2008年03月16日

『ノーカントリー』

シンプルでよくあるストーリーなのに、迫ってくるような恐怖感、緊張感がスゴイ。
静けさの中で突如爆発する暴力の迫力。コーエン兄弟の底力を見せつけられた『ノーカントリー』(『NO COUNTRY FOR OLD MEN』)

No Country for Old Men 血と暴力の国 (扶桑社ミステリー マ 27-1)
No Country for Old Men
原作は「すべての美しい馬」の作者コーマック・マッカーシーの「血と暴力の国」

一瞬の間に交錯する人生緊張の高まりへのエネルギーの強さと緩和。
突き抜けた先にあるユーモア
大事なところを見せないで結果を悟らせるシーンの巧さ。その為により強く伝わる喪失感がスゴイ。

とても温かいもの、確かなものと、どす黒くて悪や死の象徴のようなもの、その両方が心に深く沈み込むように残る映画。

2007年度アカデミー賞作品賞・監督賞・脚色賞・助演男優賞と主要部門を独占受賞。
舞台は80年代だけれど、現在にも通じる根深い問題を、独特の映像と語り口でエンタテインメントに見せてくれました。タイトルは原題のままの方が、映画を理解しやすいのでは?と思います。

ジョシュ・ブローリンは、始めのうちどこかで観た事がある誰かと間違えてました。
トミー・リー・ジョーンズは『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』を彷彿とさせる役柄。同じような役が多い気もするけど、はまってます。
海を飛ぶ夢』でも強烈な印象を残したハビエル・バルデム。スゴイ髪型で新しい殺し屋像を創り上げました。この人の恋愛モノとか、なんかもっと違った役柄も見てみたくなりました。

コーエン兄弟監督作品の中でも大好きなのは、『赤ちゃん泥棒』。ニコラス・ケイジ主演コメディ映画の中でもとびきり面白い一本♪
赤ちゃん泥棒

最近観た『ディボース・ショウ』ではちょっとがっかりしたけれど、ここへきてガツンとくる作品を見せてくれました。この二人の作品をもっともっと観たいです。


ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:55 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(18) | 外国映画

2008年02月20日

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』

三部作だと観るまで知らなかった『ライラの冒険 黄金の羅針盤』(『THE GOLDEN COMPASS』)。「2」へとつづく中途半端な終わり方は、三部作観ることが前提なようです。

黄金の羅針盤〈上〉―ライラの冒険 黄金の羅針盤〈下〉―ライラの冒険
黄金の羅針盤〈上〉―ライラの冒険
黄金の羅針盤〈下〉―ライラの冒険
原作は児童文学界のアカデミー賞といわれるカーネギー賞のベスト1に選ばれた、フィリップ・プルマンによる「ライラの冒険」三部作の第一章。

tgc002.jpg動物たちが人間の言葉を話し、力を合わせて共に戦うという世界観からは、どうしても『ナルニア国物語』を連想してしまい、比べてしまいます。
『ナルニア国物語』は、子供たちが洋服ダンスの向こう側で異世界の戦争に巻き込まれる話で、結構リアルな戦うシーンの連続にちょっと疲れましたが、『ライラの大冒険』は、もう少しファンタジーに楽しめるかな? という感じでした。
実際戦うのは、「ダイモン」と呼ばれる人間の分身やシロクマ、周りの大人たちで、ライラ自身はいつも危ないところを助けられるおとぎ話のヒロイン。ただ、このライラ、お転婆で口が達者で嘘つきというのが前ふりにあって、敵を口で言いくるめて行くシーンなどは面白かったです。

CG技術は『ナルニア国物語』の頃よりも更に進歩していて動物たちの喋る様子も動きもスムーズで、子供が見たら本物と勘違いするんじゃないかと思う程。

本性を現す守護霊のような存在の「ダイモン」が、眼に見える存在という設定は面白いですね。ニコール・キッドマン演じるコールター夫人のダイモンが、ずる賢そうなゴールデンモンキーだというのがミスマッチなようでいて、案外合っていたりして。

黄金の羅針盤の見方とか未来の見え方、ダストの存在の意味、魔女と人間、その他の生き物との関係とか、?なことだらけですが、これはきっと第二作、第三作で明らかになることでしょう。

