2008年04月26日

『パティスリー アトリエ ド リーブ ブティックモンブラン』

池袋のサンシャインシティ・専門店街アルパの1Fにあるモンブラン専門店『patisserie Atelier de Reve Boutique Mont-Blanc』( パティスリー アトリエ ド リーブ ブティックモンブラン)でモンブランを頂きました。こちらは白金にあるパティシエショップ「パティスリー アトリエ ド リーブ」が手がけるモンブラン専門店。サンシャインシティの『ブティックモンブラン』では、併設のカフェでドリンクメニューとモンブランを楽しめます。

adr1.jpg
フランス産 栗のモンブラン・450円(ドリンクとセットで50円引き)。
栗ペーストと生クリーム、渋皮栗のあま〜いモンブラン。
底のアーモンドタルトが固いので、フォークで美しく食べるのは至難の業。クッキークランチが飛び散りますσ(^_^;) ナイフかナプキンを出して欲しいですね。

モンブラン専門店だけあって、色んな種類のモンブランがずらっと並ぶショーケースは本当に綺麗☆ 全部食べてみたくなります。
今回は初めてだったので無難に栗のモンブランにしましたが、栗といっても「焼栗のモンブラン」「丹波栗のモンブラン」と三種類もあるし、他にも「紫芋のモンブラン」「かぼちゃのモンブラン」「白あんのもんぶらん」「黒ゴマのモンブラン」「フランボワーズのモンブラン」と、味を想像するのが楽しくなるようなメニュー揃い。
モンブラン好きには勿論、そうでない人にとっても、新しいタイプのケーキとして楽しめそうです。

しっとり濃厚な、大人スイーツ―おなかも心も満ち足りる、逸品ホームメイド35 しっとり濃厚な、大人スイーツ―おなかも心も満ち足りる、逸品ホームメイド35
本格的な手作りケーキの本。モンブラン、自分で作ってみたいなぁ♪ 写真が綺麗なので眺めているだけでも楽しめちゃう☆

東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティー アルパ 1F
TEL 03-3986-3161
11:00〜20:00


ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 10:43 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | パン・ドーナツ・スイーツ

2007年08月05日

池袋『メゾンカイザー』でパン三昧

myson.jpg池袋サンシャインシティに、『メゾンカイザー』が登場! こちらの店舗は日本で初めてとなる新業態として、トラディショナル&ナチュラルのカフェ・バールを併設。ブーランジェリーではパンをテイクアウト、バールではコース料理からデザートまで頂けます。
ヴィノスやまざき池袋店とコラボレーションし、ワインの持ち込みも可能なんだとか。おいしい料理とパン、ワインを気軽に楽しめる素敵なお店ですね(^^)♪

myson01.jpg
バゲット モンジュ(294円)メゾンカイザー独自の小麦粉を使用した伝統的な味。ほんのり塩気でザクッカリッ!としたハードな食感のフランスパン。中は色づいていて、本当に小麦の味わいのするおいしいバゲット。

myson02.jpg
パン オ アリコ(231円)オリーブオイルでしっとりしたパン。ハーブが強く主張します。枝豆がたっぷり入って、ワインにも合いそう(*^-^)

myson03.jpg
キュルキュマ(252円)珍しいウコンのパン。クルミが丸ごとゴロゴロ入っています。ターメリックの風味が利いて、少し辛味も。スパイシーで不思議なおいしさ。はまりそうな味です。

myson04.jpg
キャラメルパイ(252円)パイはサックサク! パイの中には洋梨のフィリングが入っています。周りのキャラメルもあま〜くてオイシイ♪

myson05.jpg
紅茶ザマンド(273円)クロワッサンをシロップに浸して焼いたような、独特の食感が楽しめるザマンド。持つとずっしりと重く、しっとりした歯応えがなんともいえません。紅茶のシロップ(クリーム?)漬けの部分は、スポンジケージかスコッチケーキみたいな口当たりと味わい。ところどころにサクッとしたクロワッサンの食感も残っていて、2度楽しめます。紅茶が香る、スイートな味わい。

