2007年01月29日

『カンバセーションズ』

嫌いで別れたわけじゃない、昔愛した人との再会。2人の気持ち次第でどうにでも転べる状況で、お互いの心の中を探り合い、繰り広げられる一夜の会話劇。

舞台はマンハッタンのホテル。ウェデングパーティのバンケットルームで、
10年ぶりに再会した昔の彼と彼女。近況を話しながらも、次第に核心に迫って行く。
『どうして出て行ったのか?』『あの時自分を愛していたの?』『今でも自分を愛してる??』
夜が明け、今日とは全く違う、新しい一日が始まるとき、終わりに見せる2人の表情が余韻を残します。
conversations03.jpg
ほぼ全シーンを二つのカメラによって撮影され、全編デュアル・フレームで編集された
『カンバセーションズ』(『CONVERSATIONS WITH OTHER WOMEN』)。
全テークを通して撮影される為に、俳優にとっては大変な「長回し」になる訳ですが、
観ている時はそういう事にはあまり気が行かず、とにかく微妙に違う角度から撮影されて真ん中で一つになっている、コントのような映像に目がついて行くのがやっと。
二つの画面で、男の視線、女の視線、現在と過去が同時に映し出されるという事らしいのですが、
観たところ、どちらがどちらの視線とかはっきりと表現される訳でもなさそう。
ただ2人をメインに追っているそれぞれのカメラの映像という感じ。
coversations01.jpg conversations02.jpg
綺麗に見せたい外面の裏側の、実際の気持ち、行動といった場面もありましたが、
それもほんの少し。解説から『ヒー・セッド、シー・セッド〜彼の言い分、彼女の言い分』のような映画を連想しましたが、そういう訳でもなく、デュアル・フレームの意味や、普通に撮ってたらどんなだったのだろう? などと考えてたりしてしまいます。

演じた2人はこの「撮り直す必要のない」ワンテイクの撮影方法は、
気持ちを途切れさせる事がないのでとてもやりやすかったそう。
そういう自然な気持ちの流れはすごくよく感じました。

主演は、すっかりティム・バートンの奥さまというイメージのヘレナ・ボナム=カーターと、
今、乗りにのっているアーロン・エッカート
2人とも脚本に惚れ込んでの出演だったそうです。
この2人だから観たいし、最後まで飽きさせずに観られます。
酸いも甘いも噛み分けた落ち着いた大人の魅力がありますね。
2人の若かりし頃を演じるノラ・ザヘットナーとエリック・アイデムが凄くピュアな感じで眩しく描かれいて、とても良かったです。特にノラ・ザヘットナーは可愛い☆

ほぼ全編、音楽なしで、本当にずっと2人が会話しているだけの会話劇で、2人以外の登場人物も(過去の2人以外で)台詞があるのは2人くらい? しかも一瞬しか出て来ない。
そんな常に緊張感を伴った映像なので、クライマックスで使われるカーラ・ブルーニのフランス語の主題歌や挿入歌がとても印象的。

ケルカン・マ・ディ 〜 風のうわさ
カーラ・ブルーニ
V2レコーズジャパン/コロムビアミュージックエンタテインメント (2004/04/28)
売り上げランキング: 17758
おすすめ度の平均: 4.5
4 シャラポワ。
5 買い!
5 リラックス

スーパーモデルから華麗な転身を遂げた女性シンガー、カーラ・ブルーニが唄う
主題歌「J'en Connais」の他、劇中使用曲2曲を含むアルバム『ケルカン・マ・ディ 〜 風のうわさ』
あの主題歌をチラッと聴いただけで、この映画が観たくなってしまうような、素敵な曲るんるん

監督のハンス・カノーザは、宗教上の理由から芸術を禁じられ、子供時代の大半を東南アジア各地の伝導施設で過ごしたという異色の経歴。長編二作目の本作で、2005年東京国際映画祭審査員特別賞。ヘレナ・ボナム=カーターも主演女優賞を受賞しています。

脚本は『天国からはじまる物語』などで知られる小説家ガブリエル・ゼヴィン。ハンス・カノーザ監督のライティングパートナーで、次回作も脚本を担当しています。この2人の次回作はどんな作品なのか気になります。


