2006年03月07日

「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」

「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」試写。
“「ウォレスとグルミット」初めての長編映画化”というのが意外なほど、今までの短編作品のクオリティが高かったのだという事を改めて実感しました。
新作でも今までのシリーズのお約束シーンが出てきます!「チ〜ズ〜るんるん
ウォレスとグルミット チーズ・ホリデー ウォレスとグルミット ペンギンに気をつけろ! ウォレスとグルミット ウォレスとグルミット、危機一髪! ウォレスとグルミットのおすすめ生活

そんな「ウォレスとグルミット」をスクリーンで観るのは初めて。
“子供向け映画は子供に囲まれて観る”のがポリシーなので、今回に限っては吹き替え版でも楽しみ♪ 普段はアニメーションでも字幕で観たいのですが、グルミットは元々喋らないしね♪犬

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!完全ガイド ウォレスとグルミット 
ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!完全ガイド ウォレスとグルミット

始まるまでウォレスの声が欽ちゃん、萩本欽一だとは知らなかったんですけどね。
「ティム・バートンのコープス・ブライド」では綺麗すぎてCGかと思うことも多かったのですが、やっぱりクレイアニメはいいですね〜!
どれだけゴチャゴチャした場面でも、目がチカチカしない!
人形たちの肌が名菓ひよ子みたいに滑らかで、でも不規則な凹凸があって、人肌のぬくもりがするというか、手作りの温かみが感じられる。

Dog Diaries: Gromits Diary/ Philips Diary (Wallace and Gromit the Curse of the Were-Rabbit) Dog Diaries: Gromits Diary/ Philips Diary (Wallace and Gromit the Curse of the Were-Rabbit) 

CGのアニメーションとは全く違う、人形が呼吸しているのが感じられるんですね。
その温かみが全編から滲み出てきて、ウォレスとグルミットがそこで何をしていたとしても、安心して見守っていられる心地よさが根底にあるのです。

ベッドからからくりの仕掛けで起こされて、テーブルにつくまで、出動シーンまで、は何度観ても本当に面白いです♪ イイね! この顔♪左斜め下
Wallace & Gromit Journal (Wallace & Gromit) Wallace & Gromit Journal (Wallace & Gromit)

今回主役のウサギ達はちょっと鼻がブタっぽい!? ウォレスと、一応美形らしい主演女優や人間達の顔の造型が可愛くないのもまた良いです。

ウォレスとグルミット ポストカードBOOK Wallace & Gromit: Fold & Mail Stationery ←よく見るとちょっとコワイでしょ??
ウォレスとグルミット ポストカードBOOK Wallace & Gromit: Fold & Mail Stationery

あのレディ・トッティントンも“町一番の美女”なんだそう!

エンドロールでも堪能できる、ウサギの空中遊泳がとっても可愛くて、フワーッとした動きが不思議! どうやって撮影してるのかな?

劇中、ウォレスがおかしくなるような場面があるのですが、これが結構不気味でコワイ。
子供達は恐くなかったかな??

始まりから暫くは大人しく観ていた子供達にも、次第に笑い声がわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
カツラネタと、お尻ネタはお約束ですね。必ずうけてました。
当たり前だけど、子供によってうけるシーンや反応が違って、それも面白かったです。
アニメでも、普段はなるべく字幕で観たい派ですが、「ウォレスとグルミット」に関しては、吹き替え版で観て大正解! 良かったです♪

ウォレスとグルミット コンプリートDVDボックス (完全限定生産) ウォレスとグルミット コンプリートDVDボックス (完全限定生産) 今まで発売になった「チーズ・ホリデー」「ペンギンに気をつけろ!」「ウォレスとグルミット、危機一髪」「ウォレスとグルミットのおすすめ生活」4枚をひとまとめにしたDVDBOX♪

ウォレスとグルミット野菜畑で大ピンチ! ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!DVDゲーム ゲームも出てます! やっぱりウサギをつかまえるのかな?? コインを入れて空を飛ぶゲームがやりたいです♪

Dog Diaries: Gromits Diary/ Philips Diary (Wallace and Gromit the Curse of the Were-Rabbit) Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit [Original Motion Picture Soundtrack] グルミット カール S
オリジナル・サウンドトラック「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」
グルミットの無表情犬がたまりませんるんるん




ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 07:53 | 東京 ☁ | Comment(10) | TrackBack(33) | 外国映画

2006年03月03日

「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」

「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」試写。
トミー・リー・ジョーンズの初監督・主演映画。カンヌ国際映画祭 最優秀男優賞、最優秀脚本賞受賞。
Three Burials of Melquiades Estrada メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 スペシャル・エディション
Three Burials of Melquiades Estrada
メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 スペシャル・エディション

「俺が死んだら故郷ヒメネスに埋めてくれ」 友との約束を守る為、命を懸けてテキサスからメキシコの国境を越える。
トミー・リー・ジョーンズと、脚本のギジェルモ・アリアガ(「アモーレス・ペロス」「21グラム」)の出身地でもあるメキシコの混沌とした国境地帯が舞台。
川のこちら側と向こう側で暮らす人々の暮らし、偏見と誤解、愛、罪と償い、赦しといった様々なリアルな感情が、メキシコの荒々しく雄大な自然の中で、溶け合っていって、何が良いとか悪いとかは関係なくなってくる。ただ、真実は一つだけ。その結果生まれる人々の感情がとてもリアルに感じられました。

現在と回想が次々入れ替わりますが、全然違和感が無く、自然にストーリーが入ってきます。
全ての登場人物の心情を、ワンシーンだけで表現してしまう脚本の見事さにも驚きましたが、それよりもトミー・リー・ジョーンズの丁寧で、しっかりとした骨太な演出に感心しました。
時々、監督としてのトミー・リー・ジョーンズを思い出して観ましたが、本人が出突っ張りにもかかわらず、監督しているという事を忘れてしまうほど立派な作品でした。

トミー・リー・ジョーンズは、普段気むずかしい事で有名で、真面目な顔で冗談を言ったりするらしいですが、この映画はまさに彼その物! 笑っていいんだか、悲しんだらいいのか、真面目に観たらいいのかわからないシーンが沢山ありました。
それらのシーンで、笑っている人も結構いましたが、私は笑えなかったです。
プロデューサーの話では、「この作品は様々な面において陽気でコメディと紙一重な場面が数多くある」と言っているので、笑って良かったんですね。でも笑えない……。あせあせ(飛び散る汗)

過ちを犯してしまう国境警備員役のバリー・ペッパーが凄くいいです。あの薄い唇とか尖った顎とか、非情で冷血な感じがこの役柄にぴったりです。「エネミー・オブ・アメリカ」「プライベート・ライアン」「グリ-ンマイル」「25時」などに出演していますが、作品よりも“顔”を強烈に覚えている俳優さん。

映画俳優としてのキャリアも凄い、警官役のドワイト・ヨーカムは、カントリー歌手だったんですね! 全く知らなかったのですが、映画でちょっと歌声を聴いてみたかったです。

メルキアデス・エストラーダを演じたフリオ・セサール・セディージョも凄く良かったです。
メリッサ・レオ、バネッサ・バウチェなど、全てのキャスティングが凄く良い!
キャスティングにもトミー・リー・ジョーンズの監督としての凄さを感じました。

ブローン・アウェイ/復讐の序曲 この映画のトミー・リー・ジョーンズを観た時驚きました。いつも同じ様で、いつも違う俳優さんです。



MONTBELL (モンベル) ノーガロンハット MONTBELL (モンベル) ノーガロンハット カウボーイハットが欲しいかわいい

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:27 | 東京 🌁 | Comment(6) | TrackBack(22) | 外国映画

2006年02月28日

「リトル・ランナー」

「リトル・ランナー」試写。
「お母さんは奇跡でも起きない限り目覚めない」と言われた14歳の少年ラルフが、自ら奇跡を起こす為に、最年少でのボストンマラソン優勝を賭けて走り出す。

