2005年11月30日

「SAYURI」

sayurik.jpg両国国技館にて「SAYURI」“MEMOIRS OF A GEISHA”ワールドプレミア in JAPAN 鑑賞。
国技館で映画を観る。しかも「SAYURI」のワールドプレミアという事で、映画その物よりも舞台裏が気になっていた。
「枡席はしまうの? それとも、枡席で相席、体育座りで映画を観るのか?」とか、「一体スクリーンはどこに? やっぱり向こう正面を潰すよね?」とか。
チャン・ツィイーらの舞台挨拶は、花道から出て来るよね?東? 西? それとも両方か!? 舞の海は来るよね、出てるから。相撲協会が全面協力して、横綱土俵入りとかないかしら!? あ、でもまだみんな九州か?」とかとか。
謎は深まり期待は膨らむばかり。


sayurin.jpg14:30に座席指定席券と引き換えると、何と、“枡席”ゲット〜!!
枡席なんて、相撲興行だったら夢のまた夢。プロレス興行なら買えない事もないチケットらしいけれど、枡席で観戦するのが夢だった! それだけで舞い上がる。
17:00過ぎに入場すると、何と枡席の敷物が取り払われて、椅子が二個ずつ置いてあるではないか。さすがに4人相席映画鑑賞は無理があったか。
それでも、普段は入ることの出来ない枡席の、それも結構前列に陣取り、それだけで満足してしまう。
映画上映の前に国技館正門のレッドカーペットの模様を会場内のスクリーンで観ながら時間が過ぎ、いよいよ19:30過ぎから本編の上映開始。ここまでが長かった。

sayuriov.jpg
SAYURIオフィシャル・ビジュアルブック「SAYURI」写真集。

映画は、もっととんでもない事になっているかと心配していたけれど、案外まともな印象だった。“おかしな日本”が出て来ると言っても、本当の日本が何なのかということもよくわからず、実際その時代の日本を知っている訳でもない自分が、“おかしな日本”と言うのもおかしいような気がしてくる位、これ程堂々と真っ正面から“日本”を描かれたら、参りましたという感じ。

例えば“芸者”“舞妓”“花魁”の違いだってよくわからず、“半玉”って説明なしに訳されても?だし、結局何も知らないのだから何とも言えない。

そんな自分が観ても、「絶対におかしい」とか「それはないよ!」と思うことがいくつかあった。演出上の設定なのかもしれないけれど、“おかしな日本”を独自解釈で描ききったロブ・マーシャル監督は凄いと思う。知らないからこそ描けたのかもしれないけれど。

さゆり〈上〉さゆり 下 文春文庫 コ 16-2 

原作はアメリカ人のアーサー・ゴールデンで、昔日本に居たことのある人が書いたのかと思いきや、1997年作! 原作は未読だけれど、“まるで京都弁が聞こえてくるよう”な英語花柳小説なんだとか。

ラスト サムライ」はトム・クルーズ主演ながらもほとんど日本語セリフだったので、日本映画を観ているような気分だったけれど、「SAYURI」はほとんど全て英語セリフ。『田舎娘』を桃井かおりに『Country girl』なんて言われると、どうにも気になってしまう。
何でこの映画をハリウッドで、ロブ・マーシャルが撮っているんだろう? 何故日本人が撮らない、撮れないんだろう? という疑問がどうも先に立ってしまう。
それに、主要キャストが中国人というのが一番気になる。
青い瞳は、確かに美しいけれど、ちょっとずるいよね。

Memoirs of a Geisha [Original Motion Picture Soundtrack]「SAYURI」オリジナル・サウンドトラック
Memoirs of a Geisha [Original Motion Picture Soundtrack]

音楽は何とジョン・ウィリアムズ! とヨーヨー・マ
日本人には、いなかったかな。ハリウッド大作で主役をはれる女優は。
音楽家は。そして衣装と着付けを担当出来るスタッフは。
とか色んな事が頭をよぎる。
sayuri.jpg
とにかくチャン・ツィーの鹿のような容姿は美しくチャーミングで観ているだけでうっとりするし、日本人の多くが持っている“芸者”のイメージを美しく映像化してくれている。
この映画を外国人が観た時に一体どんな感想を持つのか、とても気になるのだった。

タイトル・エンドロールでプロデューサーらの名が映る度に関係者の拍手と歓声というワールドプレミアらしい盛り上がり。
上映後の舞台挨拶でチャン・ツィイー、日系アメリカ人二世のケイリー=ヒロユキ・タガワ氏らがハリウッドでのアジア人俳優の地位についてコメントしていたのを聞いて、意外な気がした。そう言えば「ラスト サムライ」は日本映画のようでありながら、実際はトム・クルーズの映画だったし、それ以外に日本人、アジア人俳優が主役級を演じる映画というのはほとんどなかったかもしれない。

ケイリー=ヒロユキ・タガワ氏が、「(ハリウッドにおけるアジア人の歴史が)ここから始まる」と言っていたように、アジア人のハリウッド進出第一弾映画として、歴史的な作品になるのかもしれないと思った。

Memoirs of a GeishaMemoirs of a Geisha Memoirs of a Geisha

SAYURI メモワール・ボックス (初回限定生産) SAYURI メモワール・ボックス (初回限定生産)
本編の他、ディスク2の約121分の映像特典の中でも気になるのが「シェフ、ノブ松久との一日」
更にディスク3の、日本独自の特典を含む約80分の映像特典も気になります。