He Said She Said
He Said She Said
posted with amazlet on 07.01.30
Paramount Studio (1993/07/28)
売り上げランキング: 12593
おすすめ度の平均: 5.0
5 恋に落ちてることだけは意見が一致

ヒー・セッド、シー・セッド〜彼の言い分、彼女の言い分
ケビン・ベーコン、エリザベス・パーキンス主演。男と女の恋愛におけるそれぞれの言い分を両方の側から描いたラブコメディ。
男の言い分の前半を男性監督(『旅するジーンズと16歳の夏』のケン・クワピス監督)が、女の言い分の後半を女性監督(マリサ・シルヴァー)が行うという画期的な映画。
凄く前に観たのですが、私の周りで未だに語りつがれている傑作。
男と女の本音爆発で笑えます(⌒∇⌒)るんるん シャロン・ストーンとネイサン・レインも出演。

カチンコ ヘレナ・ボナム=カーター、アーロン・エッカート出演作品の感想記事
ティム・バートンのコープス・ブライド』『チャーリーとチョコレート工場』『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』『サンキュー・スモーキング』『ブラック・ダリア

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:18 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(16) | 外国映画
この記事へのコメント
こんにちは(^-^) TBさせていただきました。
この映画のことよりも、
『ヒー・セッド、シー・セッド』の方に反応してしましました(^-^;
この映画、おもしろかったですよねー☆
Posted by ジジョ at 2007年01月31日 03:27
ジジョさま。こんにちは♪
知っている人はあまりいないかな、と思っていたのですが、
『ヒー・セッド、シー・セッド』、ご存知なんですね(^^)
同じシーンを繰り返しても、男側と女側からの視点が全く違うところが面白かったですね(⌒∇⌒)☆
Posted by bakabros at 2007年01月31日 12:58
こんにちは! お邪魔します。
映画祭で鑑賞したので、もうだいぶ記憶が薄れてきてますが、洒落た会話が素敵な映画だったなと思います。
挿入歌や脚本家のご紹介も有難うございます!そうですか!またコンビで映画を作るのですね?それは楽しみです♪
『ヒー・セッド、シー・セッド〜彼の言い分、彼女の言い分』は知りませんでした〜面白そうですねぇ〜ちょっとメグ・ライアンの『恋人たちの予感』を思い出させるような・・機会があったら観てみたいです。
TBさせて頂こうと思ったんですが、どうも上手くいかないようですので、URL入れさせて頂きました。(^^)/
Posted by マダムS at 2007年02月07日 17:25
マダムS さま。こんにちは♪
タイトル通り、大人の本音と建前が交錯する会話が興味深かったです。
音楽も良かったし、この脚本監督コンビの次回作、気になります。
『ヒーセッド、シーセッド』もちょっと変わった作りの映画ですが、本当におかしくて大好きな映画です(^^)
TB、こちらからさせて頂きますね♪ また是非遊びにいらして下さいね(⌒∇⌒)☆
Posted by bakabros at 2007年02月07日 18:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

カンバセーションズ
Excerpt: 「男はズルいロマンチスト、女は罪なリアリスト」 10年ぶりに再会した昔の彼と彼女の物語。 自分にもありそうな、ドキドキの設定に、リアルな会話。 男と女の本音と立前が炸裂です☆ ..
Weblog: ジジョの五感
Tracked: 2007-01-31 03:24

カンバセーションズ
Excerpt: デュアルフレームムーピーという二つの視点を同時に見せる手法は斬新だけど、字幕を読みながらだと辛いところがあるかも知れない。それにしてもヘレナは凄く素敵。さすが女優だなぁ〜。 素敵なロマンスではなく、..
Weblog: 八ちゃんの日常空間
Tracked: 2007-02-04 00:18

カンバセーションズ
Excerpt: 試写会に行きました。 主演はヘレナ・ボナム=カーターとアーロン・エッカート。 特殊メイクをしてないヘレナ・ボナム・カーターを観るのは久しぶり。 好きな女優さんの一人なので、ちょっと楽しみ。..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2007-02-04 21:01

