2007年01月27日

『どろろ』

魔神に奪われた体の48箇所と呼応する48の魔物がいて、それを倒すことによって体の部分を一つずつ取り戻して行くという奇想天外なストーリーがとても印象的。その取り戻し方の描写がまた凄い。百鬼丸がまるで産みの苦しみのようなを痛みを感じながら、仮の体から本物の目鼻口、手足が生えてくるというリアルなCG表現の異様さ。そして、出て来る妖怪たちの異彩を放つスピードと動き、そして爆死の仕方の凄い事!

ただの肉塊として生まれ捨てられた子が、呪医師の寿海(原田芳雄)の医秘術によって、仮の肉体を与えられるシーンは『ブラックジャック』のピノコの誕生を彷彿とさせます。まるでスプラッターかホラー映画のような、このおどろおどろしい独特の世界観には、嫌悪とギリギリのところで鳥肌が立つほど。

どろろ(通常版) どろろ コレクターズ・エディション
どろろ(通常版)
どろろ コレクターズ・エディション

はるか古か遠い未来かも定かでない戦乱の世。武将の醍醐景光(中井貴一)は、覇者となる力を得るため魔物と取引し、自分の子である百鬼丸(妻夫木聡)の体から48か所を魔物に差し出してしまう。時が経ち、体の一部を取り戻せることを知った百鬼丸は、魔物退治の旅に出る。道中出会った盗賊のどろろ(柴咲コウ)はその男の左手に仕込まれた妖剣を盗むために、彼を追いかけ始める。

どろろ〈上〉
どろろ〈上〉
posted with amazlet on 07.01.27
手塚 治虫 NAKA雅MURA
朝日新聞社
売り上げランキング: 1479
おすすめ度の平均: 4.5
5 この内容だと映画はあたり
5 どろろ
5 これぞ、伝奇小説、、という面白さ

どろろ〈上〉 どろろ〈下〉 映画のノベライズ本。

手塚治虫の原作漫画を映画化した冒険活劇大作という事だけでも気になっていた作品『どろろ』ですが、主演が妻夫木聡、柴咲コウときたら期待は更に高まります。
『黄泉がえり』『この胸いっぱいの愛を』『カナリア』の塩田明彦監督。
コンセプトデザインに『PROMISE <無極>』の正子公也、衣装デザインに黒澤和子、アクション監督には『英雄 〜HERO〜 』『LOVERS』のチン・シウトン。2ヶ月にわたるニュージーランドロケによる壮大な映像は見応えがあります。

妻夫木くんは相変わらず可愛くて格好良くて、何をしても様になりますね〜。常にじーっと顔を見つめてしまいます黒ハート
そして、柴崎コウさんの役への入り込みっぷりには驚きました。彼女の突き抜けた演技は見物ですね。常に肚から張り上げるよく通る高い大声で台詞は聞き取りやすいのですが、会場の音響が良かったせいか途中からキンキンして耳が痛くなってしまいました(^▽^;)
醍醐影光の嫡男、多宝丸役の瑛太さんはお坊っちゃんぽさが役柄と合っていました。
杉本哲太さんと土屋アンナさん夫婦のストーリーが印象的。妖怪にも色んな事情と想いがあるという深みのある描き方は物語に奥行きを与えていて良かったと想います。

どろろ (第1巻) どろろ (第2巻) どろろ (第3巻) どろろ (第4巻)
どろろ (第1巻) どろろ (第2巻) どろろ (第3巻) どろろ (第4巻)
小っちゃくてまるっこいどろろが可愛いるんるん 原作漫画は映画よりももっと凄そうな気がしてます。

どろろ Complete BOX
どろろ Complete BOX
posted with amazlet on 07.01.27
コロムビアミュージックエンタテインメント (2005/09/21)
売り上げランキング: 196
おすすめ度の平均: 4.5
4 原作ファン必見
5 思い出の一品
5 『重いテーマ』と『可愛らしい主人公』

