: う〜ん・・どうなんだろう。。 あまりにも壮大な物語、壮大なテーマすぎて2時間という枠で納得させることが無理なのかもしれない。 「世界の均衡は崩れようとしている」「人間のあたまがおかしくなってい..
Weblog: future world
Tracked: 2006-08-06 23:37

ゲド戦記
Excerpt: 評価:★4点(満点10点) &nbsp; 監督:宮崎吾朗 主演:岡田准一 手嶌葵 田中裕子 小林薫 夏川結衣 2006年 115min かつて人と竜はひとつだった。 世界の均衡(バラン..
Weblog: Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
Tracked: 2006-08-07 20:37

ゲド戦記
Excerpt: 原作:アーシュラ・K・ル=グウィン 監督:宮崎吾朗 アレン:岡田准一 ゲド:菅原文太 テルー:手嶌葵 多島海世界のアースシーでは、聖なる生物の竜が共食いを始め、農民は田畑を捨て、職人は技を忘れていく..
Weblog: 絵のない絵日記
Tracked: 2006-08-08 00:52

「ゲド戦記」
Excerpt: ジブリ好きなので、今回の「ゲド戦記」はとても楽しみにしていました。…しかし前評判通り、正直あまり良い出来とは言えませんでした。まず話の前後がぽっかり抜けている為、主題が何なのかよく分からず疑問がたくさ..
Weblog: Tokyo Sea Side
Tracked: 2006-08-08 15:04

ゲド戦記
Excerpt:  前評判が芳しくない公開作品が目立つ中で、ひときわ酷評に晒されている本作も、観ようか観るまいか少し悩みました。  その結果は、それほどのこと
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2006-08-08 20:41

映画「ゲド戦記」
Excerpt: 2006年41本目の劇場鑑賞です。公開翌日劇場で観ました。宮崎吾朗監督デビュー作品。ル=グウィンの名作ファンタジー『ゲド戦記』をスタジオジブリが映画化した長編アニメーション。相変わらず、声優はクオリテ..
Weblog: しょうちゃんの映画ブログ
Tracked: 2006-08-08 22:41

ゲド戦記
Excerpt: 監督:宮崎吾朗 原作:アーシュラ・K.ル=グウィン 声の出演:岡田准一、手嶌葵、菅原文太、その他 各地で作物が枯れ、家畜が倒れ、果ては竜たちが共食いを始める。世界の均衡が崩れつつある、その異..
Weblog: いつかのダイアリー
Tracked: 2006-08-10 21:10

ゲド戦記
Excerpt: 映画「ゲド戦記」の感想です。
Weblog: 徒然なる日記
Tracked: 2006-08-11 10:48

問題の「ゲド戦記」見てきたよ。
Excerpt: はい、こんばんは。 いろいろ物議をかもしている「ゲド戦記」 見てきました。 悩む〜。あっぷするのにすごい時間かかってます。 偏見のかたまりの自分自身が面白くないなあって、 思った映画はD..
Weblog: 雪華と、うふふ
Tracked: 2006-08-11 16:36

★「ゲド戦記」
Excerpt: 8/1映画の日、夜7:45〜の回で見てきました。 1000円の日だし・・・ ジブリだし・・・ 混むかな・・と思ったので、久しぶりにネット予約。 ひらりんの前に20名ほど席が埋まってました。 ..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2006-08-12 03:50

ゲド戦記(映画館)
Excerpt: かつて人と竜はひとつだった。 CAST:岡田准一/手嶌葵/田中裕子/小林薫/夏川結衣/菅原文太 他 ■日本産 115分 原作読んでないのが悪いのか、なにがいいたいのかよくわからなかった・・・。 ..
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2006-08-12 08:24

ゲド戦記
Excerpt: ゲド戦記2006年/日本 ◆監督・脚本:宮崎吾朗◆出演:岡田准一/菅原文太/手嶌葵/田中裕子 ◆STORY◆多島海世界アースシーでは、さまざまな異変が起こり始めていた。それに危機感を抱いた大賢人ハ..
Weblog: C'est Joli
Tracked: 2006-08-12 23:21

ゲド戦記
Excerpt: ジブリが久々骨太の作品を映画化したので観にいきました。 とは言っても原作は未読。( ^ _ ^; しかしいきなり評判悪いですね、この作品。汗 でも観ないとわからん。というわけで映画館へ。 ..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2006-08-13 02:46

真・映画日記『ゲド戦記』
Excerpt: 8月12日(土) 10時に起きる。 10時半に近所の床屋に予約を入れていたので 急いで身支度をする。 予約の時間通りに床屋へ。 髪を指に挟んで少し出るくらいまで 短くしてもらう。 ..
Weblog: CHEAP THRILL
Tracked: 2006-08-13 14:43

ゲド戦記を観てきました。 〜わりと良作ですよこれ。〜
Excerpt:  ゲド戦記を観てきました。  簡潔に言えば、主人公とヒロインの話。より正確に言うと、「ヘタレな主人公をヒロインが更正させるお話」です。  原作モノの映画化で、大事なのは、「映画の中での完結..
Weblog: 日がな一日ラらラら日記
Tracked: 2006-08-14 23:34

