2005年09月03日

「ベルリン、僕らの革命」

飯田橋ギンレイホールにて「ベルリン、僕らの革命」を観る。

ストーリーのベースには、今現在のドイツ、ベルリンに生きる若者の思う理想、主義の為の“革命”がある。

“革命”という言葉と一番かけ離れたところに生きているように思える現代日本人である自分は、映画を観ている間中、生き方や思想について考えさせられた。

主人公達が自分の信じる理想主義を熱く語るたび、自分の全てを懸けてまで信じられる理想主義があるという事が羨ましくもあり、まぶしく見える。

しかし、理想主義の為に人生を懸けるのか、全てを捨てて理想に生きる事が出来るのか? と考えると、そんな熱い思想を持たない自分で良かったと安心する部分もある。

主人公の若者と相対する上流階級の代表のような中年男性ハーデンベルグとの討論では、どちらにも共感しながら、でも自分の立場は贅沢好きの大人の方に近いので、ハーデンベルグの方により共感したりもする。
            

彼等の“革命”は、上流階級の留守宅へ侵入し、家具や電化製品をオブジェのように積み上げたりして、「贅沢は敵だ。教育者より」というメッセージを残すというもの。

不法侵入は立派な犯罪だが、彼等のやっている事はどこか悪戯っぽくて、“革命”と言うには大仰な気がする。

物を盗んだり壊したりしないというポリシーが“革命”に通ずるのか。

でも主人公ヤンのパートナー、ピーターが時計を盗んだり、ピーターの恋人ユールとお遊び半分で家へ侵入したりと、若さ故の甘さが垣間見られ、革命なのかただ何かしたいだけなのか、と心配になってくる。

その甘さが逆に、この映画をとても現実感のあるものにしていて、“革命”とかけ離れた日々を生きる自分に、ほんの少しでも接点を感じさせてくれる。
そこにこの映画がスタイリッシュと言われる理由もあると思う。

主人公ヤンを演じるダニエル・ブリュールは「グッバイ、レーニン!」でも主演。
二枚目ではないけれど味のある顔つきに見入ってしまう。

それはピーター役のスタイプ・エルツェッグ、ユール役のジュリア・ジェンチも同じで、あまりに自然でリアルな演技と味のある顔つき、表情にドキュメンタリー映画を観ているような気分になる事があった。

デジタルカメラの粒子の粗い、ブレブレの映像が、夜の闇の場面では更に観づらくなるが、それがかえって本当に“教育者達”の活動を収めたライブビデオを観ているような気にさせる。

この“住宅占拠”の運動は、90年代半ば、壁が開いた後の東ベルリンで実際に行われていて、ハンス・ヴァインガルトナー監督もそのメンバーの一員だったそうだ。

普段自分の事を“大人”だと思う事はほとんどないけれど、この映画を考える時、いつの間にか自分が“大人”側の立場になってしまっているのかと思い知らされる。
政治的な理想や主義に自分なりの答えと、それらの思想に対する明確な立場を迫られる映画だ。

ベルリン、僕らの革命
ビデオメーカー (2005/10/28)


グッバイ、レーニン!
グッバイ、レーニン!
posted with amazlet at 05.09.04
ビデオメーカー (2004/10/16)
売り上げランキング: 3,967
おすすめ度の平均: 4.35
4 佳作
4 政治風刺的悲喜劇
3 コミカルだけどシリアスな映画


不完全都市―神戸・ニューヨーク・ベルリン
平山 洋介
学芸出版社 (2003/08)
売り上げランキング: 129,213

戦争、災害、資本主義によって破壊された都市は再生に向かって動き出す。
都市計画の技術は空間の破壊/再建に介入するが、誰が誰のために、何の為に何を再建するのか。空間浄化の危険と不可能性をえぐり出す。

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(8) | TrackBack(16) | 外国映画
この記事へのコメント
コメント&トラックバック、ありがとうございました。
この映画、いまだにちょこちょことトラックバックが入るほど、実はとっても観客に気に入られている人気作品なんじゃないかって、今更ながらに強く思いました。是非、皆さんに見てほしいですね。
ただし、「革命」という言葉に囚われて見てはいけない映画だと思っているので、あえて、それだけは見る前に注意していただきたいですね。
Posted by 映画三昧 at 2005年09月22日 03:50
映画三昧さま。

