2007年06月14日

『舞妓Haaaan!!!』

突き抜けたテンション、怒濤のストーリー展開に、どこまでついて行けるか!? 舞妓はんと遊ぶのが男性の一生の夢ならば、女性もまた一度は憧れる舞妓はん。舞妓さんのコスプレがしたくなる、舞妓はんムービー『舞妓Haaaan!!!』

GET THE 舞妓Haaaan!!! RIDE!!! GET THE 舞妓Haaaan!!! RIDE!!!

『舞妓Haaaan!!!』のメイキングDVD。主演3人のインタビューをはじめ、撮影現場に潜入したメイキング、製作発表記者会見の模様など、映画の魅力をとことん紹介。 話題の主題歌“グループ魂に柴崎コウが”による「お・ま・え ローテンションガール」情報など盛り沢山のナビゲートDVD

maikohan02.jpg宮藤官九郎脚本作品、阿部サダヲ映画初主演。監督はTVドラマ『ぼくの魔法使い』演出の水田伸生。 
とにかくヘンテコリンな映画でした。『木更津キャッツアイ』シリーズや、『タイガー & ドラゴン』など、宮藤官九郎脚本作品は好きなのですが、これは凄かった……。
ある意味、『ゼブラーマン』よりも普通じゃないかも??
そういえば、『ぼくの魔法使い』だけは最後まで観なかったんですよね。
あのテンションとノリについていけたら楽しめるかと思いますが、ついていけないと辛いかも。お客さんは結構笑っていましたけどね。
細かいネタで、誰でもどこかにひとつ位は笑えるツボがあるんじゃないでしょうか。
とか書きながら今もう、ちょっと内容忘れていますσ(^_^;)

maikohan03.jpg舞妓しか愛せないサラリーマン鬼塚公彦役の阿部サダヲさんと、その永遠のライバル役、堤真一さん、公彦に振り回される同僚OL役の柴咲コウさんと並び、それ以上の存在感を見せつける舞妓・駒子役の小出早織さん。映画を見る前から、あの舞妓はんは一体誰なんだろう? と思っていましたが、『ケータイ刑事』『電車男』『1リットルの涙』などのドラマに出演されている女優さんなのだそうです。
唯一観た事があったのは、『帰ってきた時効警察』の真加出役でしたが、それも映画を観た後で知って、あ〜、あの子か! という感じでした。観た事がないのに、やけに存在感のある女の子。

maikohan.jpg『舞妓Haaaan!!!』では、豪華主役陣を一人で食ってしまった感じ。あの三人を相手にして、よくこれだけの存在感を発揮出来るなぁという強烈なインパクトを残します。
舞妓の所作が板についたその姿は凛として美しく、ふくよかな顔立ちに舞妓のお化粧がとても良く合って、本物の舞妓さんかと思う程です。
どのシーンでも彼女ばかりが気になって目が行ってしまいました。

maikohan01.jpg阿部サダヲさんは、今までに見た事がないくらいのハイテンションで、冒頭からラストまでぶっ飛んだまま突っ走っていました(^▽^;) 鑑賞時に体力がないとついていけないかも!?
柴咲コウさんは、今までに見た事のない自分に自信のない普通の、ちょっとダメな女の子役をキュートに演じていました。
堤真一さんは、関西出身なのにあまりそう見えないところが、阿部サダヲさんのハイテンションと入り混じり合って、またなんともいえない不思議な魅力を醸し出していました。

なんだかんだいっても、気になって観ずにはいられないクドカン作品。長澤まさみさん主演のドラマ『ガンジス河でバタフライ(仮)』も楽しみです(^^)