ゲド戦記 2006-43
Excerpt: 「ゲド戦記」を観てきました〜♪ 人間界に現れるはずの無い竜が出現した、それを機に様々な異変が起きる。世界の均衡が崩れつつあると予感し、旅に出た大賢人のアシタカ(声:菅原文太)は、父親を刺して逃亡..
Weblog: 観たよ〜ん〜
Tracked: 2006-08-15 22:19

ゲド戦記 06年165本目
Excerpt: ゲド戦記 2006年   宮崎吾朗 監督   アーシュラ・K・ル=グウィン 原作岡田准一 、手嶌葵 、田中裕子 、菅原文太 、風吹ジュン 原作ものですよね。人間と魔法使いと竜が存在するんですよね。..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2006-08-20 00:43

ゲド戦記の評判が悪いのはなぜ??
Excerpt: &lt;&lt;注意・ネタバレあり&gt;&gt; 7月29日、ゲド戦記を観る。 考えさせられるシーンや台詞が多くて、私は満足だった。 しかし一度観ただけでは、分からない部分..
Weblog: 薫風
Tracked: 2006-08-22 13:56

ゲド戦記♪
Excerpt: 「 ゲド戦記  」見たよ?? ♪.......心を何にたとえよう 鷹のようなこの心       心を何にたとえよう 空を舞うような悲しさを....♪ あんま期待せず..
Weblog: キャバ嬢このはの気まぐれ日記
Tracked: 2006-08-27 01:47

『ゲド戦記』★☆・・・
Excerpt: 『ゲド戦記』公式サイト制作データ;2006日/東宝 ジャンル;アニメ上映時間;115分監督;宮崎吾朗声出演;岡田准一/手嶌葵/田中裕子/香川照之/菅原文太観賞劇場:8/27(日)チネチッタ川崎◆STO..
Weblog: ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ
Tracked: 2006-08-30 10:51

ゲド戦記
Excerpt: ル=グウィンの名作ファンタジー『ゲド戦記』をスタジオジブリが映画化した長編アニメーション。巨匠・宮崎駿監督の息子=宮崎吾朗の第一回監督作品。声の出演は主人公アレン役に岡田准一、ヒロインのテルー役には新..
Weblog: Extremelife
Tracked: 2006-09-08 16:56

ゲド戦記
Excerpt: 「ゲド戦記」に関する記事を書いたらトラックバックしてください。 トラックバックURL : http://ghibli-movie.jugem.jp/trackback/15 ..
Weblog: ジブリトラックバック
Tracked: 2006-09-17 13:40

ゲド戦記 〜劇場にて〜
Excerpt:   ゲド戦記・・・評価 2.5   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   1→イマイチ ■STORY■ 多島海世界のアースシーでは、聖な..
Weblog: 三日月のしっぽ。
Tracked: 2006-09-19 17:55

ゲド戦記
Excerpt: http://www.ghibli.jp/ged/なんか意味分からず。 本当の名前っていったいなに? しかもお父さんのことを殺しているらしいのに、なんか正々堂々と生きちゃって闘っちゃっ..
Weblog: CinemA*s Cafe
Tracked: 2006-09-21 20:23

ゲド戦記
Excerpt: 夏休みに従妹と一緒に観てきました。 アニメ作品は今年初です。 監督  宮崎 吾朗 声  岡田 准一  手鷲 葵  菅原 文太  田中 裕子  香川 照之    風吹 ジュン..
Weblog: PLANET OF THE BLUE
Tracked: 2006-09-26 22:42

ゲド戦記
Excerpt: 宮崎吾朗は本当にアニメを撮りたかったのかな。 ジブリの商売に利用されただけだったら可哀想だな。 宮崎吾朗はジブリじゃなく違う制作会社で作ればよかったのに。 妄想感想いきます!
Weblog: オイラの妄想感想日記
Tracked: 2006-11-17 09:19

ゲド戦記
Excerpt: レビューを更新しました。 レビューを見てみたい方は当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
Weblog: 20XX年問題
Tracked: 2007-05-04 12:20

ゲド戦記−(映画:2007年95本目)−
Excerpt: 監督:宮崎吾朗 声の出演:岡田准一 、手嶌葵 、田中裕子 、菅原文太 、風吹ジュン 評価:58点 公式サイト (ネタバレあります) 世界3代ファンタジーのひとつ、ゲド戦記を宮..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2007-09-02 12:28

『ゲド戦記』'06・日
Excerpt: あらすじ竜が人間の住む世界に現れて共食いを始めるなど異変が起こりはじめた多島海世界“アースシー”。異変の原因を探るべく旅に出た大賢者ゲドことハイタカはその途中で父王を刺して国を飛び出してきたエンラッド..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2008-07-13 19:57

ゲド戦記
Excerpt: 見えぬものこそ。
Weblog: Addict allcinema 映画レビュー
Tracked: 2009-06-18 22:53

「ゲド戦記」 熟成度が足りないワインのような・・・
Excerpt: 「ゲド戦記」観てきました。巷では評判あまりよろしくなかったので、やや期待度低かっ
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2009-12-26 06:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。