2006年08月26日

GTF日比谷2006 ライブとビールと屋台料理

試写会帰りに、日比谷公園で開催中のGTF日比谷2006へ行きました。
日比谷公会堂で『Sad Movie』試写会の前に、日比谷公園ではライブイベントの他、ビヤガーデン、〜HIBIYA FOOD FESTA〜というワールドグルメ屋台が出ているらしい! という事を知った時点で、映画よりもこちらの方がお目当てになったのは言うまでもありません。楽しみだな〜、映画の後が♪

gtflight.jpg gtfstage.jpg 次々色彩が変化するイルカのオブジェぴかぴか(新しい) 8時半頃、公園へくり出すと、なぎら健壱さんのライブが行われていました。

嘘のような本当の話(2) 嘘のような本当の話(2)

芝生の上に座り、つまみ片手にほろ酔い気分の観客達と、ステージとの距離が近くて、とてもリラックスした不思議空間。

gtfhibiyaakira.jpg gtfhikakou.jpg

左)まずはなぎら健壱さんプロデュースのブースの美味しそうな屋台の中から、『焼鶏 あきら』の、骨付き地鶏スパイシー焼き ¥700。屋台と言えば焼き鶏でしょう! モクモクしているおいしそうな煙に惹かれて注文すると、焼き待ちの人が前に10人もいました!
結構待ったけど、待つ甲斐ありましたよ〜♪
少し焦げ気味のルックスながら、スパイスのよく利いたしっかりした肉厚の骨付き鶏が本当においしくて、夢中でパクパクしていたら、ライブを終えたなぎら健壱さんがすぐ後ろにいてびっくり。ウェスタンハットとブーツが格好良かったです☆

右)もう一品、ナムコ・ナンジャタウンプロデュースの池袋餃子スタジアムより。『華興(カコウ)』の華興餃子は、「小龍包のような焼き餃子」という売り文句でしたが、ちょっと大きめの普通のギョウザでした。焼き置きだから肉汁はなくなってしまったのかな? 焼き立てを食べてみたかったです。

他のプロデュース店は、『須田町食堂』と『錦(もんじゃ焼)』。どちらも凄く気になりました!

その後ステージではブロードウェイミュージカル『ムーヴィン・アウト』のピアノ/リードボーカルのダレン・ホールデンさんのライブが始まり、『ピアノマン』を聴きながら公園の外側のエスニック屋台の方へ移動します♪

gtfbenten.jpg gtfbentenu.jpg
阪奈お好み焼 弁天流』の豚玉お好み焼き ¥500。
見た目普通の大阪お好み焼きっぽいですが、一口食べてびっくり!
ソースが、甘酸っぱい! “熟成ソース”と書いてありましたが、これは、一体なんなんでしょうか? オタフクソースのデーツ、なつめやしの風味とはまた違った、全面に出て来るフルーティな酸味と甘味。これが、旨いんです。お好み自体はフワフワで、所謂普通のおいしい大阪お好みですが、このソースによって、不思議で新鮮な美味しさになっています。また食べてみたいと思わせますね♪

gtfcdccwb.jpg gtfcdccwbu.jpg
もう一品は、『CEYLON DINING』のチキンカリー・ブリヤニ ChickenCurry with Buriyani ¥750→閉店間際に付き値下げで¥600。
店員さんの説明によると、このブリヤニというメニューにもチキンカリーは入っていて、ブリヤニの方が良いお米(多分)を使っているという事で、お勧めされたのでこれにしました。
見た目はカレーというよりも、ドライカレーのピラフの上に肉、野菜などの具が沢山乗っているという感じ。ほろほろになった鶏肉と一緒にこのライスを食べると、あっさりした、でもスパイスの利いた旨味と辛みが後に残ります。
混ぜ混ぜして頂くと、う〜ん、旨い♪ カシューナッツ、レーズンも沢山入って贅沢気分。誰も知らないインドカレーさんの解説によると、ビリヤニとも言う、インディカ米を使ったカレー味の炊き込みご飯らしいです。初めて耳と口にしましたが、辛くてさっぱりして夏にぴったりのメニューですね! また食べたいです☆

GTF日比谷のイベントは8月27日(日)の21時迄です♪
お近くに行かれましたら是非寄ってみてみてはいかがでしょうかかわいい

ぼくらは下町探険隊 ビバ・オヤジ酒場―酔っ払いヴィジュアル系 日本フォーク私的大全
ぼくらは下町探険隊
ビバ・オヤジ酒場―酔っ払いヴィジュアル系
日本フォーク私的大全
芝生の上で自由に飲食しながらゆったりとライブを楽しめるなんて、本当に贅沢で心地の良い夏の夜でしたるんるん

カレーな薬膳 カレーな薬膳
誰も知らないインドカレー渡辺 玲さんのカレー本ですかわいい



ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:02 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。