2007年03月10日

『約束の旅路』

とても難しい問題がテーマですが、映画はとてもわかりやすく、青春映画としても観られるような、爽やかな感動があります。生きる事に対する強い思いと生命力、生きて行く事の素晴らしさをみせてくれる、『約束の旅路』。普段、日常に観ているような、「映画一本観る」以上の経験。日本で暮らす私たちの生活とはかけ離れた、でも同じ今を生きる人間である遠い国の人々について、考える事のきっかけを与えてくれる、凄い映画でした。
約束の旅路 約束の旅路映画の原作本。

エチオピア系ユダヤ人たちがスーダンの難民キャンプからイスラエルを目指し旅立った“モーゼ作戦”の真実を元に、母親と生き別れた1人の少年の成長を通して描かれる壮大な人間叙情詩。
この映画の面白くて凄いところは、「モーゼ作戦」でイスラエルへ渡ったエチオピアのユダヤ人を描いているのではなくて、そのどさくさに紛れ込み、生き残る為にユダヤ人になりすました、エチオピア人少年が主人公というところだと思います。

イスラエルへ渡ったあとも、自分のアイデンティティの消失と、残して来た母への想いに苦しみ悩みながら、成長して行く姿を追って行くのですが、その描かれ方は生き生きとして、生きる事の辛さと同時に、素晴らしさをも教えてくれます。

yakusoku02.jpg出自を偽り、宗教を偽り、母と父と家族の存在を消し去り、全てのアイデンティティを捨てなければいけなかった、主人公の少年の状況。
複雑に絡み合う国と宗教と大人たちの思惑の中で、じっと耐える事で生きながらえている無力さ、生きて行く為に自分を偽り続ける事の辛さがひしひしと伝わって来ます。
前半の重なり合った運命の無情に、こちらの心も冷え、諦めの思いも感じますが、後半、幸せな家族に囲まれて、少年が穏やかに成長し、恋もして未来への夢を語るようになってからは、希望を感じ、世界が明るく開かれたような気持ちになりました。

yakusoku03.jpgそして、人間にこんなに強い力を与える宗教、信仰心というものについて、本当に驚かされます。
不幸の逃げ道として信仰が成り立ってしまっている事、そこに行けば全ての苦から解放され、幸せになれるという楽園思想には恐ろしさも感じます。
エルサレムを、約束された「この世の天国・楽園」と本気で信じているエチオピア系ユダヤ人たちの、「エルサレムに行けば肌が白くなり、白人になれる」というセリフに衝撃を受けました。
ただ、この映画では、信仰の裏側に必ず存在する、差別や対立意識、盲信といった事についても強く訴えかけてきます。でも決して説教臭くなく、とてもわかりやすく説明してくれるので、難しい問題ながら、すっと映画の中に入って行けました。

映画を観る前にラデュ・ミヘイレアニュ監督のお話を聞けました。監督は想像よりもずっと若くて、とても気さくな感じ。笑顔が温かい素敵な方でした。短い時間でしたが、母親が与えてくれる愛の素晴らしさを強く訴えられていて、もっともっと話したかった様子。「絶望的な社会」「暗黒的で、あまりに退廃的な世界」と今の世の中を憂いていて「女性はよりよい文明を発展させることができるのではないか、世界をより良くするためのキーパーソンは女性ではないのか」と思っているのだとか。
この映画にも、主人公に愛情を注ぐ4人の女性たちが出て来ますが、彼女たちは監督自身が女性たちに感じている希望の象徴なのだそうです。

yakusoku01.jpg主人公シェロモの各時代を演じた三人の少年も、実際に主人公と同じ体験を持つそうです。
少年時代のシェロモ役、モシェ・アベベは「モーセ作戦」で祖父や叔父、叔母がイスラエルに渡り、1991年の「ソロモン作戦」で家族揃ってイスラエルに移住。
青年時代役のシラク・M・サバハは、エチオピア系ユダヤ人。10歳の時にイスラエルへの移住を求めて家族と数千キロの道のりを歩き、首都で5ヶ月待った末、「ソロモン作戦」によってイスラエルへ。

幼年時代役のモシェ・アガザイは、テルアビブ郊外レホヴォ出身で、『シュレック』のロバ、『スターウォーズ』のスカイウォーカー、『ET』のETなどの声優としても活躍しているという芸達者なプロフィールにびっくり(⌒▽⌒;) !

