2007年03月24日

『素粒子』

幼い頃、養育放棄をされた兄弟、性的欲望を抑えられず、妻子がありながら風俗クラブやヒッピーの集まりへ通う国語教師の兄・ブルーノと、反対に女性への関心を持たずに、生殖を拒否するかのようなクローン技術に没頭する、天才的な数学者の弟・ミヒャエル。
恋愛小説という形をとりながら、現代社会の色々な問題点と、誰もが持つ心の葛藤をえぐり出し、それぞれの抱える問題が綴られていきます。
表現が多少オーバーな気はしますが、でも本当に今の世の中は、こんなにも壊れているかもしれない、と恐ろしくなるような映画。『素粒子』

素粒子 素粒子 ドイツでセンセーションを巻き起こしたミシェル・ウエルベックのベストセラー小説。映画の原作本です。

映画の前にオスカー・レーラー監督のビデオレターが上映されました。
現代の消費社会に強い脅威を感じていて、この映画では現代に生きる人々の心の空虚感、焦燥感みたいなものを捉えたかったようでした。『約束の旅路』のラデュ・ミヘイレアニュ監督と同じく、今の世の中に絶望しているような印象を受けました。「日々生きて行くだけでも大変なストレスのある時代」というような事を仰っていたのがとても印象的。

soryusi02.jpg一見普通に見えるけれど、なかなかショッキングでぶっ飛んだ内容と、予想を超える展開に、観る側のスタンスを問いかけられるような作品でした。
彼等の問題や映画の中で描かれることは、今の自分たちの裏側の顔であって、そうやってみんな生きているんだと教えられるような。観ている間はヒリヒリととても窮屈な気分を感じましたが、それは自分の本心や本能をあぶり出されるような気がするからかもしれません。

ひとつ気になったのは、クローン技術の研究に没頭する弟が、自分の子供を持つという事態に対して、どう思ってどう考えたのかが全く描かれていなかったこと。
それがわかってこないと、結局彼の研究へのモチベーションが見えてこない気がしました。その辺りが凄く面白いところだと思うのですが。


*「素粒子」とは?
物理学用語のひとつ。物質の構造を分子・原子・原子核と分けて見たとき、原子核の次に来る粒子をいう。物質の最小単位とされている。


アグネスと彼の兄弟
アグネスと彼の兄弟
モーリッツ・ブライブトロイ出演、オスカー・レーラー監督の前作。性転換して女性になったクラブダンサーのアグネスと彼の二人の兄弟、父親をめぐる物語。
日本では劇場未公開でしたが、4/7にDVDが発売されます。こちらも面白そうで気になる映画です。

es[エス] ラン・ローラ・ラン
どこかで見た顔、『es[エス]』の主人公と似てるなぁと思ったら、やはり彼でした。今回、おじさんっぽくなっていてちょっとびっくり。『ミュンヘン』にも出ていたんですね。
モーリッツ・ブライブトロイとフランカ・ポテンテは、『ラン・ローラ・ラン』以来の再共演。

カチンコモーリッツ・ブライブトロイ、フランカ・ポテンテの出演作品感想記事
ミュンヘン』『ボーン・スプレマシー

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 14:51 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(13) | 外国映画
この記事へのコメント
原作だと弟の、子どもに対する気持ちとか書かれているんですかね?
兄が子どもにミルク飲ませる際、
睡眠薬を混ぜる場面があったので、
たしかに弟クンのほうもあって良かったかも。
Posted by 現象 at 2007年04月24日 15:39
現象さま。
原作は読んでいないのでわかりませんが、弟がクローンの研究をしているのは、女性に対する恐怖とか嫌悪とか、負の気持ちがあったからだと思うのですが、実際自分が子供を持つ事に対してどう感じたのか、そこのところが観たかった気がします。
兄の子供への対し方も、恐ろしいものがありましたね。
Posted by bakabros at 2007年04月24日 16:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36588066

この記事へのトラックバック

素粒子
Excerpt: 素粒子原題 Elementarteilchen(2006年/ドイツ/オスカー・レーラー監督/公式サイト)国語教師と科学者の異父兄弟それぞれの恋愛。原作はミシェル・ウエルベックの同名小説。
Weblog: 辛口だけれど映画が好きです
Tracked: 2007-03-26 17:46

