2006年05月27日

『ポセイドン』

poseidonb.jpg『ポセイドン』POSEIDONジャパンプレミア、武道館にて。映画に合わせて、レッドカーペットならぬ“ブルーカーペット”でした。
72年に製作されたパニック映画の金字塔『ポセイドン・アドベンチャー』のリメイクを、なぜ今!? CGでなんでも作れるようになったからって、他にやる企画はないのかな?? とか観る前に思っていましたが、ところがどっこい、凄かった!
今作る映画だったんですねー。面白かったでするんるん 大画面、大音響で観るべし!


ポセイドン 特別版 Poseidon [Music from the Motion Picture]
ポセイドン 特別版DVD
Poseidon [Music from the Motion Picture]

超豪華客船ポセイドン号が高波にのまれて沈没し、生き残った数百人の中の数人が、逆さまになった客船の中から脱出に挑む、というストーリーを、とにかくあの手この手のアクションとCGと畳みかける事件・事故で徹底的に緊張感を煽り、息もつかせぬ大迫力のパニックエンターテインメントに仕上げています。

監督は『ネバーエンディング・ストーリー』『トロイ』などのウォルフガング・ペーターゼン。98分という短めの上映時間の為に、人間ドラマの部分は大分編集されてしまったらしくブツ切れでしたが、それすらもどうでもいいと思える程の、極限状態の迫力映像。
まずは冒頭、ポセイドン号の全貌をゆったりと見せてくれます。作り物とわかっていてもその緻密さ、豪華さにうっとりしてしまいますぴかぴか(新しい)

そして、とてつもない大波バッド(下向き矢印)牡牛座満月牡牛座バッド(下向き矢印)
満月のそばまで盛り上がる海面、それが客船をのみ込んでいく時の波のリアルさと重低音。
このシーンだけでも観る価値あるかと思いましたが、後半、迫り来る海水の中で船底、海上を目指す一行に降りかかってくる出来事の描き方は、これでもかというほど緊張感と切迫感を与える事にだけ見事に力を注がれていて、ハラハラドキドキさせられます。

狭まれた空間の中のって、本当に本能的に恐いですね。改めて海、“水”の怖さを思い知りました。
泳げない人、閉所恐怖症、暗所恐怖症に高所恐怖症、パニック症候群の人は、観ちゃダメexclamation×2 マジで恐いですがく〜(落胆した顔) 途中から本当に気持ち悪くなってきました。無意識のうちに、登場人物達と一緒に息止めてたみたいあせあせ(飛び散る汗) でも、意識して呼吸をするようにしても、次々と襲いかかるパニックに、自然と息が詰まっちゃうんですよね〜ふらふら

本当に無駄がない。大事なところまで省かれちゃってもいるけれど……。
ただ、船内が全て逆さまになっているというのが全然感じられないのが物足りなかったです。もっとわざとらしくでもわかりやすく逆さまにして欲しかった! ここだけはリアルさに徹したのでしょうか。
照明弾の灯りが被さってくるラストシーンは、まるでト書きを読んでいるかのように簡潔で美しかったですぴかぴか(新しい)

ポセイドン・アドベンチャー コレクターズ・エディション (初回限定生産) ポセイドン・アドベンチャー コレクターズ・エディション (初回限定生産)
2006/05/26発売。特典映像満載の2枚組DVDです。
原作はTV放送で子供の頃に観たかな? と思っていたのですが、今回『ポセイドン』を観て、全く内容を覚えていなかった事も判明しました。

ポセイドン・アドベンチャー ポセイドン・アドベンチャー すでに一度リメイクされていたらしい。これがそうなのかな?

舞台挨拶のカート・ラッセルはジーンズが似合う素敵なオジサマでした♪ エミー・ロッサムは、スクリーンで観るといつも変わった顔立ちだなと思うのですが、実物はびっくりするほど綺麗でキュートかわいい 本当に魅力的な女性でしたぴかぴか(新しい)

ポセイドン@映画生活

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 10:33 | 東京 ☁ | Comment(8) | TrackBack(41) | 外国映画

2006年05月25日

『ブロークン・フラワーズ』

『ブロークン・フラワーズ』新宿武蔵野館にて鑑賞。
ジム・ジャームッシュ監督、ビル・マーレイ主演。かつてのプレイボーイの中年男が昔の恋人を訪ね歩くというストーリーと、共演女優達の顔ぶれにもとても期待していた作品です!

