2011年06月09日

『127時間』

ダニー・ボイル監督独特の、ギラギラとした生命力に満ち、躍動感溢れる映像が、この映画のテーマにぴったり。人間の命と、大自然の営みとの戦いを鮮やかに映し出す。
アーロンが何を選択し、どう決断したか。生き抜く為に、彼が『127時間』の間にした事、感じた事、考えた事のひとつひとつが、キリキリと心に迫ってくる。

127時間 - 映画ポスター - 11 x 17 Soundtrack Soundtrack

谷底に挟まれ、身動きが取れないというシチュエーションを、これだけリズミカルに、スピード感を持って、開放的なイメージで描けるのはこの監督ならではでは。

岩肌の滑らかな美しさ、小さな虫たちの息づかい、渡り鳥の羽ばたき。大自然の荘厳さ、脅威の中に放り込まれた人間のか細さと、立ち向かう力強さ。

観ている間、観終わってからも、強く感じたのは、とにかく、アーロン・ラルストンという人の生命力のたくましさ。
絶望的な状況の中にあっても、自分を見失わず、客観的に見られる精神力の強さ。
そして、生き抜く為の決断力。

どんなに生への強い執着があったとしても、彼が実際にした事を、真似出来る人間はそういないのでは。
ただただ、彼の行動力に感心するばかりで、もし自分が同じ状況に陥ったとしても、何もせずに死を待つんだろうな、と自分のふがいなさを見せつけられた気がした。

この映画が特別なのは、主演のジェームズ・フランコの魅力に尽きるのではないでしょうか。
人懐っこくて、儚げな笑顔。洞察力のある真っ直ぐな眼差し。彼の全ての仕草、表情、動きに説得力があり、リアリティがある。

絶望と苦悶の表情がまたたまらない。彼の泣き顔のような笑顔が好きなのです。

アメリカで失神者続出とかいう噂を聞いて、相当ショッキングなシーンを想像していたのですが、思った程ではなくて、ホッとしたような物足りないような。
でも、その後、ラストまでの淡々としたカンジがまたリアルで、後からジワジワと痛みや恐ろしさが襲ってきました。

観ている間、すごく喉が渇いたのだけど、アーロンに悪くてお茶を飲めませんでした。

『スラムドッグ$ミリオネア』で2009年アカデミー賞最優秀作品賞・最優秀監督賞を含む最多8部門受賞したダニー・ボイル監督。
今作では作品賞、主演男優賞、脚色賞、編集賞、作曲賞、主題歌賞の6部門ノミネート。

脚本は『スラムドッグ$ミリオネア』に続きサイモン・ビューフォイ。

アーロン・ラルストン 奇跡の6日間
アーロン・ラルストン 奇跡の6日間
アーロン本人が書いた奇跡の6日間のドキュメンタリー。映画を観て、更にこの出来事の細部を知りたくなりました。


カチンコダニー・ボイル監督作品のエントリ
『スラムドッグ$ミリオネア』
『サンシャイン2057』

カチンコジェームズ・フランコ出演作品のエントリ
『トリスタンとイゾルデ』

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 22:35 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(25) | 外国映画

2010年12月19日

『キック・アス』

kickass.jpg自ら提案したというバットマン風スーツを着て、アメコミヒーローを嬉々として演じるニコラス・ケイジ。普段の姿はすっかり“ビッグ・ダディ”なお父さんなんだけど、これだけギャグも、役柄も、ぴったりはまったニコラス・ケイジを観るのは久しぶり。
そして、ニコちゃんを観に行ったら、クロエ・グレース・モレッツのイイもん観られちゃったという、色んな意味で意外性の映画、『キック・アス』『KICK-ASS』

Kick-Ass: Creating the Comic, Making the Movie キック・アス (ShoPro Books) Kick-Ass - 6 Inch Action Figure (Set of 2)  
Kick-Ass: Creating the Comic, Making the Movie

kickass01.jpgアメリカン・コミックスと同時進行で映画化されたというこの映画。
コスプレヒーローおたくが活躍するおマヌケ映画を想像していたのですが、かなりのハードなバイオレンスアクションものでした。
そのスプラッター的なシーンと、撮影当時11歳だったという、“ヒット・ガール”クロエ・グレース・モレッツが絡んでくるシーンには何度か引きました。
当初、大手スタジオから「PG13で、ヒットガール抜き」という条件を出されたというのも頷けます。