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 05:14 | 東京 ☀ | Comment(25) | TrackBack(94) | 外国映画
この記事へのコメント
お久しぶりです☆
昨日、映画館でこの映画の予告編見ました!
予告編はすごく綺麗で、ぜひみたいって思いました。
以前TVで工藤夕貴さんの英語に感動した事があって、
彼女がでているって所もすごく楽しみです!
子役の子はカラコンいれてたのかなぁ・・・。
Posted by *りお* at 2005年12月05日 13:28
*りお*さま。
こんにちは♪ 工藤夕貴さんは、日本人キャストの中でも一番落ち着いて見られた気がします。
私も今日明るいスクリーンの会場で改めて予告編を見たら、カラコンなんですねー! 国技館のスクリーンが暗すぎてわからなかったけれど、チャン・ツィイーも青い瞳だったんですね。予告編は、映画と別物のようで、何度見てもそれだけで感動してしまいます。
Posted by bakabros at 2005年12月06日 01:45
こんにちわ!
おぉ相変わらずプレミア試写会ですね!
こういうの一度も行った事が無いので
羨ましい限りです。
舞の海はいなかったんでしょうか?(笑)
この作品ハリウッド製メジャー映画にしては、始めてアジア人だけを主演にして作った作品になってるんですね。
そういう意味では価値ある作品のような
気がします!
個人的にはノリきれなかったというのが
正直な感想なんですが;;
Posted by kazupon at 2005年12月11日 12:24
kazuponさま。
こんにちは! SAYURIをプレミアで観られたのは凄く嬉しかったのですが、国技館はさすがにに見づらかったです。。。
舞の海さんは、きっと来られるはずと楽しみにしていたけど、わかりませんでした。
「アジア人の初ハリウッドメジャー進出作品」は、舞台挨拶で初めてその意味を考えました。
アジア系俳優がハリウッドで大役を貰うというのはまだまだ大変な事らしいですね。『「SAYURI」がその初めての作品』とチャン・ツィイーが話していました。そう考えると感慨深いものがあります。
Posted by bakabros at 2005年12月11日 14:17
はじめまして!
TBさせていただきます!
私も、両国国技館にて『SAYURI』ワールドプレミア in JAPAN行ってきました!そして同じく私も両国国技館での映画鑑賞ということに期待と不安でしたが、私も升席でパイプ椅子でした!お尻痛かったですよね〜!w
『SAYURI』の世界にドップリはまってしまった私は、プレミアの後、小説を読み、本日2回目の鑑賞行ってきました!今日の方が感動しました!

Posted by 映画子 at 2005年12月11日 22:12
映画子さま。
はじめまして! お尻は痛かった!けど、あの臨場感と独特な雰囲気を味わえたのは幸運でした♪ プレミア後、TVなどの映像を見て、国技館のスクリーンは暗すぎた事に気づきました。
もう一度、明るめのスクリーンで観たい映画です。ツィイーの青い瞳もよく見えなかったし!
Posted by bakabros at 2005年12月12日 01:58
「知らないからこそ描けた」ですか、なるほどぉ。もう少しみなさんの感想を聞いてから観にいけばヨカッタかなァ。それにしても英語のセリフといってもほとんどネイティブな発音じゃないので聞き取りやすく、まるでも自分もペラペラと喋れそうな気分になってしまいました(笑)。
Posted by かのん at 2005年12月12日 11:12
こんにちは。TBさせて頂きました。
チャン・ツィー綺麗でしたね。でも青い目の日本人だなんて!w
個人的にはミシェル・ヨー姐さんの凛々しさに惚れました。
Posted by もじゃ at 2005年12月12日 14:43
かのんさま。
日本語訛り?の英語は聞き取りやすかったですね。日本人として観ると違和感は拭い去れませんが、それを忘れさせるエンターテインメントはさすがハリウッド! もし他の監督だったらもっとトンデモない事になっていたような気がして、そう考えると結構良い出来なのでは、と思いました。

もじゃさま。
こんにちは! 
私はコン・リーの強い眼差しとアゴに惚れました。ミシェル・ヨー姐さんは男前でしたね。
Posted by bakabros at 2005年12月13日 03:49
TBありがとうございます♪

情報収集力と洞察力とフットワークの軽さに圧倒されました!

また是非色々拝見させていただきたいと思います!
Posted by Chib'eri at 2005年12月13日 23:47
はじめまして!
TBさせて頂きました。またTB頂きありがとうございます。ワールドプレミアの記事、大変興味深く読みました。枡席で映画鑑賞!!今後ない凄い経験!!ですネ。私は封切りのレイトショーで見たのですが、マイブーム『SAYURI』になってます。日本文化に関しては?ですが、中国系の女優さんは皆綺麗で楽しめました。素敵な男優さんが出なかったのが残念!?これからもよろしくお願いします。
Posted by A・C・O at 2005年12月14日 02:05
Chib'eriさま。
フットワークの軽さ!? 即TB返しの事でしょうか。夜は結構長い間ネットしていますので、お暇な時には是非遊びにいらして下さいね♪
Chib'eriさんの「SAYURI」の感想楽しみにしています。