舞妓Haaaan!!!一見さん、イラッシャイ!!!―オフィシャルブック 舞妓Haaaan!!!オフィシャル・ブック一見さん、イラッシャイ!!!―オフィシャルブック
映画「舞妓Haaaan!!!」を徹底解剖。出演者へのインタビューからウラ話、華麗なる衣装、お座敷遊び、夢川町お散歩マップ、花柳界用語豆辞典。
しゃべりたおし!!!どす。 舞妓Haaaan!!! オフィシャル裏本
阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウの3人が水田伸生監督を相手にしゃべりたおし!!!
注目度急上昇の小出早織やスタッフもしゃべりたおし!!!
主題歌担当「グループ魂に柴咲コウが」のレコーディング秘話、衣装やセット、“あんさんのラーメン”など気になるアイテムも徹底紹介。映画の魅力を詰め込んだオフィシャル裏本。

舞妓Haaaan!!! オリジナル・サウンドトラック お・ま・え ローテンションガール
舞妓Haaaan!!! オリジナル・サウンドトラック
お・ま・え ローテンションガール
グループ魂に柴崎コウが! アーティスト名がおかしい(^^) 宮藤<暴動>が書き下ろしの超ハイテンションラブソング♪

カチンコ宮藤官九郎脚本・出演作品、阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ出演作品の感想記事
嫌われ松子の一生』『大帝の剣』『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』『真夜中の弥次さん喜多さん』『子ぎつねヘレン』『地下鉄(メトロ)に乗って』『ALWAYS 三丁目の夕日』『どろろ』『日本沈没』『嫌われ松子の一生



ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 14:48 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(46) | 日本映画

2007年05月22日

『しゃべれども しゃべれども』

人情、可笑しさ、温かさがある。落語そのもののような映画『しゃべれどもしゃべれども』

sya01.jpg東京・下町。うだつの上がらない二つ目の落語家、今昔亭三つ葉は、ひょんなことから落語教室を開くことになる。生徒は口下手な美女、同級生に馴染めない関西弁の少年、毒舌の元野球選手。四人は不器用にぶつかりあいながらも少しずつ成長していく。
監督は『愛を乞うひと』で日本アカデミー賞を受賞した平山秀幸。
sya04.jpgTOKIOの国分太一さんが演じる主人公の噺家・今昔亭三つ葉の、誰に対しても変わらず飾らないストレートな物言いがとても気持ち良く感じます。
時にぶしつけで、人によってはデリカシーがないと取られかれない、率直で素直な言葉が、スッと心に入ってくる。見ようによってはケンカ腰の会話のような丁々発止ですが、実は、対する相手の本心と、もっと深く関わりたい、繋がりたいという愛情が根っこに感じられるから、観ていて心地良いのだと思いました。

普段他人と、家族と交わす、なんてことない普通の会話に、どれだけ自分は気を遣い、言葉を選んで喋っているかという事を思い知らされます。

本当にその人と仲良くなりたいと思っていたら、相手の心の中に踏み込んで行く勇気がいる。もしその相手を不快にさせてしまっても、愛情があればなんとかなるはず。

そんな人と人との関わり合い方、つながりを作って行く事の大変さや素晴らしさを深く考えさせられる映画でした。といっても、別に説教臭い訳ではなく、気っ風の良い江戸弁とテンポの良い落語にのせて、軽快に進んで行くストーリーは爽やかな初夏の風のように気持ちが良く、襟を正したくなるようでした。

sya02.jpg国分太一さんは、ちゃんと演技を観た事がなかったのですが、凄く良かったです。
あの嫌みのなさは彼の地、素のままなのかなとも思いますが、それにしても立派でした。
香里奈さんは、仏頂面が似合い過ぎてコワかったです。『輪廻』を思い出してしまいました(^▽^;)
喋りが達者だが東京のクラスに馴染めない小学生・村林優役の森永悠希さんは、オーディションを受けにきた子供たちの中で唯一、「まんじゅうこわい」全編を披露し、監督の度肝を抜いたそうです。彼は、本当に凄いです! 彼の場面ではその笑い声につられて楽しく笑わされます。
毒舌の元野球選手に松重豊さんも、強面で不器用な感じがはまっていました。
三つ葉の師匠・今昔亭小三文に伊東四朗さん。さすがの貫禄とおおらかな存在感で、ホッとさせられる温かみがありますね。
三つ葉の祖母役の八千草薫さんも、役柄にぴったりの朗らかさでとても良かったです。

sya05.jpg落語監修・指導は柳家三三と古今亭菊志ん。
落語がベースの映画といっても、出てくる噺は「饅頭こわい」「火焔太鼓」くらいで、見せ方もとてもわかりやすいので、特に落語を知らなくても充分楽しめると思います。