ブロークンフラワーズ Broken Flowers: Music from the Film
ブロークンフラワーズ
Broken Flowers: Music from the Film


結婚に踏み切れないドン(ビル・マーレイ)に愛想を尽かした恋人シェリー(ジュリー・デルピー)が家を出て行った日に届いた、差出人不明のピンク色の封筒。
ドンが浮き名を流したのは20年前。かつての恋人が秘かに産み育てていたという息子探しの旅が始まる。ピンクの封筒と赤いタイプライターの文字だけが頼りの母親探し。果たして、ドンは息子の母親を捜し出すことが出来るのか!?

ドンは何事にも受け身で、何をするにもまず隣人のウィンストン(ジェフリー・ライト)に相談し、彼の意見にはことごとく反対するくせに、最後には言うことを聞いてしまいます。旅の日程やホテルの予約も全て任せ、彼の用意したルートを辿っていく旅車(セダン)

ドンは本当に寂しいヤツで、携帯でも、ホテルの電話でも、かかってくるのはウィンストンだけ、というのがおかしかったわーい(嬉しい顔)

現在の恋人役のジュリー・デルピーから、かつての恋人を演じるフランセス・コンロイ、シャロン・ストーンティルダ・スウィントン、大御所ジェシカ・ラングまで、30代から50代の大女優達が、それぞれに個性的な役柄を演じて楽しませてくれますかわいい
シャロン・ストーンの娘ロリータ役のアレクシス・ジーナと、ジェシカ・ラングの秘書役クロエ・セヴィニーは10代、20代かと思いきや、22歳と31歳でした。あともう1人、花屋のサン・グリーンも気になります。彼女は一体いくつなのでしょうか?

そんな中ゴージャスな女たちの中でも一番魅力的なのは、ビル・マーレイexclamation×2
終始情けない困り顔だけれど、かつての恋人と再会する、初めの瞬間だけ瞳の色が変わる目ぴかぴか(新しい) 
愛と色気を湛えた、男の視線になるのがたまらなくキュートで、全てを許すシャロン・ストーンの役柄の気分になってしまいますキスマーク
旅の途中で出逢う女達全てに男として反応している姿がまたおかし悲し。

ビル・マーレイは、昔の作品だと『恋はデジャ・ブ』が最高です。

恋はデジャ・ブ

軽いコメディという位置づけらしいですが、私にとってはタイムスリップ系ラブストーリーの名作!
 
『ブロークン・フラワーズ』を観ていて、ビル・マーレイが何度もビートたけしと重なりました。天才的なのに、照れ屋で、生きているのが恥ずかしいような佇まいが似ているな、と思っていましたが、えくぼとか、顔まで似ているように見えました。ただ単に、好みのタイプなだけかな黒ハート
本当は色んな事が出来るのに、諦めがちでやる気のない男が、ある日ちょっとしたやる気を見せる。そんな力の抜けた風情がたまらなく魅力的です。

ジム・ジャームッシュ監督作品は、『コーヒー & シガレッツ』の前に観たのは、『ナイト・オン・ザ・プラネット』かな? という位久し振りです。『ストレンジャー・ザン・パラダイス』や『ダウン・バイ・ロー』とか、その当時は衝撃的でした雷

ジム・ジャームッシュ作品集 DVD-BOX 1989-1999 ジム・ジャームッシュ / アーリー・コレクションDVD-BOX (初回限定生産)
ジム・ジャームッシュ作品集 DVD-BOX 1989-1999
ジム・ジャームッシュ / アーリー・コレクションDVD-BOX (初回限定生産)

初DVD化の「パーマネント・バケーション」と「ストレンジャー・ザン・パラダイス」「ダウン・バイ・ロー」を収録した初回限定豪華4枚組DVD BOX。あの頃のジャームッシュを今また堪能したいですCD


ジム・ジャームッシュ インタビューズ―映画監督ジム・ジャームッシュの歴史 ジム・ジャームッシュ インタビューズ―映画監督ジム・ジャームッシュの歴史
ジム・ジャームッシュも今や53歳! ビル・マーレイが55歳ですから、見た目も本当に若いですねexclamation&question
そんな彼も、いい歳になったのでしょうか。

特に何も起きず平坦なストーリー展開。確かに主人公ジョンの心の中では何か変化が起きているのだろうけれど、それが外に向かってこない
バックパッカーへの助言は、最大限の発信だったのかもしれませんが、父親として、未知の世界の息子へ向ける言葉としては、ちょっと物足りない気がしました。

大家族の隣人、ウィンストンとその家族達のキャラクターと、ジョンとの関係はとても良かったです。エチオピアの音楽も良かったるんるん
力の抜けたストーリー展開で人生の悲哀を漂わす、雰囲気作りはさすがです。