TVアニメ・シリーズのコンプリートBOX。当初パイロット版はカラーで制作されたのに、TV放映されたシリーズはモノクロ作品だったそうです。あまりにもグロテスクな描写が多い為、カラーではリアル過ぎたという噂もあるこのアニメ版、今凄く観てみたいです。

どろろ完全図絵 どろろ ナビゲートDVD 〜序章〜
どろろ完全図絵
どろろ ナビゲートDVD 〜序章〜

フェイク フェイク
主題歌はMr.Children。映画のテーマ「本物」を探す旅について、「本物」ってなんだ?という疑問から生まれた曲音楽

カチンコ 妻夫木聡・柴崎コウ・瑛太・土屋アンナ出演作品、正子公也関連作品の感想記事
『涙そうそう』『真夜中の弥次さん喜多さん』『春の雪』『日本沈没』『嫌われ松子の一生』『電車男』『PROMISE』



ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 19:43 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(60) | 日本映画

2007年01月22日

『幸福な食卓』

壊れかけ、なんとか体裁だけでも家族を演じ繕っている中原家。それぞれが当たり前の役割を捨てた家族の形は、一見自由なようでいて、実はとても空寒いもの。傷つきもがきながら再生の道を歩み出す四人の姿が、優しくゆったりと包みこむように描かれていて、まるで真冬の朝の澄んだ空気のように、清々しく透明な気持ちになる映画、『幸福な食卓』

幸福な食卓 プレミアム・エディション 幸福な食卓 プレミアム・エディション

kofukuna01.jpg父親をやめた父親の、深くは語られない苦悩。
家出して一人暮らしの母親は毎日ご飯を作りに帰ってきたり、
元天才の兄は大学進学を辞めて農業を始めたり。
高校受験を控えた佐和子の前には転校生の大浦くんが現れて……。
そんな家族の色んな出来事は、いつも「四人が揃った食卓で」語られる。

おいしいものを食べているひと時、毎日当たり前にしている食事が、家庭の存在そのものと重なって見えて来ます。
日頃から大事にしておかないと、偏って不健康な体になるか、いつも当たり前にそこにいるはずの、家族の姿を見失ってしまうかも。

監督はドラマ『結婚できない男』の演出、映画『奇談』の小松隆志さん。
この映画の透明感や繊細さから女性監督なのかと思ったのですが、後から、この独特の空気感は原作小説の持つものなのかもしれないと思いました。

幸福な食卓
幸福な食卓
posted with amazlet on 07.01.21
瀬尾 まいこ
講談社
売り上げランキング: 4909
おすすめ度の平均: 4.0
3 最後まで読めました
5 家族の温かさ、家族の大切さを教えてくれました。
5 不思議で温かな家族のカタチ

原作小説は第26回吉川英治文学新人賞受賞作品。著者瀬尾まいこさんは、京都府の中学校の現役国語教諭なのだそうです。

kofuku03.jpg佐和子と勉学くん、優等生同士のさわやか過ぎる恋愛風景は、気恥ずかしさを通り越して清々しくなってきます。彼女へのクリスマスプレゼントを買う為に新聞配達って、今時本当にそんな中学生はいるのかしら!?
中学時代が遠過ぎてあまり思い出せないけれど、色んな事に敏感な年頃だったよな、とその気分は少し味わう事ができました(^^)

中原佐和子役の北乃きいさんは15歳! ほわほわっとした独特の雰囲気と眠そうな瞳が印象的。
大浦勉学役の勝地涼さんは20歳なんですね。でも中学生に見えるところが凄いです。彼は何をやらせても完璧で、この年にして突き抜けたものを感じます。舞台挨拶もとても立派でした!
兄役の平岡祐太さんは、『NANA』の時には印象が薄かったのですが、存在感を増して素敵な俳優さんになっていました。後から知っても『NANA』のあの彼とは全然結びつかないほど、変わりましたね〜!
兄の彼女小林ヨシコ役のさくらさんは、女優として見るのは初めて。落ち着いた佇まいが自然でリアルでした。