A・C・Oさま。
はじめまして、こんにちは!
確かに男優2人は女優さん達のパワーに圧倒されていましたね。
予告編を観ると、また観たくなります。
Posted by bakabros at 2005年12月14日 03:54
アメリカ人の書いた芸者の話と、原作の小説は存在を知りながら長らく手にすることがなかったと言うか、避けていたというか… アメリカ人の知人の勧めで読んでびっくり、小説としてとてもよく書けている(執筆に検証に10年をかけたというだけあって)、しかもきれいな京都弁に翻訳されていて違和感を感じさせなかった!きものの柄や素材にも詳しかったりしたのも感心したのでした。映画を観るのが怖いような楽しみなような…
Posted by hide at 2005年12月16日 18:54
hideさま。
私は原作未読なので何とも言えないのですが、京都弁が頭に残っていると、ちょっと違和感あるかも。ほとんど英語セリフですが、たまに入ってくる日本語が片言だったりするし…。
監督自ら仰っているように“ファンタジー”映画として観るのが一番楽しめるのかもしれませんね。hideさんの感想伺うのが楽しみです!
Posted by bakabros at 2005年12月16日 21:03
TBありがとうございました!
両国国技館で試写やってたんですねえ。確かに厳しい席環境ですよね。
Posted by 映画三昧 at 2005年12月19日 11:32
映画三昧さま。
こんにちは! 厳しかったです…。
センターは関係者席だったらしく、一般人はみんな斜めからの鑑賞でした。スクリーンも暗かったんですよね。もう一度映画館で観ないといけませんね。
Posted by bakabros at 2005年12月19日 17:50
TBありがとうございました
桝席での鑑賞とはかなりレアでしたね。
出来そうで出来ない体験が羨ましいっす!
まぁ〜不可思議な箇所は多々ありましたが
個人的には及第とさせてもらいましたぁ。
では、またです。
Posted by purple in sato at 2005年12月23日 11:50
purple in satoさま。
こちらこそ、TB,コメントありがとうございます!
枡席でSAYURI鑑賞は本当に良い体験でした。
お相撲好きなものでとても嬉しかったです。
私も、思っていたよりもずっと良くて、ファンタジーとして面白く観られました!
Posted by bakabros at 2005年12月23日 17:58
こんにちは。
両国国技館でごらんになったのですね!
うらやましいです!
試写会応募したのですが駄目でした。
写真&記事で様子が伝わってきました^^)
TBさせて頂きました。
Posted by LUVLUV at 2005年12月28日 22:38
LUVLUVさま。
こんにちは! TB,コメントありがとうございます♪ 映画は見づらかったのですが、独特の雰囲気を楽しめたのは本当にラッキーでした!
「監督・キャストの方々と一緒に映画を観ている!」という事だけでも興奮ものでした☆
Posted by bakabros at 2005年12月28日 23:07
bakabrosさん、以前に訪問&カキコしてくれてありがとう〜でした。
この映画を比較しながら現在の花街事情を綴ってきたシリーズも もうじき最終章です。
bakabrosさんのように 神秘な世界を知らない人が沢山いるので、今回の経験談はすごく評判が良くてよかったァ〜。
いろいろ知った上で再度鑑賞すると きっともっと面白いんじゃないかなぁ。。。
=*^-^*=にこっ♪

Posted by fuzika at 2006年01月09日 06:03
TBさせていただきました♪初めまして♪
やっぱり映像の綺麗な映画は
大画面『映画館』で観るに限りますね☆
アジアン・ビューティー最高でした☆
また遊びに来て下さいね(^∀^)
コメント待ってますので☆
TBありがとうございました♪
Posted by さや at 2006年01月09日 19:40
さやさま。
こんにちは! 国際フォーラムのような映画館以上のスクリーンの会場もありますが、席を選べない難点もあるので、やっぱり映画館ですね。私もゆっくり遊びに行かせて頂きたいと思います。また覗いてやって下さいね♪
Posted by bakabros at 2006年01月09日 20:07
 今日は。SAYURIを検索しやって来ました。両国国技館で鑑賞とは!なかなか情緒があったのでは。 
Posted by PRINCE at 2006年02月26日 11:23
PRINCEさま。こんにちは!
両国国技館で、キャストの方々と一緒に「SAYURI」を観たのは本当に貴重な体験でした! お相撲好きなので余計に嬉しかったです♪ 
Posted by bakabros at 2006年02月26日 16:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9989343

この記事へのトラックバック

『SAYURI』
Excerpt: ----これもまたお正月映画の話題作だね。 最初スピルバーグが監督すると言う噂もあったようだけど。 「うん。結局は『シカゴ』のロブ・マーシャルが監督。 日本を舞台にした映画と言うことで、 主役のさゆり..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2005-11-30 10:04

今日は映画の日
Excerpt: 趣味はと聞かれて「映画鑑賞」とは答えなくなりました。映画館へ行くのは、もう生活の一部みたいなもの!日常からの脱却、ストレスの発散という感覚も少しはありますが、世界の才能ある製作者達が、お金と時間を掛け..
Weblog: 毎日楽しく頑張っていこう!
Tracked: 2005-12-01 14:45

SAYURI@ワールドプレミア観た
Excerpt: 図らずも僕は映画「SAYURI」(原題:Memoirs of a Geisha 原作:アーサー・ゴールデン)を両国国技館で観て来てしまいましたっ!ワールドプレミア上映ということで、世界で一番初..
Weblog: Kemji's weblog--wataridori日記--
Tracked: 2005-12-05 02:05

「SAYURI」
Excerpt: 公式サイトへ 「SAYURI - goo 映画」へ昨日、縁があって「SAYURI」のワールドプレミアを観ることが出来ました。 まあ、高校生二人(私服)がならんでアリーナ席にいたのは場違い以外の何者でも..
Weblog: 【映画に学ぶ】
Tracked: 2005-12-05 17:42

『SAYURI』で芸者は世界の憧れに!
Excerpt: (C) 2005 Columbia Pictures Industries,lnc. 昨日ついに拝見した『SAYURI』に仰天! いや〜、もう女性たちの美しさと恐ろしさに鳥肌が立ちっぱなしでし..
Weblog: シネマのしたため
Tracked: 2005-12-08 01:55

あなたは原作派?それとも映画派?
Excerpt: BOOKS vs MOVIES ・・・タイム記事へ   原作が好き?それとも映画?こんなテーマに敢えて、タイム誌が挑んでいるのがとっても滑稽でした。もちろん、個別の映画..
Weblog: TIME ガイダンス-choibiki's BLOG-ホンモノで学ぶ、英語を学ぶきっかけ探し
Tracked: 2005-12-09 02:24

SAYURI さゆり MEMOIRS OF A GEISHA
Excerpt: チャン・ツィイー、渡辺謙主演 チャン・ツィイーが綺麗でしたが子役の大後寿々花が良かった 千代は貧しい漁村に生まれ 小さな時に姉と祇園の置屋に売られる その置屋の売れっ子芸者初桃が千代に辛く当た..
Weblog: travelyuu とらべるゆうめも MEMO
Tracked: 2005-12-10 14:07

