2007年01月09日

『イカとクジラ』

タイトルが一体何を意味しているのか、最後まで観てもわかったようなわからないような。壊れかけの不完全家族のリアルな姿が淡々と、生々しく描かれる『イカとクジラ』(THE SQUID AND THE WHALE)。5ブロック先までのドライブを、地下鉄駅のホームのカットで繋げたりする斬新さと、バスルームでシャワーカーテン越しに母親が話しかけるシーンで、息子の手だけが覗いているシーンとか、何故かドキッとさせるシーンがいくつかありました。
こういう画面の切り取り方は今までに観た事がなかった気がします。
監督・脚本は、批評家・マスコミに「ウェス・アンダーソン×ウディ・アレンだ!」と言わしめた、ノア・バームバック。『ライフ・アクアティック』でウェス・アンダーソン監督と共同脚本を手がけています。

イカとクジラ The Squid And the Whale: The Shooting Script (Newmarket Shooting Script)
イカとクジラ
The Squid And the Whale: The Shooting Script (Newmarket Shooting Script)

ヘンテコだけれど楽しげに見える、ある家族の曰常が、両親の離婚話から少しずつ狂い始める。
妻から別れを切り出されても、まだ未練たらたらで落ち目の小説家である父親バーナードと、マスコミにも注目される新鋭作家の母親ジョーン。
そんな両親が離婚して、それぞれー人親となった途端、子供への接し方や態度がー変する様子がなんともリアルで面白かったです。
急に男・女として接するようになるのが、イタイほどに現実的。

不安な気持ちをストレートに表に現せなくても、異性に、酒に、と少しずつ混乱し変化して行く息子たちの心情が痛いほど伝わってきて、全体的にはユーモラスな展開にも関らず、キリキリチクチク身につまされていきます。普通の日常の中の毒や鬱屈した想いが、淡々と描かれて行く様は、劇中にしばしば作家・小説・映画・ロックからの引用があるように、まるで抽象絵画か先新鋭の音楽のように暗喩的。

The Squid and the Whale オリジナルサウンドトラック イカとクジラ

この物語は、両親ともに作家だった監督自身の少年時代からインスピレーションを得たそうですが、父親役のジェフ・ダニエルズに監督の父親の服を着せたという程、このストーリーと映画は、監督にとって私的なものだったのでしょう。
だからこそ、ヘンテコながらも発する力強さみたいなものを感じるのだと思います。
次回作、全く違った作品を撮ったものが、一体どんな映画になるのか、とても楽しみです。

弟のフランク役は、俳優ケヴィン・クラインとフィービー・ケイツの息子、オーウェン・クラインが。少年のあどけなさギリギリの、揺れる瞬間を真っすぐに体現してみせた演技は立派で素晴らしかったです。
兄のウォルト役には『ウェス・クレイヴン's カースド』のジェス・アイゼンバーグ。
父親バーナードにジェフ・ダニエルズ、母親ジョーンにはローラ・リニー。演技力と脚本のリアルさが相まって、凄い説得力のある両親役でした。
兄弟のテニスコーチ役には、すっかりおっさん化したウィリアム・ボールドウィン。以前ファンだったのですが、にやけたただのおっさんになっていてちょっとがっかりしました(^_^;)

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ ザ・ロイヤル・テネンバウムズ
ウェス・アンダーソン監督作品。

ライフ・アクアティック コレクターズ・エディション(初回限定生産) ライフ・アクアティック コレクターズ・エディション(初回限定生産)
ノア・バームバックとウェス・アンダーソンの共同脚本作品。


ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:35 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(8) | 外国映画
この記事へのコメント
こんにちは(^-^) TBさせていただきました。
ウィリアム・ボールドウィンは、立派な「俗物」っぷりが、
父親との対比でよかったと思います☆
へらへらしてましてよねーw

Posted by ジジョ at 2007年01月10日 08:25
ジジョさま。こんにちは♪
ウィリアム・ボールドウィンはにやけたところがまた魅力と思いますが、それにしても凄いにやけっぷりでしたね(^^) テニスコーチなのにお腹の辺りがだぶついている気が……(^▽^;) 母親の恋人だったら嫌だなぁと本気で思ってしまいました。
Posted by bakabros at 2007年01月10日 13:28
こんばんは、bakabrosさま♪
かなり重いテーマなのに、それを軽いタッチで描けるのは才能ですかねぇ。
なんだかちょっと尻切れトンボな終わり方でしたが、好きな作品でした。
Posted by ともや at 2007年01月11日 02:42
ともやさま。こんにちは♪
淡々と登場人物たちを見つめる眼差し、切り取り方に独特のものを感じました。
壊れかけて行く途中にスポットを当てたところも面白かったです。次回作が楽しみな作品ですね(^^)
Posted by bakabros at 2007年01月11日 10:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30877361

この記事へのトラックバック

イカとクジラ
Excerpt: それにしてもヘンなタイトル。 でも、最後まで観るとこのタイトルの指す意味がわかります。 ポン!なるほどっ☆ 主人公は、「最近流行りなのか!?」なダメ家族。 父はスランプに陥って下降中の作家..
Weblog: ジジョの五感
Tracked: 2007-01-10 08:18

イカとクジラ
Excerpt: 本年度劇場観賞160本目は、初の新宿武蔵野館。 滑稽な日常の中に家族の崩壊によって困惑する兄弟の姿が切なすぎるほどリアルに描写されています。悲しい場面などないのに、切なさに思わず涙する人もいるでしょ..
Weblog: 八ちゃんの日常空間
Tracked: 2007-01-10 23:50

イカとクジラ
Excerpt: (原題:THE SQUID AND THE WHALE) 【2005年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆) 「ロイヤル・テネンバウム」や「ライフ・アクアテック」のウェス・アンダーソン製作。 「ライ..
Weblog: ともやの映画大好きっ!
Tracked: 2007-01-11 02:35

イカとクジラ − 壊れていく大人 壊れていくコドモ 壊れていく家族
Excerpt: 注意!ネタバレアリです! 81分という短編ながら きりりとしまった作品。 全てに無駄がありません。 ほんのりユーモアに包みながら 知識層家庭の崩壊と 大人が大人であるのをやめてし..
Weblog: Lost in Australia
Tracked: 2007-02-19 21:12

イカとクジラ
Excerpt: イカとクジラ公開中ストーリー ☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆総合評価  ☆☆☆☆完
Weblog: シネマ de ぽん!
Tracked: 2007-02-27 10:35

イカとクジラ☆独り言
Excerpt: レイトショー鑑賞の『イカとクジラ』この邦題なに??って思ったんだけど原題がそーなのよね^^;まんまでした(笑)かつて著名な作家、今スランプのパパ(現在大学の講師・・・スランプだとは、本人は認めようとし..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2007-04-08 23:41

イカとクジラ
Excerpt:  コチラの「イカとクジラ」は、ノア・バームバックが監督&脚本を務めたPG-12指定のヒューマン・コメディです。監督のご両親もこの映画同様2人とも作家で、自伝的な映画と言えるんだそうですね。  タ..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2007-09-29 23:47

『イカとクジラ』'05・米
Excerpt: あらすじかつては人気作家だったが今は落ち目のバーナード(ジェフ・ダニエルズ)と新進気鋭の作家ジョアン(ローラ・リニー)の夫婦、は離婚を決意した。そのため、2人の子どもで、16歳のウォルト(ジェス・アイ..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2007-10-30 23:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。