私も公開時に見逃して、再上映を待っていました。
「バタフライ・エフェクト」との二本立て上映だったのですが、ほぼ満員で、若い人が多かったです。
とても刺激的な映画で、ハリウッド映画ばかり観ていてはダメだなと思わされるような。
観た人みんなの意見、感想を聞きたくなる映画です。
Posted by bakabros at 2005年09月22日 08:05
TB&コメントありがとうございました。
本当、この映画は観た人それぞれ色んな感想
を述べてる様ですね。
ハリウッドのエンターティメント色を排除
した、手作りの感じと若い3人を演じる皆
が個性を発揮していて凄く刺激的でしたね。
Posted by Mr.Eric at 2005年09月23日 02:37
Mr.Ericさま。

こちらもTB,コメントありがとうございます!
否が応でも答えを求められるので、普段逃げている政治について自分なりに考えさせられました。
Posted by bakabros at 2005年09月23日 19:20
>いつの間にか自分が“大人”側の立場になってしまっているのかと思い知らされる。
同感です。
彼らに共感できないことが、一寸悔しい・・・。
Posted by マダム・クニコ at 2005年09月23日 21:26
マダム・クニコさま。

普段、大人だという自覚はほとんどありませんが、年齢的にはもういい加減立派な大人なんですけどね。
いつから大人になったんだろう、とか色々考えさせられる映画です。
Posted by bakabros at 2005年09月24日 22:44
TBありがとう。

監督たちが行っていた「不法占拠」は、壊される公共建造物への集団的占拠による、抗議運動であると思います。

それにしても、革命の「幼稚さ」が眩く瞬間がありました。
Posted by kimion20002000 at 2005年11月30日 02:03
kimion20002000さま。
映画を観ている間、主人公達の心情を掴みきれない気がしましたが、後から実際に監督が「不法占拠」を行っていたという事を知って、この映画、監督の言いたい事が少しわかったような気がしました。普段全く考えないような事を深く考えさせてくれる作品です。もう少し若い頃に観たかった! と思いました。
Posted by bakabros at 2005年11月30日 03:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6539331

この記事へのトラックバック

『ベルリン、僕らの革命』
Excerpt: 3人模様の絶体絶命? 若さゆえの暴走が胸をうつ。 DIE FETTEN JAHRE SIND VORBEI THE EDUKATORS  2004  ドイツ/オーストリア 出演  ダニエル・..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2005-09-22 01:32

[映像]ベルリン、僕らの革命
Excerpt: 理想の社会を求めて政治活動を行なうヤンとピーター、 そしてここにピーターの恋人ユールが加わったことにより 引き起こされる事件、3人の恋模様、、、。 恋愛映画、青春映画というよりも 社会状勢や、新旧..
Weblog: 音甘映画館
Tracked: 2005-09-22 03:01

『ベルリン、僕らの革命』の本音と建前
Excerpt: 実は先週末まで約1週間、有楽町マリオンで ひっそり「ドイツ映画祭」が開催されていた。 すでに日本でも昨年公開された『飛ぶ教室』や 『グッバイ、レーニン!』といったヒット作、 日本未公開作が..
Weblog: Dead Movie Society★映画三昧★
Tracked: 2005-09-22 03:39

CAC映画評:ベルリン、僕らの革命(4/29公開)
Excerpt:  BBC.CO.UKで、『グッバイ、レーニン』にも出演していたヤン役ダニエル・ブリュールの録音インタビューが聴ける。「ジャーマンシネマは徐々に質を上げており、若い世代も映画学校に行って学んでいる。ドイ..
Weblog: 言語生活
Tracked: 2005-09-22 22:39

Die Fetten Jahre sind vorbei★★★★☆
Excerpt: 邦題:ベルリン、僕らの革命(The Edukators) 『物静かなヤン、行動派のピーター、そしてユール。裕福な者や権力者が優遇される不公平な社会に反逆することにした3人は・・・。』 dire..
Weblog: なおのオススメ文芸。
Tracked: 2005-09-22 23:44