伊勢丹にも入っていて、ずっと気になっていたベーカリー。他のパンもどれも全部おいしそうで、全メニュー制覇したいです。今回5つ選ぶのも大変だった(^▽^;)
次回は是非、パールカフェでパンと一緒にお料理やデザートも食べてみたいです☆

※★日清製粉 メゾンカイザートラディショナル 10kg
『メゾンカイザー』のパンがお家でも焼けるexclamation&question オーナー、エリックカイザー氏が「パン製造に最適な粉」をめざしてプロデュースしたこだわりの粉。

名店のパン職人が教えるおいしいパンの秘密 フランスバゲットのある風景 (私のとっておき)
名店のパン職人が教えるおいしいパンの秘密
東西10の名店・名職人がおいしいパンの秘密を大公開。
フランスバゲットのある風景 (私のとっておき)
バゲットってシンプルだけれど本当に素朴なおいしさがありますよね♪ 初めてのパン屋さんでは必ずバゲットを買っちゃいます(*^-^)☆


『メゾンカイザー』池袋店
東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティアルパ1F
TEL 03-3980-8880
月〜土 11:00〜23:00(L.O.22:00) 
日・祝 11:00〜22:00(L.O.21:00) 
月〜土 07:30〜21:00※ベーカリー
日・祝 10:00〜21:00※ベーカリー 不定休

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 22:01 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | パン・ドーナツ・スイーツ

2007年07月30日

『コールド・ストーン・クリーマリー』新感覚のアイスデザート

池袋へ行く機会があったので、もの凄く気になっていたアイスクリーム屋さんへ行きました。
それは、『コールド・ストーン・クリーマリー(COLD STONE CREAMERY)』
六本木ヒルズや渋谷、丸ビルにもありますが、いつのまにか池袋にも出来ていたとは!?
『コールド・ストーン・クリーマリー』とは、アメリカで1,000店舗以上展開しているアイスクリーム屋さん。冷やした石の上でアイスとトッピングをミックスして作る、全く新しいタイプのデザート・ショップ。HPを見ているだけでも期待と興奮はつのるばかり。久々に大期待のスウィーツです(^^)♪
場所はサンシャインシティ ALTAの地下1階。店頭には途切れる事のない行列が!
メニュー表を見ながら並ぶ事20分。ついに私の番が来ました(^○^)
coldstone01.jpg coldstone02.jpg
まず、ベースとなるアイスを選び、好きなミックスイン(トッピング)を選びます。すると、クルー(店員さん)が-9℃に冷やしたコールドストーン(石板)の上で、アイスクリームとミックスインをミックス(混ぜまぜ)してくれます。その時に、石板を金属のスクーバー(ヘラ)でカチカチとリズミカルに叩く小気味よい音が響いてとてもにぎやか(^^) 自分のアイスを作っている様子を目の前で見られるのは楽しいですね♪
そして、特定のアイスクリームを頼んだ時や、チップをあげた時に、スタッフ一同が突然歌い出し、歌いながらアイスを混ぜまぜ! これはちょっと恥ずかしいですね〜(^▽^;)

cs01.jpg
私の選んだのは、9/3までの期間限定のベリー ココナッツ ケーキ(小450円に+ワッフルボール50円)。ココナッツアイス(期間限定フレーバー)にラズベリー、スポンジケーキとココナッツをミックスしたもの。アイスクリームだと思うと500円はちょっとお高いけれど、これはただのアイスじゃなかった!

cs02.jpg
アイスと、四角くカットされたスポンジケーキ、フレッシュなラズベリー、結構大きめのココナッツフレークを、石板の上でカチカチまぜまぜ。するとこんなアイスクリームになりました(^^)

cs03.jpg
コレ、おいしい〜です(^○^)♪ ココナッツがシャリシャリ! ラズベリーの甘酸っぱさと、ココナッツアイスも良く合うし、そこにスポンジケーキが入っているというのがまた新鮮な食感。このスポンジケーキでアイスのイメージも味わいも変化するんですね。
そして、ワッフルボールがまた、カリッサクッでおいしい! +50円なのでいらないかな? と思ったのですが、+して正解♪ このワッフルと一緒にアイスを食べるのがまた至福のおいしさでした。後から知りましたが、このワッフルコーンも店内で焼いているんだそうです。だからあんなにカリッカリだったのか〜。