SAYURI
Excerpt: 予告編を観て「面白そうだな」と思っていても、観る優先順位は下の方で、もしかしたら観ないかもしれない、と思っていた。それがどうしたことだろう。前売り鑑賞券まで購入し、公開初日に観てしまった。それだけ惹き..
Weblog: 八ちゃんの日常空間
Tracked: 2005-12-10 21:26

SAYURI
Excerpt: アメリカ 146分 監督:ロブ・マーシャル 出演:チャン・ツィイー     渡辺謙     ミシェル・ヨー     役所広司 貧しい漁村に生まれ9歳で花街の置屋に売られた少女・千代..
Weblog: Saturday In The Park
Tracked: 2005-12-11 00:41

SAYURI
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★☆  異国情緒溢れる熾烈な女の世界
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2005-12-11 03:50

SAYURI
Excerpt: ずいぶん前からの予告編に魅かれて待ちに待ったSAYURI。 アメリカが描いた日本の伝統的な文化と美しい映像。 実際に期待以上の艶やかな日本の文化が描かれていた。 ストーリーはある芸者..
Weblog: 映画君の毎日
Tracked: 2005-12-11 06:00

映画: SAYURI
Excerpt: 邦題:SAYURI 原題:Memoirs of a Geisha 原作:さゆりア
Weblog: Pocket Warmer
Tracked: 2005-12-11 08:57

SAYURI / Memorirs of a Geisha
Excerpt: 5年くらい前から、ハリウッドで「さゆり」を映画化すると聞いてた。それも、スティーブン・スピルバーグで。 その当時、主演は工藤夕貴と予定されてて、いつになったらやるのかな〜と思ってたら 忘れた頃にやって..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2005-12-11 10:16

SAYURI
Excerpt: う??ん、「細かい所は気になるけどなかなかやるねぇ」と観た後言いたい と思ってたんですが、どうなんでしょう。かなり微妙な映画だと思いました。 日常的な話題の中でツッコまれまくる映画かもしれ..
Weblog: It's a Wonderful Life
Tracked: 2005-12-11 11:47

「SAYURI」に脱帽!
Excerpt:  予告編を見た時は、とんでもなくひどい映画の予感がした。でも、京都が舞台で、京都ロケをしたハリウッド大作とあっては、映画ブログをやっている僕にとって観ないわけにはいかない。「SAYURI」。で、日米同..
Weblog: 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
Tracked: 2005-12-11 15:02

Memoirs of a Geisha/SAYURI(2005,U.S.)
Excerpt: SAYURI 貧しい漁村に生まれ、9歳で花街の置屋に売られた少女・千代(大後寿々花)。そこには、千代と同じ境遇のおカボ(工藤夕貴)という少女と、花街一の売れっ子芸者、初桃(Gong Li)がいた。下働..
Weblog: The Final Frontier
Tracked: 2005-12-11 17:19

映画「SAYURI」 洋画作品だが、邦画作品でも十分通用する
Excerpt: 「SAYURI」は製作スティーブン・スピルバーグとそのスタッフが結集して日本の芸者の世界を描いた作品である。邦画中心の私がこの映画を見る事事態が珍しいのだが、外国人が作る日本を題材にした映画がどう描か..
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2005-12-11 19:20

SAYURI
Excerpt: 《SAYURI》 2005年 アメリカ映画 - 原題 - MEMOIRS OF
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2005-12-11 20:12

『SAYURI』ワールド・プレミアIN JAPANの日
Excerpt: 2005.11.29 プレミアなどのイベントに参加できる時は気持ちが抑えられず、朝から駆けつけてしまう私ですが、今回はめずらしく午前は会社で仕事、午後から半休をとり、いざ両国へ! まずは腹ごなし。..
Weblog: 映画子の映画日記
Tracked: 2005-12-11 22:14

SAYURI
Excerpt: 「Mr.&Mrs.スミス」のレビューにこの作品はコメディだと書いてしまったが、尤も、筆者は「ラスト・サムライ」同様、この作品に描かれている「いい加減な日本」を観にいったのだから、そういう意味では大..
Weblog: 利用価値のない日々の雑学
Tracked: 2005-12-11 22:36

SAYURI(さゆり)を見ました。
Excerpt: SAYURIをみました。子供のお千代がかきごおり食べた後の表情の変化。忘れられない。ストーリーは希望、成長、逆転をあつかったオーソドックスなものだけど、それでもこれだけ新鮮さや感動があり、心がリッチに..
Weblog: TrendCyclone
Tracked: 2005-12-11 23:44

『SAYURI』を観た
Excerpt: 観に行く前は「かなり歪められちゃってる、よくアメリカ映画に出てくるわけわからん日本のようなところが舞台」のように描かれているのかと思いましたが、意外にまともな描写で驚きました。
Weblog: TV視聴室
Tracked: 2005-12-11 23:53

「SAYURI」観賞
Excerpt: 「SAYURI」観賞しました??。 記者会見の映像みたり、映画館の予告観たりで、けっこう 興味が出てきたので、観たんですけど。 ストリーは、不思議と面白かったです。 たぶん、普通に日本人が..
Weblog: Cafeアリス
Tracked: 2005-12-12 00:54

SAYURI
Excerpt:  『北の零年』では小百合を裏切った渡辺謙。ここで名誉挽回するのか?!  日本文化や日本人の心、はなまちのしきたりなど、「ハリウッドが描いた日本なんて虚構の世界だ」と批判する日本人も多いのだろう。多分..
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2005-12-12 07:42

SAYURI
Excerpt: 今までの日本を舞台とした映画だと、外国の人が思い描いてる日本って感じの映画が多いのですが、 『SAYURI』は、そんなこともなく日本人がみてもそれほど違和感なく観れるのではないかと思います。 ただ、日..
Weblog: ブログ:映画ネット☆ログシアター
Tracked: 2005-12-12 09:26

『SAYURI』を観て来ました!
Excerpt:  2005年12月12日 『SAYURI』観賞レビュー! 原題 Memoirs of a Geisha 絢爛 無垢 毅然 『SAYURI』ポスター画像 ちと、大きい画像..
Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
Tracked: 2005-12-12 10:14

