2005年08月06日

「亡国のイージス」

厚生年金会館「亡国のイージス」試写会。今日の試写会は御機嫌だった。
サントリーのシングルモルトウィスキープレゼンツで、試写の前にウィスキーが振る舞われた。
「亡国のイージス」が阪本順治監督と最近知って、試写会応募にも出遅れていたのだが、「上映前にシングルモルトウイスキーをご自由にお楽しみいただけます」というこの試写会を見つけ、多分にそれ目的で応募していた。
当たった時は、「プレミアの方が良かったな」と思った物の試写状を見て「ウィスキー飲み放題だ!」と喜ぶ。プレミアよりもこちらの方が嬉しかったかも。

実は、ウィスキーが苦手。嫌いと言っても良い。たまにひと口ほど味見する以外は、もう随分飲んでいなかった。
でも、”無料”、でその上、“飲み放題”(とは書いていない)と大好きな言葉が続いたら、俄然やる気。
つまみは何を持っていこうかとか、前日から検討する。

「白州」って、“シラス”と読んでいたら「ハクシュウ」なんですね。。。

会場で振る舞われたウイスキーたち。↓
サントリーシングルモルトウイスキー「白州」12年サントリー ピュアモルト 北杜 12年 660mlボウモア12年

ウイスキーの名前は、パッと見て読めないものが多いのが問題だと思う。
だって、瓶を見てそれが飲みたいと思っても頼めないから。

サントリー 山崎 12年ザ・マッカラン 12年 シェリー オーク
入場後、席を確保してから早速ウィスキーに挑戦。
すでにもう周りからウィスキーの香りが充満している。

まずは“山崎”の水割り。結構美味しい。思ったよりもいける。
ロックも一口頂く。こちらの方がより香り立って、舌に痺れるような強い刺激と、芳香。
そしてすぐに胃の辺りがかあっと熱くなる。

ウィスキーって、美味しい物は美味しいんだな。と改めて思った。
2杯目に”マッカラム”の水割り。こちらも飲みやすいけれど、“山崎”の方が味、香りとも美味しかった。こうやって少しずつ飲み比べ出来るのもとても楽しかった。

以前にオールドとかローヤルとかを飲み過ぎて、ウイスキー嫌いになっていたのだけれど、今回12年物の“山崎”、“マッカラム”を飲んで、ウイスキーに対する印象がもの凄く変わった。

良い物は良いのだ、と。
実際後から、この日に振る舞われたウイスキーのお値段を見て驚いた。
納得した。

女性客も結構いたが、みんな結構からんからんと氷をならせてゴクゴク飲んで、お代わりしていて、これから映画を観るのに大丈夫なのかと他人事ながら心配した。
さすがにウィスキーを映画の前に飲むような人は、お強いらしい。

上映前、原作者の福井晴敏氏のトークショウがあった。
サントリーの“謎2005イージスウィスキー”が出来るまでの過程などウィスキーの話が中心で、映画の話はほとんどなかった。

ウィスキーでほろ酔い気分、興味深くウィスキーの作り方をお勉強。
入場時に南アルプスの天然水と、ウィスキーを頂いて、帰りにはさらにピュアモルトウィスキーのアクアヴィーテ、ハンディボトルをお土産にくれると言う。

やるね、サントリー! お土産、しかもお酒という事でテンション上がりっぱなし。
すっかり今日一日で、長年のウィスキー嫌いを克服し、ウィスキー好きへと変貌した。

ウィスキーは、低カロリー、プリン体もほとんどなくて、ポリフェノールが入っているとか。
しかも、メラニン色素を抑制する成分があるらしいので女性にもお勧め。

ウィスキーを飲んだ後に、30分程のトークショウ。そしてシリアスな戦争物映画という事で、みんな寝ちゃうんじゃないかと心配したが、上映直前に結構大きな地震があって、それでほとんどの人が目を覚ましたらしく、映画中に寝息が聞こえる事はなかった。
もの凄い深い溜息が何度も同じ人から聞こえてきたが、それほど緊張を強いられる映像の連続というところか。
亡国のイージス
戦争物の複雑な話に弱いので、わかるかどうかと心配していたが、最小限の説明セリフで数多い登場人物の関係、名称などを説明し、とても上手にわかりやすく見せてくれたお陰で、そんな私でもギリギリついて行けた。

ただ、“せんにん伍長”は、最後まで、専任なのか、先任なのか、もしかして船員伍長なのかとか?
〜3尉とか、〜3左とか、1尉とか2左とか、字幕出してくれ!と思う程、聞いただけでは意味も字もわからない専門用語も多い。

