2005年10月08日

早くも発売!「スター・ウォーズエピソード3」DVD!

スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐
スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐
早くも、2005/11/23に発売されます!

Amazon.co.jp では、超豪華特典を収録した「スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐」をスペシャル・プライスの【22%OFF】で絶賛予約受付中です!

DVD発売を記念して、“スター・ウォーズストア”もオープン!
DVDを中心に、本、サウンドトラック、おもちゃ、ゲームなど幅広い関連商品を多数取り揃え♪
SWファン必見です!

スター・ウォーズ コンプリート・パック
スター・ウォーズ コンプリート・パックも出ちゃいます!
一気観したい方、DVDを持っていない方にはいいですねー!
6本で¥17,209 (税込)、30%オフです! こちらも2005/11/23発売です。予約中受付中!

スター・ウォーズ エピソード1 & 2 DVDダブルパックを持っていて、「スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐」も買う予定、でもトリロジーは持っていないと言う方には、こんな物も出ました!
スター・ウォーズ トリロジー リミテッド・エディション (初回限定生産)
スター・ウォーズ トリロジー リミテッド・エディション (初回限定生産)
オリジナル3部作、「スター・ウォーズ トリロジー」がお求めやすい価格で新登場!
旧3部作が新たに2005/11/23に発売されます! 初回限定生産の限定品の為、数に限りがあります。ご予約はお早めに!


また、【ツタヤオンライン】では「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」が20%オフ、さらに10月末までのご注文はポイント10倍!配送料も無料です!

icon
iconTSUTAYA online
スター・ウォーズ エピソード 1〜3 DVD 一括購入セット
icon
icon“まとめ買いオンライン特価”で33%オフ! こちらも配送料無料!

スター・ウォーズシリーズの完結で燃え尽きた所だったけれど、DVD発売でまた熱い冬が越せそうだ〜♪

カチンコ3回目の感想記事“「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」三回目に思うカチンコ

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 20:30 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(3) | スター・ウォーズ

2005年09月16日

ペプシ スター・ウォーズ ボトルキャップ コレクションステージ到着!

pepsi1.jpg先日帰宅すると、“ペプシ”と書いてある運送会社の不在連絡票が郵便受けに入っていた。

「あ、“コレクションステージ”が来たんだ。」
と思って不在票をよくみると、“ペプシ「サウンドビッグキャップ」”と書いてある。

えっ!?“サウンドビッグキャップ”は、頼んでないし!
あれ??“コレクションステージ”しか買ってないはずだよな。うむむ。
もしかして、何か当たったの!? 
いや、“サウンドビッグキャップ”も、買わないといけない物だから、当たるわけがないし。
まあ、明日来てみればわかるだろう、という事でそのままに。
hako.jpg
そして本日、再配達されたその大きなダンボールには、“コレクションステージ”が入っていた。
それなのに、ダンボールに貼られた伝票にも“サウンドビッグキャップ”とプリントされている。
ただの入力印字ミスだろうけれど、こんな基本的な事を間違うなんて驚いてしまった。

それでは、無事にデススターへと収納されたボトルキャップ達をご覧下さい。

dethstar.jpg

zentai.jpgfukan.jpg

darthvadre.jpg

hans.jpg
トルーパー軍団の中のハン・ソロ。

r2yoda.jpg

yoda.jpg
アップで撮ってみて、ヨーダの作りの素晴らしさに改めて感動する。

デススターにボトルキャップを収納出来るって、いいんだけれど、これね、丸いとね、置き場所がね。非常に困ります。
一体こんな大きいモノ、どこに置けばいいんだ〜!?


Star Wars - Bobble Buddies: Clone TrooperStar Wars - Bobble Buddies: Yoda
Star Wars - Bobble Buddies: Clone Trooper
Star Wars - Bobble Buddies: Yoda

クローン・トルーパーとヨーダのバブルヘッド!! 無茶苦茶カワイイ! けど、ヨーダの鼻がちょっと…。上向き!?
10/25発売 現在予約受付中! 売り切れ必至なのでお早めに♪

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 15:35 | 東京 ☁ | Comment(5) | TrackBack(4) | スター・ウォーズ

