2005年03月08日

「エターナル・サンシャイン」二回目の出逢い

鑑賞一回目の時のせつなさと複雑な気持ちは、二回観たらどう変化するのか?
二回観たら、もっとせつなく、さらに複雑になった。

観た後のツライ気持ちは少し軽くなった。それは、結末や未来よりも今を大切に思う事、たとえ不幸な結末に終わるとわかっていても、どうしようもなく惹かれ合う人、惹かれ合う時があるということ。
それまでのその時、その二人はきっと幸せの絶頂にあるくらい、愛し合っているのだから。

 *(ネタバレしているので観る前の人はご注意下さい)*

二回目、見終わった直後は、初見と同じように切なさを重く感じたけれど、全体を把握してまたよく考えてみると、全くのやり直しにはならないのではと思うようになった。

くされ縁という物、愛し合いながらも、どうしようもなく傷つけ合いを繰り返してしまう二人がいる。もしお互いに今までの記憶がなければ、まるっきり、映画のように初めての出逢いと同様の時期を経て、また同じ結果にはなってしまうのでは? と初めは、思った。

しかし、記憶がないと言っても、一番ヒドイののしり合いを聞いて知っている。
これから愛し合う、初めにそれを知っていたら??
いずれそうなったであろう二人の結末を真摯に受け止めて、これから始まる二人のつき合いの中、思いやって行けるかもしれない。
記憶を消しても、再び同じ人と愛し合うようになるのなら、何も変わらないのではと思っていたけれど、キルスティン・ダンストが演じるメアリーが、トム・ウィルキンソン演じるDr.ハワードと同じ事を繰り返しそうになった時、記憶を消した事が結局二人を幸せな別離へと導いたのだし、クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)とジョエル(ジム・キャリー)も、記憶を消していなければ、再びやり直そうとしなかったかもしれない。

こう考えると、“記憶を消す”という装置は、別れの時や、上手く行かない時によく思う、“出逢った時の頃の気持ちを思い出す”という事なのかもしれない。ただ、それを実際にするのはとても難しい事。しようと思っても、簡単に出来る事じゃない。
だから、もし、これから、なんでこんなことになってしまったのか? あんなに愛し合っていたのに。という状況におちいってしまったら、まるで記憶を消してしまったかのように白紙の一ページ目に戻り、これまでの自分を忘れてもう一度初めから始めてみると、新しい自分も見えてくるかもしれない。

あれ!? もしかしてこの映画って、初めからそういう事だったのか? 
そう言えば、初めからみんなそういう感想を持っていたようだったし。
一回目では、すっかり感情移入し過ぎて、ストレートな映画のメッセージを受け取れなかったのか。
素直に観たら、普通にこういう感想に落ち着くのだろうか。

でも二回観た事によって、さらに深く理解しようとし、考えを深める事が出来たのでとても有意義だった。
そして、出逢いまでのシーン、三回目でもわからなかった事が、最後の四回目でやっと!わかった。
大した事ではないけれど、何回も観ないと見逃してしまうこと、もっとありそうで、もっとこの映画が好きになった。

カチンコ一回目の感想“もう恋はしたくない「エターナル・サンシャイン」”カチンコ

エターナル・サンシャイン
音楽、楽曲が主役でもあります。サントラは今の気分にぴったり! 
ジョン・ブリオン E.L.O. ザ・ポリフォニック・スプリー
カッティング・エッジ (2005/03/09)
売り上げランキング: 8,533
おすすめ度の平均: 4.5
5 私は好きです。
3 日本のレコード会社に怒り
5 毎日聴いてます!!

エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション
ハピネット・ピクチャーズ (2005/10/28)
売り上げランキング: 61
おすすめ度の平均: 4.53
5 何度見てもあきません!!
4 恋愛は記憶ではない
5 よみがえる愛の記憶

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:25 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | 外国映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「エターナル・サンシャイン」(飯田橋ギンレイホール)
Excerpt: 時間の針を戻すとき  二人の記憶は戻らない   君のことを忘れたのなら    もう一度出逢おう      何度だって恋しよう 原題:「ETERNAL SUNSHINE OF THE ..
Weblog: なつきの日記風(ぽいもの)
Tracked: 2005-10-09 23:34

「エターナル・サンシャイン」は永遠に
Excerpt: バレンタイン目前のある日、主人公のジョエル(ジム・キャリー)は、喧嘩別れした恋人クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)が自分の記憶を削除してしまった事実を知り、ショックのあまり自らも記憶を消す事を決..
Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA
Tracked: 2007-02-04 19:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。