映画のチラシを見ると、宣伝文句で「リトル・ダンサー」を持ち出したり、“子供”を全面に押し出していますが、この子が結構くせもの。いたずら、トラブルを次々と巻き起こしますが、それのほとんど全てに下ネタが絡んでくる。“頭の中それだけ”という感じが、実際本当にその世代の男の子はそうなんだろうとは思うけれど、それにしても、本当にソレばっかりで、段々引いていきます。

lrjpg.jpg リトル・ランナー

もう、可愛い少年じゃなくて、青年!? 体も結構ムキムキで、14歳には見えません。大人になりかけていて、その上悪気がないのが余計にどぎつく見えるというか。
ストーリー自体はとてもシンプルで、奇跡を起こす為に走り出し、奇跡を懸けた大会のゴールへと向かって走り続けるお話です。
カトリックの私立学校での厳しい教え、好きな女の子も敬虔なカトリック信者。様々な聖人伝説をモチーフに、ラルフ少年(アダム・ブッチャー)が“奇跡”を起こそうと奔走する姿が描かれていきます。
友情や恋も絡んで、誰もがいつか通った道を淡々と描いて行きますが、ありがちでないのが主人公の男の子、ラルフの性格。生意気で屁理屈で、先生を言い負かし、何事にも動じない。ベッドで寝たきりの母親の前でだけ、小さな少年に戻ります。母を救う為に自分の全てを懸けて奇跡を信じる事ができる、強くて真っ直ぐな心を持った、透き通った少年になる
そのギャップがリアルで可愛らしくて、思わずラルフを応援してしまう、そんな爽やかな映画でした。
ストーリーの盛り上がり、ボストンマラソンのシーンが随分と短く端折られていて、勿体ない気がしました。もっと引っ張って、じっくり焦らすほどに見せて欲しかったです。

カトリックやキリスト教の教えにまつわるエピソード、セリフがとても多く、ほとんどベースとなっているので、キリスト教信者や詳しい人は、もっと深くこの映画を観られるんだろうな、とずっと思いながら観ていました。
少年が起こした“奇跡”の、幻想のようでいて、とても現実的な見せ方は良かったですぴかぴか(新しい)
ヒバート神父(キャンベル・スコット)とラルフのかけ合い、2人のシーンがとてもいいです。

アリス看護婦役のジェニファー・ティリー、声がとても印象的で気になっていたのですが、「モンスターズ・インク」のひとつ目セクシー受付嬢、マイクの彼女だったんですね〜♪

シェルタリング・スカイ」のスコット・キャンベル、「シッピング・ニュース」のゴードン・ピンセントと渋い脇役が揃っています。

ラルフが恋するクレア役のタマラ・ホープは「Shall we Dance ?」に出演しているけれど、リチャード・ギアの娘役? それともダンサー??
清楚で情熱的、思春期の揺れる乙女心を可愛く演じていて、その笑顔には同性でも参りますリボン

マラソン映画といえば、
マラソンマン スペシャル・コレクターズ・エディション マラソン どっちもまた全然違うマラソンの世界です。

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:55 | 東京 ☔ | Comment(6) | TrackBack(12) | 外国映画

2006年02月26日

「イーオン・フラックス」

「イーオン・フラックス」原題 Aeon Flux試写。
“aeon”という言葉の意味は「無限に長い時期、永劫」。
Aeon Flux [Original Motion Picture Soundtrack] Aeon Flux: The Herodotus File 
Aeon Flux [Original Motion Picture Soundtrack]
Aeon Flux: The Herodotus File

予告編などの映像と前評判から、全く期待していなかったのですが、思っていたよりも面白かったです。全体的にどこかで見たような映像と展開が続きますが、謎の部分、話の核心そのものがとても興味深くて、そんなに未来の話しでもないのかもしれない、案外近い将来の地球の姿を見ているような気がしました。そこにリアリティがあったので、細かい部分でツッコミどころ満載なのですが、他の?なところにはなんとか目をつぶって最後まで興味を持って観ることが出来ました。
なんとなく「アイランド」とも通じる部分を感じました。アクションは「アイランド」の方が凄いですが、ストーリーと未来世界の描き方は「イーオン・フラックス」が好きかな?

そして、何よりまずシャーリーズ・セロンですね。彼女の魅力だけで保っている映画とも言えるかも。彼女が演じているから、イーオンのセリフに信憑性が出てくるというか。他の女優さんならどうなっていたんだろう? 他の人なら多分観なかったとは思いますが。

とにかく美しい格好良いスタイルいい髪型がいい。髪型が気になって、常にヘアスタイルに目が行ってしまいます。
あとは、日本をイメージしたセット、衣装、アクションですね。
君主のポスターはそのまんま日の丸ですよ!? これには驚きました。