ダコタ・ブルー・リチャーズは味わいのある顔立ちをした魅力的な女の子。
ダニエル・クレイグ(今回あまり出番はなかったけれど)とニコール・キッドマンの存在が映画を最後まで引き締めて、大人の鑑賞に堪える作品にしていると思いました。
ニコール・キッドマンは妖艶という言葉がぴったり、再婚して更に美しくなったみたい。光り輝いていました。
『007/カジノロワイヤル』の二人(ダニエル・クレイグとエヴァ・グリーン)が思いっきりファンタジーの世界に現れて、なんだか不思議な感じでした。

ダイモンジェネレーターで自分のダイモンを知る事が出来ます。ちなみに私は「Zotius」という鷹でした。

ライラの冒険 イオレク・バーニソンかぶりぐるみ ライラの冒険 黄金の羅針盤 プレイセット エアーシップ ライラの冒険 黄金の羅針盤 3.75インチ ベーシックフィギュア9体セット
ライラの冒険 イオレク・バーニソンかぶりぐるみ
ライラの冒険 黄金の羅針盤 プレイセット エアーシップ
ライラの冒険 黄金の羅針盤 3.75インチ ベーシックフィギュア9体セット
イオレク・バーニソンのかぶりぐるみが欲しいです(^_^)☆

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 14:31 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(3) | 外国映画

2007年09月22日

『プラネット・テラー in グラインドハウス』

クエンティン・タランティーノの『デス・プルーフ in グラインドハウス』と2本立てで、フェイク予告編と共に全米公開されたB級万歳ムービーを再編集した、ディレクターズ・カット完全版、ロバート・ロドリゲスの『プラネット・テラー in グラインドハウス』(『Robert Rodriguez's Planet Terror』)

Grindhouse: Planet Terror グラインドハウス映画入門 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝) グラインドハウス 〜デス・プルーフ&プラネット・テラー〜 ビジュアル&メイキングブック
Grindhouse: Planet Terror
グラインドハウス映画入門 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)
グラインドハウス 〜デス・プルーフ&プラネット・テラー〜 ビジュアル&メイキングブック

監督・製作・脚本・撮影・編集・音楽、ロバート・ロドリゲス!
このクレジットがこの映画を一番よく表しているかと思います。
映像、編集、音楽、ストーリー展開、とにかく全てからB級の香りがプンプンします。

planetterror.jpgロドリゲスといえば『シン・シティ』(これも同じく6クレジット)、そしてもの凄く強烈に残っているのが『フロム・ダスク・ティル・ドーン』
今回の『プラネット・テラー in グラインドハウス』は、『フロム・ダスク・ティル・ドーン』と雰囲気が近いような気がしました。
メチャクチャな感じが気持ちイイ。自分(監督)が一番楽しんでいそうに見えて羨ましい。タランティーノの登場シーンもおかしかったし。骨の髄までB級映画大好き!っていう熱い想いがビンビン伝わってきました。

ロドリゲスが敬愛してやまないジョン・カーペンター作品や、ルチオ・フルチの『サンゲリア』、ジョージ・A・ロメロの『ゾンビ』などのゾンビ映画をベースに、独自のアイデアを満載した近未来ホラー・アクション。
そんなテイストのB級映画に、ブルース・ウィリスが出ているのも楽しいです。
『LOST』のサイード役でお気に入りのナヴィーン・アンドリュースが出ているのも嬉しかったです。そして去り方もサイコー(^○^)♪
チェリー(ローズ・マッゴーワン)に義足マシンガンをつけてあげる元彼レイ役のフレディ・ロドリゲスも良かったです。

ゾンビ映画とスプラッターと、なんといっても片脚マシンガン!
チェリーが片脚マシンガンを構えながら飛んでくるシーンの手のポーズ!
『シン・シティ』のデヴォン青木の2本刀ジャンプを凌ぐようなかっちょ良さ。
ぶっ飛んだストーリーとアクションを楽しめる一本です。
『デス・プルーフ in グラインドハウス』と続けてどうぞ♪

ロドリゲス監督の『シン・シティ2』がすっごく楽しみです(⌒∇⌒)☆

     
グラインドハウス 7インチ アクション フィギュア / シェリー¥3800以上お買い上げで 送料無料
グラインドハウス 7インチ アクション フィギュア / クエンティン・タランティーノ / ラピスト No.1
フィギュアもかっちょイイです(^^)☆

