2007年09月09日

『サッド ヴァケイション』

家族というもの。抗えない「血」の関係の重たさ。それゆえに生まれる憎しみ、どうしようもなくこみ上げる強い感情。母性というものがもつ恐ろしいほどの力に、ゾッとしながら諦観させられる、『サッド ヴァケイション』 

サッド・ヴァケイション サッド・ヴァケイション 映画の原作小説。

『レイクサイド マーダーケース』の青山真治監督が『Helpless』から11年、『ユリイカ(EUREKA)』から7年の時を経て撮り上げた、“北九州サーガ”の集大成的作品。
行き場をなくした者たちが集まる運送会社を舞台に、「血」の関係を軸にして、運命に翻弄される男たちと、やさしく、したたかな“ゆるぎない女たち”の絡み合う人間関係、愛憎のドラマ。

Helpless ユリイカ(EUREKA) ユリイカ(EUREKA)
Helpless
青山真治監督の作品は、見逃していてこれが初めての鑑賞です。
鑑賞前にチラシの「北九州サーガ」というフレーズを見て、『スター・ウォーズ』シリーズを連想していたら、本当にオープニングで『スター・ウォーズ』のイントロダクションのような、これまでのあらすじが流れてびっくりしました(^▽^;) そして早くて内容についていけなかった……σ(^_^;)

観ている時、『ユリイカ(EUREKA)』に出ている宮崎あおいさんがそのままの役で出ているみたいだったので、「もしかしてこれ前の作品と繋がっているのかな?」と思ったら、やはりそうだったんですね。
見終わってから、浅野忠信さん演じる白石健次が『Helpless』の主人公だと知りました。彼の過去や、フラッシュバックで出てくる「安男」の存在が少しわかりにくかったのですが、『サッド ヴァケイション』だけを観ても立派な一本の見応えある作品。でもやはり『Helpless』と『ユリイカ(EUREKA)』を観てから観た方が、よりこの映画を奥深く堪能出来るのではないかと思いました。

試写会場のせいもあるのか、全体的に台詞がとても聞き取りづらくて大変疲れました。リアルな臨場感を出すためあえてそういう感じにしているのかもしれませんが、それが結構重要な台詞だったりして、なんとなくの演技とか表情だけで読み取るには難しくて勿体ないような気がしました。主人公の浅野忠信さんの台詞が特に聞き取りづらかった(;^_^)
他の方の台詞は比較的聞き取れたりもしたので、発声とか滑舌の問題なのでしょうか。
オダギリジョーさんは、そんなに台詞も多くないのですが、脇役として印象的に輝いていました。新しいオダジョーを観た気がします。

石田えりさんの母親役は、静かな演技の中にも凄い迫力がありました。女というもの、母親というものの業の深さを見せつけられ、恐くなりますが、その当たり前さがかえって清々しくも感じます。
板谷由夏さん演じる健次の恋人を、お葬式で嫁のように扱うシーンも凄く生々しくて、でも案外よくある事のような気もします。母親だったら誰でもごく当たり前にそうするのかもしれないな、と思い、それがまた恐くなりました。

Helpless―ヘルプレス Helpless―ヘルプレス
自身の劇場映画デビュー作を完全小説化。「Helpless」から続く、主人公秋彦と健次のその後を追った中編2本も収録。

ユリイカ (角川文庫) ユリイカ (角川文庫)
カンヌ国際映画祭でパルム・ドール賞にノミネートされ、青山真治監督が国際批評家連盟賞、エキュメニック賞を受賞した作品『ユリイカ』を小説化した、青山真治監督の処女作。第14回三島由紀夫賞受賞。
『ユリイカ(EUREKA)』は前から凄く観たかった作品だったのですが、まずは『Helpless』から、通して観てみたくなりました。


ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 14:43 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(12) | 日本映画
この記事へのコメント
bakabrosさん、こんにちは〜!
これもオダギリジョーさんが出るんですね!
未だに「ゆれる」観てません。早く観たい!
旦那が予約した「ライフイズビューティフル」を観終えて、今度は「ヤング・フランケンシュタイン」です。これ観終えたら、また日本のビデオ屋さんに行ってま〜す。
Posted by ひとみ at 2007年09月13日 01:21
ただいま色々なブログを応援しています!
応援ポチッ!
Posted by マルコ at 2007年09月13日 13:21
ひとみさん、こんにちは♪
オダギリジョーさん、気になっているんですね(^^)
そして最近映画にもはまってますね〜☆
Posted by bakabros at 2007年09月13日 14:32
 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。

 台詞の聞きづらさ、
 ところどころ私も感じました。。
 (私は試写会ではないです)

