2005年08月12日

『疾走』

『疾走』
SABU監督作品。原作 重松清『疾走』。

昔は海だった地を干拓し、田んぼを作り集落を作っていった新しい住民達を“沖”と呼び差別する“浜”の人々。
地域の差別、学校でのいじめ、開拓と地上げ、身近な者たちの死。
それら全てが絡み合い子供達へ押し寄せる。

親に見捨てられ、行き場を失い、“沖”に出来た教会と、過去を背負った神父にすがる。
ただ、今の状況に順応しながら生きてきたが、その歯車は段々と音を立ててきしみ始め、崩壊寸前ギリギリのところまで追いつめられて行く。
角川映画「疾走」オリジナル・サウンドトラック 角川映画「疾走」オリジナル・サウンドトラック

干拓の田んぼを飛ぶように疾走する軽トラ。
田んぼのあぜ道の、視界の良い、見渡す限り田んぼだけの道なのに、スピードを出しているだけでもの凄く恐い。

軽トラも、ダンプカーも、車高が高く見えるのは、田んぼの中、道路の下から見上げる視点のせいなのか。そのせいで余計に緑の上を飛んでいるように見える。

エリ役の韓英恵の走る姿も、同じ様に普通ではないスピード感を感じる。

このスピード感はSABU監督のものなのだと思った。

疾走 スペシャル・エディション (初回限定生産) 疾走 スタンダード・エディション
疾走 スペシャル・エディション (初回限定生産)
疾走 スタンダード・エディション

演劇的というのか、学芸会のようなセリフ回しは、SABU監督の演出なのか?
原作を未読なのでわからないが、小説のままのセリフが多かったのかもしれない。

そのまま読むと違和感のあるセリフを、ただ喋っているような場面は少し辛かった。
そんなセリフ回しがずっと続く中、ただ一人関西弁で気を吐く中谷美紀が光っていた。

設定やストーリー展開、ジャニーズの手越祐也主演ということで、二宮和也主演の『青の炎』と似たような印象。
映画が中途半端な感じだったので、逆に原作を読んでみたくなった。

疾走 上
疾走 上
posted with amazlet at 05.08.13
重松 清
角川書店 (2005/05/25)
売り上げランキング: 2,156


疾走 下
疾走 下
posted with amazlet at 05.08.13
重松 清
角川書店 (2005/05/25)
売り上げランキング: 2,221

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 22:36 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(7) | 日本映画
この記事へのコメント
tbありがとう。
これ、意外なほど、原作のセリフに忠実なんですよ。SABU監督、いつも自分の脚本だから、今回は、原作者を尊重したんですかね。
Posted by kimion20002000 at 2007年02月05日 23:27
kimion20002000さま。
やはり、原作の台詞に忠実だったんですね。
書き言葉をそのままセリフにすると、どうしても少し違和感があるような気がします。
独特の疾走感に、もう一度観てみたいと思わせる映画でした。
Posted by bakabros at 2007年02月07日 18:11
「疾走」も「青の炎」も文庫本で読んだばかり。どちらも映画化されているのは知らなかった。あまりにも原作が哀しすぎて切なすぎて素晴らしすぎて、映画がそれ(原作)以上のものになるとは思えない。「疾走」では、すれ違い、「青の炎」では、深くつながり合う、青い想いと青い恋。青いけれどひたむきなそれぞれの「ふたり」。重松清は「ナイフ」から好きでずっと読んできたけど、「疾走」が最高だと思う。ラストの1ページで救われたって感じて涙が止まらなかった。そんな人はたくさんいるはず。映画のラストもすてきでしたか?「銀色の松葉杖」がアップになっていたのかなあ。
Posted by K.Otani at 2009年07月01日 18:51
K.Otaniさま。
私は重松清さんの作品は映画でしかまだ観ていないのですが、皆さんの感想を聞くと、小説にもますます興味がわきました。
映画のラスト、どんなだったでしょうか。
原作のままの台詞だったらしいので、ラストを小説と映画で比較して観るのも面白そうですね。
小説を読んでみてから、また映画を観てみたくなりました。
Posted by bakabros at 2009年07月02日 12:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5835063

この記事へのトラックバック

疾走
Excerpt:  誰か一緒に映画につきあってください・・・  痛い、痛すぎる、心の叫びと運命に翻弄される孤独な少年と少女の姿。こうした映画を新年早々観るものではないのかもしれないですけど、現実にも起こり得る幼い心の..
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2006-01-17 00:58

疾走
Excerpt: 今年1本目の映画鑑賞がいきなり‘ジャニーズ’〜〜いえいえ、そんなつもりはありません。。 去年テレビで観た作品紹介で‘引っ掛った映画’の一つ、それも主演があのNEWSの手越祐也クン、他に寺島進、豊..
Weblog: future world
Tracked: 2006-01-19 01:09

映画のご紹介(101) 疾走
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(101) 疾走-人は、人とのつながりを失うと、 落ちるところまで 転がり..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2006-03-07 16:44

墜ちる少年 / SABU 『疾走』
Excerpt: 昨日帰国したばかりでまだ時差ボケのまっただ中、12時間のフライトに4時間のトランジット、その後国内線に乗り換えて2時間、やっと着いたと思ったらそこからタクシーで
Weblog: 月球儀通信
Tracked: 2006-07-01 17:02

mini review 07021「疾走」★★★★★★★★☆☆
Excerpt: カテゴリ : ドラマ 製作年 : 2005年 製作国 : 日本 時間 : 125分 公開日 : 2005-12-17〜2006-02-03 監督 : SABU ..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2007-02-05 16:22

走って散歩
Excerpt: 「疾走」 「長い散歩」
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2007-07-31 13:01

疾走
Excerpt: 誰か一緒に生きてください。
Weblog: Addict allcinema 映画レビュー
Tracked: 2009-08-28 05:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。