義母ヤエル役のヤエル・アベカシス、義父ヨラム役のロシュディ・ゼムと、それ以外の俳優陣も、皆素晴らしく良かったと思います。

『約束の旅路』ブログ募金キャンペーン

『約束の旅路』についてブログに書き込んだエントリ1つに対して、シネマカフェ運営会社「株式会社カフェグルーヴ」より、アンジェリーナ・ジョリーが親善大使を務めるUNHCR駐日事務所アフリカキャンペーンに50円の寄付を行ってくれます。
記事を書かなくても、バナーや予告編を掲載するだけでも募金の対象となるので、とても参加しやすくて、意義のあるキャンペーンだと思います。

60人のブログで、毛布10枚。
100人のブログで、調理器具セット2家族分。
200人のブログで、健康診断25人分。
300人のブログで、テント1張。
600人のブログで、教科書100人分。
1,600人のブログで、井戸の発掘。


2007/3/8現在、403ブログが参加。
テント1張を達成したところです。
記事を書いたらトラックバックし、ブログアドレスを登録するだけで基金に参加出来ます。
私も参加させて頂きました(^▽^)/☆
詳しくはこちらをクリックしてみて下さい。

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 16:03 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(8) | 外国映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35291914

この記事へのトラックバック

真・映画日記『約束の旅路』
Excerpt: 3月15日(木) 終業後、神保町にある「岩波ホール」へ。 『約束の旅路』を見る。 スーダンやイスラエルを舞台にしているが、 一応フランス映画。 予告編や邦題のイメージからロード・ムー..
Weblog: CHEAP THRILL
Tracked: 2007-03-21 07:08

約束の旅路
Excerpt: 1984年、常に死とト隣り合わせの世界、スーダンの難民キャンプで、エチオピア系ユダヤ人がイスラエルへ移送されることを知ったある母親が、息子を死の恐怖から救うため、病気で息子を失ったばかりのエチオピア系..
Weblog: 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜
Tracked: 2007-03-27 00:22

『約束の旅路』
Excerpt: (原題:Va, vis et deviens) ----「行け、生きろ、生まれ変われ----」 この映画のキャッチコピー、凄まじいね。 「それでタイトルが『約束の旅路』。 しかもランニングタイムが2..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2007-03-27 10:09

約束の旅路
Excerpt: 行け、生きよ、生まれ変われ・・・
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2007-04-14 19:57

【映画】 約束の旅路
Excerpt: シェアブログ1571に投稿 ↑ シェアブログに投稿するために必要な表示です ジューイッシュって 知っているようで 知らない世界。 その世界観は 旧約聖書に基づいており 新約聖書 つまり イ..
Weblog: Lost in Australia
Tracked: 2007-05-09 18:54

映画「約束の旅路」
Excerpt:  スーダンの難民キャンプに、エチオピア人の母親と男の子(シャロモ)がいる。 ご飯は譲り合って食べている。どうやらこのキャンプに希望はない。 そんな時母親は特定の人だけがイスラエルに脱出できることを..
Weblog: don't worry!な毎日
Tracked: 2007-06-02 21:10

『約束の旅路』
Excerpt:  イスラエル(とアフリカ。一部フランス)を舞台に、少年の苦悩と成長を描き、生きることの意味を鋭く問いかける傑作。 東京・神保町の岩波ホールにて最終日に鑑賞。(乾燥が遅くなってしまった) 『約束の旅路』..
Weblog: 分太郎の映画日記
Tracked: 2007-06-19 19:01

Va, vis et deviens 約束の旅路
Excerpt:    生きのびるために、9歳のエチオピア人少年は、ユダヤ人と偽って、イスラエルへ・・・・。   6月23日、京都シネマにて鑑賞。主人公シュロモはエチオピアのキリスト教徒だった。混乱した..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2007-07-16 18:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。