2007年02月15日

『僕のニューヨークライフ』

ウディ・アレン監督の人生というか、彼そのものを観ている気分になる映画、『僕のニューヨークライフ』『ANYTHING ELSE』)。

マンハッタンに住む21歳の新進コメディ作家ジェリー(ジェイソン・ビッグス)は女優の卵アマンダ(クリスティナ・リッチ)と一目惚れの恋に落ちるが、彼女はいつも気まぐれで不可解な言動が多く、最近はセックスレス状態。彼は教師で先輩作家のドーベル(ウディ・アレン)にそれらの悩み事を打ち明け、人生の指南を仰いでいた。そんなある日、アマンダの浮気が発覚して…。

enythinge01.jpg enythinge02.jpg

浮気性でも悪気が無いので憎めない、小悪魔的な彼女に振り回される男の話ですが、彼女と彼の設定が逆だったらば、よくあるなんにも面白くない話だと思います。
一緒に暮らす恋人とはセックス出来ないのに他の男とは、というところがなんとも難しい女心というやつでしょうか。この当たりを、嫌みなく描くところがウディ・アレン監督の上手さとクリスティーナ・リッチの演技の魅力ですね。

クリスティナ・リッチはTVドラマ『アリーmy Love』のロリータ弁護士ライザ・バンプを彷彿とさせる、男を惑わすキュートな役柄で、とても可愛いコロコロした下着姿で楽しそうにスクリーンを歩き回ります。
ジェイソン・ビッグスは『南極物語』で観ているはずですが覚えていなかったです。アメリカでは人気あるのかな? 背丈も同じ位(?)のウディ・アレンと並んであーでもない、こーでもないと思案にくれお喋りしている姿は、新旧ウディ・アレンか若い頃と今のウディ・アレンを見ているみたい。
配役もダニー・デヴィート、ジミー・ファロンと脇まで渋くて楽しませてくれます。

物語は最後に急展開してびっくりさせてくれますが、終わってみればやっぱりウディ・アレン映画! なんだかんだ言いながらもまた楽しませてくれました(^^)

僕のニューヨークライフ Anything Else (Full Slip)
僕のニューヨークライフ
Anything Else (Full Slip)

ウディ・アレンの漂う電球 ウディ・アレンの漂う電球
1981年にニューヨークのヴィヴィアン・ボーモント劇場で《ほろ苦いコメディ》として発表され、翌82年に、その戯曲本として出版された、
知る人ぞ知る「幻の名作」の邦訳。舞台となるのは、ニューヨークのブルックリン。アレンの原風景としての少年時代が描かれています。

ウディ・アレン コレクションBOX
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2005/06/24)
売り上げランキング: 42152
おすすめ度の平均: 4.0
4 ウッディ=アレンの転換期
5 作品の選考に?だけど
4 「カイロの紫のバラ」

高田馬場の二本立て映画館、早稲田松竹で3/10〜3/16に、早稲田松竹クラシックスvol.12/ウディ・アレン として『マンハッタン』と『アニー・ホール』が二本立て上映されます。スクリーンで見逃している方は要チェック!

カチンコウディ・アレン監督作品、ジェイソン・ビッグス出演作品の感想記事
マッチポイント』『メリンダとメリンダ』『さよなら、さよならハリウッド』『ギター弾きの恋』『南極物語

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 14:59 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 外国映画
この記事へのコメント
こんばんわ。

クリスティーナ・リッチといえば,アダムズファミリーが印象に残っています。
おでこの大きなあの少女が,そのままに大きくなって・・・

大好きな映画,バッファロー'66では大分むっちりムチムチな感じでしたが,久しぶりに見る彼女はだいぶスマートになった感じ?
そういえば,スリーピーホロウにも出てましたね。

早稲田松竹,懐かしい!
学生時代には結構お世話になりました。

また行ってみようかな??
Posted by マキパパ at 2007年02月16日 00:36
マキパパさま。こんにちは♪
クリスティナ・リッチ、いいですよね〜。私もあのむちむちさが好きなんです。
自己中心的でわがままで、でも何故か憎めない可愛らしさが魅力的。
『モンスター』のレズビアン役も良かったですね☆
早稲田松竹、スクリーンと椅子がリニューアルされて、
とても見やすく居心地良くなりました。
よく観に行っています(^^)
Posted by bakabros at 2007年02月16日 01:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。