コメディタッチで進んで行く中、繰り返される殺戮場面との温度差について行けず。
思ってたよりは面白く観ましたが、そういう面で万人にはおススメできない作品。

ただ、しかし、クロエ・グレース・モレッツの超絶アクションとか、Cワードとかとかをスクリーンで観る興奮は、他の全てを補って余りあるかと。

kickass02.jpgとにかく、ニコラス・ケイジが、…といいたいとろこなのですが、ニコラス・ケイジも、主演の“キック・アス”アーロン・ジョンソンも、その他出演者全員、この11歳の少女クロエ・グレース・モレッツに喰われてしまったというカンジ。
マスクの下の素朴な笑顔と、戦闘シーンのM字口もキュート!
『タクシー・ドライバー』のジョディ・フォスターとか、『レオン』のナタリー・ポートマン級の天才少女といわれていますが、これからどんな役柄の彼女を、一体いくつ観る事ができるのか!? とゾクゾクさせられました。

監督は『スターダスト』『レイヤー・ケーキ』のマシュー・ヴォーン。
ブラピは出ていませんW

Wacky Wobbler - Kick-Ass: Hit Girl Wacky Wobbler - Kick-Ass: Red Mist Wacky Wobbler - Kick-Ass: Kick-Ass
ビッグ・ダディのはないのね…(^_^;


ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:26 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(8) | 外国映画

2010年07月23日

『魔法使いの弟子』

『ファンタジア』のあのパートを実写映画化、しかも主演がニコラス・ケイジ。
一体どんなトンデモ映画になっているのかと思いきや、そこはさすがのディズニー映画。意外に楽しめちゃった『魔法使いの弟子』『THE SORCERER'S APPRENTICE』

ファンタジア [DVD] ファンタジア 【日本語吹き替え版】 [DVD] ANC-003 ファンタジア 【日本語吹き替え版】 [DVD] ANC-003

ディズニー・アニメ『ファンタジア』の“魔法使いの弟子”パートをモチーフにした作品。
現代のニューヨークを舞台に、善と悪の魔法使いによる最終決戦と、そこに巻き込まれた一人の青年の成長を描く。

ナショナル・トレジャー』に続き、ジェリー・ブラッカイマー製作、ニコラス・ケイジ主演、ジョン・タートルトーブ監督の三人が再集結。

魔法使いのニコラスはロンゲをなびかせちゃうよ
tsa.jpg 「NYを舞台にした魔法大戦争」というコピーと予告編から、子供向けの魔法映画だと思いあまり期待していませんでした。
そのお陰か、思ったよりも面白くて楽しめちゃいました。
ニコラス・ケイジが出ていると、彼が気になって普通の映画と同じようには鑑賞出来ないんですけどねw

ストーリーはクライマックス辺りから謎が多くなり、続編を匂わせるカンジで終りましたが、どうなんでしょうか。

後から疑問点が色々と浮かんできますが、ディズニー作品らしく、うまくまとまっているなぁと思いました。
大人も子供も一緒に楽しめるのではないでしょうか。

これで7度目の来日になるニコラス・ケイジ。(2004年12月『ナショナル・トレジャー』で来日した時には成田にお出迎えに行っちゃいました(^^))
今回レッドカーペットは落選しましたが、会場の周りから見る事ができました。
舞台挨拶では、8列目の真ん中で見られたんだけど、一人だったのではずかしくてあまり手を振れなかったorz

舞台挨拶でニコラス・ケイジは、魔法使いのマスターとして、弟子を鍛えていく過程が描かれるこの作品は「世界中の指導者の方へのラブレター」だと話していました。

ニコラス自身が企画を持ち込んで製作されただけあって、思い入れも強いようで、インタビュアーの質問にも沢山応じて、熱く語っていました。


魔法戦争に巻き込まれる青年役のジェイ・バルシェルは、『ヒックとドラゴン』のヒック役で声の出演しています。
『トロピック・サンダー』、『ミリオンダラー・ベイビー』にも出演していますが、印象がなくて覚えてません。
気弱なモテないダメ男というデイヴの役柄にぴったり合い過ぎw

ニコラス・ケイジ演じるバルサザールに対する魔法使い、マクシム・ホルヴァート役のアルフレッド・モリナは、味のある存在感で、魔法使いを現実味のあるキャタクターにして見せてくれます。

