2006年08月06日

『狩人と犬、最後の旅』

『狩人と犬、最後の旅』(「LE DERNIER TRAPPEUR」「THE LAST TRAPPER」)試写。フランスで『ディープ・ブルー』、『皇帝ペンギン』を抜く大ヒット、実在の狩人、ノーマン・ウィンターとその犬達が主人公の映画と聞くと、いかにもなドキュメンタリー映画を想像しますが、ちゃんと脚本があって、それに沿って、本物の狩人と犬達の、どこまでも自然な演技が見られる。それこそがこの映画の見所で、魅力だと思います。

狩人と犬、最後の旅 コレクターズ・エディション
ポニーキャニオン (2007/03/21)
売り上げランキング: 3058
おすすめ度の平均: 5.0
5 大自然と共生する狩猟生活の過酷さと静謐な美しさ
5 抒情詩のような映画


ニコラス・ヴァニエ監督は自身も冒険家で、06年に犬ぞりでシベリア横断6000キロ走破という偉業を達成しているのだとか。小説家、写真家としても活躍する中、カナダ北極圏横断中にノーマン・ウィンターと出会い、映画化を即決したそうです。

Last Trapper 最後の狩人 Last Trapper 最後の狩人
ニコラス・ヴァニエによる文章の絵本。そのイラストと動物の解説幾つかを公式HPで見ることが出来ます。

カナダ北西部のロッキー山脈を舞台に、黒熊、ヘラジカ、山ヤギ、トナカイといったあまり馴染みのない動物たちの姿、ビーバーの巣作りやキツネの獲物狩りの様子を、それと同じ目線で同じ暮らしぶりをするノーマン・ウィンターの視点から見ることが出来る。この映画を観ている間だけでも、大自然の中の野生動物と同じ気持ちになれた気がする。それが一番嬉しくて、そして悲しい事でもありました。

タイトルやあらすじから想像していた物とはストーリーが違った展開でも、きちんとした脚本、演出されたドラマだったとしても、大自然そのものと動物たちが主人公である事には変わりない、ノンフィクション・ファンタジー。
動物ドキュメントとして見ると、そのドラマチックな展開に素直に驚かされ、フィクションドラマとして見ると、その広大な自然の姿と訴えかけるものの力強さに感嘆します。

無計画な森林伐採により動物達の生態系を崩しているのは私達自身で、追いつめられて昔ながらの暮らしが出来なくなってしまった狩人もまた私達自身であるという事を、決して押しつけがましくなく、でもストレートに訴えかけてくる正直な作り方に圧倒されました。老若男女に見て欲しい映画です。

見たこともない動物たち、鳥たちが歩き飛び回る姿を見るだけでも価値ある作品だと思います。
特に動物や自然ものの好きな方には是非お勧めします!

公開は8月12日。是非テアトルタイムズスクエアの超大画面で堪能して欲しい映画です。


極北の狩人 極北の狩人
映画へも熱いコメントを寄せている椎名誠の「モンゴロイドの軌跡」極北ルポルタージュの決定版。TV放映されたシベリア編DVDつき。

クマにあったらどうするか―アイヌ民族最後の狩人姉崎等 クマにあったらどうするか―アイヌ民族最後の狩人姉崎等
映画の中で、ノーマン・ウィンターと相棒犬が、まさにこの難題の答えを体現してくれていますひらめき 実際クマ、オオカミと出会った時に彼のように悠々としていられるかは別として。とても美しく、緊迫感ある素晴らしいシーンでした。


ディープ・ブルー −スタンダード・エディション− 皇帝ペンギン プレミアム・エディション
ディープ・ブルー −スタンダード・エディション− 皇帝ペンギン プレミアム・エディション

ー(長音記号2)『皇帝ペンギン』の感想記事はこちら。




ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:28 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(7) | 外国映画
この記事へのコメント
こんばんは

もう何と言っても 大自然の素晴らしさですよね
冒険家として 多くの有名な方達がいらっしゃいますが
ノーマン・ウィンターは毎日 その冒険家の方よりも凄い冒険をしているかもしれません
そして自然を愛し、動物、人を愛しているんです
そんな過酷な状況でも色々な物に対し優しさく接するノーマンの生き方に感動