ベルリン、僕らの革命
Excerpt:  男2人と女1人という設定は、どうしてこうも数多くドラマになるのだろう。  豪邸に忍び込み、家具・装飾品のレイアウトをメチャクチャに変え、盗みは一切行なわずにただ「金持ちに恐怖感を与える」ことで資本..
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2005-09-23 00:49

映画:「ベルリン、僕らの革命」の感想
Excerpt: 注意:ネタばれ大有りなので、これから観る予定の方は楽しみが損なわれることをご承知いただいた上で御覧下さい。この日本語タイトルなんとかならなかったんですかね。そんなに革
Weblog: Mr.Ericの感じたままで
Tracked: 2005-09-23 02:32

心理戦に最後まで引き込まれる◆『ベルリン、僕らの革命』
Excerpt: 5月25日(水)名演小劇場にて 「何か、難しい話だったね。革命とか、よく分からないし」 映画が終わった瞬間、私の近くに座っていた大学生風の女の子が、連れの男の子に言っていた。そんなに難しい話だ..
Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
Tracked: 2005-09-23 09:13

ベルリン、僕らの革命 /やっぱりメルヘン?
Excerpt: (ネタバレ注意!)世界中の若者へのメッセージを込めた、辛口のラブ・サスペンス。手持ちカメラの揺れが、若者の不安感を的確に表現、破滅を予感させる映像だが、暗い感じはしない。  「富裕層に恐怖を味わわせ..
Weblog: マダム・クニコの映画解体新書
Tracked: 2005-09-23 21:27

■ベルリン、僕らの革命 The Edukators
Excerpt: ■The Edukators ベルリン、僕らの革命 原題:Die Fetten Jahre sind vorbei ●“エデュケーターズ”!と名乗って、ベルリンの街を疾走する若者。現在の世..
Weblog: ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY
Tracked: 2005-10-02 15:55

NO.115「ベルリン、僕らの革命」(独/ハンス・ワインガルトナー監督)
Excerpt: レジスタンスを「アート」する、繊細な若者たち。 ドイツからは実に11年ぶりにカンヌ出品作だという。まず、そのことに、驚き。日本人の幸福な錯覚かもしれないが、今村昌平監督以来かもしれないが、日本映画は..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2005-11-29 20:18

ベルリン、僕らの革命
Excerpt: ベルリン、僕らの革命 The Edukators 2004年 ドイツ・オーストリア  理想主義者のヤンは、親友のピーターと暮らしている。ピーターの恋人、ユールの引越しを手伝ったヤンは、彼..
Weblog: cinema note+
Tracked: 2005-12-24 01:46

ベルリン、僕らの革命
Excerpt: 「ベルリン、僕らの革命」★★★★(DVD) 2004年ドイツ
Weblog: いつか深夜特急に乗って
Tracked: 2006-02-20 20:40

ベルリン、僕らの革命(DVD)
Excerpt: CAST:ダニエル・ブリュール/ユリア・イェンチ/スタイプ・エルツェッグ/ブルクハルト・クラウスナー  他 ■ドイツ/オーストリア産 126分 主演のダニエル・ブリュールって濃い・・・。かっこい..
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2006-03-05 09:24

『ベルリン、僕らの革命』
Excerpt: CAST:ダニエル・ブリュール他 正義感の強いダン(ダニエル・ブリュール)は親友のピーターと、金持ちが優遇される現代社会へのレジスタンス活動として、裕福な屋敷に押し入っては家の中の物を荒らし世間..
Weblog: *Sweet Days*  ~movie,music etc...~
Tracked: 2006-05-13 07:37

映画『ベルリン、僕らの革命』
Excerpt: 原題:Die Fetten Jahre Sind Vorbei/The Edukators 金持ちを優遇する社会に対して不満を持つ若者達のささやかな反抗、そして三角関係から裏切りと友情、彼等の行き着..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-07-01 12:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。