2005年08月26日

「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」三回目に思う

Star Wars - Bobble Buddies: C-3POプレミアで2回、いよいよ3回目、劇場へ最後のSWを見納めに。
日比谷日劇PLEX1は、スクリーンサイズは大きいものの、音の大きさや重低音の響き、何よりもフィルム上映なので、映像の鮮明さが無く、白っぽくぼやけていたり、暗くて見づらかったり。
何故DLP上映館でフィルム上映を観なければいけないのかが納得出来ません。
デジタル作品をきちんとデジタル上映で観られるのはまだまだ先の事のようです。

Star Wars - Bobble Buddies: General Grievous
いよいよこれがスクリーンで観るSWシリーズの、全ての最後だと思うと、20世紀FOXのファンファーレからLUCAS FILM、STAR WARSのロゴまででまた感動して、始まりからしばらくと、ラスト前の5分間はドキドキが治まらなかったです。

映画を観て、しかも3度目で、本当に心臓の鼓動が激しくなる程興奮し、ドキドキするなんて、後にも先にもSWシリーズでしか体験出来ない事です。

STAR WARS DXフィギュア クローン・トルーパー with フライングジェットバックパック
ストーリー展開やキャラクターの魅力はもちろん、それだけでなく、宇宙、銀河系の遙か彼方、しかも遠い昔に存在した無数の惑星とそこに住む人々、不思議な容姿のクリーチャーや生物、人間たち、未来的な乗り物や武器。
その営みをリアルな映像で目の当たりにする事。

その快感こそがSWシリーズの醍醐味ではないかと思います。

子供の頃に目にしてから、意識せずもシリーズと共に成長してきた自分にとっては、SWシリーズは常に憧れと興奮と期待感にあふれる、夢のかたまりのような映画でした。

STAR WARS ベーシック フィギュア チューバッカ
新しい作品が作られて、それを観る前にもう一度全シリーズを初めから見返していく事によってますます深く自分の中に根付いていって、確かに息づいたのです。

そしてそれも今回が最後。そう思うと更に、自分の中のSWシリーズの存在が、いかに大きいものだったのかという事に気づかされました。

やっと感想を書ける時が来たのです。
もうストーリーやセリフも大体覚えているし、気分的に落ち着いているので、画面の細部、隅々まで観る事が出来ます。
3回目にしてやっと、ミレニアム・ファルコンとルーカスを発見!
ルーカスの息子と娘も認識出来ました。
小さすぎて早くてよく見えなかったヨーダもなんとか目で追えます。

STAR WARS フォースバトル フィギュア クローン・トルーパー
宇宙空間に浮かぶ大きな宇宙船。その向こうでは激しい戦闘が繰り広げられている。
そこへ美しく滑り込んでくる二体の戦闘機。初めに映るのはR2とアナキン。
そしてオビワン。踊るように寄り添い同じ軌道を描きながら、敵のレーザー砲をかいくぐり、パルパティーン議長奪還にグリーバス将軍の旗艦を目指す。

冒頭のこのシーンの映像の密度の濃さと、美しさに何度観ても感動。
旗艦に滑り込むとR2が今までに見た事もない程の活躍を見せて驚かせてくれます。

Star Wars - Ceramic Cookie Jar: R2-D2
パルパティーン議長の前で、ドゥークー伯爵とオビワン、アナキンとのライトセーバーの戦い。ドゥークー伯爵とアナキンの一騎打ちとなり、パワーがダブルになったというアナキンがあっさりと勝利し、パルパティーン議長の言葉により、丸腰の相手を殺めてしまう。

この辺りから映画は、エピソード3の暗くて重いダークサイドストーリーの暗雲が覆い始めます。アナキンがダークサイドへと落ちていく顛末の全てを見守らねばならない事に。

Star Wars - Bobble Buddies: Darth Vader
アナキンがダース・ベイダーとなり、あのマスクが下りてきて、装着される瞬間の音ともれる空気。そしてあの呼吸音。何度観てもエキサイティングで鳥肌が立ちます。

ルーカス監督が、誰よりも一番にSWシリーズを愛して、楽しんで作っている事が画面の全てから伝わってきました。
今までの謎が明らかになる瞬間と、パズルのピースがはまる快感と、シリーズ作品へのオマージュ。
ファンが本当に観たい物、望む物を見せてくれる!と思ったけれど、きっとそれはルーカス監督自身が一番観たい物なのだろうと思いました。