定番の人気商品は26種類もあって、どれもおいしそう。そして、アイスクリームとミックスインを選べば無限の組み合わせが楽しめちゃう。これははまりそうですね〜(*^-^)☆
久々に並んでも食べたいと思うものに出逢っちゃいました。今度は何を食べようかな〜(⌒∇⌒)♪


アイスクリーム大好き!―手作りだからヘルシー&おいしい National 電池式コードレスアイスクリーマー BH-941
アイスクリーム大好き!―手作りだからヘルシー&おいしい
National 電池式コードレスアイスクリーマー BH-941
この記事を書いている間からもう、アイスクリームが食べたくって仕方ありませんσ(^_^;)! お家で作ったら、少しはカロリー控えめに出来るかな!? 

Regal ブレッド&アイスクリームメーカー  RI7920
Regal ブレッド&アイスクリームメーカー RI7920
パン焼き器でアイスも作れるなんて知りませんでした! 容器を変えるだけで出来るみたいです。しかもジャム機能までついているとは。スグレモノですね〜(^^)♪ ホームベーカリーを買うならこれにしようっと(^▽^)/☆


『コールド・ストーン・クリーマリー(COLD STONE CREAMERY)』
池袋サンシャインシティALTA店
東京都豊島区東池袋3-1-3 サンシャインシティALTA B1F
TEL.03-5958-2224
営業時間 11:00-21:00 不定休

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 20:59 | 東京 ☔ | Comment(7) | TrackBack(0) | パン・ドーナツ・スイーツ

2007年05月27日

東京ミッドタウン『パティスリー・サダハル・アオキ・パリ』美し過ぎるケーキたち!

東京ミッドタウンで、前を通る度に目が留まり、足が止まってしまうケーキ屋さんがあります。
それは『パティスリー・サダハル・アオキ・パリ(patisserie Sadaharu AOKI paris)』

sadaharua01.jpg sadaharua02.jpg
sadaharua03.jpg sadaharua04.jpg

ガレリア入ってすぐのコーナーに位置するこのパティスリーは、色とりどりの鮮やかなスウィーツたちが宝石箱のような輝きを放っています。白とグリーンを基調としたスタイリッシュな店内は、いつも大混雑。ケーキのあまりの美しさに、ウィンドウの外から写真撮影する人達で賑わっています。
生ケーキだけでなく、焼き菓子やマカロン、ヴィエノワズリーなどの本格的なパンも沢山あって、それが全部おいしそう! 目移りしながらやっとの事で、ケーキを2つ買いました。

saek.jpg
エクレール カシス 500円。エクレアのカシス味ですが、これが、今まで食べたエクレアとは全くの別ものでした。

saeku.jpg
厚めのシュー生地はさっくり、しっとり。中のカスタードクリームは、バナナのような味わいで、カシスの果肉もたっぷりと入っています。外側にコーティングされたカシスは、甘酸っぱくてとても濃厚。目にも鮮やかなピンク色。このソースと生地とクリームと、一緒に食べると、本当においしいです♪ これは、幸せな味ですね〜。全種類のエクレールを食べてみたくなりました(^^)

sacdc.jpg
クリスタルドーム ショコラ 600円。もう、美し過ぎます! 綺麗なドーム型のショコラ。

sacdcu.jpg周りのコーティングは一見固まっていそうなのに、これが、フォークを入れてみると、やわらかいんです。完全に固まっていない感じ。このチョコレートがビターでとっても濃厚。そして、中のフィリングはずっしりと重く、フォークを刺すのに力がいるほどの、とてもしっかりとしたもので、さらにビターなチョコレート風味。刻んだビターチョコビスケット(?)やナッツなどがぎっしりと入っていて、このビスケット自体も本当に濃くておいしい。贅沢な味わいですね〜。甘くないビターなチョコのおいしさをたっぷりと堪能できる、大人のショコラケーキです。

『パティスリー・サダハル・アオキ・パリ(patisserie Sadaharu AOKI paris)』は、パリに三店舗のブティックを持つ日本人パティシエの青木定治さんのお店で、日本ではミッドタウンの他には東京丸の内、新宿伊勢丹店があります。
ミッドタウン店にはイートインスペースがあり、こちらも大人気で、席待ちの行列が出来ています。スウィーツだけでなく、パニーニやスープなどの軽食も頂けるそうです。