モニカ・ベルッチはヴェロニカとモルガナ・ル・フェイという善と悪の心を演じ分けています。
出番が少なめだった気がします。もっと観たかったです。

ベッキー役のキュートなテリーサ・パーマーは、呪怨 パンデミックに出演。


ウォルト・ディズニー・ファンタジア ― オリジナル・サウンドトラック デジタル新録音盤 ウォルト・ディズニー・ファンタジア ― オリジナル・サウンドトラック デジタル新録音盤
アニメーションと音楽が美しく結びつき、新しい映像世界を創り出したファンタジア。
ミッキーが出てくるのはほんの少しだけなのに、ミッキーのあの服装も帽子も、有名過ぎるほど有名ですね。

ハロウィン・クリスマス・イベントに!子供用コスチューム!ハロウインに!ファンタジアミッキー!
ファンタジアのあの帽子が欲しい、と思い探したら、ファンタジアのミッキーのコスプレ発見!
一度被ってみたいなぁ☆

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 16:07 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(16) | 外国映画

2010年07月09日

『トイ・ストーリー3』

アンディよりも、おもちゃたちに深く感情移入。
イマジネーションと、友情や愛といった、目に見えないものが、とてもかけがえなく、何よりも大切なんだと思わせてくれる。
アニメーションの枠を超えて、でもアニメーションにしか出来ない、最高のストーリー。
感動、悲しみ、切なさでいっぱいになる。『トイストーリー・3』『TOY STORY 3』

108ピース トイ・ストーリーの仲間たち D-108-710

物語は、アンディが子供の頃に、ウッディやバズとよく遊んでいた頃の回想シーンから始まります。
このシークエンスがとても切なく、美しく、郷愁をそそり、すでにここでもう涙です。

登場おもちゃたちの人物(?)設定がしっかりしている上、シリーズで充分に個性や性格が伝わっているので、もう、おもちゃたちに感情移入しまくりです。

ディズニー トイ・ストーリー トーキングアクションフィギュア NEW ウッディ ディズニー トイ・ストーリー トーキングアクションフィギュア NEW バズ ライトイヤー トイ・ストーリー3 ジェシーとブルズアイ パートナーパック トイストーリー ミスター・ポテトヘッド トイ・ストーリー3 ミスター・ポテトヘッド ディズニー トイ・ストーリー テケテケ行進 エイリアン ディズニー トイ・ストーリー トイストーリーコレクション レックス

しかも、今回は前2作とは比べ物にならない位、アクションがスゴイ。
『トイ・ストーリー3』がアクション映画だったとは。
ストーリーの先が読めず、どんな結末もあり得るという最高のスタンスで鑑賞し、ハラハラドキドキさせられ、胸がきゅーっと締め付けられました。

本当に、スクリーンのおもちゃたちと一緒に笑い、泣き、悲しみ、冒険する。
ラストは涙が止まりませんでした。

監督は、『モンスターズ・インク』、『ファインディング・ニモ』で共同監督を務めたリー・アンクリッチで、これが長編映画単独初監督。

ピクサー作品ファンとしては、シリーズ物よりも新しいオリジナルストーリーが観たい! 気持ちが強いのですが、『トイ・ストーリー』は2も面白かったし、やっぱり期待しちゃうし、とても楽しみにしていました。

ストーリーをじっくり味わいたかったので、まずは2Dで観ました。
次回は3Dで、またその次は吹き替え版で観てみたいです。

3Dだともっと臨場感があって、感動も広がるのかな?
でも、何度観ても大泣きしてしまうと思うので、涙がダラダラ出たら、3D眼鏡が邪魔かな!?

お楽しみの短編、『デイ&ナイト』は、これまでのショートフィルムとはちょっと趣の違う作品。
監督のテディ・ニュートンは、『トイ・ストーリー3』のチャターフォンの声優でも出演しています。

トイ・ストーリー3 バディフィギュア・2パック グレイト・シェイプ・バービー / ケン トイストーリー ムービーサイズシリーズ ロッツォ・ハグベア
新キャラが続々♪ トトロが出ているのも嬉しい☆
意外な新キャラのロッツォと、ビッグ・ベビーのその後が気になって仕方ありません。

ディズニー トイ・ストーリー スペース クレーン ディズニー トイ・ストーリー テケテケ行進 エイリアン
ピザ・プラネットのエイリアンを救出するクレーンゲームが出た!
エイリアン音声入りで、バズとウッディのフィギュアもつき☆