SAYURI/チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、大後寿々花
Excerpt: アメリカ人ってのはよっぽど芸者が好きなんでしょうね。しかも、やっぱり日本人とはどうも観点がズレてるし(笑)。しかし、この作品、感想書くのが難しいなぁ。だって物語としては平凡で何の感動もないんだもん。そ..
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2005-12-12 11:36

【 SAYURI 】
Excerpt: ちょっとヘンな日本が描かれている...のは仕方ないか。なるべく気にしないように自分に言い聞かせる。 さすが"アジアン・ビューティー"のチャン・ツィーはカワイイ&美しく、思わず見とれる。「お姐さん..
Weblog: もじゃ映画メモメモ
Tracked: 2005-12-12 13:30

「SAYURI」をみた。
Excerpt: 「休憩は1分だけです  ラスト2分が勝負」by安西監督(湘北バスケ部) どうも、週末は映画を見る日なってる今日この頃です。 ずーっと公開されるの待ちに待っていた映画・・・ 気合??
Weblog: 今日も明日もカエラと映画とマンガ
Tracked: 2005-12-12 15:13

SAYURI
Excerpt: 監督の美意識をたっぷり堪能できる大河ドラマ。 話は普通・・・。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2005-12-12 17:34

SAYURI??memories of Geisha
Excerpt: まあ、このちびさゆり=千代ちゃんのうまいこと、うまいこと。 日本の映画かと思っちゃいました。彼女だけ。あと桃井かおりね。 冒頭から千代ちゃんが花街に売られていくまで、日本語が飛び交い、異様な日..
Weblog: 毎週水曜日にMOVIE!
Tracked: 2005-12-12 18:15

SAYURI 評価額・1300円
Excerpt: ●SAYURIをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 貧しさゆえに9歳で置屋に売られた少
Weblog: Blog・キネマ文化論
Tracked: 2005-12-12 19:00

映画館「SAYURI」
Excerpt: 予告編で観たときの印象、そのまんまの作品でした! 予告編以上に良くもなく、悪くもなく。。。 原作の「Memories of Geisha」、オーストラリアにいたころに外国人の友達に「読んだよぉ..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2005-12-12 19:50

『SAYURI』〜ひとり中華帝国〜
Excerpt: 『SAYURI』公式サイト 監督:ロブ・マーシャル出演:チャン・ツィイー 渡辺謙 ミシェル・ヨー 役所広司 コン・リー 大後寿々花 【あらすじ】(goo映画より)9歳で花街の置屋へ売られた千代は、..
Weblog: Swing des Spoutniks
Tracked: 2005-12-12 23:08

SAYURI - まだ観てないけど -
Excerpt: Newsweekに書かれたある記事に関して、彼と議論になり、一触即発の喧嘩にまで
Weblog: Chib'eri
Tracked: 2005-12-13 01:33

SAYURI(MEMORS OF A GEISHA)
Excerpt: その少女は、特別の輝きを持っていた・・・ 運命の出会い・・・ 絢爛 無垢 毅然 昔、ダウンタウンがやっていたGEISHA GIRLSの話ではありません..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2005-12-13 02:15

『 SAYURI 』
Excerpt: 週末は『SAYURI』鑑賞へ ・・・ビミョー{/face_ase1/} 「日本」というより「ニッポン」「JAPAN」といった感じ。 欧米人が好きそうな Oh〜、Geisya!ってな具合。 なぜだか..
Weblog: My Style
Tracked: 2005-12-13 09:51

SAYURI これから見に行きます
Excerpt: 見に行こうかどうしようか迷っています。 ご意見お聞かせください。 現代でも外国人から見た日本はまだまだゲイシャ、サムライなのでしょうか。 外国から日本に来にくいのは言葉の壁ですかね。..
Weblog: Shinri-Xの毎日楽しく頑張っていこう!
Tracked: 2005-12-13 13:23

『 SAYURI  』
Excerpt:  公式サイト 映画 『 SAYURI  』      [ 劇場鑑賞 ] 2005年:アメリカ   【12月10日ロードショー】  [ 上映劇場 ] 監 督:ロブ・マーシ..
Weblog: やっぱり邦画好き…ANEX
Tracked: 2005-12-13 14:23

不治の病?SAYURI病
Excerpt:  「SAYURI病」が治らない。21世紀のサユリストになってしまったようだ。アーサー・ゴールデンという人の原作本「さゆり」(文春文庫、上下)も買ってきた。これが非常に面白い。もとの京言葉、花街言葉を再..
Weblog: 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
Tracked: 2005-12-13 16:42

SAYURI
Excerpt: 貧しさ故に置屋に身売りされた少女。 辛く厳しい生活で、夢も希望も無くしかけた、その時、 橋の上で、運命的な出会いが有りました。 会長と呼ばれるその人に、 もう一度会いたい と言う、その思..
Weblog: Enjoy Life♪
Tracked: 2005-12-13 20:21

SAYURI
Excerpt: 目には見えない凄い力を持っている作品。この映画で魅せる表現には嫌というほど引き込まれました。この作品で魅せる瞳、瞳、瞳。これには誰もが虜になることでしょう。
Weblog: ★☆★ Cinema Diary ★☆★
Tracked: 2005-12-13 21:22

『SAYURI』の世界・祇園あれこれ
Excerpt: 『SAYURI』の中で、一番リアリティを感じたのは工藤夕貴さん演じる舞妓の「パンプキン」。 しかしこの名前何とかして欲しい。ちょっとヒドイんではないかい? 彼女の舞妓姿はスタンダード舞妓さん!..
Weblog: 活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世
Tracked: 2005-12-13 21:38

『SAYURI』
Excerpt: 不思議な瞳によって、伝説の運命を背負った少女・・・・・・“SAYURI”。 ■監督 ロブ・マーシャル■原作 アーサー・ゴールデン(「Memoirs of a Geisha」)■キャスト チャン・ツィ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2005-12-14 08:29