サンゲリア 25th ANNIVERSARY SPECIAL EDITION ゾンビ 米国劇場公開版 GEORGE A ROMERO’S DAWN OF THE DEAD ZOMBIE
サンゲリア 25th ANNIVERSARY SPECIAL EDITION
ゾンビ 米国劇場公開版 GEORGE A ROMERO’S DAWN OF THE DEAD ZOMBIE
ロドリゲスのゾンビ映画の原点の二作品。見返してみたいです。

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 16:36 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(23) | 外国映画

2007年09月16日

『ミス・ポター』

ピーター・ラビットの生ビアトリクス・ポターの半生を綴る伝記ドラマ『ミス・ポター』
ミス・ポター (竹書房文庫 DR 202) Miss Potter: A Novel
ミス・ポター (竹書房文庫 DR 202)
Miss Potter: A Novel
“ピーターラビット”の生みの親ミス・ポターの夢をあきらめない

misspotter.jpgミス・ポターを演じるレニー・ゼルウィガーと、アニメーションのピーターラビットがスクリーンで共演するということで、どんな映画になっているのか興味ありました。お気に入りの映画『ベイブ』のクリス・ヌーナン監督という事もあって、それも楽しみ。
ピーターラビットやポターの描く色んなキャタクターとの共演シーンは、意外にあっさり。もっとアニメチックに動き回り、ポターと会話したり動き回ったりするのかなと思いましたが、絵の中で少し動くという感じ。ただ、その控えめなアニメーションが、ポターの空想上の世界を上手く表していて、違和感もなく、現実的なストーリーとも良く溶け合って、なかなか良かったと思いました。

misspotter01.jpg映画は、運命の出会いを果たした編集者ノーマン(ユアン・マクレガー)と世界的名作を生み出して行くポターの逸話に、2人の恋愛を絡めて描かれて行きます。
晩年、ポターが湖水地方の保護活動に携わるところをもっと沢山観たかった気もしましたが本当に半生という感じで終わり方もあっさり。ノーマンとの顛末を、ポターがどう受け止めていたのかとか、もっと心の内側をグッと覗いてみたかったです。 
上流階級の女性が仕事をする事が許されなかった時代の、仕事と恋愛と結婚観の辺りを結構丁寧に描いていて、その辺りは興味深くて面白かったです。

レニー・ゼルヴィガーはこの作品で製作総指揮も努めています。
『ムーラン・ルージュ』以来? のユアン・マクレガーの歌声が聴けたのが嬉しかったです(*^-^)♪ 
ノーマンの姉役のエミリー・ワトソンは、普通の役を演じてもなんだか凄い迫力と存在感がありますね。

ピーターラビット生みの親の話ですが、決して子供向けではなく、働く女性に共感を得そうな大人の映画でした。

ピーターラビット全おはなし集 愛蔵版 改訂版 ピーターラビットの育児日記
ピーターラビット全おはなし集 愛蔵版 改訂版
ピーターラビットの育児日記 ピーターラビットが育児!? と思ったら、書き込みできる日記帳でした。誕生から3才までのかけがえのない成長の記録を、ポターの絵で楽しみながらつけられる日記帳。贈り物にも最適☆

truematch.gif今回は『ロレアル パリ』プレゼンツの試写会だったのですが、メイクアップアーティストによるメイクショウと、凄いお土産プレゼントがありました(^^)♪ お土産は、秋の新作トゥルーマッチファンデーションコンパクトと、メイクアップベース。しかも、7色のカラーから自分の肌に合うものを選んで貰えるという素晴らしいプレゼントでした☆ 

会場のサンプルを手の甲に塗ってみた時、その軽さと、薄づきなのにしっとりとして、毛穴やシミまでカバーしてくれる素肌感に驚きました。実際に使ってみても、一段顔色が明るくなって、いつもの眉やアイシャドー、口紅がよく映えるのにびっくりしました(*^-^) ファンデーションって実際に使ってみないとなかなか新しい物を試せないので、こういう機会は有り難いですね♪ 

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 17:48 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(38) | 外国映画

2007年08月30日

『デス・プルーフ in グラインドハウス』

グラマラスで露出過多な女の子達勢揃いの、お色気B級ホラー映画かと思いきや、後半、タフ過ぎる女の子達 VS 殺人鬼のCGなしのガチンコバトルに思わずのけぞります。ラストは痛快、拍手喝采!! 「これはガールズムービーだったんだ!」と終わった瞬間に気づきました(^○^)