ディズニー 3Dブック トイ・ストーリー3
立体に見える3Dメガネつき! キャラクターたちと、まちがいさがし、暗号解読などのゲームができる♪ 3Dシール23枚つき☆


◎過去ピクサー作品のエントリ◎
『カールじいさんの空とぶ家』
『WALL・E/ウォーリー』
『レミーのおいしいレストラン』
『カーズ』

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 20:06 | 東京 ☁ | Comment(6) | TrackBack(37) | 外国映画

2010年02月02日

映画『アバター』 IMAX特別上映会

公開中の映画、『アバター』
『タイタニック』が約1年半かけて達成した記録を、公開後たった39日間という驚異的なスピードで塗り替えたそうです。
ジェームズ・キャメロン監督は、この二つの作品で、全世界歴代興行収入1位と2位を独占するという前人未到の快挙を成し遂げました。

最新3D映画の醍醐味を味わえるというこの『アバター』。
登場人物の半魚人顔がいまいち好きになれなくてw でも、映画はずっと気になっていました。作品について知れば知る程、興味津々。

3Dで観るのは勿論ですが、IMAXでみるのがまたスゴイらしい。
「まるでディズニーランドに行ったみたい」な体験が出来るんだとか!?
映画というよりはアトラクション的なカンジなのでしょうか?
ますます気になりますね〜。

IMAXシアターは、前に新宿Takashimayaにあった(2001年に閉館)時に、観た事がありますが、床から天井まで、左右の壁いっぱいに広がる大スクリーンは、本当に迫力ありました!
IMAXで3Dを観た事はないけれど、あの巨大スクリーンから、映画が飛び出てくるとしたら……!?
『アバター』を、ただの3D上映でなく、IMAX3Dで観たくなってきました☆

現在日本でIMAXのスクリーンがある映画館は、川崎、菖蒲、箕面、名古屋の4ヶ所のみだそうです。
その一ヶ所、川崎の109シネマズで、『アバター』のIMAX3Dの特別上映会が開催されるんだそうです。
詳しくはこちらへ。
http://present.seesaa.net/article/139701492.html

3Dのスゴさを楽しみにしていた『アバター』。
出来る事なら、是非、IMAX3Dで、観たいです(^▽^)/♪


ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 16:14 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(1) | 外国映画

2009年12月02日

『カールじいさんの空飛ぶ家』

冒頭の、カールとエリーの人生を振り返るシークエンス。
あまりの切なさに、涙が止まらない。『カールじいさんの空飛ぶ家』『UP』

カールじいさんの空飛ぶ家 (竹書房文庫) カールじいさんの空飛ぶ家 (竹書房文庫)

監督は『モンスターズ・インク』のピーター・ドクター。
そして、『モンスターズ・インク』のロズ役声優で出演、『ファインディング・ニモ』の脚本と、エイ先生の声でも出演している、ボブ・ピーターソンが共同監督。今作でもダグとアルファの声で出演。

10作目にして、はじめて人間が主人公となったピクサー作品。
それも、子供やヒーローでなく、妻に先立たれたおじいさんが主人公。

とにかく、カールじいさんのこれまでをまとめたシークエンスの素晴らしさに、これは短編でも良かったんじゃないか!? と思ったほど。
はじめに深く強く感動させられてしまったので、その後の展開の中には、気持ちがついていけなかったシーンもあったほどでした。
つまらないとか、出来が悪いのではなくて、最初が良過ぎたんだなぁと思いました。

人間が主人公で、現実世界の世知辛さをリアルに描いている一方で、飛躍し過ぎかなと思う設定も。

この映画に何を観たいのか。
観る側の気持ちによって、色んな見方が出来る作品だと思います。

叶えなかった夢は、叶えようとしなかった夢。

いくつになっても、夢は見られるし、実現出来る! と思わせてくれる。

ラストも、ほんわか、ジーンとさせられるけれど、ラストよりも、始まりの方が感動的という、はじめての映画でした。


カールじいさんの空飛ぶ家 カールじいさん ビニールフィギュア  カールじいさんの空飛ぶ家 ラッセル ビニールフィギュア
字幕をなんとか読める、読めそうな小学校低学年くらいまでの子なら楽しめそうです。
吹き替えなら問題なく。そして、子供を連れて行くことを名目に、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんに、是非、観て楽しんで欲しい、実は大人向けの映画です。

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 21:11 | 東京 ☁ | Comment(5) | TrackBack(4) | 外国映画
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。