2007年04月16日

『あるいは裏切りという名の犬』

犯罪者かと見分けがつかない程、強面でいかつい刑事たちの、パリ警視庁組織内部の闇を巡るノワール・ムービー。『あるいは裏切りという名の犬』(『36 QUAI DES ORFEVRES』)

あるいは裏切りという名の犬 DTSスペシャル・エディション あるいは裏切りという名の犬 DTSスペシャル・エディション

実際に警察官として働いた経歴を持つオリヴィエ・マルシャル監督が、共同脚本として本作に関わった元刑事ドミニク・ロワゾーの経験したエピソードを中心に、その当時の事件や実在の人物に基づき映画化。
ダニエル・オートゥイユ、ジェラール・ドパルデュー主演。
第30回セザール賞では8部門にノミネート。

39-01.jpgパリ警視庁の2人の警視、BRI(探索出動班)所属のレオ・ヴリンクス(ダニエル・オートゥイユ)と、BRB(強盗鎮圧班)所属のドニ・クラン(ジェラール・ドパルデュー)は、次期長官候補として対立するライバル関係にあった。ある事件の作戦中、手柄を立てようと一人無謀な行動にでたドニだったが、お陰で作戦は大失敗に終わり、窮地に陥る。ドニは、ある裏情報を基にレオを密告、思惑通り彼を刑務所送りにすることに成功するが…。

かつて親友だった
同じ女を愛した
今はただ敵と呼ぶのか…

というコピーがなければ、二人が親友だったことも同じ女を愛したことも今ひとつ伝わって来ない気がしましたが、多くを語らず、なんとなく匂わすような、淡々とした展開は嫌いではありません。
ただ、フレンチ犯罪ノワールに期待するような、もっと非情で、救いがない物語を想像していたので、ちょっと物足りなかった気もします。
レオとドニが、真っ向から対峙して、決着をつけるシーンが観たかったです。
でも、ラストへと繋がる偶然のようで、実は必然的なある出来事は、とても映画的にドラマティックでしびれました。

39-02.jpg共同脚本に参加し、この映画のモデルにもなっている元刑事、ドミニク・ロワゾーは、実際に映画のような汚職刑事事件に巻き込まれ、6年間服役しているそうです。
実際のBRBのボスは、今も健在なのでしょうか? 出世して今も警視庁に留まっているとしたら、この映画のことをどう思ったのか、気になるところです。

よく刑事ものに出てくる、「退職間際に殉職してしまう悲運の刑事」というシチュエーションがこの映画にも描かれていますが、ドミニク・ロワゾーの友人でもあり、警察官時代のオリヴィエ・マルシャル監督の教官でもあった実在の人物が、デスクワークへの転属一週間前に銃撃され亡くなったという出来事に捧げられているそうです。

観ている時は、話の展開について行くのがやっとで、どこまでが実話でどこからがフィクションなのかはあまり考えなかったのですが、事実を基にしたこの映画、そういった観点から見ると、更に奥深く、より面白く観られるかもしれません。


ギャングスター ギャングスター
オリヴィエ・マルシャル監督の長編第一作。『ニキータ』のアンヌ・パリロー42歳のエロティック・アクション。これすごく観てみたいですexclamation

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 15:06 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(9) | 外国映画
この記事へのコメント
私も、最初は話の展開についてゆくのがやっとでした。
悪も警察も同じような事をして、同じような黒革ジャケットで、どっちがどうか、分かりませんでしたから。
パンフを読んで、なるほど!と思ったくらいです。
普段、観ないタイプの渋〜いお話でしたね。
Posted by あん at 2007年04月16日 23:09
あんさま。
本当に、犯人と警察の見分けがつきませんでしたよね。
どちらに転んでもおかしくないという感じで。
なかなか見応えありました。
ハリウッドリメイクも楽しみです(^^)
Posted by bakabros at 2007年04月17日 16:06
こんにちは!TB失礼します。

私、途中、「インファナル・アフェア」系とダブって見えてしまいました。面白かったですけど、なんかオイシイ所を部下が持ってちゃった感も否めませんでしたね。いやそれでもいいんですけど^^;

またお邪魔します☆
Posted by ももも at 2007年07月24日 10:39
もももさま。こんにちは♪
おじ様達の渋さや、男臭い感じは良かったですね。
最後の対決は期待はずれ感もありましたが、ちょっと意外な展開もあって、映画的にも結構楽しませて貰えました(^^)
Posted by bakabros at 2007年07月24日 22:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38888327

この記事へのトラックバック

「あるいは裏切りという名の犬」 二人の男は互いの鏡像
Excerpt: ずっと観ようと思っていたのですが、気がついたら銀座でモーニングショーのみになって
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2007-04-16 22:36

『あるいは裏切りという名の犬』これぞフレンチ・ノワール!
Excerpt: この映画は、色で言うと黒、時々散らばる赤。 ひたすら続く黒い闇の中で、蠢く陰謀と策略。その中で、どろりと流れる血。 そして夫婦の濃密な深い愛情、復讐に燃える心の赤い炎、ずっと暖かく燃え続け..
Weblog: 描きたいアレコレ・やや甘口
Tracked: 2007-04-16 23:10

あるいは裏切りという名の犬
Excerpt: 鼻が特徴である名優の対決!
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2007-05-31 09:22

村にわんこ
Excerpt: 「あるいは裏切りという名の犬」 「アモーレス・ペロス」 「トンマッコルへようこそ」
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2007-06-21 15:18

Mount_Assisi_Academy
Excerpt: Gower, MO WMRV-FM List of scientists who were later sentenced to death Texas Emergency Reserve DobÅ!..
Weblog: Rodd Charlottetown
Tracked: 2007-06-22 16:45

ESPNNEWS
Excerpt: ZPL (complexity) Tian Fuzhen Rabi ibn Sabra USS Fargo Ã?ngel VelÃ!squez Kath & Kim (season 3) Bel de..
Weblog: Andrzej Niedzielan
Tracked: 2007-06-23 22:25

mini review 07065「あるいは裏切りという名の犬」★★★★★★★☆☆☆
Excerpt: カテゴリ サスペンス  製作年 2004年 製作国 フランス 時間 110分 公開日 2006-12-16〜2007-03-16 監督 オリヴィエ・マルシャル ..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2007-08-04 23:31

あるいは裏切りという名の犬
Excerpt:  『かつて親友だった 同じ女を愛した 今はただ敵と呼ぶのか…』  コチラの「あるいは裏切りという名の犬」は、12/16公開になった"──実話に基づく、激しくも切ない宿命の物語──"なのですが、観..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2007-10-26 20:47

『あるいは裏切りという名の犬』を観たぞ〜!
Excerpt: 『あるいは裏切りという名の犬』を観ましたかつて親友だったふたりの警視の運命の物語を、元警察官のオリヴィエ・マルシャル監督が実話に基づき映画化したハードボイルドアクションです>>『あるいは裏切りという名..
Weblog: おきらく楽天 映画生活
Tracked: 2008-07-29 23:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。