SAYURI:Memoirs of a Geisha
Excerpt: 一葉の 想いを糧に 身を託す   当初、スピルバーグ自身が監督する予定だったらしいけど、多忙故、製作に回ってロブ・マーシャルに監督まかせたらしいけど、本当かなあ、多忙って理由。  構想の段..
Weblog: 空想俳人日記
Tracked: 2005-12-14 12:15

日本版シンデレラストーリー 『SAYURI』
Excerpt: さてさて、「SAYURI」を観てきました。 外人さんが撮る日本を舞台にした映画。
Weblog: 多趣味ですがなにか問題でも?
Tracked: 2005-12-14 15:55

『SAYURI』
Excerpt: ?『SAYURI』 英題 MEMOIRS OF A GEISHA 公式HPはこちら   米国公式HP (日米同時公開の為)  9歳で花街の置屋に売られた少女・千代(さゆりは源氏名)。大変..
Weblog: 映画と秋葉原とネット小遣いと日記
Tracked: 2005-12-14 22:35

『SAYURI』
Excerpt: 『SAYURI』公式サイト 監督:ロブ・マーシャル 原作:アーサー・ゴールデン 音楽:ジョン・ウィリアムズ 出演:チャン・ツィイー 、渡辺謙 、ミシェル・ヨー 、役所..
Weblog: Rabiovsky計画
Tracked: 2005-12-15 01:12

★「SAYURI」
Excerpt: 公開初日のナイトショウで観てきました。 時間の関係で2スクリーンやってるうちの小さいほうのスクリーンで見ることに。 あんまり混んでなかったよ。 チャン・ツィイー主演なのに・・・ねっ。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2005-12-15 04:02

SAYURI
Excerpt: 一人の芸者の数奇な運命を描いたアーサー・ゴールデンの世界的ベストセラー『さゆり』を、スティーヴン・スピルバーグ製作の下、「シカゴ」のロブ・マーシャル監督がメガフォンをとり豪華に映画化。主演は「HERO..
Weblog: Alice in Wonderland
Tracked: 2005-12-15 13:06

「SAYURI」映画の魔法が幸せな気分にさせる
Excerpt: 「SAYURI」★★★★ チャン・ツィイー、渡辺謙、大後寿々花、ミシュエル・ヨー主演 ロブ・マーシャル監督、2005年、アメリカ この映画に嫉妬した。 日本で描けない 日本の「美」を..
Weblog: soramove
Tracked: 2005-12-15 17:26

*SAYURI・・・美し過ぎる!*
Excerpt: 監督:ロブ・マーシャル  原題:MEMOIRSOFAGEISHA製作:スティーヴン・スピルバーグ出演:チャン・ツィイー(さゆり)/ ミシェル・ヨー(豆葉)/ コン・リー(初桃)    渡辺謙(会長)/..
Weblog: うさくま広場
Tracked: 2005-12-15 21:36

映画 : SAYURI
Excerpt: この作品を観たかった理由はただ一つ。役所広司が見たい!!!!!!見に行ったらやっぱりカッコよかった??????♪ SAYURIオフィシャル・ビジュアルブック 作者: デビッド・ジェームズ, ペ..
Weblog: 青いblog
Tracked: 2005-12-16 17:07

SAYURI(12月10日公開)
Excerpt: 貧しい漁村に生まれ,幼い頃に祇園に売られた娘・さゆり(チャン・ツィイー)が,心優しい「会長」(渡辺謙)に会いたいという強い思いから一流の芸者を目指し,会長との再会を果たすが……. ヒロインの..
Weblog: オレメデア
Tracked: 2005-12-16 22:53

SAYURIは芸者
Excerpt: 不遇な境遇に陥りながらにも、あきらめず。 小さいながらにも、可能性を信じ。 あきらめず、めげないけれども、試練は続く。 それでも、密かに求めてきたものを、ひたすら追い求める。 ..
Weblog: 瞬間燃え尽き症候群のすすめ
Tracked: 2005-12-17 00:06

SAYURI??ゲイシャ・ブーム?
Excerpt: 今、聞くところによると(千歳香奈子さんによると)、 アメリカのファッション・コスメ業界では、 空前のゲイシャ・ブームが巻き起こってるらしいです。 バナナリパブリックでは、「ゲイシャキャンペーン」..
Weblog: Osaka-cinema-cafe
Tracked: 2005-12-17 05:59

SAYURI
Excerpt: 予告を観て、とっても楽しみにしていて前売券を買っていたのに、観に行くのが遅くなってしまいました。公開から一週間経っただけで、近所のシネコンは一日の上映回数が3回に減ってしまい、「評判いまいちなのかなー..
Weblog: まぁず、なにやってんだか
Tracked: 2005-12-18 11:55

【映画】 SAYURI ★★★
Excerpt: ストーリー: 9歳で花街の置屋へ売られた千代は、下女として働いていた。 ある日、辛さに耐えられず泣いていた千代は、 「会長さん」と呼ばれる紳士から優しく慰められ、 いつか芸者になって会長さんに再会した..
Weblog: 徒然なるままに・・・
Tracked: 2005-12-18 14:46

映画「SAYURI」
Excerpt: 原題:Memoirs of a Geisha チャン・ツィイーが日本を舞う、「LOVERS」で魅せた得意の舞を、今度は花街を彩る水揚げ前の芸者として、見事な扇さばきで・・・魅せる。 ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2005-12-19 01:49

どっちが面白かった?…『ラスト・サムライ』vs『SAYURI』完全ネタバレ編
Excerpt: (前回の続き。今回はネタバレしてるので注意!) 以前、置屋の古い体質に反旗を翻した舞妓さんの集団脱走事件 があって、私はその舞妓さんと芸妓さんの二人と一晩中、 お店で飲みながら話をしたことが..
Weblog: Dead Movie Society★映画三昧★
Tracked: 2005-12-19 11:29