素粒子
Excerpt:  人生は期待に満ちていて、それを裏切る−フランスで発表され、ヨーロッパを震撼させたミシェル・ウエルベックの小説『素粒子』がついに映画化。
Weblog: Antist
Tracked: 2007-03-28 12:39

『素粒子』
Excerpt: @渋谷・ユーロスペース、オスカー・レーラー監督。 フランスの作家による問題作の小説をドイツの監督が映画化。 幼い頃、自由奔放なヒッピーの母親(ニーナ・ホス)に養育放棄された異父兄弟〜国語教師の兄ブル..
Weblog: マガジンひとり
Tracked: 2007-03-29 21:27

「素粒子」
Excerpt: 3月24日よりユーロスペースで公開される映画「素粒子」の試写。1998年にフランスの作家ミッシェル・ウエルベックが書いた長編小説の映画化。監督はドイツのオスカー・レーラー、出演はモーリッツ・ブライプト..
Weblog: やまたくの音吐朗々Diary
Tracked: 2007-04-06 23:13

映画 「素粒子」
Excerpt: 性に対して奔放でヒッピー生活を送る母親に養育拒否された異父兄弟が、それぞれに悩み、「モテたい、ヤリたい」と人生をモガキ苦しむと言った映画。 ・・・なんて紹介されると大いに好奇心かきたてられ見たくなるっ..
Weblog: Mr.Bation
Tracked: 2007-04-11 19:14

素粒子
Excerpt: 幼い頃、両親に養育放棄された異父兄弟のブルーノとミヒャエルは、全く違う環境の中で育てられ、全く違う人生を歩むようになります。ブルーノは、国語教師。ミヒャエルは天才数学者。奔放な母親の影響を思春期の微妙..
Weblog: 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜
Tracked: 2007-04-17 00:19

素粒子@ユーロスペース
Excerpt: 結婚して子どもももうけたブルーノは嫁では勃起しなくなっていた。クローン技術の研究をしてその道で一目置かれているミヒャエルは女性との交際経験がない。異父兄弟の二人は母親に育児放棄され、互いの存在を思春期..
Weblog: ソウウツおかげでFLASHBACK現象
Tracked: 2007-04-24 15:36

素粒子
Excerpt: シネ・ヌーヴォにて鑑賞。(2006年/ドイツ) 【物語】 かつて両親に養育放棄され、それぞれ祖母のもとで育てられた異父兄弟の ブルーノ(モーリッツ・ブライブトロイ)とミヒャエル(クリスティア..
Weblog: ゆるり鑑賞
Tracked: 2007-07-07 00:43

素粒子:映画
Excerpt: 今回紹介するのは、ドイツ映画の「素粒子」です。 素粒子のストーリー養育放棄され、別々に育った兄ブルーノと弟ミヒャエルは全く異なる境遇を辿り、全く異なる人間へと成長していた。いじめられっ子で、愛情..
Weblog: ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
Tracked: 2007-12-29 12:27

素粒子
Excerpt: [[attached(1,center)]] 異父兄弟のブルーノ(モーリッツ・ブライブトロイ)とミヒャエル(クリスティアン・ウルメン)は、性に奔放な母に養育を放棄され、それぞれ正反対の人間に成長..
Weblog: サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画
Tracked: 2008-03-06 21:59

世界の終わりからはじまる物語
Excerpt:   「たしかに、あなたの作品の中には、まさに異常な率直さがある」    彼女は言
Weblog: anonymous
Tracked: 2008-04-05 02:56

『ある島の可能性』ミシェル・ウエルベック (著)
Excerpt: 「これは僕の最高傑作」と豪語する、ウエルベック渾身の最新長編! 舞台は今から2千年後の未来。笑いも涙も消えた世界に生きるネオ・ヒューマンが、21世紀の祖先の自叙伝を読み解くところから、その愛と生命の物..
Weblog: Anonymous-source
Tracked: 2008-04-05 03:02

「素粒子」
Excerpt: 異父兄弟、性格の違う二人、それぞれの人生と愛の物語・・かな
Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク
Tracked: 2009-10-23 18:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。