ラストはちょっと唐突な感じもしましたが、十河五月と三つ葉の不器用さをよく表していて、そのぎこちなさがまた初々しくて合っていましたね。
監督本人が仰っているように、恋愛を描くのはあまり得意ではないのかな(*^-^)??
平山秀幸監督の次回作、中村勘三郎主演の正統派喜劇『やじきた道中 てれすこ』が楽しみです。


しゃべれども しゃべれども しゃべれども しゃべれども
1997年度“「本の雑誌」ベスト10”の第1位に輝いた佐藤多佳子さんの原作小説。

国分太一のしゃべれどもしゃべれども 国分太一のしゃべれどもしゃべれども
国分太一初単独主演作、完全読本。独占特写&本音インタビューから、撮影現場でのプライヴェート・ショット、そしてメイキングにいたるまで。“国分三つ葉”があなたに向かってしゃべれども、しゃべれども!

「しゃべれども しゃべれども」オリジナルサウンドトラック
サントラ ゆず 北川悠仁 古今亭菊志ん
トイズファクトリー (2007/05/23)
売り上げランキング: 6797

ゆずが歌う主題歌『明日天気になぁれ』に加え、安川午朗氏による劇中音楽、特典として、古今亭菊志んの「火焔太鼓」収録「しゃべれども しゃべれども」オリジナルサウンドトラック これは、落語好きには嬉しいカップリングですね(^^)♪

落語 名演ガイド集 火炎太鼓(与太郎噺)/そば清(滑稽噺)/饅頭恐い(長屋噺) 落語 名演ガイド集 火炎太鼓(与太郎噺)/そば清(滑稽噺)/饅頭恐い(長屋噺) 映画に出てくる『火炎太鼓』『饅頭恐い』収録の名演ガイド集。古今亭志ん生得意の噺。本物を聴こう♪

桂 枝雀 落語大全 第四集 桂 枝雀 落語大全 第四集
映画の中で小学生・村林優が完全コピーする、桂 枝雀の『饅頭こわい』をDVDで見られますexclamation


ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 20:47 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(37) | 日本映画

2007年05月13日

『パッチギ LOVE&PEACE』

『パッチギ LOVE&PEACE』主人公の名前や設定だけ引き継いでの新しいオリジナルストーリーだと思って観ていました。途中、前作のアンソンの彼女・桃子(楊原京子)の写真から、あれあれ!? となって、前作と同じ登場人物の、その後の話なのだとやっと気づきました(^_^;) メインのストーリーは子供の難病もの。これには泣かされます。アンソンの息子チャンス役の今井悠貴さん、凄く良い顔してますね(^○^)! とにかく可愛いし自然だし、彼の出ているシーンではずっと目で追っていました。

patigi04.jpg病にかかった息子チャンス(今井悠貴)の治療のために、一家を引き連れ東京に引っ越してきたアンソン(井坂俊哉)。宿敵近藤(桐谷健太)と遭遇し、彼が率いる大学応援団と朝鮮高校生との大乱闘に巻き込まれるが、気のいい国鉄職員の佐藤(藤井隆)に助けられる。妹キョンジャ(中村ゆり)は自らの夢を叶えるため、チャンスの治療費も手に入れる為に、スカウトされて入った芸能界に染まり始め、アンソンもチャンスために無謀な計画を立て、佐藤を巻き込みたった2人で危険な仕事へと突っ走っていくが…。

patigi01.jpgもう一つの舞台は1944年。かつて祖国から強引に引き離され、徴兵の招集を受けたリ・ジンソン(アンソン、キョンジャの父親)が、日本軍の目を盗んで逃亡を図った先の、当時まだ日本の支配下にあった南洋諸島。

