2007年04月06日

『ママの遺したラヴソング』

間違ってはいないけど、ちょっと邦題に引っかかる『ママの遺したラヴソング』。原題は『A LOVE SONG FOR BOBBY LONG』。引用好きにはたまらない? 名著からの数々の引用で埋められて行くセリフには、文学の知識がないと途中で飽きてしまうかも!?

ママの遺したラヴソング スペシャル・エディション ママの遺したラヴソング スペシャル・エディション

alsfbl04.jpg学校へも行かず堕落した生活を送っていたパーシー(スカーレット・ヨハンソン)は、長年疎通だった母の訃報を聞き、生家のあるニューオーリンズへ向かう。母の家には元大学文学部教授のボビー・ロング(ジョン・トラボルタ)と彼を慕う作家志望の青年ローソン(ガブリエル・マクト)が住み着いていた。母の友人である二人と、近所に住む温かい人々に囲まれて、次第に心を開いて行くパーシーだったが……。

口が達者で生意気なパーシーと、頑固で皮肉屋のボビーは反りが合わず顔を合わせる度に口論になる。そして二人の間のいいクッションになるローソン。この三人の微妙な関係が、緊張感と、不思議に心地良い微妙な空間を生み出していました。

alsfbl02.jpgニューオーリンズのけだるい暑さ、何をするわけでもなく集まる仲間たちとの意味のない会話。なんにもしていないのに密度の濃い、贅沢な時間と空気感がとてもリアル。友人達とただただ時間を浪費していた学生の頃の気分を思い出すような、生々しい臨場感があり、面白かったです。

パーシーの父親についてのいきさつとか、母の家を廻る謎の一件はちょっともったいつけ過ぎで、考え過ぎてしまいました。もっと色んな事件が展開していくのかと思いきや、なあんだという感じだったので、ちょっと拍子抜け。
名著からの引用の数々の多さには、アメリカ人って本当に引用好きだなぁ! と思ってしまいました。ちょっと引用が多過ぎるので、もっと自分の言葉で語って欲しくなりました。

alsfbl03.jpgこの作品でゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネートされたいうスカーレット・ヨハンソンですが、やけに若いなぁと思っていたら、2004年の映画でした!
頭が良く、口が達者だけど生きることに不器用な等身大の女の子を生き生きと演じていて、とても魅力的でした。セクシーな役の彼女も好きだけれど、こういう普通の役柄を観るのは初めてで、とても新鮮。脚を開いて座るお行儀の悪さが、彼女にとても似合ってました。17歳位の役ですが、映画撮影時は19歳だったのでしょうか。今のセクシーさとはまた違う、若さ溢れる色気で、はち切れんばかりの丸っこい体つきもまたキュート☆ 同性でも見とれてしまいます。

alsfbl01.jpgジョン・トラボルタはクセがありながらも、彼が演じている事が不思議になるような普通のおじさん役で、それが案外良かったです。

ローソン役のガブリエル・マクトは知らなかったのですが、『リクルート』『9デイズ』『エネミー・ライン』等々、結構映画に出ていたんですね。
監督はシェイニー・ゲイベル。1969年生まれの女性監督。脚本も手掛けた本作『ママの遺したラヴソング』がフィクションの初監督作品。

Off Magazine Street ママの遺したラヴソング
原作はロナルド・イヴァレット・キャップスの小説Off Magazine Street
ママの遺したラヴソング 日本語訳。

映画に出てくる、キーとなる小説『心の孤独な狩人』が読んでみたくなりました。
孤独な狩人―カーソン・マッカラーズ伝←これなのでしょうか。

原作者の息子でもあるブルース界の新星グレイソン・キャップスが、サウンドトラックに6曲、オリジナル曲を提供しているそうです。

カチンコ スカーレット・ヨハンソン出演作品の感想記事
ブラック・ダリア』『マッチポイント』『アイランド

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 14:58 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(6) | 外国映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ママの遺したラヴソング
Excerpt: 久しぶりにシネスイッチ銀座で映画を観ました。シネスイッチ銀座で上映しているのだから、感動作かな?とちょっと期待しつつ観た「ママの遺したラヴソング」。・・・いまいちでした・・・。 キャストもストー..
Weblog: まぁず、なにやってんだか
Tracked: 2007-05-02 20:56

ママの遺したラヴソング
Excerpt: フロリダで怠惰な日々を過ごすパーシーの元に母の訃報が届きます。パーシーは、実家に戻りますが、そこにいたのは、見知らぬ二人の男性。一人は、元文学部教授のボビー・ロング、もう一人は、ボビーを慕う作家志望の..
Weblog: 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜
Tracked: 2007-05-05 08:06

ママの遺したラヴソング
Excerpt: この頃のスカちゃんが一番好き!
Weblog: 八ちゃんの日常空間
Tracked: 2007-05-08 23:44

ママの遺したラヴソング
Excerpt:  『悲しい知らせ。 それは、思いがけない 人生の始まり』  コチラの「ママの遺したラヴソング」は、若手女優の中で最もセクシーなスカーレット・ヨハンソンと、中年俳優の中で最もセクシーなジョン・トラ..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2007-10-09 22:21

ママの遺したラヴソング
Excerpt: ママの遺したラヴソング A LOVE SONG FOR BOBBY LONG 監督 シェイニー・ゲイベル 出演 スカーレット・ヨハンソン ジョン・トラヴォルタ ガブリ...
Weblog: Blossom Blog
Tracked: 2008-01-25 09:47

『ママの遺したラヴソング』を観たぞ〜!
Excerpt: 『ママの遺したラヴソング』を観ました長年会っていなかった母の訃報を受けて帰郷した少女が、実家に住み着いていた母の友人の2人の男との奇妙な共同生活を通して心を解きほぐしていく姿を描く感動ストーリーです>..
Weblog: おきらく楽天 映画生活
Tracked: 2008-11-29 20:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。