2006年07月31日

『アメリカ、家族のいる風景』

『アメリカ、家族のいる風景』(『DON'T COME KNOCKING』)飯田橋ギンレイホールにて。1984年にカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『パリ、テキサス』以来、20年ぶりとなるヴィム・ヴェンダース監督と原案・脚本・主演のサム・シェパードによるコンビ。ですが、『パリ、テキサス』についてあまり覚えていないのです。そして『アメリカ、家族のいる風景』も、自分の中で同じ運命を辿りそうです。

アメリカ、家族のいる風景 アメリカ、家族のいる風景

ヴェンダースと聞けば、80年代に映画をよく観ていた世代にとっては、“とりあえず観なくちゃ”と思わせる数少ない映画監督のうちの1人だと思います。
存在その物が映画のようで、目が離せないアーティスト。
この映画を最後にアメリカを去り、ドイツへ戻られたそうです。

アメリカ,家族のいる風景―オフィシャル・フォトブック アメリカ,家族のいる風景―オフィシャル・フォトブック

リンクするいくつかの親子関係。

サム・シェパード演じる落ちぶれた役者のハワードと、30年ぶりに訪ねる1人暮らしの母親(エヴァ・マリー・セイント)。
ハワードの知らないところで生まれ育っていた息子アール(ガブリエル・マン)とその母親ドリーン(ジェシカ・ラング)。
こちらもハワードの知らないところで生まれ育っていた娘スカイ(サラ・ポーリー)。
そして、アールとスカイと、父親ハワード。

その全てが自分勝手で自己中心的で、大人になりきれない子供のように思えて、そんな彼等を観ているのが痛々しくなってくる。

特にアールが初めて父親の存在を知り、パニックになる様子の描き方に戸惑います。
観ている時は、登場人物全員が不安定に見えましたが、後からスカイだけはやけにしっかりとしていて、みんなを導いていく母親のような存在だったと気づきました。

訳知り顔で、その深意のほどに関わらず、発言そのものに思わず納得させられてしまうような、誰もが頷く意見を述べてくれる大人は1人も出てきません。
それが、観ている自分をこんなに不安定な気分にさせるとは。考えたこともありませんでした。

ヴィム・ヴェンダース ヴィム・ヴェンダース ヴィム・ヴェンダース
ヴィム・ヴェンダース ヴィム・ヴェンダース ヴィム・ヴェンダースexclamation×2
監督の母国語はドイツ語なのでしょうか。ベンダース監督の撮る、ドイツ語のドイツ映画を観てみたいです。

映像(イメージ)の論理
天使のまなざし―ヴィム・ヴェンダース、映画を語る

ヴェンダース本が本当に沢山出ています。ヴェンダース監督の映画は、語りたくなるのでしょうか。それとも、監督そのものが映画のようなので、彼の人生を追ってみたくなるのかもしれません。

この映画を思い出す時、なぜか少し前に観た『ブロークン・フラワーズ』の音楽が頭の中を回り始めます。

映画「ブロークン・フラワーズ」オリジナル・サウンドトラック 映画「ブロークン・フラワーズ」オリジナル・サウンドトラック

パリ、テキサス パリ、テキサス
男っぽい映画というイメージがあります。今、もう一度見返してみたいです。

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:52 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(5) | 外国映画
この記事へのコメント
mukasiTBありがとう。
昔、ニューヨークで知人に連れられて、サム・シェパードの戯曲をオフオフのような小さな小屋で見ました。スノッブな体験です。英語もできないのにね。さsっぱり、わかりませんでしたが(笑)
Posted by kimion20002000 at 2006年08月18日 16:04
mukasiTBありがとう。
昔、ニューヨークで知人に連れられて、サム・シェパードの戯曲をオフオフのような小さな小屋で見ました。スノッブな体験です。英語もできないのにね。さっぱり、わかりませんでしたが(笑)
Posted by kimion20002000 at 2006年08月18日 16:04
kimion20002000さま。
「サム・シェパードの戯曲をオフオフのような小さな小屋で見る」
とても羨ましい体験ですね☆ 味わいのある俳優さんで、他の作品も見てみたくなりました。
Posted by bakabros at 2006年08月19日 20:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21732039

この記事へのトラックバック

NO.164「アメリカ、家族のいる風景」(ドイツ・アメリカ/ヴィム・ヴェンダース監督)
Excerpt: 「パリ・テキサス」から20年。 孤独な男たちは、喪った時間を、取り戻せるのか? もう、不朽の名作と評してもいいのかもしれない。「パリ・テキサス」。カンヌ国際映画祭パルムドール賞をひっさげて日本公開。..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2006-08-14 18:03

アメリカ,家族のいる風景
Excerpt: 「アメリカ,家族のいる風景」かつては西部劇のスター俳優。しかし、今はすっかり落ちぶれてしまったハワード・スペンス。彼は新作の撮影中に突如、現場から逃げ出し、長く帰っていなかった故郷を訪ねる。そこで30..
Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA
Tracked: 2007-02-17 03:20

映画『アメリカ,家族のいる風景』
Excerpt: 原題:Don't Come Knocking 人生を顧みず、30年を女と酒と薬に溺れ、享楽の世界に身を沈めた男、ムービースターも落ちぶれ、孤独と厭世観に苛まれる、そんな時家族の声が聞こえる ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-02-17 14:23

アメリカ、家族のいる風景
Excerpt: 人生を振り返った時、自分の居場所は・・・
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2007-02-18 19:58

アメリカ、家族のいる風景
Excerpt: アメリカ、家族のいる風景 (2005)今回の映画は、「アメリカ、家族のいる風景」です。本作「アメリカ、家族のいる風景」は、アメリカの原風景をバックに、家族と初めて向き合う男の姿を綴るロード・ムービーで..
Weblog: 映画DVD・映画ブルーレイ「やわらか映画」
Tracked: 2009-01-31 03:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。