パート1では描かれなかったアンソン一家の歴史を明らかにするクロニクルで、命をつなぐことの厳しさと喜びが描かれています。
リ・ジンソンを演じたのは、韓国の新進俳優、ソン・チャンウィ。

patigi00.jpg前作『パッチギ!』にも登場したアンソンの宿敵・近藤(桐谷健太)率いる大学の応援団グループと、朝鮮高校の生徒たちと電車内が乱闘を繰り広げる場面は、まるで本物のケンカを見ているような凄い迫力。効果音が凄いです。

映画全編から、アンソンとキョンジャの叔父ビョンチャン(風間杜夫)をはじめ、同じ町で暮らす人々、在日コミュニティのしっかりとした太い繋がり、絆を熱く感じました。

主人公アンソン役の井坂俊哉さんと妹キョンジャ役の中村ゆりさんは、2,200人を越えるオーディションから大抜擢されたそうです。
アンソン役の井坂俊哉さんは、前作の高岡蒼佑さんとは全く違った外見ながらも、新しいアンソンを自然なかたちで演じていたと思います。立派な体格と豪快な顔つきとは対照的に、ちょっと声が小さいのが勿体ない気がしましたが、初々しさが溢れていて好印象。
キョンジャ役の中村ゆりさんは、前作の沢尻エリカさんを彷彿とさせるルックスと、華奢な外見とは裏腹の芯の強さを垣間見せる、フレッシュな演技が良かったです。

patigi03.jpgラサール石井さんが演じたプロデューサーですが、本当に映画やTVの裏側ってあんななのでしょうか!? やってることは汚いのに、嫌みなく演じているのが凄いです。
西島秀俊さんの演じた優しい先輩タレントの描き方もリアルな感じ。水着大会のシーンとか面白かったです。
藤井隆さんのシーンはどれもほのぼのして温かい気持ちになりました。母親とのシーンも良かったです。

脚本は前作に引き続き大ヒット作『フラガール』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した羽原大介と井筒監督。
音楽は「ザ・フォーク・クルセダーズ」「サディスティック・ミカ・バンド」と時代を象徴するバンドを率いた加藤和彦が前作に引き続き担当。

前作『パッチギ!』の68年の京都から6年後、74年の東京が舞台。兄妹の父親の若かった頃のエピソードも交えながら、三代にわたって受け継がれてゆく“命”のドラマを、井筒和幸監督の強い想いが溢れ出して伝わってくるような、熱い映画でした。


「パッチギ!LOVE&PEACE」オリジナルサウンドトラック ウィズ・ユー・アゲイン
「パッチギ!LOVE&PEACE」オリジナルサウンドトラック
ウィズ・ユー・アゲイン 映画のテーマ曲「イムジン河」、挿入歌「アリラン」を収録したイム・ヒョンジュの日本オリジナル企画アルバム。

パッチギ!LOVE&PEACE 愛、平和、パッチギ! パッチギ!LOVE&PEACE ANOTHER STORY
パッチギ!LOVE&PEACE 映画のノベライズ本。
愛、平和、パッチギ! 映画『パッチギ! LOVE&PEACE』をもっと深く知るためのサブテキスト。井筒監督、李プロデューサーの日記をはじめ、政治学者の姜尚中氏や、音楽担当の加藤和彦氏も登場する対談など、映画をさまざまな切り口で解説。
パッチギ!LOVE&PEACE ANOTHER STORY 撮り下ろしポートレート写真とサイド・ストーリーで見る『パッチギ! LOVE&PEACE』。

パッチギ! (特別価格版) パッチギ! (特別価格版) 全てはここから始まった。続編、シリーズ化もあるかも!?