「いそかぜ」と「うらかぜ」との船の名前もごっちゃになって、どちらが潜水艦で護衛艦だっけ? とか、そもそもイージスって何鑑? 航空母艦じゃないし、空母じゃないし??(←一緒?)とか。
こんな知識のない自分でも充分面白く観られたので、こういう軍関係や船関係に興味のある人、詳しい人はよりもっと深く、もっと面白く観る事ができるんだろうなとずっと思っていた。
一番良かったのは、この映画に対して当初全く興味がなかった為、予告も観ていないし、全く予備知識がゼロだった事。

「アイランド」の予告ネタバレで痛い目にあい、映画を観る前に、予告編や情報を事前に入れる事のマイナス面を強く思い知った後でも、自分がこんなにも予備知識ゼロで映画を観る事が出来るとは思っていなかった。大作になればなる程、何より自分が興味ある作品ならばどうしても無意識のうちに目や耳が開いて情報を受け取ってしまうから。

だから、興味ない映画の方が、かえって面白く観られる場合もあるのだと知った。

HPの予告やストーリー、人物相関図などを観賞後に見て、こんな人がこうだとか、あの人がああだとか、全く知らず、全部まっさらで観られたので、初めから終わりまで映画に釘付けになれたのだと思う。

用語解説とか少し観る前に知りたかった情報もあったが、それも観る前では、自分ではどこまでがネタバレになるのか判別出来ない訳だから、結局見ないのが正解なのかもしれない。

試写会場で「映画「亡国のイージス」公式大綱」を売っていて、Q&A本を読まないとわからない程難しい映画なのか!? と観る前は心配したが、それは映画を見た後にじっくりと読めば良いと思う。
勿論原作を読んでいればネタバレも何もないのだけれど、そうでなければ中途半端な知識を入れるよりは、まっさらな頭で観た方がより楽しめる映画だと思った。

キャストがとても渋めに豪華。セリフのある役全てがよく見る、しかも一筋縄で行かないというか、見応えのある顔ばかり。
好きな役者さんばかりだったのでそれも嬉しかった。

本当に男しか出てこない(一人出てきたけど、あれは…)、男だけの熱くて、男臭い世界。
阪本順治監督の「KT」を彷彿とさせる熱い男の映画だった。

KT

もうひとつの 「亡国のイージス」 ~オールアバウト・如月行~ もうひとつの 「亡国のイージス」 ~オールアバウト・如月行~

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 03:17 | Comment(4) | TrackBack(14) | 日本映画
この記事へのコメント
こんにちわ!おお上映前に振る舞い酒ですか^^
自分、あんまり映画観る前に飲むと寝てしまう
ような気がするんですが、大丈夫だたったんですね^^福井さんは映画の話されない!その後全員が作品を観るわけですから、敢えて話さなかったのかもしれないですね。
自分も作品を観て感想を書くまでは他の方のブログや批評をなるべく読まないようにしてるんですが、最近は予告でネタバレってのが多くなって困りますよね。最近イチバン酷い!と思ったのは
「ミリオンダラーベイビー」のネタバレでした。
Posted by kazupon at 2005年08月10日 07:19
こんにちは! 寄って頂いてありがとうございます!

この企画は嬉しかったですね〜。こういう試写会が増えるといいですねー!
入場から時間が30分位だったので、そんなに量は飲めないし、ほろ酔い加減で丁度良い感じでした。

トークショウは、サントリーモルトウイスキープレゼンツという事で、ウイスキーの作り方、蒸留所の紹介とかがメインでした。それもとても面白かったです。
今ではすっかりウイスキー好きになりました。

また遊びに来て下さいね!今後ともよろしくお願い致します。
Posted by bakabros at 2005年08月10日 18:04
TBありがとうございました。

ほんと字幕出して欲しいくらいでしたね。(笑
でも、物語として面白かったので、良かったですが、パンフ購入は必須でした。復習のために。(笑
Posted by naomi-0604 at 2005年09月23日 10:07
naomi-0604さま。

こちらもTB,コメントありがとうございます!

