2006年11月01日

『ダ・ヴィンチ・コード』

新文芸座にて『ダヴィンチ・コード』鑑賞。冒頭、何枚もの絵に暗号を書き記し、自らの体を傷つけ、裸でダ・ヴィンチの素描<ウィトルウィウス的人体図>の格好でダイイング・メッセージを残す、ルーブル美術館で殺された館長。って、どれだけ息の根が長いんだー! それはもう自殺では!? そこまでしておいて“殺人”事件と言えるのか、が最大の謎でした。

ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション ミニクリプテックス付き ダ・ヴィンチ・コード コンプリート・ボックス (完全初回限定生産)
ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション ミニクリプテックス付き
ダ・ヴィンチ・コード コンプリート・ボックス (完全初回限定生産) 約25分を新たに追加したエクステンデッド版。クリプテックス欲しい〜るんるん
映画はとにかくスクリーンで観る派の私でも、DVDで見返す事が前提かも? と思った作品です。それ程ひとつひとつのシーンに込められた意味や内容が深くて、サラッと流すには勿体ないような面白さが詰まっているような作品でした。
次から次へと出て来るヒント→謎解きという、RPGゲームを解いているような感覚のストーリーは、決してつまらなくはないのですが、展開が速いせいもあってか、思っていたよりも全体的に軽めな印象でした。

ただ、展開の速さはこの映画には合っていたと思います。知らない単語の意味まであまり深く考えずに、テンポ良く進んでいくストーリー展開についていければ、充分楽しめる娯楽作品だと思います。
でも、ここが痛いところですが、キリスト教が根底にあるので、キリスト教信者でない自分が観ても、この映画の面白さは半分も感じることが出来ないのではないだろうか、と残念に思いました。

ダ・ヴィンチ・コード (上) ダ・ヴィンチ・コード (下)
ダ・ヴィンチ・コード (上) ダ・ヴィンチ・コード (下)
やっぱり映画を観る前に、原作を読んでおいた方がより楽しめたかなと思います。
テンプル騎士団とかシオン修道会とかオプス・デイとか、『ナショナル・トレジャー』と同じように、深く触れられずにさらっと説明してくれるので、なんとかついていけましたが、実のところ、相変わらずちんぷんかんぷんです。

監督は『シンデレラマン』『ビューティフル・マインド』のロブ・ライナー

またトム・ハンクスがね……。あんまり得意じゃないんですよね。
これがニコちゃんだったら、とつい要らぬ妄想をしてしまいました。
トム・ハンクスとオドレイ・トトゥの恋愛がなかったのにホッとしながらもちょっと物足りなかったりもしました。

X-MEN』、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのハッスルおじちゃん、イアン・マッケランが良い味だしてますね〜。笑いどころもシリアスなシーンも、彼がピシッと画面を締めている気がしました。

オプス・デイの修道僧シラス“SILAS”の存在とインパクトはミステリアスで映画的で美しく、とても良かったです。演じるのはイギリスきっての犯罪者顔のポール・ベタニーですが、絞られた肉体と真っ白な肌に、充血した瞳のメイクが凄まじい迫力で、狂気に満ちた表情がとても美しく魅力的でした。冷酷ながらもちょっと抜けた犯罪者とか、落ち目でも恋するテニスプレイヤーの軽い役柄などの、今まで観た中でも一番に良かったです。あの顔立ちが、こういうサイコで繊細な役柄にぴったりくるんだ! と、そのはまり役ぶりにはすっきり感さえ漂うほどでした。

「反」ダ・ヴィンチ・コード―嘘にまみれたベストセラー 「反」ダ・ヴィンチ・コード―嘘にまみれたベストセラー
映画を観て、ちょっとそれはこじつけなんじゃないか? と思う部分もありましたが、やはりこういう本も出ているんですね。キリスト教にまつわる話は、どちらが嘘でどちらが真実とも言い切れないだけに、とても興味深いです。ダ・ヴィンチ・コードの謎解説本と共に読み解いてみたい本です。

カチンコロン・ハワード監督作品、ポール・ベタニー、アルフレッド・モリナ出演作品の感想記事
シンデレラマン』『ファイヤーウォール』『ウィンブルドン』『コーヒー&シガレッツ