音楽は『地下鉄(メトロ)に乗って』に続き小林武史さん。
そしてMr.Childrenがこの映画の為に新たにレコーディングし直した曲、『くるみ-for the Film-幸福な食卓』。PVかと思うような映像で、とても印象に残るエンディングに使われています。

しるし しるし
TVドラマ『14歳の母』主題歌の『しるし』track.03に「くるみ - for the Film - 幸福な食卓」が収録されています。

受験シーズンに合わせての公開とタイアップの数々が凄いですね!
まず、映画の為に作られたオリジナルのシュークリーム、
“『幸福な食卓』シュー”がのファミリーマートにて発売。
キットカットのTVCMに主演の2人が出演。
そしてイトーヨーカドーにて、北乃きいさんの大好物を盛り込んだ
『幸福な食卓弁当』と『幸福な合格弁当』が発売。
縁起物ってつい買っちゃいますよね。北乃きいさんの好物弁当、何が入っているのかちょっと気になります(^_^)♪ 多分メロンが入っているハズ☆

幸福な食卓 幸福な食卓
漫画版も出ていました。女の子がご飯茶碗を持っている表紙がおかしい(^○^)

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:40 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(26) | 日本映画

2006年12月25日

『酒井家のしあわせ』

どこにでもいそうで、今まで観た事のなかったリアルな家族の物語。

酒井家のしあわせ 酒井家のしあわせ 呉美保監督著の文庫本。

友近、ユースケ・サンタマリア主演の『酒井家のしあわせ』
監督・脚本はこれが長編デビュー作となる呉美保(オ・ミポ)さん。音楽は山崎まさよしさんが担当。

関西の、山に囲まれたとある田舎町に住む、ごく普通の家族、酒井家。
ある日父親が「好きな人が出来た」と家出。ある日、町で偶然、家を出た父親を見つけた母親の連れ子である息子は、父親の様子を見て何かがおかしいと気づき始める……。

年上のバツイチこぶ付きである照美と結婚した、東京人の正和と、中学2年生の息子次雄、二人の会話や微妙な距離感がとてもリアルでした。上手く行っているようでも、実際には実の親子とは異なる、ステップファーザーと連れ子である二人の関係。ステレオタイプでない母親の再婚相手としての父親像が、ユースケ・サンタマリアのひょうひょうとした演技と相まって、新鮮で現実的な新しい、そして真実の親子像を見せてくれた気がしました。

友近さんの演じた“大阪のおばちゃん”がまたとてもリアルで迫力ありました。
舞台挨拶で「ブラからはみ出る肉あたりが主婦のリアリティを上手く表現出来たのではと思っています」と仰っていたのが、凄く格好良かったです。

長男の次雄役の森田直幸さん、ちょっぴりほっしゃん似で可愛かったです。ブーたれた顔つきや喋り方もまた良いですね。
再婚後に生まれた光役の鍋本凪々美さんもとても可愛くて良かったです。

ユーモア溢れる会話でポンポンと弾んで行くストーリーは、淡々としながらも丁寧に、うっとうしいけどたまらないほど温かい、家族の風景をとても自然に見せてくれます。
実際、深くお互い思い合っていても、会えばそっけない態度を見せたり、本当の本心は決して口に出来なかったりする。家族の愛や重みや繋がりの深さが、押し付けがましくなく、どこまでもさりげなく描かれていて、自分の家族についてを再考させられる、さわやかな風のような映画でした。

いつもごひいきにしていただいております いつもごひいきにしていただいております
女が惚れる女だなぁと思いました☆

さよなら永遠に
さよなら永遠に
posted with amazlet on 06.12.25
ユースケサンタマリア
ワニブックス
売り上げランキング: 216499
おすすめ度の平均: 5.0
5 ユースケの過去がわかった!
5 ユースケの過去がわかった!