ただ、比べてしまうと『ロスト・イン・トランスレーション』の方がずっと好き。あの映画があったから、今、ビル・マーレイ主演のこの映画が出来たのでは? などと思ってしまいました。
これからも色んなビル・マーレイを観てみたいですハートたち(複数ハート)

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 15:29 | 東京 ☔ | Comment(4) | TrackBack(18) | 外国映画

2006年05月19日

『ジャケット』

『ジャケット』(原題 THE JACKET)試写。

予告編を見かけてから結構楽しみにしていた作品。キーラ・ナイトレイとエイドリアン・ブロディが主演というだけでも期待が膨らみます。
監督はMTVやビジュアルアートなど多分野で活躍するインディペンデント作家のジョン・メイブリー。制作はスティーヴン・ソダーバーグとジョージ・クルーニー。という事で、期待しすぎたかも……!?
ジャケット ジャケット
1992年。湾岸戦争での頭部の負傷が原因で記憶障害になったジャックは、ある殺人事件に巻き込まれ精神病院に送られてしまう。拘束衣(ジャケット)を着せられ、死体安置用の引き出しの中に閉じ込められるという実験的療法を受けた彼は、気がつくと15年先の2007年へとタイムスリップしていた。

あまり多くを語れない映画です。
粗筋から観る前は、SF的なサスペンスストーリーかと思っていたのですが、見終わった時の印象は、タイムトラベルをエッセンスにしたサスペンスラブストーリーという感じでした。

jacket.jpg前半、キーラ・ナイトレイが出て来るまでが長くて、サスペンスホラータッチなのと、視覚的に幻惑されるような映像の多さに疲れてしまいます。緊張を煽る音楽、効果音と、フラッシュとか、断続的な意味?(明のサブリミナル映像を見ているのしんどい。
閉所恐怖症、暗所恐怖症にはたまらないシーンが多いと思いますが、画面が暗すぎるので、本当に何も見えなくて、逆に怖さが薄れる気もしました。

キーラ・ナイトレイが演じるジャッキーと、エイドリアン・ブロディ演じるジャック2人のシーン
が、それまで毒々しかった音楽から、急に軽いテイストのロマンティックな曲に変わり、それを合図のように突然ラブストーリーへと転換していくのにはちょっとびっくりしました目あせあせ(飛び散る汗)

サスペンス要素が強すぎた為に、ラブストーリーにはいまひとつついていけなかったです。
ストーリー自体はもっと面白くなりそうだと思うのですが、この2人が主演だから、ハードルが高くなったのかなとも思いました。もし他の役者さんだったら、またもっと違った感想になっていたかも? でも、他の役者さんだったら見なかったかもしれないし……。

メメント『エターナル・サンシャイン』『バタフライ・エフェクト』などと引き合いに出されているのが、観る前は?だったのが、見終わるとなんとなくわかりました。どれとも似ているようで全然違いますが。
脇を固める共演者達が凄いです。クリス・クリストファーソン、ジェニファー・ジェイソン・リー、ダニエル・クレイグと個性的な演技派揃い。中でもダニエル・クレイグは、どこかで見た顔と名前と思いながらも、最後まで『ミュンヘン』のあの人、6代目ジェームズ・ボンドだとは気づきませんでした。 あんなに個性的な顔立ちなのに、役への溶け込み方はさすがですね!

実は見終わった後に内容について話していたところ、ラストや重要な細かい部分に関して、連れと全く意見が違っていて、一体私は何を観ていたのだろう!?という気分になってしまいましたがく〜(落胆した顔)
DVD出たらじっくりもう一度観たいと思います……あせあせ(飛び散る汗)

ドミノ ドミノ
目のチカチカさ加減はいい勝負exclamation&question 

戦場のピアニスト 戦場のピアニスト
エイドリアン・ブロディ出演作ではやはりこれが一番ですexclamation

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:58 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(22) | 外国映画

2006年05月13日

『ナイロビの蜂』

『ナイロビの蜂』(原題 The Constant Gardener)試写。
とても不思議な映画です。ラブストーリーといえばそうだけれど、観ている間は、終始社会派サスペンススリラーのようでいて、見終わると、切なさや諦め、哀しさ、深い慈愛と、色んな感情がじわじわと込み上げてくる。
内容と感じた事は違いますが、「クラッシュ」と感想の表れ方が似ている気がしました。

ナイロビの蜂 ナイロビの蜂 11/10についにDVDが発売されます。

レイチェル・ワイズがアカデミー助演女優賞受賞。「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス監督という事で、期待の作品。