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:37 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(6) | 外国映画

2006年10月30日

『カポーティ』

恵比寿ガーデンシネマにて『カポーティ』(CAPOTE)鑑賞。『冷血』を執筆中のカポーティが、それを生み出すのに、何を得て何をなくしたのか。淡々と描かれる抑えた映像が、カポーティの苦悩と恍惚を、静かに激しく訴えかけてきます。1960年代のアメリカ、その時代、文壇世界。自分もそこにいて、『冷血』を共に体験しているような臨場感、迫力を感じました。

カポーティ コレクターズ・エディション カポーティ &冷血 マスターピース・コレクション (初回生産限定)
カポーティ コレクターズ・エディションDVDは3/16発売。
カポーティ &冷血 マスターピース・コレクション (初回生産限定)は、1967年にリチャード・ブルックス監督・脚本で映画化されていた 『冷血』との2枚組DVD。

ティファニーで朝食を』を発表した翌年、新聞でカンザスの農夫一家4人が惨殺された事件を知り、これを文章にしたいと熱望する。調査と執筆に6年の歳月を費やし、殺人犯ペリー・スミスと深く個人的に関わり、ついにノンフィクション・ノヴェルという新しいジャンルを作り上げ、最高傑作を生み出したトルーマン・カポーティ。

トルーマン・カポーティ〈上〉 トルーマン・カポーティ〈下〉
トルーマン・カポーティ〈上〉
トルーマン・カポーティ〈下〉
軽妙洒脱、ハイセンスなジョークで常に周りの取り巻き達を笑わせるユーモアや、偏見・差別意識の強かった時代に同性愛者である事を公言していたことなど、とてもユニークで個性的な人柄、性格にどんどん引き込まれていきました。その才能ゆえに決して普通には生きられなかった人生はとても映画的。

カポーティ 冷血
カポーティ
ジェラルド・クラークによる映画『カポーティ』の原作。『冷血』と共にこちらも読んでおけば良かったなと思いました。
冷血 全ての始まりはこの作品から。

フィリップ・シーモア・ホフマンを見ているといつも思うのですが、凄く個性的な容姿なのに、スクリーンの中ではその時、その役柄にしか見えなくなるのがとても不思議です。今回のカポーティの独特の喋り方、立ち居振る舞いを自分のものとしたなりきり演技は、これまで以上の怪演。ワンシーンワンシーンの細かい息づかいが伝わってくるほどの繊細さで、最後まで目が離せません。

ペリー・スミスを演じたクリフトン・ゴンザレスJr.が、スクリーンに登場した瞬間、私もカポーティと一緒に息を呑みました。その容姿と雰囲気は『冷血』で読んだペリー・スミスそのもの。小説のイメージそのままの男がそこに現れて、息を吹き込まれていくことに興奮しました。

なぜカポーティが、もう1人のディック・ヒコック(マーク・ペルグリノ)ではなく、ペリー・スミスに強く心を惹かれたのか? なぜ『冷血』後、作品をひとつも完成させなかったのか? 映画の中にはない答えを、深く読み解くことが、この映画の面白さであり、魅力だと思いました。


冷血 『冷血』『カポーティ』と見比べてみたいです。

ティファニーで朝食を ティファニーで朝食を
カポーティといえばやはりこの作品。でもカポーティは、実はマリリン・モンローに演じて欲しかったのだとか。マリリンちゃんのティファニーで朝食を、観てみたかったです 目

名探偵登場 名探偵登場
なんと、トルーマン・カポーティ自身が大富豪役で出演exclamation 凄く見てみたいです。


カチンコフィリップ・シーモア・ホフマン、クリス・クーパー出演作品の感想記事
M:i:III』『シリアナ』『ジャーヘッド』『ボーン・スプレマシー

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:51 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(11) | 外国映画

2006年10月26日

『父親たちの星条旗』

『父親たちの星条旗』(FLAGS OF OUR FATHERS)鑑賞。戦争とはなんなのか、一体何の為に命を懸けて戦うのか。その空しさと命の尊さを強く問いかけられます。それぞれの国の立場、それぞれの視点からの硫黄島を描く2部作、日本側の『硫黄島からの手紙』を見て完結するはずですが、この一本だけでもとても見応えがあり、立派に完結した、多くを考えさせられる映画でした。