お値段はどれも立派で一瞬戸惑ってしまいますが、食べてみて納得! 価格に見合った満足感は充分に味わえました。こうやって書いていても、また食べたくなってきました。
ミッドタウンに行ったら、素通りは出来そうにもありません(*^-^)


お菓子好きのためのパリ1週間の過ごし方―暮らすように楽しむ 行きたい、食べたい パリのお菓子屋さん パリ・スイーツ―私が恋するパリのお菓子 パリのパティシエと夢のお菓子をめぐる旅―Paris sweets book
お菓子好きのためのパリ1週間の過ごし方―暮らすように楽しむ
行きたい、食べたい パリのお菓子屋さん
パリ・スイーツ―私が恋するパリのお菓子
パリのパティシエと夢のお菓子をめぐる旅―Paris sweets book
あまりのおいしさに、急にパリへの憧れがわいて来ました(*^-^)☆ おいしいスウィーツを食べ歩きたいです♪

東京カレンダー 2007年 05月号 [雑誌] 東京カレンダー 2007年 05月号 [雑誌]
東京ミッドタウン特集の雑誌です。

レストラン『パティスリー・サダハル・アオキ・パリ(patisserie Sadaharu AOKI paris)』
東京ミッドタウン ガレリア/B1F/13
11:00〜21:00 L.O. 20:30(サロン)
03-5413-7112

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 18:04 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | パン・ドーナツ・スイーツ

2007年04月17日

東京ミッドタウン『be ブーランジェピシエ』でアラン・デュカスのパン

be00.jpg東京ミッドタウンで黒ハヤシライスを食べた帰り、お土産に『be-ブーランジェピシエ』でパンを買いました。パン大好きなので、見た事がない新しいパン屋さんがあると必ず入ってしまいます。
店名の『be(ビー)』は、「boulangerie(ブーランジェリー/パン屋)」と「e´picerie(エピスリー/食材店)」を組み合わせた「boulange´picier(ブーランジェピシエ)」という造語の頭文字だそうです。
季節ごとに入れ替わるパン・タルティーヌ・サンドイッチ・スープ・サラダ・デザート・焼き菓子など約100種類のアイテムをテイクアウト出来、カフェでパンやデザートを頂く事も出来ます.
後から知ったのですが、このお店は、ミシュランから異なる国で3つ星をつけられた唯一のシェフ、アラン・デュカスのグループ店でした!
でもパン4つで976円だったので、思ったよりも案外リーズナブルかな?

be01.jpg
悩みに悩んで購入したのはこの4つ。

be02.jpg
“サクリスタン” ねじって焼いたパイに、キャラメリゼされた砂糖とバターがからめてあります。パイはサクサク! バター風味のキャラメルのパリパリっとした食感がたまらないです♪ 独特の甘さがとってもおいしい(^^)

be03.jpg
“ヴィエノワ(ショコラオレンジ)” 甘めのヴィエノワ生地にホワイトチョコとオレンジコンフィが入っています。一見固そうだけれど、案外やわらかく、ずっしりとした重さがあります。ヴィエノワ生地はしっとり、小麦粉の味がします。オレンジコンフィが入っていますが、チョコはいずこ……? と思ったら、表面の少し焦げたのがそうでした。ホワイトチョコよりも、オレンジコンフィの方が主張する、食べ応えのあるおいしいパンです。

be04.jpg
“プティビー(ピマンデスペレット)” は、バゲットbの生地にバスク特産のピマンデスペレットを練り込んだ物。「ピマンデスペレットって何ですか?」と聞くと「唐辛子のような辛いものです」とのことでした。外側は少し固め、中もぎっしり、凄くパンの小麦粉の味わいがします。滋養がありそう。小さな赤い唐辛子片が入っていて、ピリっとした辛さがあります。ワインに合いそうですね。小さくてもずっしりとした食べ応えです。

be05.jpg
“ルレプルトン(塩バター)” は、塩バターを仕上げに使ったヴィエノワズリー。
これ、おいしかった! サクサクのクロワッサン生地ですが、しっかりとした食感があります。塩バターが甘しょっぱくて、何も入っていないのに、とても香ばしくておかずパンを食べているような複雑な味わいがあります。これ、おススメです(^^)☆