この映画を作った監督さんも 自ら冒険をしているので
きっと ノーマンに出会い その生き方に感動し この映画を作ったのではないでしょうかね♪

私もこんな生活に憧れてしまうのですが
とても近づけそうにありません(笑)
先月 そんな自然を体験したいと
カナディアン・ロッキーと河でラフティングをしました♪
写真を撮って来ましたので お暇な時 ご覧になってください
http://yuu1.net/town/canada.htm←撮ってきたカナダの写真
Posted by yuu at 2006年08月20日 04:31
yuuさま。
自然と共生していく事の素晴らしさと厳しさを力強く見せてくれる作品だったと思います。

yuuさんのカナダの写真拝見しました!
雄大なカナディアン・ロッキーの写真には圧倒されます。ラフティングの写真、凄い臨場感がありますが、もしかしてラフティングしながら撮られた写真なんでしょうか!? 凄いです♪ yuuさんは写真家さんなんですか?? これからネットに疲れた時には、yuuさんの写真を見て息抜きしたいと思います☆
Posted by bakabros at 2006年08月20日 12:51
こんばんわ。あっしゅです。
この映画良かったです。
極寒の大地を駆け抜ける犬ぞり。
圧巻でした。
犬と気持ちを分かち合ってないと
この地で生き残ることは不可能ですねぇ。
それにしても上目遣いで主人をみる
アバッシュはかわいらしかった。
ハスキー犬がはやるかも、、、。
この役はいくらなんでもムツゴロウさん
では無理だったでしょうね(笑)。
お〜ぉ、よしよしは通用しませんねぇ。
Posted by あっしゅ at 2006年09月04日 22:07
あっしゅさま。こんにちは!
ハーフドキュメンタリーというよりも、ノンフィクションのドキュメント映像を観ているような気分でした。現実には、きっと映画よりもずっと辛いことや厳しい瞬間があって、そしてそれを上回る程の幸福もあるんだろうなぁ、と思いました。とても良い映画でしたね☆
Posted by bakabros at 2006年09月05日 00:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

狩人と犬、最後の旅 Le Dernier Trappeur
Excerpt: ノーマン・ウィンター、メイ・ルー主演 カナダ・ユーコン準州の北部 カナディアン・ロッキーの山奥 ノーマンはネィテイブ・アメリカンのネブラスカと七頭の犬と暮らします 奥地ロッキーでも開発が進み..
Weblog: travelyuu とらべるゆう MOVIE
Tracked: 2006-08-17 17:54

狩人と犬 最後の旅
Excerpt: ★★★★  いゃー凄いね!まいった参りましたよ。あのロッキー山脈の大自然が、大々画面のスクリーンから溢れ出て来るようだったもの。 年々道路開発が進み、木が切られ、自然が侵されてゆく、そして獲物も減り、..
Weblog: ケントのたそがれ劇場
Tracked: 2006-08-19 22:41

【狩人と犬、最後の旅】
Excerpt: 評価★★★★☆カナダ、ロッキー山脈。最後の狩人として実在する人物、ノーマン・ウィンター。大自然の風景、妻と、犬たちと、自足自給の生活。ノーマン自身が、本人役で出演。ドラマ仕立ての、ドキュメントのような..
Weblog: あ!CINEMA365DAYs
Tracked: 2006-08-21 22:43

狩人と犬,最後の旅
Excerpt:                 評価:★7点(満点10点) 監督:ニコラス・ヴァニエ 主..
Weblog: Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
Tracked: 2006-09-04 21:58

『狩人と犬、最後の旅』
Excerpt: 壮大なロッキー山脈に実在する老狩人と、愛犬たちの織り成す感動の物語   ■監督・脚本 ニコラス・バニエ■キャスト ノーマン・ウィンター、メイ・ルー、アレックス・バン・ビビエ □オフィシャ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2006-09-05 12:16

狩人と犬、最後の旅
Excerpt: 狩人と犬、最後の旅公開中ストーリー ☆☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆☆総合評価  
Weblog: シネマ de ぽん!
Tracked: 2006-09-16 09:30

狩人と犬,最後の旅  The Last Trapper
Excerpt: 「狩人と犬,最後の旅」は、ロッキー山脈で生きる実在の人物、ノーマン・ウィンターを描いた映画。いちおう、ストーリー仕立てではあるけれど、ドキュメンタリー的な要素も含まれる作品です。ノーマン・ウィンターは..
Weblog: シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー
Tracked: 2006-09-23 20:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。