父親たちの星条旗 期間限定版 父親たちの星条旗 (特別版)
父親たちの星条旗 期間限定版
父親たちの星条旗 (特別版)

父親たちの星条旗 硫黄島の星条旗 Flags of Our Fathers: Heroes of Iwo Jima
父親たちの星条旗
硫黄島の星条旗
Flags of Our Fathers: Heroes of Iwo Jima
原作は実際に硫黄島の星条旗の写真に写っている兵士の息子であるジェームズ・ブラッドリー。

スティーブン・スピルバーグ制作。脚本は『ミリオンダラー・ベイビー』『クラッシュ』のポール・ハギスと『ジャーヘッド』のウィリアム・ブロイレズ・JR。
クリント・イーストウッド監督作品は今まであまり合わなかったのですが、今回は凄く良かったです。なので、次回『硫黄島からの手紙』への期待感と不安感が増しました。

 
とても印象的だったのは日本軍、日本兵の描き方。描き方といっても、一瞬しか映らなかったりシルエットであったりして、ほとんどスクリーンにまともに姿を現さない日本兵が、とても不気味な存在として捉えられていて興味深かったです。

そしてアメリカ兵士として祖国の為に命を懸けて戦いながら、帰国後も人種差別され続けたネイティブ・アメリカンのアイラ・ヘイズ(アダム・ビーチ)。彼の想いに強く共感させられて、彼のシーンではずっと涙を堪えていました。

星条旗を立てた時の写真の裏側、本当の顛末のあっけなさがかえってとてもリアルで、情報操作の恐ろしさやそれによって人生を狂わされた人々の想いがひしひしと伝わってきます。

『父親たちの星条旗』では徹底し“影”だった日本軍、日本兵士が、『硫黄島からの手紙』では一体どのように描かれているのか、とても不安でもありますが、とても期待しています。

*12/4加筆 『硫黄島からの手紙』ジャパンプレミアで観て来ました。レッドカーペットでクリントと大接近exclamation×2 その様子と映画の感想はこちら。

Flags of our Fathers [Soundtrack] Flags of our Fathers [Soundtrack]
今回も音楽はクリント・イーストウッド。『ミリオンダラー・ベイビー』の時は音楽までも気になってしまったのですが、今回は素直に耳に入ってきました。そしてやはり耳について離れないのはさすがです。

主演のライアン・フィリップジェシー・ブラッドフォードも良かったです。アダム・ビーチは『ウインドトーカーズ』のナホバ族の通信兵を演じた彼。人なつこい笑顔が印象的でしたが、今回はとても貫禄がありました。
マイク・ストランク役のバリー・ペッパーも良かったです。『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』とはまた違った役柄。いつもとても印象に残る俳優さん。
プライベート・ライアン』にも狙撃兵で出演していました。


カチンコクリント・イーストウッド監督、ポール・ハギス脚本作品の感想記事
ミリオンダラー・ベイビー』『クラッシュ

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 20:17 | 東京 ☀ | Comment(12) | TrackBack(74) | 外国映画

2006年10月21日

『トリスタンとイゾルデ』

試写にて『トリスタンとイゾルデ』TRISTAN & ISOLDE鑑賞。『ロミオとジュリエット』の原典になった悲恋物語ということで期待しましたが、ストーリーはロミジュリの方がよりドラマチックかも。こちらは逆にリアルで、本当にあったのかも? と思わせます。とにかくジェームズ・フランコがイイ! 彼の憂い顔、涙は一見の価値ありです!

トリスタンとイゾルデ トリスタンとイゾルデ DVDで何度も見返したいほど、良い男!目

t-i.jpg

ジェームズ・フランコは今、ニコラス・ケイジの次に好きな俳優さんですが、この映画でニコラスより好きになってしまったかもハートたち(複数ハート)
儚げな憂いを含んだ表情、佇まいがたまらなく良いです黒ハート
本当は『SONNY/ソニー』で何度もみせてくれた泣き笑い顔が一番好きなのですが、今回はほとんど笑顔は見られません。常に眉間に皺の入った苦悩する表情で、伸ばしきったぼさぼさ髪もまたいい。もう彼なら何でもイイのかも!?

