2007年03月05日

『オズの魔法使い』

1939年のMGM社による超有名なミュージカル映画を今頃初めて鑑賞しました。
いきなり名曲、エドガー・イップ・ハーバーグ(作詞)とハロルド・アーレン(作曲)による挿入歌『虹の彼方に』(「Somewhere Over the Rainbow」)で始まります。この曲、同じく超有名なミュージカル映画で、これも未見の『サウンド・オブ・ミュージック』の曲かと思っていました。

オズの魔法使い オズの魔法使い
オズの魔法使い
オズの魔法使い もすでに廃価版なんですね!

オズの国は、まるでディズニーランドみたい♪
シャボン玉に乗って魔女が現れるシーンから、カカシ・ブリキ男・ライオンの特殊メイクが凄く良く出来ていて、何だかとても新しい感じがします。リメイク版なのかと思った程。
そして、犬のトト(役名もtoto)。凄い演技してます〜! 終始、犬に目が釘付けになってしまいます。

異形のものたちが、願いを叶えてくれる王のいるエメラルドの城を目指す、というストーリー、シチュエーションは、今日のファンタジー小説や映画など、全てのベースになっているんじゃないかと思うほど。完成度の高さにびっくりしました。

そして、オズの城は、『チャーリーとチョコレート工場』かロベルト・ベニーニの実写版『ピノッキオ』の世界みたい。

全体から感じたのは、決して子供向けとは思えない、細部の作り込みの楽しさ。
セットやセリフの端々、登場人物たちの気負いのない、かる〜いタッチのギャグが満載で、楽しめました。
眉毛から滴り落ちる滝のような大量の汗って、凄いギャク!
魔女が飛ばす羽サルたちの影絵のシーンはデザイン的にもとても美しかったです。
魔女の最後、消えて行く場面なんかも、今のCGよりもリアルな感じがしました。

ヴィクター・フレミング監督は『風と共に去りぬ』の監督なんですね! ジュディ・ガーランド主演。一部テクニカラーを採用。
セピア色だったカンザスシティから、オズの国に入るとカラーになる瞬間も素晴らしかったです☆

バービー オズの魔法使い ドロシー バービー バービー オズの魔法使い かかし ケン バービー オズの魔法使い ブリキのきこり ケン バービー オズの魔法使い 臆病ライオン ケン
バービー オズの魔法使い ドロシー バービー
バービー オズの魔法使い かかし ケン
バービー オズの魔法使い ブリキのきこり ケン
バービー オズの魔法使い 臆病ライオン ケン
バービーにもオズの魔法使いたちがいました(^^)♪
カカシもブリキ男もライオンも、全部元がケンっていうのがなんとも言えず良いですねるんるん

バービー オズの魔法使い 北のいい魔女グリンダ バービー バービー オズの魔法使い 西の邪悪な魔女 バービー
バービー オズの魔法使い 北のいい魔女グリンダ バービー
バービー オズの魔法使い 西の邪悪な魔女 バービー
北のいい魔女とか、西の邪悪な魔女とか、そのまんま何かの映画に出て来たような。

オズの魔法使 コレクターズ・エディション
オズの魔法使 コレクターズ・エディション
2005/11/25に発売された初回限定生産のコレクターズ・エディションには、約436分の映像特典、コダクロームスチール写真、MGMスタジオニュース、復刻版劇場パンフレットなど、記念品の数々を封入。オズの魔法使いアニメ版やアカデミー賞授賞式、プロモーション映像も収録かわいい

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:44 | 東京 ☔ | Comment(6) | TrackBack(2) | 外国映画
この記事へのコメント
ご無沙汰してます。いい映画をご覧になられましたね!

≫今日のファンタジー小説や映画など、全てのベースになっているんじゃないか

その通りです。とにかくこの作品はこの後、さまざまな映画作家たちに多大な影響を与えた作品ですので、観てないのに観たことあるのは当然なのです。
色が美しいでしょう?テクニカラーを大々的に取り入れた作品でもあり、モノクロシーンとの対比もあって、今ある作品とは発色そのものが違います。

当時はパートカラーといって、一部だけカラーだったのが、この作品では一部だけがモノクロ。このことだけでもすごい冒険だったんですよ。
かの翼のあるサルたちが唄う(というか唸ってる?)シーンと歌は、いまだに他の全然関係のない作品でもよくパロディに使われてます。いろんな人に愛されているんですね。

『ザッツ・エンターテインメント3』もぜひご覧下さい。
なんと、『オズの魔法使い』で使われなかった10分近くにわたる長巻のNGシーンが観られます。もちろん、すばらしいダンスと音楽で、なぜ使われなかったかがいまも謎。
Posted by よろ川長TOM at 2007年03月11日 04:30
よろ川長TOMさま。こんにちは♪
昔の映画だし子供向けかなとか、思い期待していなかったんですけど、面白かったです(^^)
色も綺麗で幻想的だし、音楽も素晴らしいし、凄い映画ですね! 翼のサルの造形とか顔つきも衝撃でした。
『ザッツ・エンターテインメント3』も、是非観てみたいです(^▽^)/☆
Posted by bakabros at 2007年03月11日 12:30
オズの魔法使いっていいですよね。
私の好きなミュージカルの一つです。
特にヒロインのドロシーに憧れています。
私のブログからトラックバックを張っておきました。
Posted by Nelda at 2008年05月18日 01:08
Neldaさま。
今観ても全然古くさくなく、新鮮に映るのがスゴイですね! ミュージカルやファンタジーの楽しさを堪能出来る映画でした。
Posted by bakabros at 2008年05月23日 15:11
映画生活よりお邪魔致しました。
この作品、本当に凄いですね。
私はあまりミュージカルやファンタジーを観ないのですが、思いきって(?)観て良かったです。

最近、古い「名作」と呼ばれている作品が次々とソフト化されて観る機会が増えましたよね!とってもうれしい事です^^

お邪魔しました!
また遊びに来させていただきますね!
Posted by 髭ダルマLOVE at 2008年07月21日 00:26
髭ダルマLOVEさま。
はじめまして♪
私は古い映画はあまり観た事がなかったのですが、これを観て考えを改めさせられました。
特殊メイク、ストーリーや世界観、衣装や美術の細部までが新鮮で輝いて見えました。
旧作がDVDで気軽に楽しめるのは、本当に嬉しいですね!

また、是非遊びにいらしてくださいね(^_^)☆
Posted by bakabros at 2008年07月24日 11:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ドロシーに憧れています
Excerpt: オズの魔法使いをご存じですか?名画DVD オズの魔法使い VCDD-62オズの魔法使い 、ドロシー ハロウィン、コスプレ、コスチューム、衣装パーティー 結婚式 二次会 演出 /WizardofOzDo..
Weblog: 最新スカート図鑑
Tracked: 2008-05-18 01:05

オズの魔法使い
Excerpt: オズの魔法使い おすすめ度{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} 原題:The Wonderful Wizard of OZ 製作:1938年 アメリカ 製作:マービ..
Weblog: 徒然映画日記。
Tracked: 2008-07-21 00:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。