Aeon Flux Mtv's Aeon Flux: The Herodotus File Aeon Flux / Animated Aeon Flux / Animated
Aeon Flux/Mtv's Aeon Flux: The Herodotus File/Aeon Flux / Animated
MTVプレゼンツなのかと思ったら、元はMTVのアニメーションだったそうです。
アニメ版の方がボンテージファッション凄いですね!
映画でも「それ、寝間着かい!?」と観客全員が強く突っこむような素晴らしい衣装がありました。
日本のエキセントリックな部分がアメリカ人には未来的に感じるのでしょうか? 畳敷き掘り炬燵のテーブルとか、丸い窓から花を活けている女性が見えるシーンとか、とにかく全編に使われベースになっている日本テイストは面白く観ましたが、不思議でした。
ガールファイト」の監督が女性だということも知らなかったのですが、カリン・クサマ監督は日系アメリカ人なんだそうです。それであの日本テイストに合点がいきました!
そして、観賞後に、ストーリー展開と言いたかった事を考えると、やはり女性の視点からのものかなと思いました。

イーオン・フラックス プレミアム・エディション イーオン・フラックス オリジナル・アニメーション コンプリートBOX 
イーオン・フラックス プレミアム・エディション
イーオン・フラックス オリジナル・アニメーション コンプリートBOX 
オリジナルアニメの日本版も発売!

今回、完璧な筋肉を備えるために、4ヶ月間過酷な訓練を行い、黒いショートボブに切って挑んだシャーリーズ・セロンは、ただ美しいだけでなく、元バレエダンサーという体の柔らかさ、意外な程立派な身体能力を生かして、キレのある美しいアクションを存分に見せてくれます。バレエジャンプを繰り返したり、彼女の技を見せる為だけのシーンとかも結構あります。
ただ、もっと本人はアクションが出来そうなのに、カット割りが早すぎて、もの凄く細切れ編集なので、みんな、なんだか下手に見えてしまうような感じがあってちょっと勿体ない気がしました。

ガールファイト ガールファイトの主演女優の男らしさはたまりません♪ きっと監督も男前なのではないかと思います。

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 22:47 | 東京 ☔ | Comment(8) | TrackBack(71) | 外国映画

2006年02月24日

「プリティ・ヘレン」

「プリティ・ヘレン」原題「RAISING HELEN」
Raising Helen Raising Helen
Raising HelenSoundtrackとRaising Helenビデオ。左斜め上お、お父さん……!?


プリティ・ウーマン」「プリティ・ブライド」「プリティ・プリンセス」に続き、日本ではすっかり“プリティ・シリーズの”と呼ばれているゲイリー・マーシャル監督の最新作。

プリティ・ウーマン 特別版 プリティ・ブライド プリティ・プリンセス 特別版やっぱりプリティ・ウーマンが一番るんるん

主演が新ロマコメ(いつからラブコメじゃなくなったの!?)の女王ケイト・ハドソン。共演に甘い(?)マスクの2,5枚目ジョン・コーベット、芸達者なジョーン・キューザックジョン・キューザックのお姉さん!)。
モデルエージェントとしてキャリアを持ちバリバリ働いていたヘレンが、突然の事故により、姉夫婦の子供を育てることに。子供達とのドタバタ劇かと思いきや、結構内容はシビアで真面目。姉妹の葛藤、“母親”の意味や役割、子育てという、当たり前の日常ながら本当はとても難しい事柄を、正面からとても真摯に描いています。
本来なら笑えるシーンは、今、アメリカで流行っていると思われる事柄ばかりで全く笑えませんが(ドラマかTV番組のセリフ? DEVO? とかパリス・ヒルトンとか)、 子供絡みで泣かせるシーンの方が多いです。ラブコメ(ロマコメ!?)というよりは、25歳の等身大の女性が主人公の、家族を描いたファミリー映画という感じでした。
甥や姪がいる立場から実際自分の身において色々と考えてしまいます。
独身を謳歌していて、最も子育てから縁遠かったヘレンが戸惑う気持ちも凄くよくわかる。本当に小さいことからすべてに共感してしまいます。

初めはポプリ作りが趣味のつまらない母親にしか映らない次姉(ジョーン・キューザック)が、子供の危機に見せる、もの凄く力強くて愛情溢れる母親像に圧倒されます。

ジョン・コーベットは、丸くてびっくりしました!「ディナーラッシュ」セレンディピティ」でも少ない場面で印象を残すオイシイ所取り俳優ですね。「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」でも2,5枚目の準主役。あまりタイプでないのですが、選ぶ役どころが面白くて気になる俳優さんです。

