2006年08月15日

新橋『香港屋』で冷やしつけ麺ランチ

honkonya.jpg新橋駅前ビルの1階の『香港屋』でランチしました。こちらは駅前ロータリーに面していて、綺麗にディスプレイされた外観が遠くからでも良く目立ちます。夜に通りがかった時、店の外まで会社帰りのおやじさん達で賑わっていたので、気になっていました。店内ぐるっと貼られたメニューの数々に圧倒されます。中華のメニューって見ているだけでもおいしそうなのですよね〜♪

sihohigawari.jpg siholunch.jpg
日替わりから“つけ麺と半チャーハンセット”と“野菜とイカ炒めセット”を注文。
家族連れの一組客しかいない店内。入店してもお店の人が出てきません。結局呼ぶまで気づきませんでした。そして、日替わりメニューも把握していなくて、注文受けてから外に見に行ってました。ま、これ位、中華料理店ではよくある事なので気にしません。店員さんが鼻歌を歌っているのも御愛嬌。いつしかこちらまで大らかな気分になりましたとさ。

shohitutya.jpg “つけ麺と半チャーハンセット”
炒飯は「本当に半分だ!」という量。つけ麺は肉味噌やゆで卵、貝割れがのっていて、結構立派な感じ♪

shohitukeu.jpg shohantya.jpg
つけ麺のスープは、ラーメンスープとはまた違う、お酢とラー油のよく利いた濃いめの冷たいお出汁で、そのままちびちび飲めるくらいの美味しいお味。これに、太めで半生っぽい冷やし麺がよく合います。ひき肉とタケノコ、シイタケの入ったトッピングもそれだけでもいける。麺と一緒にスープにつけて頂きます。
普通のつけ麺というものもほとんど食べたことがないので、こちらのつけ麺が変わっているのかオーソドックスなものなのかはわかりませんが、新鮮な味付けで、どんどんいけちゃう美味しさでした☆

半チャーハンは、見た目が普通だったので期待せず、一口食べると「ウマイ!」チャーハンでした。チャーシューが角切りでなく、炒めているうちに自然と細かくほぐれたようにやわらかくご飯と合わさっていて、ご飯にもいい味が染み込んでいます。所々黒いお焦げがあるのが気になりましたが、味は好みのタイプでした。自宅で作るチャーハンと似ているからかな? 勿論、米粒は見ての通りパラッパラだし、自分の作るものよりももっとおいしいですけどね。

shoikatoyasai.jpg shoikayasaiu.jpg
日替わりランチから“野菜とイカ炒めセット”。一口食べて「懐かしい!」と思いました。町に一件はある中華料理屋のいつもの定食という感じ。始めは、普通かな? と思っていましたが、食べ進むうちにどんどんおいしくなってきました! イカはぷりっぷりが沢山入っていて、ニラ、タケノコ、もやし、キャベツもたっぷり。大ぶりのキクラゲが嬉しいです♪

一品メニューもなかなか充実していそうなので、今度は夜にもゆっくり行ってみたいです。


鉄鍋の掟―陳家の中華作法 鉄鍋の掟―陳家の中華作法
焼く、煮る、蒸す、燻すと何でも出来る中華鍋。
最近カレーやシチューも中華鍋で作るようになりました。早いしウマイるんるん

中国料理プロの隠し技―外で食べるのがバカらしくなる
実に大阪らしいタイトルexclamation 馬鹿らしくなるほどウマイ中華料理を作りたいですかわいい


レストラン『香港屋』
港区新橋2−20−15 新橋駅前ビル1号館1階
TEL 03−3289−1146
営業時間 10:00−翌1:00  年中無休



ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:35 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 1/87600食
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。