戦艦とか階級に詳しい人はきっともっと楽しまれたんだろうなと思いました。
観る前に予習するにも、最近はネタバレが怖くてあまり出来ませんね。
Posted by bakabros at 2005年09月23日 19:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5682267

この記事へのトラックバック

亡国のイージス
Excerpt:  何だかねぇ,薄っぺらなんだよ。ニッポンをして,平和を今改めて考えるってのは立派だが,結局頭でっかちな理想論にしか映っていない。  エンターティメントなのか,ポリティカルなのか,観ているこっちもどう..
Weblog: 日々徒然ゆ〜だけ
Tracked: 2005-08-09 23:48

亡国のイージス
Excerpt: 内容上、男性中心の映画になるので、普段あまりテレビに出ていない キャストの顔ぶれから、骨太な侠気(オトコギ)エンターテイメントを 期待して見ました。そういう部分は期待通りの作品だったと思い..
Weblog: It's a Wonderful Life
Tracked: 2005-08-10 07:08

映画「亡国のイージス」
Excerpt: 2005年 日本映画監督  坂本順治  原作  福井晴敏  脚本  長谷川康夫・飯田健三郎主演  真田広之、寺尾聡、佐藤浩市、中井貴一、勝地涼、吉田栄作     谷原章介、豊原功補、安藤政信、岸辺一徳..
Weblog: ちょっとひとことええでっかぁ〜♪
Tracked: 2005-08-16 20:29

【映画】 亡国のイージス ★★★
Excerpt: ストーリー: 東京湾沖で訓練中の海上自衛隊イージス艦「いそがぜ」で、艦長が何者かに殺害された。 宮津副艦長は、先任伍長の仙石に、犯人が如月一等海士であると告げ、乗務員を艦から退去させる。 しかし宮津は..
Weblog: 徒然なるままに・・・
Tracked: 2005-08-16 22:14

亡国のイージス
Excerpt:  ひとくちにいうと『ローレライ』+『ホワイトアウト』といったところでしょうか。  『ダイ・ハード』との近似性を指摘する声もありますが、むしろ
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2005-08-30 05:44

映画「亡国のイージス」を観る
Excerpt: 今日は話題作「亡国のイージス」を観てきました。レディースディなので。 ..
Weblog: 私でもいいですか?
Tracked: 2005-09-23 10:06

亡国のイージス
Excerpt: 「ローレライ」「戦国自衛隊1549」と続く、 福井晴敏原作3部作の最終作。 「戦国自衛隊??」で若干、自分の中で盛り下がったんですが とりあえず話題作だし、出演者豪華だし観とかなきゃ!と 何か..
Weblog: きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/
Tracked: 2005-10-03 21:23

亡国のイージス
Excerpt: 「亡国のイージス」★★★(名劇1) 2005年日本 監督:阪
Weblog: いつか深夜特急に乗って
Tracked: 2005-12-22 20:59

映画鑑賞「亡国のイージス」
Excerpt: 1月2日。 父親のたっての願いで、ココリコミラクルタイプをあきらめ見た映画。 映画「亡国のイージス」 私は全く予備知識無しで。てっきり戦争時代のお話だと思って敬遠してたのですが。全然違い..
Weblog: プラス志向・メガネ嗜好・アナログ思考
Tracked: 2006-01-05 17:22

亡国のイージス 06年1本目
Excerpt: 亡国のイージス 本数リセット、06年1本目からいきます。 原作知らないし、コミック見たこと無いし、他の方のブログも読んでいません。でも、他の映画のコメントで、評価が低いんだなぁ、と思っていました。..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2006-01-14 00:56

亡国のイージス 
Excerpt: 亡国のイージス 2005年 潜水艦もいいけど イージス艦もいい!! 観てきました。 パピーとの約束だったのよね 見に行こうって。 ウチのパピーは船系が大好きなので もうど真ん中ストライク..
Weblog: 真っ赤なメガネの言うことには
Tracked: 2006-01-15 01:44

DVD:「亡国のイージス」
Excerpt: 監督: 阪本順治 出演: 真田広之、寺尾聰、中井貴一、佐藤浩市、勝地涼 原作: 福井晴敏 制作: 2005 日本 評価: ★★☆☆☆ 全..
Weblog: 遠慮無く…書くよ!
Tracked: 2006-01-29 11:35

映画『亡国のイージス』
Excerpt: 小麦粉をベースに「スピード」と「ダイ・ハード」と「シュリ」を一掴み振りかけて、日本風味でダイエット向きのお好み焼きにしたのが、この作品・・・。 イージス艦シージャックの背景やら動機や..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-05-10 01:13

亡国のイージス
Excerpt: story 人気作家、福井晴敏の同名ベストセラー小説を壮大なスケールで映画化した海洋サスペンス・アクション。海上自衛隊の最新鋭護衛艦であるイージス艦を乗っ取り日本国家に空前??
Weblog: 土曜の夜は・・・
Tracked: 2006-06-14 10:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。