ジョーン・キューザックは久し振りに見たらちょっぴり老けていたけれど、やっぱり素敵な女優さんでした♪
ケイト・ハドソンは、ゴールディ・ホーンの娘だと、この映画でやっと認知しました。今までずっと、リーズ・ウィザースプーンがゴールディ・ホーンの娘だと思ってました。なんとなく。
その、娘さんという事がこの映画の一番の興味だったのですが、顔が全然似ていないんですね。でも、丸みを帯びたアゴのラインがとてもキュート♪ 後から知ったのですが、主演のケイト・ハドソンは自身も新米ママなのだとか。
自然体の演技がとても魅力的で、今までの他の映画も観てみたくなりました。

プライベート・ベンジャミン バード・オン・ワイヤー
ゴールディ・ホーンといえばやっぱりコレとコレるんるん 大好きな2本です。

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:19 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(16) | 外国映画

2006年02月23日

「力道山」

「力道山」試写。韓国・日本合作映画。149分ですが、全く長さを感じませんでした。
力道山”といえば、PlayStation 2のプロレスゲーム「オールスタープロレスリング」で、蝶野正洋武藤敬司と共によく使い戦いました。リング上から君臨するシーンは神々しく迫力がありましたが、有効なワザが空手チョップくらいしかないので、強いのか弱いのかよくわからないキャラクターでもありました。
伝説のプロレスラー、力道山を描いた映画で、しかも韓国映画。主演がソル・ギョングという事で、とても期待して楽しみにしていた作品です。

力道山 デラックス・コレクターズ・エディション 力道山 プロレス
力道山 デラックス・コレクターズ・エディション
力道山 プロレス"源流"BOX (5000セット初回完全限定生産)

28kg増量して鍛えたというソル・ギョングの肉体は噂通り凄いのですが、それ以上に、本当に動ける体、身体能力、プロレスの上手さにびっくり!
現役レスラー達もその勇姿を見せてくれますが、彼等との試合シーンでも、全く引けを取らない程、ちゃんとしたプロレスになっています!
始めのうちは、ちょっと背が小さいんじゃないか? とか思っていたのに、段々大きく見えてきて、段々と本物の力道山に見えてくる。試合シーンでは本物のレスラーにしか見えません!

フライングヘッドシザース(飛びつきカニ挟み)とか、本当にキレがあって見事! ソル・ギョングの上手さを更にリアルに力強く見せる演出も見事! ソン・ヘソン監督は、本当にプロレスが好きで、愛しているのではないかと思いました。

武藤船木誠勝、そして亡き橋本真也までが、皆自分の持ち味を生かしその体、技を見せてくれ堪能させてくれるシーンが沢山あります。プロレスシーンは本当に迫力があって面白かったです!
特にプロレス好きではない女性が観ても、充分に楽しめるのではないでしょうか?
勿論、プロレス好きにはもっと楽しめると思います。

必殺の空手チョップ 今 蘇る!力道山 〜伝説の格闘王 力道山の真実 力道山がいた 写真集・門外不出!力道山

父・力道山―初めて明かす父の実像、父への愛
夫・力道山の慟哭―没後40年 未亡人が初めて明かす衝撃秘話

観ている間ずっと感じていたのは、力道山の懐の深さ、温かさです。
厚くて広い胸板、背中にもたれるシーンの綾(中谷美紀)の気持ちが浸透してきて、鑑賞中ずっと、大きな愛に包まれているような気分でした。それは、力道山の強くて大らかな性格だけではなくて、ソル・ギョングの存在感によるものが大きいような気がしました。
真摯で、正直、真っ直ぐな強い心。彼が、ただ立っているだけで、その存在感に圧倒されます。
彼の人間的な魅力に魅了されました。またもっと別の役柄を観てみたい、もっともっと、彼の違う顔が見てみたい、とても素敵な俳優さんだと思います。

ペパーミント・キャンディー オアシス シルミド / SILMIDO
今までの色んなソル・ギョング。一作一作違うのに、どこかに繋がるものがある。それが彼そのものの魅力です。

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 01:22 | 東京 ☔ | Comment(14) | TrackBack(47) | 外国映画
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。