2007年02月24日

新宿『アカシア』のロールキャベツとビーフシチュー

acacia.jpgロールキャベツで有名な新宿の『アカシア』に行きました。
こちらの、ロールキャベツをご飯のおかずにして頂くというスタイルには以前から興味ありました。
「ロールキャベツとご飯が合わない」という噂も聞きますが、一度食べてみたかったメニューです。
昭和43年創業という事ですが、二階建てのレトロなお店の外観はとても趣があって、歴史を感じさせます。
表の見本メニューにあったビーフシチューと帆立入りクリームコロッケ付の定食が食べたかったのですが、残念な事に売り切れ(×_×) それぞれの単品はあるのに、単品とセットではやはりコロッケの大きさとかが変わってくるのかな?
ロールキャベツとコロッケのセットがないので、注文するのにすっごく悩んでしまいました。
acasiark.jpg
ロールキャベツ(中)ライスセット 750円。ライスはご飯茶碗で出されます。

acaciarku.jpg
味は濃いけれど、想像していたよりも案外さっぱり。ホワイトソースというよりも、ブイヨンとかコンソメスープの方にイメージが近いかも。キャベツはほろほろにやわらかいです。
中のお肉は綺麗な赤色。肉そのままの味を活かす為にか、あまり火を通さない、生っぽいお肉を味わえます。コンビーフっぽくて、コショウが利いています。
思ったよりもご飯と合うし、まあまあおいしいんですが、好きずきかなぁ。

acaciabs.jpg
ビーフシチュー(中並盛)ライスセット 1,250円。とっても美しいビーフシチューですが、このシチュー、とにかく濃くて赤ワインの酸味や渋味がとんがっていて、まとまりがなく、家で作って失敗しちゃったような味。ちょっと残念。
大・中・小と三つ入ったビーフはスジっぽく、とても固くて、お箸ではとても食べられません。ナイフとフォークが出されないって事は、箸でも切れる事を前提としているのだと思いますが、固まりに噛み付いても噛み切れないんです(×_×) お肉を焼き過ぎちゃったのかな?
ニンジンはレモンかオレンジで煮てあると思うのですがこの酸味もビーフシチューと合わない気がします。
ビーフシチューって、こんなもんだったかなぁ。でももっとおいしいビーフシチュー食べた事あるし。『万世』のビーフシチューの方がずっと美味しかった気がします。

このロールキャベツは、お袋の味ではないけれど、家庭の味に飢えた時などに食べたくなりそうなメニューでした。そういえば客層も、サラリーマンとか若い男性グループとかが目につきました。
安さが人気の秘密なのかな。でも量はそんなに多くないです。
お客の会話よりも店員のお姉ちゃん達のお喋り声が店内に響いていました。
おいしかったらそういう事もあまり気にならないんですけどね。
話のタネにも一度は食べてみたかったので、満足しました(^^)
今度行くなら絶対、帆立入りのクリームコロッケを注文したいと思います。


食楽 2007年 03月号 [雑誌] 食楽 2007年 03月号 [雑誌]
『アカシア』のビーフシチューの秘密が紹介されています。

メントレGレストラン―TOKIOと有名人のグルメガイド メントレGレストラン―TOKIOと有名人のグルメガイド
TV番組『メントレGレストラン』では佐野史郎さんが『アカシヤ』のロールキャベツを推薦。

レストラン『アカシア』新宿本店
新宿区新宿3-22-10 (アルタ裏)
TEL 03-3354-7511
営業時間 11:00-22:30(LO)
定休日 毎週 水曜日



ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 18:52 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 1/87600食
この記事へのコメント
こんにちわ!
珍しく辛口評ですね。
ロールキャベツはしょっぱいと思っていたのは
自分だけかと思っていました。
でも、たまになぜか食べたくなるんですよね。
ポークのオイル焼きはまあまあいけますよ。
Posted by breadlove at 2007年02月24日 23:32
breadloveさま。こんにちは♪
ロールキャベツは濃い味ながらもまあおいしく頂きましたが、ビーフシチューがどうも口に合わなかったのです。
“ポークのオイル焼き”も面白いメニューですね。
今度行った時にはオイル焼きとコロッケを食べてみたいです(*^-^)☆
Posted by bakabros at 2007年02月24日 23:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。