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 10:28 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(24) | 日本映画

2007年05月06日

『眉山-びざん-』

『眉山-びざん-』とは徳島県徳島市にある山で、どの方向から眺めても眉の姿に見えることから、その名がついたといわれるそうです。映画の見所はなんといっても10年ぶりの映画出演となる宮本信子さん。ちゃきちゃきの江戸っ子で、神田のお能と呼ばれる気っぷの良い女性を生き生きと魅力的に演じています。

「眉山」 オリジナル・サウンドトラック 「眉山」 オリジナル・サウンドトラック

父親の事を何も語らず、自分勝手に全てを決めてしまう母親・龍子に複雑な感情を抱いて来た咲子は、突然入院した母親が、余命幾ばくもない事を知り葛藤する。残された短い日々の中、母親の秘められた想いや父親に関する事実を知って行き、咲子の中の母親への想いも少しずつ変化して行く。

眉山 眉山
『精霊流し』『解夏』に続く、さだまさしさん原作の小説の映画化。
『メゾン・ド・ヒミコ』『ジョゼと虎と魚たち』の犬童一心監督。

さだまさしさん原作の映画も、犬童一心監督作品もこれが初めて。
時間や心の動きを丁寧に追ったゆったりとした流れの中、徳島の風景や空気が美しく描かれていました。
クライマックスの阿波踊りシーンは、壮大な雰囲気は伝わって来ますが、ちょっと長過ぎたような気がします。踊りの迫力と、ドラマの盛り上がりが今ひとつリンクしてこないので、ただ延々と阿波踊りのドキュメント映像を観ているような感じがありました。
松嶋菜々子さんの容姿には見とれますね。
大沢たかおさんも、相変わらず優しく誠実な好青年役。
山田辰夫さん、久しぶりに見る気がします。いい味出していますね。

蛍 / RUN (初回限定盤)
主題歌はレミオロメンの蛍 / RUN (初回限定盤)


メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産) ジョゼと虎と魚たち
メゾン・ド・ヒミコ
ジョゼと虎と魚たち
犬童一心監督作品。気になっていた2本です。


カチンコ 大沢たかおの出演作品の感想記事
陽気なギャングが地球を回す』『地下鉄(メトロ)に乗って』『子ぎつねヘレン

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 18:50 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(17) | 日本映画

2007年05月03日

『THE 焼肉 MOVIE プルコギ』

『THE 焼肉 MOVIE プルコギ』 観ていて、「焼き肉が食べたい!」というよりは「“コプチャン”(丸腸)を食べてみたい!! 」と強く思わされました(^○^)

焼肉小説 プルコギ 焼肉小説 プルコギ 映画の原作小説。

purukogi.jpg伝説の焼き肉の達人“プルコギ食堂” VS 巨大焼肉チェーン店“虎王”の、白肉対赤肉対決が漫画チックに描かれます。
白肉=ホルモン、内蔵系のお肉って最近専門の焼肉屋さんも増えて、結構人気ありますよね。私も焼肉屋さんに行くと、いつも赤肉と白肉半々くらい食べます。ホルモン系の方が多いかな? それでもやっぱり、カルビやロースといった赤肉が基本という感じは確かにあるかも。この二つは外せないですね〜(^^)
この映画を観たら、絶対にホルモンが食べたくなるので、専門の焼肉屋さんが繁盛しそうですね。
映画の中のプルコギ食堂の料理は、ホルモンで有名な月島の焼肉酒家『傳々』によるもの。
あの、コプチャンが食べられるのかな!? すごく行ってみたいです(^○^)♪

焼肉チェーン店『牛角』では、映画とのコラボレーションで、プルコギ特別メニューが食べられるそうです。まずは『牛角』で初コプチャンしてみる!?

purukogi00.jpg松田龍平、山田優、ARATAといった主要キャストの初々しすぎる演技と、漫画的なストーリー、大げさなギャグや演出にちょっとついて行ききれませんでした(^_^;)

TV番組「焼肉バトルロワイヤル」の司会者役で、『大帝の剣』に続いてぶっ飛んだ演技の竹内力さんと、イメージとは真逆の演技を見せてくれる矢沢心さんが良かったです。
そしてこの映画が遺作となった田村高廣さん。本物の焼き肉の達人のような佇まいと存在感がありました。

プルコギ 1 (1) プルコギ 2 (2)
プルコギ 1 (1) プルコギ 2 (2)
映画が先か漫画が先か??