ユースケ・サンタマリアさんは、さすがの声量。舞台挨拶でもマイクを通さずに声が通ること! 意味不明のギャクに観客席の子供も大受けしていました(⌒∇⌒)

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:44 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(12) | 日本映画

2006年12月17日

市川崑『恋人 』と森繁久彌のアクション時代喜劇『飛びっちょ勘太郎』

新文芸座6周年記念の特集上映『和田誠が「もう一度観たいのになかなかチャンスがない」と言っている日本映画』で、市川崑『恋人』(1951/新東宝)と森繁久彌主演の時代劇コメディ『飛びっちょ勘太郎』(1959年/東宝)を観ました。

『恋人』は市川崑監督が巨匠と呼ばれる前、36歳の時のまだ初々しさが残る瑞々しい作品。
主人公の小田切京子役の久慈あさみさん、クリクリパーマとあけっぴろげな喋り方が、まるで実写版サザエさん! 池辺良さんは、当時のキムタクみたいな感じなのでしょうか。凄い二枚目という感じでもなく、朴訥とした感じの好青年。

恋人 恋人

ある女性の結婚前日、お互いを想い合いながらも今まで口にする事の出来なかった、幼なじみの男性との一夜。カフェ、映画館、天ぷら、ダンスホールとデートする訳ですが、分れる事も出来ずにただ過ぎて行く時間の中、もうどうすることも出来なくなってしまって……。という淡く切ない青春恋物語。

はっきり「好きだ」と言っても「私も好きよ」と冗談で返され本気にされず。いざ女の方から「帰りたくない」と迫られると「明日(結婚式)の昼間に同じ事を言ってくれ」と急に逃げ腰になる男。
も〜、ぐずぐずしてないではっきりしてよ! と言いたくなるじれったいストーリーですが、やけに理解のある京子の両親や、ラストシーンの意外な感じなどから、そんなに古くさい印象は感じませんでした。

あけすけな感じの久慈あさみさん、笑顔が輝いていていて、なんとなく鈴木保奈美に見えてきます。ん!? ということは、池辺良がカンチ(織田裕二)で、これは50年代の『東京ラブストーリー』だったのか! そう考えると色んな点で納得出来ました。当時はこれでも進んだ話だったのではないか、と勝手に想像。
京子の両親役に千田是也、村瀬幸子。お手伝いさん役に北林谷栄。
こちらにも、ホールの司会役で森繁久彌さんが出演しています。

吸血蛾 吸血蛾
こちらも池辺良と久慈あさみの共演作。1956年の東宝作品です。

犬神家の一族 コレクターズ・エディション (初回限定生産)
角川エンタテインメント (2006/12/08)
売り上げランキング: 70
おすすめ度の平均: 3.5
3 ビスタサイズ?
4 角川春樹、不在
4 やはりこちらが。

現在公開中の『犬神家の一族』。自分の作品をセルフリメイクするなんて、巨匠市川崑監督でないと成し遂げられない事ですね!


『飛びっちょ勘太郎』は、女房の仇討ちの為に旅をする拳法の使い手、すっ飛び勘太郎を取り巻く旅物語。松竹新喜劇の面々が顔を揃える時代喜劇です。
久松静児監督の初時代劇作品。全ての要素を詰め込んだ娯楽作品にしたいと意気込んで撮影されたそうです。
主演は森繁久彌。しかも双林寺(少林寺)拳法の使い手で、弱気を助け強気をくじく、勧善懲悪な筋書き立ては観ていて安心して楽しめます。
素手で悪人達をばっさばっさとなぎ倒す様子はスカッとして良いですね。拳法の使い手というのは、映画を観る前に解説で読んで知ったのですが、読まなければ少林寺拳法とは全く気づかなかったかも。空手とか関節技といった類いの動きですが、当時は珍しかったのかもしれませんね。

