2007年02月27日

『弓』

少女への愛を奏でる楽器であり、少女を守る武器でもあり、少女の命を懸けた"弓占い”の道具でもある『弓』(THE BOW)。それは男の究極の夢なのか。人間の本能、誰にでもある願望なのか。永遠の愛、絆や繋がりといった幻想を、目に見える形として眩しい程鮮やかに描ききる。キム・ギドク監督が追い求める“至上の愛”のかたちには、いつもドッキリさせられます。
thebow01.jpg
広い海の上にぽつんと浮かぶ1隻の漁船。そこは老人(チョン・ソンファン)と少女(ハン・ヨルム)の2人だけの世界。
少女は連れてこられてから10年、一度も陸に上がった事がない。
祖父ほども年の離れた男は、慈しむように大切に彼女を育ててきた。それは彼女が17歳になったら、結婚式を挙げるため。そしてその夢は、三ヶ月後についに叶うはずだった。

thebow02.jpgカレンダーに“結婚”と書きハートマークで囲み、その日を心待ちにし、1日の終わりに×印をつける姿がいじらしいです。
段々焦って来て、何日分も飛ばしてインチキする辺りがしつこい程何度も描かれて、おかしかったです。
毎晩、2段ベッドの上下に分かれ、眠る前に少女の腕をすすーっと撫で、手だけ握って眠るのですが、このシーンは何度観てもゾゾッとします。

少女が目を覚ます前に朝食を作り、弓矢を改造した楽器で少女のためだけに音楽を奏で、夜にはタライで少女の体を清め洗い髪をくしけずる。
老人は少女のためだけに生きていたけれど、少女の未来はどんどん開かれていく。
ラスト、魂との契りを交わすような、幻想的で超現実的なセックスシーンには、もの凄いインパクトと嫌らしさがありました。それが2人だけの世界でなく、そこにもう1人の男(ソ・ジソク)が傍観者としている事が、夢と現実を繋ぎ、この作品をより不思議なものにしているような気がしました。

『サマリア』に続きハン・ヨルムは、この映画でも独特の無垢な微笑みをたたえていますが、そんな彼女の、老人に嫌悪感を持ち始め反発する時の、険しい表情がとても印象的。
一度は離れようとした老人と、離れられないと知った後の、諦めと達観、悟ったような穏やかな微笑み。彼女の老人への愛情は、彼の愛以上に大きく包み込む母性の愛。そう考えると、晴れやかな婚礼の儀式も、たまらないほど寂しげで悲しく見えました。
この映画では台詞が1つもなかったんですね。喋らなくともすべてを全身の表情で表現しきっていたので、セリフがないという事にも気づかない程でした。
無垢なあどけなさと、成熟した女性のエロティシズムとを併せ持つとても魅力的な女優さんです。

弓
海に浮かぶ一艘の船に2人だけで暮らす老人と少女のいかがわしくも美しい愛の物語を神秘的かつエロティシズム漂う独創的なタッチで描き出す異色のラブ・ストーリー。

キム・ギドクの世界 〜野生もしくは贖罪の山羊〜 キム・ギドクの世界 〜野生もしくは贖罪の山羊〜
3/10〜『絶対の愛』公開、次回作『息』もクランクアップ。昨年の「引退宣言」後も映画を撮られていて安心しました。唯一無二のキム・ギドクワールドを、まだまだ存分に味わってみたいから。

カチンコキム・ギドク監督作品の感想記事
『サマリア』

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 17:21 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | 韓国映画
この記事へのコメント
こんにちは☆連続投稿すみません…(苦笑)

この老人に私、どーしても感情移入できなくて、どーしても受け付けられませんでした…。

描きたいこととかは、ギドク好きなのでよくわかるんですが…「ジジイ、キモいよ」と思ってしまって…(失礼)

あの手を触るシーンは私もゾゾッとしましたよー;;
Posted by ももも at 2007年04月03日 11:25
もももさま。こんにちは♪
確かに、老人にはあまり感情移入出来ないかも……。
気持ちはわからないでもないのですが、少女の目線で観てしまうと、辛くなりますよね。
カレンダーに印をつけていくところとかは可愛かったです(^▽^;)
Posted by bakabros at 2007年04月04日 00:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34808134

この記事へのトラックバック


Excerpt: DVDデッキとの相性が悪いらしくやっと見終わりました「弓」です。 10年前、老人が連れてきた少女は釣り人を運ぶ船の上か
Weblog: ○o。1日いっぽん映画三昧。o ○
Tracked: 2007-04-03 11:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。