4つとも全部おいしかったです。ピザっぽいパンなど、気になる商品が沢山あったので、是非また食べてみたいです。
でも、東京ミッドタウンには他にもパン屋さんが沢山入っているんですよね。
次回から、行く度に一店舗ずつ回って行きたいと思います(*^-^)


アラン・デュカス 進化するシェフの饗宴 100%パン―エリック・カイザー60のレシピ 拝啓 法王さま - 食道楽を七つの大罪から放免ください。
アラン・デュカス 進化するシェフの饗宴
100%パン―エリック・カイザー60のレシピ
拝啓 法王さま - 食道楽を七つの大罪から放免ください。
アラン・デュカスって名前を知っている程度だったのですが、とっても優しそうなおじさまですね(^^)♪ レストランにも是非行ってみたいです。


レストラン『be ブーランジェピシエ』
港区赤坂9−7−3 東京ミッドタウン ガレリア/B1F/3
TEL 03-5413-3202
営業時間 11:00〜21:00 L.O. 20:30(カフェ)

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 15:47 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(2) | パン・ドーナツ・スイーツ

2007年04月08日

『フルローネ』“長すぎるロールケーキ”は本当に長かった!

姉の二人目出産祝いに家族、親戚で集まりました。

fleuronness.jpg
生後18日目のSAYUちゃんと、すっかりお姉さんのSAKIちゃん、2歳半リボン

そこで注目を集めたのが、鎌倉の叔母さま親子が持って来てくれた『Fleuronne(フルローネ)』のロールケーキ。
箱自体、凄く長いのですが、開けてみて、更にびっくり! まず長さに驚いて、その後にケーキの美しさに見惚れました♪ とっても綺麗に苺と、桜色のクリーム、チョコレートでデコレーションしてあって、凄く可愛いんです☆
fleuronne00.jpg じゃ〜んexclamation
50cmはあるかと思われるこの長〜いロールケーキ、名前もそのまま『長すぎる桜ロール』というそうです(^^)
数量限定で、『桜ロール』は今の時期だけだそうです。まだ販売しているのかな?
電車では隣の人に絶対迷惑かかりそうなので座れないだろうし、車でも、チャイルドシートとかあったら置き場所に困りそうな位、長いですね〜σ(^_^;)

fleuronne.jpg
ロールケーキのスポンジはふわっふわ。苺も沢山のっていて、桜のクリームもそんなに甘すぎず、あっさりとしておいしかったです♪
すごくインパクトと存在感があるので、手土産に良いなぁと思いました。
こういうケーキは、わぁ〜、凄い! と思っても、自分ではなかなか買えないかもしれないので、大勢で集まるときやプレゼントにすると、喜ばれそうですよね。

kobatomame.jpg
お土産に豊島屋の『小鳩豆楽』も頂きました。可愛らしい小鳩の形をあしらった、空豆粉の風味が利いたらくがんです。
こちらもとっても可愛くて思わずカメラに収めてしまいました(*^-^)
叔母さま、Rちゃん、いつもありがとうございます☆ ご馳走様でした♪



おいしさくるくるロールケーキ―柳瀬久美子のとっておきレシピ くるくるロールケーキ ロールケーキの本 プレゼントしたいロールケーキ
おいしさくるくるロールケーキ―柳瀬久美子のとっておきレシピ
くるくるロールケーキ
ロールケーキの本
プレゼントしたいロールケーキ
ロールケーキって、なんとなくデコレーションケーキよりも簡単に作れそうな気がします。
スイーツ好きで有名で、第62代横綱・大乃国の全国スイーツ巡業というスイーツ本まで出している元横綱大乃国の芝田山親方が、手慣れた手つきでロールケーキを作っているのをTVで見て、私も作ってみたい! と思いましたバースデー 今度ミニロールケーキにチャレンジしてみようかな(*^-^)☆

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 18:35 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | パン・ドーナツ・スイーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。