森繁久彌さんのお芝居をまともに観るのも初めてに近いし、頭の中で若い頃の顔と現在の顔とが全く繋がらなくて、別人のように感じながら観ました。
公開当時46歳だったとは思えない程の軽やかなアクション、走り姿にびっくり!
主演の森繁久彌さんよりも気になったのは、藤山寛美さん。こちらもまともにお芝居を観るのは初めてでしたが、あの顔と表情、流れるような関西弁と絶妙な間合い。グッと引き付けられるものがありました。なにか面白い事が起きそうで、ずっと観ていたいという気持ちになりました。

『三十六人の乗客』では小泉博の愛人役だった淡路恵子さんがスリの見返りお柳役で出演。
現代劇の時はきつくて派手な顔立ちに見えましたが、日本髪と着物がすごく似合うんですね! 凄く綺麗。艶っぽくてきっぷが良くて色っぽくて、とても美しくて輝いていました。
勘太郎の女房雪乃とお鶴、二役の峯京子さんはちょっと畠田理恵似の、アイドルっぽい可愛らしさ。
若かりし頃の丹波哲郎さんも出演しています。凄い外人顔だったんですね! 時代劇には不似合いな長身と長い手足。さすがに存在感ありますね。

森繁久彌という人は、今まで大御所の老俳優といったイメージしかなかったのですが、舞台俳優、NHKアナウンサーを経て、本格的な俳優として活躍していったのだそうです。コメディアンであり、シンガーソングライターでもあったんですね。
森繁久彌全曲集
森繁久彌全曲集
posted with amazlet on 06.12.17
森繁久彌 コロムビア女声合唱団 山本直純 山上路夫 親泊正昇 浜坂福夫 大浜信光 宮崎耿平
コロムビアミュージックエンタテインメント (2006/03/22)
売り上げランキング: 170284

『飛びっちょ勘太郎』の中でも歌声が聞けます。そんなに歌が上手という訳ではないけれど、人柄がにじみ出るようで、温かみを感じる素朴な歌声。

小説吉田学校
小説吉田学校
posted with amazlet on 06.12.17
東宝 (2006/08/25)
売り上げランキング: 11990
おすすめ度の平均: 5.0
5 男たちの熱い戦い
5 吉田茂VS三木武吉

和田誠さんと立川談志さんのトークショーの話題はほとんど森繁久彌さんのこと。立川談志さんが『小説吉田学校』の森繁久彌さんの役作りに感嘆されていました。

*特集よりこちらも観ました。和田誠プレゼンツ『死の十字路』『三十六人の乗客』With三谷幸喜

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:47 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画

2006年12月12日

『長い散歩』

nagaisanpo.jpg天使の羽をつけた女の子が森を、神社を、古びた校舎を走り回る姿がファンタジックで印象的。
奥田瑛二監督の三作目となる『長い散歩』
原案奥田瑛二、脚本は妻の安藤和津さんと、助監督を務めた長女の安藤桃子さん、次女の安藤サクラさんの三人(桃山さくらのクレジット)が、山室有紀子さんの協力で執筆されたそうです。
第30回モントリオール世界映画祭のコンペティション部門でグランプリ、国際批評家連盟賞、エキュメニック賞の計三冠を受賞。

長い散歩 小説版『長い散歩』 安藤和津が小説化。

実の母親による幼児虐待が物語のベースになっていますが、後半は、家族を顧みず生きて来て、妻に死なれ、娘とも絶縁状態の初老の男・安田松太郎(緒形拳)の、贖罪の旅が描かれて行きます。母親に虐待される少女・幸(サチ)を虐待から救い出し、自らの罪を償う為に、昔見た幸福の原風景をもう一度見る為に、記憶を頼りに探し歩く二人の旅。
妻に、娘に、言えなかった事、伝えられなかった気持ちを、天使の羽をつけた少女サチと旅することで少しずつ解放し、自分の中の消えないしこりと向き合って行く主人公の姿の描かれ方がとても自然で、スッと心に入ってきます。
台詞がないシーンでも、緒形拳さんを観ていれば全てわかってしまうような、凄い演技でした。