The Constant Gardener The Constant Gardener
原作は冒険小説の巨匠ジョン・ル・カレの小説。

正義感に溢れ不正を見逃せず、自らの命を懸けてまでアフリカの暗部に飛び込んで行ってしまうテッサ(レイチェル・ワイズ)。
彼女を深く愛しているがゆえに、その行き過ぎた行動を止めることが出来ない優しく思慮深い夫ジャスティン(レイフ・ファインズ)。

constant1.jpg舞台はナイロビでも、室内の2人のシーンの白々とした色と、一歩外へ出て街、スラムを映し出すフィルムは、全く違った色味を帯びていて、切り替わるたびに別の映画を観ているようです。
スラムの映像は、まるで「シティ・オブ・ゴッド」のよう。ナイロビのスラム街と白人社会はまるで別世界。あえてその落差を大きく描くことで、アフリカの原色の本当の姿が印象深く残ります。
最後まで残るその違和感は、実際にナイロビに暮らす白人、黒人が感じるものなのだろうと思いました。決して交わらない空気、超えられない一線があると。

薬物実験やそれに伴う製薬会社と官僚の癒着などが、観ているのが辛い程、とてもリアルに描かれています。実際どこの国でも今現在、同じ事が公然と行われていて、それを誰もどうする事も出来ないのだという無力感。
もの凄くハードでへヴィな物語を、ラブストーリーとして仕上げた監督の手腕には舌を巻きます。

constantg.jpg「ラブストーリー」という言葉では表現しきれない映画です。
内容は違いますが、舞台が同じ異国の地アフリカ、愛する者を亡くし、足跡を辿る事で愛を確認し、愛する存在と一体となろうとする、ジャスティンの取る行動を見ていて、「シェルタリング・スカイ」を思い出しました。

暴力的なシーンはあえて直接見せず、何度も繰り返される妻の死の場面も、倒れて空転するタイヤのアップだけ。それがやけにリアルで痛く、ドキュメンタリー映像を観ているような気分にさせます。

ナイロビの蜂〈上〉 ナイロビの蜂〈下〉
ナイロビの蜂〈上〉 ナイロビの蜂〈下〉
テッサのモデルとなった実在の女性、イヴェット・ピアパオリに捧げられた原作小説は、ケニア政府を批判する内容に描いていたため、ケニアでは“発禁本”扱いだったそうです。

ジェフリー・ケインが執筆に2年かけ、原作者のジョン・ル・カレも協力した脚本は、アカデミー賞脚色賞にノミネートされています。あの映画をどうやって紡いでいったのか? 原作がどうなっているのか、とても読みたくなりました。

オール・アバウト・マイ・マザー」、「トーク・トゥ・ハー」のアルベルト・イグレシアスによる音楽がとても印象的で、後から度々、ふと、この映画の事を考える時に、あのテーマ曲が同時に頭の中で流れます。
CD「ナイロビの蜂」オリジナル・サウンドトラック 

レイチェル・ワイズは、とても魅力的な顔立ちで、いつもそのキュートなルックスに見入ってしまいます。そして、彼女が出ているだけでスクリーンが呼吸しだす感じ。「スターリングラード」など元々リアルな映画は勿論、「コンスタンティン」などの劇画チックな作品にも現実味を与える事が出来る貴重な女優さんだと思います。
出演作は見逃せません。これからどんな役を演じてくれるのかとても楽しみです。

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 13:47 | 東京 🌁 | Comment(6) | TrackBack(49) | 外国映画

2006年05月08日

「ダック・シーズン」

「ダック・シーズン」(原題 TEMPORADA DE PATOS 英語題 DUCK SEASON)試写。
メキシコ映画ですが、スペイン語のセリフ以外は無国籍なイメージ。
停電に見舞われるある一日。登場人物は4人のみ。
全編白黒、ほとんど全てのシーンが団地の一室とそのキッチン。

patos.jpg


14歳のフラマとモコの親友コンビ、オーブンを借りに来た隣人リタ、ピザの宅配人ウリセス、という4人の主人公達のキャラクターと取り合わせが新鮮で、セリフとシチュエーションの面白さ、ポップな音楽とテンポの良い編集で、退屈に間延びしそうなストーリーを飽きさせずに見せます。

ダック・シーズン ダック・シーズン

男の子2人の会話がくすぐったくて懐かしいようで眩しくて可愛かったです。
2人がやっているHALOというXboxのシューティングゲームが、白黒映像だとなんとも不思議な感じがしました。

一番印象的だったのは、秒を刻むように常に微かに聞こえてくる水滴の音。
停電で何も出来ないという、退屈で永遠に感じるはずの時間感覚を、余計長く感じさせるような、逆に短く早く感じさせてくれるような、とても不思議な時間の進み方を感じました。