チャン・ツィイーの芸者も違和感ない『SAYURI』
Excerpt: 1997年にベストセラーとなった原作『メモワール・オブ・ゲイシャ』 の映画化権をすぐに買い取ったスティーヴン・スピルバーグは、 映画化にあたり生前の黒澤明監督に相談をしている。 黒澤監督は「..
Weblog: Dead Movie Society★映画三昧★
Tracked: 2005-12-19 11:29

現実の「SAYURI」たちは…
Excerpt:  京都でも雪が舞った。寒い日曜日。明日朝、積もっていると出勤が難儀やなあ。夜、「下鴨茶寮」からのお招きで、「ギターの調べと『聖夜懐石』の一会」という催しに行く。下鴨茶寮は伝統的な懐石の店だが、いろいろ..
Weblog: 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
Tracked: 2005-12-19 13:09

■SAYURI〜チャン・ツィイー主演映画
Excerpt: 今年締めくくりの映画”SAYURI”を見た。 上野のセントラルという映画館で見たのが、この映画館がしょぼかった・・・ 定員50名程の小さい劇場。 ちょっと”きな臭い”感じ。 で、SAYURI。 チャ..
Weblog: AKATUKI DESIGN
Tracked: 2005-12-19 23:38

SAYURIぃ〜
Excerpt: 映画SAYURI観てきました!奥さんと一緒に〜。 製作総指揮スピルバーグで『シカゴ』のロブ・マーシャルが監督という、なかなか豪華なスタッフで、日本を舞台にした映画ということで、前々から結構期待しちゃ..
Weblog: ナイス旦那日記
Tracked: 2005-12-20 22:32

「SAYURIを見たがひどすぎる」って…
Excerpt: なにかと話題の渡辺淳一がSAYURIをこき下ろしてます。 そんなにひどい映画なんですかね? アメリカの映画なんて、あんなもんでしょう? 「ベストキッド」とかの時代に比べたら雲泥の差
Weblog: Short Cappuccino
Tracked: 2005-12-20 23:51

FUN×4
Excerpt: 「水面(みなも)に映る影は静かに漂う」
Weblog: FUN×5 ??五つの楽(fun)を探して??
Tracked: 2005-12-21 00:56

SAYURI
Excerpt: 事前にいろいろと賛否を見聞きしていたので、なるべくフラットな気持ちで鑑賞しようと心に決めて、劇場に向かった。これはアメリカ、ハリウッドが描いたファンタジーな..
Weblog: 俺の話を聴け〜!
Tracked: 2005-12-21 13:25

「SAYURI」
Excerpt: アジアンビューティなSAYURI 3月ごろ原作「さゆり」を読んで その時すでに12月あたりに 劇場公開らしいと・・ でもって観ました まさにエンターテイメントです
Weblog: 慧の映写会
Tracked: 2005-12-21 22:04

SAYURI
Excerpt: この映画の中で、すこしでも、え??と思うことが起こるたびに、これはアメリカの日本風アジア人街で起きてることなんだわ・・・。 なんて、勝手に自分に言い聞かせながら観てた。 結局、一人前の芸者になるために..
Weblog: toe@cinematiclife
Tracked: 2005-12-24 00:54

SAYURI(映画館)
Excerpt: CAST:チャン・ツィイー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/桃井かおり/工藤由貴/コン・リー 他 ■アメリカ産 146分 さすがアジアン・ビューティーのチャン・ツィイー!!ゴールデン・グローブ..
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2005-12-25 21:24

SAYURI/ サユリ/Memoirs of a Geisha
Excerpt: ぼくにとって、本年度( っていつからいつまで?) ベストワンの作品です、っていったら驚く? 青い目の芸者がいた。 この映画、ここが変、って書くと思ったでしょ。 ところがどっこい、日本人でありながら目..
Weblog: ショウちゃんのエーガな日常
Tracked: 2005-12-25 22:22

SAYURI/ロマンティック・ラブ・イデオロギー
Excerpt: 本作のテーマは、家父長制文化の中で女性の従属的位置を認める”ロマンティック・ラブ・イデオロギー”である。 SAYURI  ロブ・マーシャル監督の前作「シカゴ」は、男性優位の文化に意義申し立てをすると..
Weblog: マダム・クニコの映画解体新書
Tracked: 2005-12-27 12:17

映画 『SAYURI』 字幕版
Excerpt: 『SAYURI』を観ました。初めて原作を読んでからもう何年も経ちます。スピルバ−グ監督が映画化すると聞き喜び、さゆり役は誰がやるんだろう?会長は?と色々想像したものです。しかしその話がいつの間になくな..
Weblog: LUVLUV.COM
Tracked: 2005-12-28 22:47

SAYURI・・・・・評価額1350円
Excerpt: 師走は何でこんなに忙しいのだろう。 死ぬよ、マヂで。 聞いた話では芸者さんも、この次期お座敷が多くてとっても忙しいのだそうだ。 経済的にも内容的にも別の世界の話だが、娯楽産
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2005-12-30 01:08

『SAYURI 〜MEMOIRS OF A GEISHA〜』
Excerpt: 『SAYURI』 公式サイト:http://www.movies.co.jp/sayuri/原題:MEMOIRS OF A GEISHA製作:2005年アメリカ監督:ロブ・マーシャル出演:チャン..
Weblog: honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
Tracked: 2005-12-30 18:53

SAYURI
Excerpt: 大好きなチャン・ツィイーが主演する話題の映画「SAYURI」を観てきました。 さゆりという一人の芸者の一途な恋の物語です。 「ラスト・サムライ」に続く日本を舞台にした映画ということも気になる点です..
Weblog: 映画倶楽部 祇園座
Tracked: 2005-12-31 10:22

Memoirs of a Geisha (2005)
Excerpt: 【邦題】SAYURI 【Cast】Ziyi Zhang, Ken Watanabe, Gong Li, Michelle Yeoh, Youki Kudoh 【Director】Rob Ma..
Weblog: azcar
Tracked: 2006-01-09 04:01