デス・プルーフ in グラインドハウス Death Proof
デス・プルーフ in グラインドハウス
Death Proof
タランティーノムービーといえばいつも大注目なのが音楽! 今回も最高にご機嫌にポップなナンバー揃いで、映画の前に流れるサントラを聴いているだけでもうワクワクしてきます♪

deathproof01.jpg60〜70年代に隆盛を極めたインディーズ系の低予算映画=グラインドハウス映画の体験を再現すべく、クエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスがタッグを組んだ企画「グラインドハウス」のタランティーノバージョン、『デス・プルーフ in グラインドハウス』(『Quentin Tarantino's Death Proof』)
ショッキングなスラッシャー(スプラッター)映画に、復讐に立ち上がるヒロインを描いたエクスプロイテーション映画(センセーショナルな側面を持つ低予算のB級映画)、カーアクションなど、タランティーノの愛したさまざまなジャンルを混ぜ合わせ、進化させた“グラインドハウス”ムービー。

deathproof02.jpgもともとは、タランティーノによる『デス・プルーフ』とロドリゲスによる『プラネット・テラー』、それぞれの作品を2本立てのパッケージにし、さらにフェイクの予告編を挟んだ『グラインドハウス』という1つの作品として世に送り出すというアイディアで、アメリカではこのスタイルで公開されたそうです。
アメリカ国外に向けてそれぞれを単独作品として編集し直し、2本はディレクターズ・カットの完全版『デス・プルーフ in グラインドハウス』、『プラネット・テラー in グラインドハウス』として公開。
そして、U.S.Aバージョンの二本立て『グラインドハウス』も、8月24〜31日まで8日間の限定上映されているそうです! これ、観たいなぁ♪

deathproof03.jpg映画では、あえて当時のグラインドハウス映画特有の使い古しのフィルムに付いた傷、リールのダブりや飛びをあえて再現してみせています。これ、実際に古いフィルムだとイライラしたりドキッとするのですが、わざとやっていると思うと、これもまた味わいですね。
プリントの派手な傷、飛び、ブレに、「リールごと紛失」などという事態も珍しくなかったそうですが、この辺りも絶妙なさじ加減で上手く表現していて、笑えました。

とにかく、監督が楽しんで作っているのがビンビン伝わって来て、それを観ているだけでこちらもどんどん楽しくなって来ます。

deathproof05.jpgタランティーノお得意の意味のない無駄話、ガールズトークバージョンもふんだんに楽しめます。女の子の気分日常の風景ファッション、そしてハゲハゲのマニキュアとか、ディテールがリアルでびっくりします。それをまたサラッと自然な画にして見せてしまうところがニクいです。

ロドリゲスの『プラネット・テラー』(感想はこちら。)と見比べてみると、『デス・プルーフ』はB級映画のノリや形式をしていながらも、立派なA級映画になっているところがさすがタランティーノ。改めてこの監督のスゴさを思い知りました。そして、そんなタランティーノムービーが大好きだっていう事も再確認したのでした(^^)

deathproof04.jpgカート・ラッセルは元スタントマンの殺人鬼という不気味さ漂うクレイジーな役にぴったりでした。
『シン・シティ』のロザリオ・ドーソン、『ブラック・ダリア』『プラネット・テラー in グラインドハウス』のローズ・マッゴーワン、『美しい人』のシドニー・ターミア・ポワチエ、『キル・ビル』のユマ・サーマンのスタントを担当したゾーイ・ベル、『ダイ・ハード4.0』、『ファイナル・デッドコースター』のメアリー・エリザベス・ウィンステッド、『シン・シティ』のマーリー・シェルトンと、美しいだけでないタフな女優陣の格好良さにはしびれっぱなし(*^-^) 特に、カースタントをCGなし、全て自分で演じたゾーイ・ベルにはもうびっくりです(^▽^;) なんで落ちないの〜!?