SONNY/ソニー SONNY/ソニー ニコラス・ケイジ初監督作品。ジェームズ・フランコの魅力爆発の男娼役です。

ソフィア・マイルズは丸っこくて可愛いですね。トリスタンの命の恩人で育ての親である領主マークに嫁ぎ、マークを愛する妻を演じながら、トリスタンと逢瀬を重ね、見つかりそうになった時に冷たく突き放すところとか、女の嫌らしさがプンプンしていて良かったです。
それにしても、このマーク領主(ルーファス・シーウェル)は良い役ですね〜!

はじめはマークとの政略結婚を黙認したトリスタンが、いざ2人の仲むつまじい姿を見ると急に嫉妬の炎が燃えたぎってくるという辺りも良かったですね。
常に愛し合っているのだけれど、運命に翻弄され互いの気持ちが微妙にすれ違う辺りの描き方が非常にリアルでした。

トリスタンとイゾルデ トリスタン・イズー物語
トリスタンとイゾルデ
トリスタン・イズー物語
1500年前にケルトの伝説として誕生以来“情熱恋愛の神話”として、西欧人の恋愛観の形成に大きく影響を与えた物語。

監督は、『ロビン・フッド』『ウォーターワールド』『ファンダンゴ』などのケヴィン・レイノルズ
制作総指揮のリドリー・スコットが20年間温めていた作品なのだとか。本当にこういう世界観、こういうストーリーが好きなんだなぁと思いました。
ロミオとジュリエット』は勿論ですが、『グラディエーター』、『キングダム・オブ・ヘブン』なども頭をよぎりました。

ワーグナー : 楽劇「トリスタンとイゾルデ」全曲 ワーグナー : 楽劇「トリスタンとイゾルデ」全曲
この古典を基にワーグナーがオペラも誕生させました。『トリスタンとイゾルデ』のオペラ、凄く聴いてみたいです音楽

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 16:14 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(27) | 外国映画

2006年10月17日

『スネーク・フライト』

試写にて『スネーク・フライト』SNAKES ON A PLANE鑑賞。笑えるおバカ映画のスタンスで観て正解。おバカ映画の割には結構丁寧に細部まで作ってあり、蛇が出て来るまでがちょっと長く感じましたが、その分蛇が出てきてからは画面から目が離せません。

snakef.jpg あ、赤ちゃんががく〜(落胆した顔)exclamation&question

どんなに安っぽくても、サミュエル・L・ジャクソンが出ているだけで画面も映画も引き締まります。さすがのオーラですね。これが、サミュエル・L・ジャクソンでなかったら、と余計な心配をしてしまいました。

スネーク・フライト スネーク・フライト

監督は『デッドコースター/ファイナル・デスティネーション2』『セルラー』のデヴィッド・リチャード・エリス。
マトリックス リローデッド』のカーチェイスシーンで有名ですが、生き物の扱いや描き方はどうなんでしょう。ヘビが必ず人間の急所を狙って噛みついてくるとか、嘘っぽいところも多々ありましたが、観客の期待を裏切らない作りは見事です。
ヘビ嫌いの方はもちろん観ないと思いますが、ヘビ好きにはたまらないexclamation&question
ただ、チラシにあった“ジャンボを乗っ取ったヘビ達”の解説にあったような各々のヘビの個性や容姿が今ひとつ映像に上手く現れていなかったのが残念でした。動きが早かったり、暗かったりして折角の主役ヘビちゃんたちのお顔がはっきりとわからなくて、私もサミュエル同様、コブラとガラガラヘビくらいしか判別出来ませんでした。

立体モデル大図鑑 コブラのからだ 立体モデル大図鑑 コブラのからだ
お兄ちゃんの絵、上手かったなぁアート

バカ姉弟 (4)     ヤンマガKCデラックス バカ姉弟 (4) ヤンマガKCデラックス
バカ姉弟のおねいが世界で一番好きなのは、ブラックマンバexclamation
おねいのお陰でブラックマンバだけは知っていましたわーい(嬉しい顔)

スネーク・フライト スネーク・フライト 映画のノベライズ本 本

カチンコ デヴィッド・リチャード・エリス監督、サミュエル・L・ジャクソンの関連作品の感想記事
セルラー』『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:51 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(35) | 外国映画