 母性というものをもつ女の強さや怖さを、
 じわじわと感じさせられましたね。
 皆さん好演で、よかったです。
 
Posted by miyukichi at 2007年09月17日 00:27
miyukichiさま。こんにちは♪
映画館でも、台詞聴きづらかったんですね……。
映画を観ていて、こんな気持ちになるのは珍しいなと思うような、新鮮な感じがしました。
Posted by bakabros at 2007年09月17日 12:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54575184

この記事へのトラックバック

『サッド ヴァケイション』
Excerpt: 原作、監督、脚本:青山真治 CAST:浅野忠信、石田えり、宮崎あおい 他 STORY:幼い頃母親に捨てられた健次(浅野忠信)は、ある日運転代行の仕事である運送会社に行...
Weblog: Sweet* Days**
Tracked: 2007-09-09 17:14

サッド ヴァケイション
Excerpt: 【2007年・日本】試写会で鑑賞(★★★★★) 知的障害を持つ少女との行き場のない逃避行に向かう高校生を描いた「Helpless」(1996年)。 この主人公だった健次の11年後の人生を描いたヒュー..
Weblog: ともやの映画大好きっ!
Tracked: 2007-09-11 01:48

サッド ヴァケイション
Excerpt: <p> <font size=\"2\">&nbsp;{amazon}<br />  青山真治監督の最新作「サッド ヴァケイション」を新宿武蔵野館にて<br /> 鑑賞。青山監督の「Helpless」「EUREKA ユリイカ」の続編にも<br /> 当
Weblog: 悩み事解決コラム
Tracked: 2007-09-16 18:45

サッド ヴァケイション [Movie]
Excerpt:  映画 「サッド ヴァケイション」(青山真治:原作・脚本・監督)  を観てきました。    浅野忠信、オダギリジョー、宮崎あおい、石田えり、などなど、  好きな役者さんたちがこれだけ豪華に出ている..
Weblog: miyukichin’mu*me*mo*
Tracked: 2007-09-16 20:10

『サッド・ヴァケイション』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「サッド・ヴァケイション」□監督・原作・脚本 青山真治&nbsp; □キャスト 浅野忠信、石田えり、宮崎あおい、板谷由夏、中村嘉葎雄、オダギリジョー、光石研、斉藤陽一郎、辻香..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2007-09-17 21:54

【2007-130】サッド ヴァケイション(Sad Vacation)
Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? かつて母だった女と かつて息子だった男が 再び共に暮らし始める。 つながりを求めているのか 断ち切りたいのか 彷徨う男たちの前に 立ちはだ..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2007-09-19 19:57

映画「サッド・ヴァケーション」
Excerpt: &nbsp; ストーリーはともかく じわじわ感じさせられる人間模様が何とも言えない映画でした。 &nbsp; &nbsp; 豪華キャストが揃った作品というだけで 観る価値はあるかも ..
Weblog: happy♪ happy♪♪
Tracked: 2007-09-21 20:46

「サッド ヴァケイション」映画館レビュー 人がいなくなってはじめてわかること
Excerpt: 自殺、交通事故死、殺人、すでにそれで溢れている世界に、また死が増える。死が溢れているからと言って自分の生を感じずにいられない、ということはとくにない。ただただ、これは映画で、映画だからこそのラストシー..
Weblog: 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
Tracked: 2007-09-22 01:51

『サッド ヴァケイション』
Excerpt: ----今日は、久しぶりにフォーンも一緒に観に行った映画の話だね。 まず聞きたいんだけど、えいの好きな『八月の濡れた砂』、 この音楽、どこで使われていたの。まったく気づかなかったニャあ。 「この歌はね..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2007-09-24 23:16

サッド ヴァケイション
Excerpt: 前2作の「Helpless」「ユリイカ」は観てないが・・・ 観てたらもっと分かりやすくて、面白かったんだろうなぁ。 全体的に陰鬱でキナ臭い中にも、温か味も感じる・・・ヘンな感覚だ。 長回しで..
Weblog: future world
Tracked: 2007-09-24 23:19

『サッド ヴァケイション』
Excerpt: 「教科書にないッ!」『Helpless』に続き、ウサギの名は、もちろん「Qちゃん」。 (執筆完了して、佐渡島で休暇中)
Weblog: ねこのひたい〜絵日記室
Tracked: 2007-10-03 11:24

『サッド ヴァケイション』'07・日
Excerpt: あらすじ中国人密航者の手引きをする健次(浅野忠信)は、北九州で幼なじみの安男の妹ユリ(辻香緒里)と暮らしていた。ある日、健次が身寄りのない少年アチュンを連れて来て3人の共同生活がスタートする。そんな折..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2008-09-28 20:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。