ダーティ・メリー クレイジー・ラリー バニシング・ポイント
ダーティ・メリー クレイジー・ラリー
バニシング・ポイント
劇中何度も出てくる、B級カーチェイス映画。スゴく面白そうで観てみたくなりました(^○^)♪

クエンティン・タランティーノの肖像 B級エンターテインメントの帝王 (シネマスター・ライブラリー・シリーズ) タランティーノ・バイ・タランティーノ
クエンティン・タランティーノの肖像 B級エンターテインメントの帝王 (シネマスター・ライブラリー・シリーズ)
タランティーノ・バイ・タランティーノ
タランティーノはその言動や生き様までもがクレイジーで映画的。次は何をしでかしてくれるのか、楽しみは尽きません(^^)☆

カチンコ ロバート・ロドリゲスの『プラネット・テラー in グラインドハウス』の感想はこちら。

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 19:04 | 東京 ☔ | Comment(5) | TrackBack(29) | 外国映画

2007年08月28日

『シッコ』

国民保険の楽園天国のように映るカナダ、イギリス、フランス、キューバ。特に、フランスの乳母派遣システムに、女性は皆「フランスに住みたい!」と思う筈。私は『シッコ』を観て、本気でフランス移住を考えました(^^)

sicko03.jpg先進国で唯一、国が運営する国民健康保険が存在しない国、アメリカ。国民は民間の保険会社に加入するしかなく、6人に1人が無保険で、毎年1.8万人が治療を受けられずに死んでいく。
HMO(健康維持機構)のシステムそのものについての問題も根深いみたいです。HMOでは、保険会社が医師に給料を支払い管理するシステム。治療を極力しない事で「無駄な保険金の支出を減らした」という旨の報奨金を与え、何かと理由をつけて保険金を払わない。
病院が保険会社と契約しているので、病院も医者も保険会社のいいなり。医師が加入者、庶民と敵対する立場で、病気の治療を受けねばならないなんて!?

国民健康保険のある日本人から見ると、「酷いな。可哀想だな」とつい他人事に映ってしまいますが、日本でも医療費が大幅削減されたり介護医療はすでに民間に丸投げされ問題が多発し、健康保険民営化の動きもある今、明日は我が身と恐ろしくなります。

病院側が、入院費を払えない患者をタクシーで路上に捨てる映像はもの凄いインパクトがありました。信じられない、考えられない事ですが、アメリカではこれが日常茶飯事なのでしょうか。

sicko01.jpgアメリカでのマイケル・ムーアの影響力って本当にもの凄いものなんですね。
「マイケル・ムーアの取材を受けている」事を保険会社への保険金の請求の際に付け足したところ、一度は却下された保険金がすぐに下りたとか。映画中に突撃取材したキューバへの不法入国の容疑をかけられたり、来年の大統領選候補者の多くが「国民健康保険」の導入を公約に掲げ出したりと、アメリカの政治にも実際に大きな影響を与えていて、それは凄いことだけれど、観ていてマイケル・ムーアのプロパガンダにどんどん洗脳されていくようで少し空恐ろしくもなりました。

↓無料で出産して笑顔で退院するイギリスのカップル。
sicko02.jpgそこで注目したのは編集の三人。まず、クリストファー・スワード。長編映画では『華氏 911』を、TVドキュメンタリー番組や宣伝番組、そしてヒラリー・クリントンやジョン・ケリーの政治キャンペーンTVスポットの編集も手掛けているそうです。
ダン・スウィエトリクは『不都合な真実』、『Terminal Impact』、マイケル・ジャクソンの『ビート・イット』ナイキのCMに携わる。
そして『マーダーボール』でサンダンス映画祭審査員特別賞・最優秀ドキュメンタリー部門観客賞を受賞したジェフリー・リッチマン。
この三人のプロフィールを見て納得。政治家のキャンペーンと同じ事をマイケル・ムーアの映画でもやっているのだから、上手く洗脳される訳ですね。

ロジャー&ミー マイケル・ムーア ツインパック 「華氏 911」×「ボーリング・フォー・コロバイン」 (初回限定生産) マイケル・ムーアの恐るべき真実 アホでマヌケなアメリカ白人 大集合! (限定BOX) マイケル・ムーア in アホでマヌケな大統領選
ロジャー&ミー
マイケル・ムーア ツインパック 「華氏 911」×「ボーリング・フォー・コロバイン」 (初回限定生産)
マイケル・ムーアの恐るべき真実 アホでマヌケなアメリカ白人 大集合! (限定BOX)
マイケル・ムーア in アホでマヌケな大統領選
初期の頃の作品も改めて観てみたくなりました。

アホでマヌケなアメリカ白人 おい、ブッシュ、世界を返せ!
アホでマヌケなアメリカ白人
おい、ブッシュ、世界を返せ!
TVや映画でもいえないこと、本も面白そうです。





ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 18:03 | 東京 🌁 | Comment(6) | TrackBack(21) | 外国映画
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。