SAYURI−映画を見たで(今年3本目)−
Excerpt: 監督:ロブ・マーシャル 出演:チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、役所広司、桃井かおり 評価:85点(100点満点) 公式サイト ハリウッドが..
Weblog: デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)
Tracked: 2006-01-09 17:14

SAYURI
Excerpt: 太平洋戦争前後の時代が舞台になっています。美しい映像はさすがだな??と思いました。日本の文化をキレイに映像化してくれている気がしました。 チャンツィー、ミシェルヨー、コンリーの美女の共演も素晴ら..
Weblog: No Cinema No Life
Tracked: 2006-01-09 18:41

SAYURI
Excerpt: (CAST) チャン・ツィイー:さゆり 渡辺謙:会長 ミシェル・ヨー:豆葉 役所広司:延 桃井かおり:おかあさん 工藤夕貴:おカボ 大後寿々花:さゆり(少女時代) ..
Weblog: さやの映画&日記
Tracked: 2006-01-09 19:26

SAYURI(さゆり) 「シカゴ」の監督が描くエキゾチックジャパンの美、おめでとうチャン・ツィイー
Excerpt: タイトル:SAYURI   ジャンル:女のドロドロと純愛/2005年/148分 映画館:京都・TOHOシネマズ二条プレミアスクリーン(68席) 鑑賞日時:2006年1月4日(水),15:45〜 68席..
Weblog: もっきぃの映画館でみよう
Tracked: 2006-01-10 00:50

SAYURI
Excerpt: 実家宮城県は映画のメンズデー王国(109シネマズ富谷が金曜日、MOVIX利府が月曜日。他の映画館でもやってる)って事は前にもここで書きましたが、そんなメンズデー王国にせっかく帰省してるヒマメンINDY..
Weblog: 欧風
Tracked: 2006-01-15 12:53

「SAYURI」、アメリカの興行で苦戦
Excerpt: アメリカのビジネスで「SAYURI」こと「MEMOIRS OF A GEISHA
Weblog: 「USAのんびり亭」映画情報
Tracked: 2006-01-15 15:53

●眼差しだけで男性を魅了しちゃう☆●
Excerpt: 現在ロードショー中の映画「SAYURI」(原題「MemoirsofaGeisha」)ハリウッドがおくる純愛ファンタジー映画です。主演のチャン・ツイィーはそのインタビューの中で、「“美しさ”はその人に自..
Weblog: 珍しいモノ☆ヘンなモノ大図鑑
Tracked: 2006-01-17 06:36

SAYURI (ある芸者の回顧録)
Excerpt: さて、ハリウッドが描く古都・日本。すばらしいスタッフと、期待の出来るキャスティングに胸膨らませ、正月そうそう、早速、行ってきました日本が嫉妬するJAPAN   『SAYURI』 (SAYURIのHPは..
Weblog: カオリン&チョチョリンの親育て・子育て
Tracked: 2006-01-17 21:19

『SAYURI』
Excerpt:  残念ながらゴールデングローブ賞ではノミネート止まりとなりました『SAYURI』のチャン・ツィイーですが、それでも彼女の美しさは世界中を席巻したことは間違いのない事実です。  アジアン・ビューテ..
Weblog: DVD映画人ブログ
Tracked: 2006-01-21 12:04

●眼差しだけで男性を魅了しちゃう☆●
Excerpt: 現在ロードショー中の映画「SAYURI」(原題「MemoirsofaGeisha」)ハリウッドがおくる、純愛ファンタジー映画です。主演のチャン・ツイィーはそのインタビューの中で、「“美しさ”はその人に..
Weblog: 珍しいモノ☆ヘンなモノ大図鑑
Tracked: 2006-01-24 17:28

映画 vol.37 『SAYURI』
Excerpt:  『SAYURI』  監督:ロブ・マーシャル(「シカゴ」) 出演:渡辺謙(「ラスト・サムライ」)    桃井かおり 公式サイト ここ数年恒例となりつつある..
Weblog: Cold in Summer
Tracked: 2006-03-14 13:41

SAYURI(7月5日DVD発売)
Excerpt: ロブ・マーシャルが監督,スティーブン・スピルバーグが製作をつとめたハリウッド映画SAYURIのDVDが発売された
Weblog: オレメデア
Tracked: 2006-07-19 21:33

DVD「SAYURI」見たよ。
Excerpt: はい、こんばんは。 私、最近はね映画を字幕スーパーではなくって、吹き替え版で見るようになったんです。どうせわからん英語を聞いて、字幕読んでる間に、画面を見損なってるような気がするもんで。 ..
Weblog: 雪華と、うふふ
Tracked: 2006-08-07 21:22

『SAYURI』
Excerpt: SAYURI プレミアム・エディション 監督:ロブ・マーシャル CAST:チャン・ツィイー、渡辺謙、役所広司 他 京都祇園の置屋に売られた千代は、厳しい女将や先輩芸姑の嫌がらせにあう日..
Weblog: **Sweet Days**
Tracked: 2006-08-17 10:56

SAYURI
Excerpt: SAYURI MEMOIRS OF A GEISHA 監督 ロブ・マーシャル 出演 チャン・ツィイー 渡辺謙 ミシェル・ヨー      役所広司 桃井かおり 工藤夕貴 アメリカ 2..
Weblog: Blossom Blog
Tracked: 2006-10-30 22:53

SAYURI
Excerpt: この作品はまず、 スピルバーグが映画化し、キャストを日本で探しているという噂が流れたのです。 私の周りにも是非オーディションを受けたい!という声を沢山聞きました。 そして 「R.Hがオファーを..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2007-02-22 02:14

『SAYURI』'05・米
Excerpt: あらすじ9歳で花街の置屋へ売られた千代は、下女として働いていた。ある日、辛さに耐えられず泣いていた千代は「会長さん」と呼ばれる紳士から優しく慰められいつか芸者になって、会長さんに再会したいと願うように..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2008-02-21 23:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。