カンバセーションズ
Excerpt: とあるホテルで開かれているウエディング・パーティー。そこに招かれている女と男の間の何だかワケアリの会話。ほぼ全シーンがデュアル・フレームで編集されています。左右に二分割された画面のそれぞれに、同じ場面..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2007-02-05 00:40

カンバセーションズ
Excerpt: 男はズルイロマンチスト、女は罪なリアリスト・・・
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2007-02-05 20:56

カンバセーションズ
Excerpt: 期待値: 68%  大人な2人の男女の会話を楽しむ映画。 ヘレナ・ボナム=カーター、アーロン・エッカ
Weblog: 週末映画!
Tracked: 2007-02-10 23:41

カンバセーションズ
Excerpt: 「男はズルいロマンチスト、女は罪なリアリスト」うーん……。ちょっとコピーがカッコ良すぎ?男も女も中途半端に未練がましくて優柔不断。観る前には、カッコいい男と女の会話劇を想像していて楽しみにしていたのに..
Weblog: あいち国際女性映画祭ANNEX-Nouveau's BLOG
Tracked: 2007-02-25 13:07

カンバーセーションズ
Excerpt: Conversations with Other Women 場所:マンハッタンのホテル、時間:夜から夜明け。10年ぶりに再会した元夫婦のカンバーセーション(会話)で綴るリアルタイム・ストーリー..
Weblog: knockin' on heaven's door
Tracked: 2007-02-25 21:37

彼女の視線と彼の視線(^_-)-☆“カンバセーションズ”
Excerpt:  Conversation(S)すべての“想い”を映し出すデュアル・フレーム・ムービー 撮影は二台のカメラで・・・・。同時に二人を映し出して、そして二人の感情の動きをより効果的に、観客に伝えるために..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2007-02-27 09:30

カンバセーションズ
Excerpt:  これぞまさに真のオトナの恋愛映画!  ほとんどが主人公たち二人の会話だけで進行していく作品です。  ストーリーも平坦ですし、とりたてて大き
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2007-03-11 18:17

「カンバセーションズ」 CONVERSATIONS WITH OTHER WOMEN
Excerpt: 舞台はマンハッタンのクラシカルなホテル。 ウエディングパーティの行われているバンケット・ルームで10年ぶりに再会したかつての恋人同士が、互いにぎこちない会話を重ねるうちにやがて若い頃の感情を甦らせてい..
Weblog: 俺の明日はどっちだ
Tracked: 2007-03-15 10:00

カンバセーションズ
Excerpt: 昔の彼と昔の彼女のほろ苦くて甘いカンバセーションズ。すべての“想い”を映し出すデュアル・フレーム・ムービー。 マンハッタンのクラシックなホテル。ウエディング・パーティーが行われているバンケット・..
Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
Tracked: 2007-04-23 17:24

『カンバセーションズ』
Excerpt: カンバセーションズ  ちびちび的プチ評:[emoji:i-280][emoji:i-280][emoji:i-280]   大人の恋愛劇。男女はやっぱり異星人同士なんだなぁと気付かされます。 ..
Weblog: 奥さまは149cm
Tracked: 2007-08-20 07:46

カンバセーションズ
Excerpt: 「カンバセーションズ」 2007年 米/英 ★★★★ プラトニックな若い男女の出会いと別れ、再会を描いた「ビフォア・サンライズ」 &「ビフォア・サンセット」の大人バージョンのようで(大人..
Weblog: とんとん亭
Tracked: 2007-09-01 07:20

「カンバセーションズ」
Excerpt: 「幸せのレシピ」のアーロン・エッカート繋がりの1本。 共演は、ヘレナ・ボナム=カーター。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2007-10-23 03:37

『カンバセーションズ』
Excerpt: こちらもDVDで鑑賞。「以前夫婦だった男女。男の妹の結婚式で10年ぶりに再会する。久しぶりに会話を楽しんだ2人は・・・」という話。 デュアル・フレームということで、画面は常に2分割されていて、男..
Weblog: ・*・ etoile ・*・
Tracked: 2008-01-06 23:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。