2006年10月13日

『ブラック・ダリア』

試写にて『ブラック・ダリア』(THE BLACK DAHLIA)鑑賞。“世界一有名な死体”の話でも、知らない人にはどこまでが事実に基づいていて、どこからがフィクションなのかよくわからず、そのバランスの妙や面白さも半減してしまうかも。ブライアン・デ・パルマ監督4年ぶりの作品、ジョシュ・ハートネットスカーレット・ヨハンソンヒラリー・スワンクという魅力的な主演陣も、1940年代のLAが舞台で昔のメロドラマのような演出のせいなのか、なんだか甘ったるくしつこい演技。そういう雰囲気をあえて作っているのはわかるけれど、ストーリーに入り込めなかったせいもあってか細かいことが気になってしまいました。

ブラック・ダリア ブラック・ダリア
“ブラックダリア”と呼ばれた女優の卵、エリザベス・ショートが惨殺死体で発見されるが、未解決のままという実際の事件をもとにした原作は『L.A.コンフィデンシャル』のジェイムズ・エルロイによるLAノワール4部作の第1作。

ストーリーを説明してくれる割にはわかりづらく、ちょっと意味がわからないところもありましたが、ラスト前の急展開と、ラストを考えると、そんなことはどうでもよくなりました。

ブラック・ダリアの真実〈上〉 ブラック・ダリアの真実〈下〉 切断―ブラック・ダリア殺人事件の真実
ブラック・ダリアの真実〈上〉
ブラック・ダリアの真実〈下〉 切断―ブラック・ダリア殺人事件の真実

映画を観る前に、原作か事件について書かれた本などを読んで、この実在の事件について少しでも知っておいた方がより映画を楽しめるかと思います。

スカーレット・ヨハンソンは、自分勝手で利己的で奔放で男をたぶらかす役はいつ通りはまっています。タバコを吸う指の先まで細かく演出されたようなお芝居はちょっと窮屈な感じ。『マッチポイント』のブチ切れシーンのような激しい彼女が好きです。でも相変わらずシックなセクシーさにはたまらないものがありますキスマーク
ヒラリー・スワンクは、珍しくまともな美女役と思ったら、やはり一癖も二癖もある役柄。彼女はもっと窮屈に見えました。

ジョシュ・ハートネットは、なんだかいつも同じ顔に見えますね。
アーロン・エッカートは、とても個性的な顔立ちなのに、あまり印象に残らなかったので、『サンキュー・スモーキング』の主演男優だと全然気づきませんでした。『サンキュー・スモーキング』のように、明るい笑顔の方がずっと魅力的ですね。

レズビアンシーンや変死体など、やけに生々しくどぎついリアルなシーンの反面、現実感に欠けるドラマ展開。このキャストで時代物をやるという事に感じていた期待や魅力は、見終わると「勿体ないなぁ」に変わっていました。


ブライアン・デ・パルマといえば、『アンタッチャブル』。
アンタッチャブル(通常版)
私が映画にはまった、大好きな作品。デ・パルマと聞けば観たくなります 目
今回もお得意の階段のアクション落下シーンに更に磨きがかかって、そのシーンだけ輝いていましたぴかぴか(新しい)

ブラック・ダリア コレクターズ・エディション 2枚組
ブラック・ダリア コレクターズ・エディション 2枚組

ブラック・ダリア キラー 惨殺 !! ブラック・ダリア 世界でいちばん有名な死体の真実

ブラック・ダリア キラー
ウーリー・ロメル監督によるオリジナルビデオがDVD化。
惨殺 !! ブラック・ダリア 世界でいちばん有名な死体の真実
事件を実際に担当した捜査官、新聞記者などの証言インタビューを交え、事件の真相に迫るドキュメンタリーDVD。



カチンコジョシュ・ハートネット、スカーレット・ヨハンソン、ヒラリー・スワンク、アーロン・エッカート出演作品の感想記事へのリンクです。
シン・シティ』『マッチポイント』『アイランド』『ミリオンダラー・ベイビー』『サンキュー・スモーキング

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:57 | 東京 🌁 | Comment(6) | TrackBack(50) | 外国映画
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。