偶然にも最悪な少年
監督は『偶然にも最悪な少年』のグ・スーヨン。

カチンコ ARATA、竹内力の出演作品感想記事
真夜中の弥次さん喜多さん』『大帝の剣

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(7) | 日本映画

2007年05月01日

『時をかける少女』

原作のアニメ化ではなくて、オリジナルストーリーの続編『時をかける少女』。今を生きる女子高生の時かけ少女・真琴がタイムリープする為に飛びまくります。

時をかける少女 限定版 時をかける少女 通常版
時をかける少女 限定版 時をかける少女 通常版
劇場公開された時は、今頃なんで『時をかける少女』のアニメ化なの? という感じであまり興味がなかったのですが、とても評判が良かったので気になっていました。
当初都内で一館のみでの上映が、ネットでの口コミが広がり急遽上映拡大され、最終的に2007年4月20日のDVD発売日まで9ヶ月にわたり公開が続く異例のロングラン興行となったそうです。

tokikake03.jpg2Dのアニメ映画、SFとはいっても普通の人間世界が描かれている映画を観るのは凄く久しぶりな気がします。アニメーションの絵は綺麗だし人の動きも滑らかで、とても自然に映画に入り込めました。

監督は『ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』の細田守さん。
脚本は『劇場版 学校の怪談』でアカデミー賞脚本賞受賞の奥寺佐渡子さん。
キャラクターデザインは『新世紀エヴァンゲリオン』の貞本義行さん。
『もののけ姫』『火垂(ほた)るの墓』など、多くのスタジオジブリ作品の美術監督を務めた山本二三さん。
主題歌は奥華子さんの『ガーネット』

時をかける少女 時をかける少女 時をかける少女 〈新装版〉
時をかける少女
時をかける少女
時をかける少女 〈新装版〉 筒井康隆原作の新装版小説。
『時をかける少女』といえば原田知世、と思っていましたが、中本奈奈・中村俊介出演の角川春樹監督バージョンもあったんですね。

今回アニメ映画化作品を観て、大分話が変えられているんだなぁ、と思ったら、主な設定はほぼそのままなのかな? ほとんどストーリーを忘れていました。
ただ、原田知世の『時をかける少女』に感じた、タイムリープの不思議な感じや切なさが、今回のアニメ版では随分楽しく元気な、笑える友情恋愛ものみたいな感じになっていたように思います。
tokikake02.jpg tokikake01.jpg
今回の設定は、1965年に発表された筒井康隆の原作小説の舞台より20年後の現代。原作の映画化ではなく、続編という事らしいです。
17歳の女子高生・紺野真琴が主人公ですが、真琴の叔母として、30代の芳山和子(原作の主人公)が登場します。この辺りは見終わってからその関係を知りました(^_^;) 知ってたらもっと面白く観られたかも。

ラストはすっきりしていて良かったです。最後のセリフも、色んな謎は残りますが、格好良かったですね〜☆

時をかける少女 NOTEBOOK 時をかける少女 絵コンテ 細田守 時をかける少女―TOKIKAKE
時をかける少女 NOTEBOOK 映画のガイドブック。ストーリー紹介、設定資料、インタビューの他、対談やオリジナル企画も満載。
時をかける少女 絵コンテ 細田守 映画『時をかける少女』の絵コンテ集
時をかける少女―TOKIKAKE コミックバージョンも出ています。

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 14:19 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(12) | 日本映画
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。