冒頭シーンの、まるで曇りの青空のカラー映像に見える、切り取られた白黒の町の風景、遠くに聞こえる町の音がとても美しく心地良かったです。

平凡な日常の中にふいに訪れるきらめきとか、一瞬のときめきのようなものを、リアルさの中に地続きで見せる。この作品が長編映画初となるフェルナンド・エインビッケ監督の映像、脚本センスの良さを感じさせます。
エンドクレジットでは、エインビッケ監督が敬愛する2人の監督、ジム・ジャームッシュ小津安二郎に感謝が捧げられているそうです。
メキシコ・アカデミー賞で11部門制覇したそうです。これからどんな作品を撮っていくのか、とても楽しみな監督です。

エンドロールの最後に、日常からこぼれ出した一日に後始末をつけるべく、最も現実的な存在が映画を締めくくります。このラストがあることで、この映画への印象がもの凄く変わってくると思います。これから観られる方は、エンドクレジットの最後まで、席を立たれませんように!


めきめきメキシコ―情熱と暴走とチューのメキシコ旅行 めきめきメキシコ―情熱と暴走とチューのメキシコ旅行
いわゆるメキシコっぽい風景や食べ物も出てきませんが、だからこそかえってメキシコに興味が湧くような映画でした。
メキシコのピザ宅配はスクーターじゃなくてバイクなんだ、とか。
あと、なんでもいいからピザを早く食べてくれexclamation×2とず〜っと思っていました。結局温めずに食べたのかな。

アヒル隊長いっぱいセット アヒル隊長いっぱいセット
アヒル隊長大好きでするんるん 家にも沢山いるよー!ハートたち(複数ハート)

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:54 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(5) | 外国映画

2006年05月02日

玲玲(リンリン)の電影日記

「玲玲(リンリン)の電影日記」(原題「夢影童年」映題「ELECTRIC SHADOWS」)試写会にて。
映画の主人公リンリンと同じ1972年生まれの監督シャオ・チアン(小江)が、子供時代に観た野外映画館の記憶を基にして脚本を書いたそうです。

文化大革命の真っ只中、周りに迎合することなく、正直に生きた女性の一生を、子供の視点から描いたシンプルなストーリーですが、野外映画館を知らない世代にも懐かしく、ノスタルジックな気分にさせてくれますぴかぴか(新しい)
劇中、鍵となるアルバニア映画の映像カチンコが新鮮でした。

映画を観ることを唯一の楽しみに北京で働く青年ダービンは、ある日、自転車で転んだ拍子に見知らぬ若い女に頭を殴られてしまう。警察に連行されたその女は、あろうことか金魚の世話をダービンに託し部屋の鍵を手渡すのだった。やむを得ず向かった部屋で目にしたのは、壁一面を覆う映画のポスターやスターのピンナップ、そして一冊のノート。彼女の子供時代からの思い出が綴られたそのノートを読んでいくと……。

Electric Shadows: Chinese Film Score Anthology Electric Shadows: Chinese Film Score Anthology
US版サウンドトラック。1930〜1940年に活躍したスター歌手、チョウ・シュアンの映像や歌声、日本未公開の中国映画などのクラシック映像も見所です。

ちょっと抜けた感じの青年ダービンを演じるシア・ユイがとても個性的な顔つきでいいです。シア・ユイを漢字だと、“夏雨”。素敵な名前ですね!

このダービンの少年時代の役を演じるワン・チャンジア(王正佳)がまたイイ! 登場しただけ、画面に入っているだけで笑いが起こるほど、凄い存在感と表情で、とにかくカワイイですかわいい

リンリンの少女時代を演じるクアン・シャオトンは、可愛いだけでなく、しっかりとした演技で映画を引っ張っていきます。
「PROMISE」にも出演しているそうです。もしかして冒頭シーンのあの娘かな?? 

リンリンの母親には「鬼が来た!」でチアン・ウエンの妻役を演じたチアン・イーホン。バレーボール選手を経て役者になったというその均整のとれた体と華やかな顔立ちが印象的で、女優に憧れる田舎町の娘という役柄にぴったりでした。

わが家の犬は世界一 太陽の少年 再見 また逢う日まで デラックス版
シア・ユイの出演作品。「太陽の少年」の主人公役で映画デビュー。第51回ヴェネチア国際映画祭主演男優賞を最年少で受賞しています。

中国魅録―「鬼が来た!」撮影日記 中国魅録―「鬼が来た!」撮影日記
チアン・イーホンの他に、リンリンの義父を演じたリー・ハイビン(李海濱)
も出演しています。




ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 19:40 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(4) | 外国映画
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。