そして、サチ役の杉浦花菜さんがすごくいいです。心を閉ざした暗い瞳や、虐待されている姿と天真爛漫な笑顔、そして演技とは思えないようなとても自然な台詞と、食べ物を投げ飛ばす時の思い切りの良さにびっくり! とにかく何をしていても可愛くて、ずっと彼女から目が離せません。

nagaisanpo2.jpgオーディションで選ばれ、本作の前に演技の経験はない(!?)らしいですが、それにまたびっくり!! ヤマザキ「ダブルソフト」のCMに出ていると知ってすぐに思い出した、小林聡美さんに「それ、おやつ〜?」と聞いていたあの子ですよね!? 多分。あのCMの時も、小林聡美さんを食ってしまうかのような独特の存在感と思い切りの良い演技、というか「素のまんまか?」と思わせるところがとても可愛くてお気に入りでした。
『長い散歩』でも、天性のかわいらしさを残しながらも更に磨きがかかった演技力には目を見張るものがありました。
「ぱんちゅっちゅら〜♪」ダンスは必見です。DVDで何度も観たい☆

2006年 はっぴょう会(1)〜天使のパンツ〜 2006年 はっぴょう会(1)〜天使のパンツ〜は、「みんなのうた」のやなせたかし作詩の曲だそうです。発表会では有名なのかな!?

高岡早紀さんは最近こういう役柄が多い気がします。俗っぽさがリアルで良かったです。
松田翔太さんの役柄、サイドストーリーが物語とあまりかみ合っていなかったような気がしますが、このシークエンスは、また別のひとつの問題提起なのかな? と思いました。
松田優作さんと松田龍平さんにグッと似てきましたね! これからが楽しみな俳優さんです。

エンディング・テーマの、UAが歌う「傘がない」は、力強くポジティブなイメージ。
井上陽水の原曲とは全く印象が違っていて不思議な感じがしました。

Ij (アイジェイ) 2007年 01月号 [雑誌] 男のダンディズム
Ij (アイジェイ) 2007年 01月号 [雑誌]
創刊2号巻頭企画は「映画監督奥田瑛二の野望」
男のダンディズム
今までは気になる俳優さんでしたが、これからは気になる映画監督にもなりました。

少女 るにん
『少女』 『るにん』
奥田瑛二監督作品を見るのは初めて。これまでの作品も観てみたくなりました。2本とも凄いジャケット↑ですね!

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:53 | 東京 ☔ | Comment(6) | TrackBack(23) | 日本映画

2006年12月09日

和田誠プレゼンツ『死の十字路』『三十六人の乗客』With三谷幸喜

新文芸座にて、6周年記念の特集上映、『和田誠が「もう一度観たいのになかなかチャンスがない」と言っている日本映画』(←ナイスなタイトル♪)の初日に行って来ました。
毎日替わりの2本立てで、今日観たのは『死の十字路』(1956/日活)と『三十六人の乗客』(1957年/東宝)。
『死の十字路』は監督井上梅次、原作江戸川乱歩、脚本渡辺剣次。出演三國連太郎新珠三千代、大坂志郎、芦川いづみ、山岡久乃。

江戸川乱歩全集 第19巻 十字路
江戸川乱歩
光文社
売り上げランキング: 147413


sinojyujika.jpg殺した妻の死体を車で運ぶ最中、十字路で停車中、死体が一体増えてしまう! 二転三転する正統派サスペンスミステリー。
殺人を隠すために更に嘘と罪を重ねて行く、男とその愛人。
十字路で交錯する全く無関係に見える二つの事件が重なり合って更にややこしい事に巻き込まれていく主人公、伊勢省吾役の三國連太郎のダンディというかエロ親父っぷりに参りましたσ(^_^;)
新興宗教にはまる社長夫人、ダムに沈む採石場の古井戸、立ちんぼの足の悪い女と、細かい描写がリアルで生々しく、嫌な汗が流れるような湿度と熱気をフィルムから感じました。
新珠三千代さんの清楚な美しさは、社長の秘書で愛人という役には似合わない気もしましたが、清楚な女性だからこそ愛人になるのかしら??



