2006年10月04日

京王「大北海道展」にしん親子とカニいくら弁当

新宿京王百貨店で9/28〜10/4迄開催中のイベント「大北海道展」に行って来ました。
本当はイートインで何か食べたかったのですが、今回イートインは『函館/マメさん』のラーメン、『小樽/しかま寿司』、『札幌/南家』のチキンカレーと、どれも今ひとつグッとこなかったので、お弁当をテイクアウトする事にしました。

nisinoyako.jpg
まず、珍しいところで「にしんおやこ」(各日限定20点)890円。北海道留萌本線 留萌駅の駅弁です。目を引いたのは数の子! カズノコ大好きなんですよね〜♪ それと、今栄養のある物が食べたい気分だったので、にしん煮も滋養がありそうでぴったり。さて、お味はいかがでしょうか?
kenisinoyako.jpg nisinoyakoben.jpg
数の子は、本当は醤油漬けの方が好きなのですが、こちらの塩漬け数の子、おいしかったです! コリコリしてたまらないわぁ〜♪ にしんは数の子の下になって初めよく見えませんでしたが、結構沢山入っていました。どちらかというとにしん煮がメインという位の存在感がありますね。濃いめの味付け、骨まで一緒に食べられるやわらかさ。ご飯は炊きこみご飯でこちらもしっかり味付けでおいしいです! 満足満足☆

yansyu.jpg yansyusakeikura.jpg
やっぱり買っちゃいました、海鮮弁当♪ やん衆の「かにいくら弁当」。「鮭とイクラの親子弁当」も気になりましたが、カニとイクラのあまりの美しさに惹かれこちらに決定!
やんしゅう(網衆)とは、主にニシン漁に携わる石狩浜の漁師を指しているようです。漁師のことを網衆と呼び、漁師が沖や浜で作った料理を網衆料理とも言うらしい。そして現在、“やん衆”とは「豪快な」というイメージで使われているみたいです。やん衆なカニ・イクラ弁当をやん衆っぽく食べるぞ〜♪

yansyukani.jpg yansyuikura.jpg
おおっ〜! これは、テンション上がりますねー。カニはこんもり、イクラはつやっ艶のピカピカぴかぴか(新しい) まずはカニのほぐし身を一口。んんっ、旨い! ちゃんとカニの味がするよ〜♪ カニの脚肉も、またまた旨いよ〜!
そして、イクラです。今日も京王催事場店舗にあったいくらの桶にダイブしたくなった位のイクラ好き。いくらにはちょっとうるさい私ですが、これは、旨かった〜exclamation×2 最近食べたいくらの中でも一番おいしかったです。まったりとした、ちょっと醤油濃いめの味付けも丁度良いし、ほんのり甘味の残る口溶けはたまりませんね〜☆ カニもイクラも酢飯と良く合って、駅弁とは違うフレッシュな弁当の旨味を味わえる、至福のカニいくら弁当でしたかわいい

京王の「大北海道展」は本日最終日、16時まで!
新宿京王に急げ〜exclamation

北海道くいしんぼう 浜の旬食べ歩き タビリエ 札幌・小樽 タビリエ 札幌・小樽
北海道くいしんぼう 浜の旬食べ歩き
北海道の礒の旬、浜の旬、食べ歩きたい〜わーい(嬉しい顔)

【送料無料!!】北海道を代表する、2大特産物!漁師直送のカニいくら丼4人前召し上がれ♪イクラ... 【送料無料!!】北海道を代表する、2大特産物!漁師直送のカニいくら丼4人前召し上がれ♪イクラ...
こちらのイクラもすっごく美味しそうかわいい



ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 13:13 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 駅弁・弁当・お惣菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。