2007年04月24日

『あしたの私のつくり方』

コトリがヒナに送る、クラスの人気者になるための、『あしたの私のつくり方』を綴った携帯メールの物語が、途中から、恋愛マニュアルのHOW TOモノみたいになってきておかしかったです。 白い小物は是非活用してみたいと思います(*^-^)☆

あしたの私のつくり方 原作は真戸 香さんの小説あしたの私のつくり方

watatsuku00.jpg小・中学校の同級生だった寿梨(じゅり)と日南子(かなこ)。みんなが求める「私」を演じてしまう寿梨。毎日を楽しそうに、一見幸せそうに送っているように見えるけれど、実は息苦しさを感じている。
日南子は、ある日突然、憧れの優等生から、クラスで無視される存在に変わる。
二人は別の高校へ進学し、そこでも居場所を探していた。
寿梨はコトリと名乗り、日南子に自作の物語「ヒナとコトリの物語」を携帯メールで送るようになる。日南子はそのメールに描かれる人気者ヒナをお手本にして、新しい高校で再び輝き始めるが……。

watatsuku01.jpg主人公寿梨役に成海璃子。14歳という事で小学生時代はわかりますが、高校生までを自然に演じきる姿にはただただ圧倒されます。生まれついての女優さんなんだなぁ、と見惚れてしまいます。『神童』『きみにしか聞こえない』と、本作で主演作三本が続々公開されます。

watatsuku02.jpg相手役の日南子役には、秋元康が手掛けるアイドルグループAKB48の前田敦子。初めて見たのですが、こちらは15歳での映画初出演。暗い影を落とす、思いつめた表情がなかなか良かったです。

寿梨の両親に石原良純と石原真理子。観る前はどうなることかとちょっと不安な二人のキャスティングでしたが、意外と良かったです。特に石原真理子は、これが初めてという母親役でしたが、結構はまっていました。『ふぞろいの林檎たち』ファンとしては、今後も女優として更に活躍して欲しいと思っています。

監督は『トニー滝谷』『竜馬の妻とその夫と愛人』の市川準。
監督がTVCFの演出出身ということと、この映画自体がNTT DoCoMoのタイアップ(というよりも、初めにドコモの携帯ありきという企画っぽさがあり)なので、映画がそのまま携帯電話のCMのようでもありました。
携帯世代の今の小・中・高校生にとっては、これがリアルな日常なのかな?

市川準監督作品は『大阪物語』と『つぐみ』位しか観ていないでよくわからないのですが、少女達の揺れる想いや、傷つきやすい脆さとプライドが瑞々しく描かれていたと思います。

watatsuku04.jpg日南子と淳(桜田淳)のデートシーンは、初々し過ぎてこそばゆくてたまらなかったです。高校生の初デートって、あんな感じなのでしょうか...( = =) トオイメ
市川準監督も、撮影時に役者の二人よりも恥ずかしそうに照れながら演出されいたそうです。監督が恥ずかしがったくらいですから、観ているこちらも相当恥ずかしいんですよ(^▽^;)!
桜田淳さん、結構印象を残す役なのに、公式サイトにもクレジットされていなくて可哀想。新人さんなのでしょうか、たどたどしさが逆にピュアな感じがして良かったです。
高岡蒼甫さんは、女子校の「イケメン」教師役という設定とあまり似合わないように思える長髪にちょっとびっくり。短髪の方が良いのにな。


天気予報
主題歌は眼鏡男子3人組ロックバンド・シュノーケルの『天気予報』


トニー滝谷 プレミアム・エディション トニー滝谷 プレミアム・エディション
市川準監督。村上春樹の短編集『レキシントンの幽霊』に収められた同名小説をイッセー尾形、宮沢りえ主演で映画化した切ない愛の物語。気になって見逃していました。評判も良いし、とても観てみたい作品です。

カチンコ 出演者の関連作品感想記事
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』『シュガー&スパイス 風味絶佳』『 春の雪

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 16:23 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(6) | 日本映画
この記事へのコメント
はじめまして(ですよね!?)



私のサイトで

こちらの記事を紹介させていただきました。



紹介記事は

http://blog.livedoor.jp/zero_20070304/archives/53876042.html

です。



よろしくお願いいたします。
Posted by ズィロ at 2007年04月25日 06:33
鳴海璃子さんは我が姫2号の1つ下とは思えない。とっても大人っぽいですよね。演技もとっても幅広いというか色んな引き出しを持っている感じでしょうか。この間めざましTVの旬の人を紹介するコーナーに出ていましたが「常に女優のスイッチを押しています」といってました。ほほ〜〜と思いました。しっかりした子だ
Posted by すま at 2007年04月25日 08:37
ズィロさま、はじめまして♪
ご紹介頂きましてありがとうございます。
また是非遊びに入らして下さいね(^^)☆


すまさま。
すまさんの姫と変わらない年齢なんですね。
本当にしっかりしていて大人っぽくて驚きます。女優として、プロ意識も持たれていて、この映画でも映画初出演の前田敦子さんを終始リードしていたんだとか。本当に美しい娘さんですね(*^-^)☆
Posted by bakabros at 2007年04月25日 15:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39889960

この記事へのトラックバック

[ あしたの私のつくり方 ]殻をやぶるヒナとコトリの物語
Excerpt: 映画[ あしたの私のつくり方 ]を渋谷アミューズCQNで鑑賞。 この映画は[ 神童 ]を鑑賞後に観たので、しばらくは成海璃子が頭から離れなかった。成海璃子って、大人びた顔立ちですね。スタイルとい..
Weblog: アロハ坊主の日がな一日
Tracked: 2007-05-13 19:58

『あしたの私のつくり方』
Excerpt:  今注目の若手女優、成海璃子の主演最新作で、共演は、アイドルグループ「AKB48」の前田敦子。真戸香の原作小説をもとに、名匠・市川準監督が思春期の揺れ動く少女たちを瑞々しく描きだした傑作。 東京・池袋..
Weblog: 分太郎の映画日記
Tracked: 2007-05-24 13:46

【2007-80】あしたの私のつくり方
Excerpt: あしたの私に会いに行きませんか。 それは切ない願いを込めた、 みんなに愛されるための物語。 大人になった少女たちに、見てほしい物語があります。 あの頃のわたしたちは、話すの..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2007-06-11 20:20

『あしたの私のつくり方』
Excerpt: 感動度[:ハート:][:ハート:]         2007/04/28公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:] 切なさ [:てれちゃう:][:てれちゃう:] 青春度[:よつばのクローバー:..
Weblog: アンディの日記 シネマ版
Tracked: 2007-06-26 13:32

『あしたの私のつくり方』'07・日
Excerpt: あらすじ学校では仲間外れを恐れて目立たず、家では両親を気遣い良い子を演じる寿梨(成海璃子)。小・中学校で同級生だった日南子(前田敦子)は優等生からクラスで無視される存在に転落。ある出来事を思い出した寿..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2008-06-06 11:43

あしたの私のつくり方
Excerpt: 期待値: 90%  DoCoMo タイアップの青春映画。 市川準 監督、成海璃子、前田敦子、高岡蒼甫
Weblog: 週末映画!
Tracked: 2008-10-18 21:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。