『三十六人の乗客』は監督杉江敏男、原作有馬頼義、脚本井出雅人・瀬川昌治。
出演小泉博淡路恵子、扇千景、志村喬、多々良純。

三十六人の乗客 (1976年)
有馬 頼義
旺文社


sanjyurokunin.jpg三十六人の乗客の中に強盗犯人が紛れ込んでいる!? 草津へ向かうスキーバスに乗り合わせた刑事には、乗客全員が怪しげに見えてきて…。バスの中の閉じた空間が舞台の異色サスペンス。
こちらもサスペンスミステリーですが、全編にユーモアが溢れていて、一言一言の台詞も実に軽妙洒脱で笑わせてくれます。移動するバスが舞台というと密室の息詰る緊張感を想像しますが、各ポイントで停車するバスと、なんとか連携しようと陰で動く警察の様子や、乗客達それぞれの背景がドラマに絡みながらどんどん膨らんで行くところなど、とても面白かったです。
まず犯人探しで観ていって、犯人がわかった後は、崖崩れの雪山を走るバスの緊張感や、乗客が次第に協力し合い犯人を倒そうとするテンポの良い展開で、最後まで飽きさせません。
雪山を走り転び滑りながら降りて行く大勢の姿は、本当に楽しそうでした(⌒∇⌒)

バスの乗客に佐藤允、千秋実など芸達者の個性派俳優が勢揃いして盛り上げます。
バスガイド役の可憐な女性が扇千景さんだったとは!? 言われてもわからない位、まるで今とは別人のように可愛らしかったですσ(^_^;)

どちらも50年前の作品ですが、面白い物は時間が経っても面白いし、それ以上に今の日本映画にない活気や洒落や味わいがあって、とてもいいなぁと改めて思いました。

この特集上映では、連日、和田誠さんとゲストによるトークショーがあります。
今日は三谷幸喜さん。トークショー前には立ち見と、通路の階段にまでびっしりお客さんが入っていました。私の行った中では今までで一番の大入り。三谷幸喜さんって本当に人気あるんですね。この2本立てで女性客が多かったのもそのせいかと。三谷さんのおっかけ女性も沢山いらしてました。
wadamitani.jpg
終始和田誠さんがリードして、映画談義に盛り上がり、次回上映がなければずっと話続けてしまいそうなお二人。本当に映画が大好きで、そしてツーカーの仲なんだなぁと凄く感じました。
「あの、ほらあれ…」「ああ、〜(映画の名前や俳優名)。」と、「あれ」で通じちゃう二人。
好きなジャンルも似ているのかな? ビリー・ワイルダーと市川崑監督のお話がとても興味深かったです。ずっと聞いていたい、本当に楽しいトークショーでした♪

それはまた別の話
それはまた別の話
posted with amazlet on 06.12.09
和田 誠 三谷 幸喜
文藝春秋
売り上げランキング: 29064
おすすめ度の平均: 4.5
4 それはまた別の話
5 ふたりのやりとりが、とっても愉快
5 文句なく楽しい!!


これもまた別の話
これもまた別の話
posted with amazlet on 06.12.09
三谷 幸喜 和田 誠
キネマ旬報社
売り上げランキング: 188670
おすすめ度の平均: 4.0
4 名画座に行きたくなる対談集

和田誠さん、三谷幸喜さんの対談集。本は更に濃い内容で凄く面白いですかわいい

『和田誠が「もう一度観たいのになかなかチャンスがない」と言っている日本映画』は15日(金)までやっています。詳しくは文芸座HPへ。

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。