2005年09月17日

「酔画仙」

新文芸座にて「酔画仙」鑑賞。
“酔画仙”と称された伝説の画家 チャン・スンオプ(張承業)。
数奇な運命を経て宮廷画家にのぼりつめた天才画家・張承業の知られざる生涯を描く。
スンオプは19世紀・朝鮮時代末期に貧しい家に生まれ、筆一本で宮廷画家にまでのぼりつめた実在の人物である。彼は、伝統的にこだわらない自由な画風で“朝鮮時代三大画家”と称される巨匠である。しかし、偉大な画家として名を残していながら、残された絵も、彼に関する記録も極めて少なく“宮廷画家に任命されてから宮廷を3回も逃げだした”“酒と女なしでは絵が描けなかった放蕩者”などの記録が残っているのみで、“最後は仙人になった”とも言われ、その生涯はいまだに伝説と謎に包まれている。
韓国映画として初のカンヌ国際映画祭監督賞受賞に輝く巨匠イム・グォンテク監督渾身の一作。
suigasen.jpg出演はチェ・ミンシク(『シュリ』『オールド・ボーイ』)。彼の師であり、助言者でもあるキムには韓国映画の重鎮アン・ソンギ(『祝祭』『眠る男』『シルミド / SILMIDO』)、初恋の相手には今作が映画デビューとなるソン・イェジン(『ラブストーリー』)、彼の唯一の理解者である女性にドラマで活躍するユ・ホジョンと豪華なキャストが脇を固める。

劇中でもよく酒を飲みながら絵筆を取るスンオプ。
タイトルからも、「酔拳」のような、酒に酔うとパワーアップして画力が上がるようなストーリーの映画かと思っていた。

そういうシーンも少しあったけれど、いつも飲んだくれているので酒の影響があるのかないのかよくわからなくなってくる。

スンオプの幼少の頃から、少年、青年、成熟期、中年期、老年期と描かれていくのだけれど、青年期の男の子役、どう見ても15,6才の男の子のシーンに続く“それから3年後”のシーンに、突然若作り(?)したチェ・ミンシクが登場する。

そのギャップがおかしくて、暫く笑うのをこらえていた。
だって、チェ・ミンシクはどう見ても40過ぎ。
それが、15,6才の少年の三年後だから、18、19才?
ちょっと無理があったかも。

下働き仲間たちとも、同じ年の頃の役柄だと思うのだけれど、どう見ても一人だけ老けていて、しかも若さを表現する為なのか、やけにビクビク、オドオドした演技が、あの大きな体に似合わなくて気の毒になってくる。

登場人物がとにかく多くて、名前と顔が覚えられない!
しかも数年後とかにちょくちょく出て来るので一体どこの誰だったかとしばしば混乱する。女性も沢山登場してきて、ちょっとわからなくなってしまった。

もしかして実話なのかなー? と思いながら観ていたけれど、やはり実在の人物の話だった。
初めから実話と認識してから挑むべき映画だったかも。大分見方が変わったかもしれない。
susuki.jpg
見所は、水墨画から抜け出てきたような美しい自然の景色。
霧や雪煙に霞む山肌、岩肌。草原に自生する紅の花。冬の海辺の砂浜。ススキの野原。

抑えた色彩の中に息づく野生の荒々しさや自然の生命力に圧倒される。

そんな自然の風景の中を放浪するスンオプのシーンが何度か出てきて、とても印象的だった。

あとは、墨画の描かれる過程を映像でじっくりと観る事が出来ること!

お習字や書道とか、ただ字を墨で書くだけでなく、墨と筆で絵を描く事が子供の頃から好きだった自分にとって、墨と筆で描かれていく一本の線を観ているだけでもとても楽しく心地良くて、幸せな時間だった。
そして、すぐにでも自分も筆を取り、字でも線でも絵でも何でも良いから描きたくなった。

son.jpg白い半紙との墨。そこへポタッと落ちる鼻血の
朽ち葉色のススキ野原の中でセックスする女性の、チマチョゴリの黄色赤紫のあでやかさ!

そんな抑えた色合いの中に利かす原色の差し色の美しさ、力強さにハッとして、うっとりする。

歴史的背景や日本との関係、その時代の絵画などについてもう少し勉強してから、是非もう一度じっくりと観てみたい作品。


ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:48 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(5) | 韓国映画
この記事へのコメント
こんばんは。トラバどもです。
自然の景色はきれいでしたよね。でも話が薄く長くなのでちょっと退屈気味でした。チェ・ミンシクはさすがです、20歳以下の役までやるとは(^^;
Posted by カヌ at 2005年09月23日 00:48
カヌさま。

こんばんは! こちらもTB,コメントありがとうございます。やっぱりあれは10代だったんですよね。
あのクマのような体つきで10代って、本当におかしかったです! 笑っちゃいけないけど笑えました。
Posted by bakabros at 2005年09月23日 01:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7029777

この記事へのトラックバック

映画「酔画仙」
Excerpt: 2002年韓国映画 第55回カンヌ国際映画祭監督賞受賞作品 監督:イム・グォンテク 主演:チェ・ミンシク、アン・ソンギ、ソン・イェジン 実在する伝説の宮廷画家チャン・??
Weblog: ちょっとひとことええでっかぁ〜♪
Tracked: 2005-09-18 10:03

酔画仙、ついに観た!
Excerpt:  物語は19世紀、まもなく朝鮮半島の混乱に乗じた清国や日本帝国軍が侵略を開始しようとする、まさにその数十年前。  主人公チャン・スンオプは、貧民の出身ながら持って生まれた絵の才能を徳の高い人物に見い..
Weblog: よろ川長TOMのオススメ座CINEMA
Tracked: 2005-09-20 12:28

酔画仙
Excerpt: 「酔画仙」★★★★(盛岡フォーラム3) 2002年韓国 監督
Weblog: いつか深夜特急に乗って
Tracked: 2005-09-22 20:14

「酔画仙」
Excerpt: 昨年は韓国映画をかなり見ましたが、韓流四天王を中心とするブームは興味湧きません。ただし古くは「シュリ」から「オールドボーイ」「殺人の追憶」でも完璧な演技をしたチェ・ミンシクとソン・ガンホが出る作品は見..
Weblog: the borderland
Tracked: 2005-09-23 00:45

酔画仙
Excerpt:  貧しい家に生まれながらも宮廷画家にまでなった実在の人物チャン・スンオプの半生を描いた映画である。金沢コミュニティ映画祭2004にて。  画商の持っていた絵をちょっと盗み見ただけで、そっくりに描くこと..
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2005-09-23 00:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。