初めて観た時は、細かい事へ突っ込みと、映画の作り込み方への疑問と不満もありましたが、今はもう、全てが運命だったのだと、スター・ウォーズ・サーガの全貌を見届ける事の満足感の方が大きかったです。

スター・ウォーズ コレクティブル・バスト ヨーダ
出来ればもう一度、何度でも、観たい。
色んな事に思いを巡らせながら、画面を追い続ける2時間21分は、自分の28年間の歴史でもあり、とても長く、色んな事があって、でも過ぎればあっと言う間。
時間を超越した感覚にとらわれて、とてもゆったりとスクリーンと向かい合いました。

遠い昔、遙か彼方の銀河系で、起こった出来事のストーリーが、ついにループとなり、これからは、いつでもどこからでも始められる。

May the Force be with you!

スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐 スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐

スター・ウォーズ コンプリート・セット (Amazon.co.jp仕様) スター・ウォーズ コンプリート・セット (Amazon.co.jp仕様)
お好きなエピソードからどうぞるんるん


カチンコ「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」これから観る人へカチンコ
カチンコ "スター・ウォーズ トリロジー"サウンドトラックカチンコ
カチンコ「スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還」と「隠し砦の三悪人」カチンコ
カチンコ「スター・ウォーズ エピソー3」予告編を観るカチンコ

スター・ウォーズ 1/7 クローン・トルーパー (完成品) スター・ウォーズ 1/7 クローン・トルーパー (完成品)


ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 04:50 | 東京 ☁ | Comment(17) | TrackBack(37) | スター・ウォーズ

2005年07月14日

「スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還」と「隠し砦の三悪人」

スター・ウォーズ エピソード6」をTV放送で観た。面白かった。

吹き替えでも、字幕版とは違う訳になっていて新しい発見もあったりするので、TV放映を観るのも良い経験になる。
でもすぐに、どうしても英語セリフが聞きたくなって2カ国語放送で観ていたらどちらも聞き取れなかったりして、もうなんだかよくわからなくなる。

ルークが心の中を読まれ、ダースベイダーに妹の事を悟られるシーン。
「お前がいなくても、妹をダークサイドに引き込むとしよう」と言われ、怒りに狂いダースベイダーに斬りかかるルーク。

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」を観る前は、普通に観ていたシーンにも、繋がりともの凄い深みが増してきて、とても切ないシーンになった。

イウォーク達の働きとお茶目ぶりも、何度観ても楽しい。
あの容姿と声と動きには堪らないものがある。

ボバ・フェットの、ええっ!? と何度観てもびっくりする程あっけない死に方とか、R2-D2がポーンっ! ともの凄い高さの軌道でライトセーバーを投げて(放出して?)ルークに渡すシーンとか、特別版から突然最後に現れるヘイデン・クリステンセンのちょっと恥ずかしげなアナキン・スカイウォーカーが、ルークは誰だかわかるのかとか、そういう細かい突っ込みシーンも沢山あるのだが、それもSWシリーズのお楽しみ。

どうしてもこういう事に目が行ってしまう、重箱の隅を突くのもSWファンのお楽しみ。それは置いておいて。

冒頭、C-3POとR2-D2が砂漠の中を歩くシーン。
お互い(?)文句を言いながらも、運命共同体の二人。
新たな問題が生じ、敵中へ向かう道のり。
そんな二人の後ろ姿を追うカメラ。

これはそのまま、黒澤明監督作品、「隠し砦の三悪人
の冒頭シーンへのオマージュだ。
「隠し砦の三悪人」では、この二人の後ろ姿から始まり、喧嘩別れする場面から物語が始まる。
別々に敵に捕らわれ、酷い目に遭い、再び出逢って抱き合う。
太平役の千秋実と、又七役の藤原釜足の二人が、もの凄く上手い。
ほとんどが口汚いセリフのやり取りなのだが、凄く人間くさくて泥臭くて、でももの凄く心にストレートに響いてくる。

千秋実は、「七人の侍」の木こりのシーンがとても良かった。
「隠し砦の三悪人」でもひょうひょうとした何とも言えない人間味ある人物像を演じている。
この役も良いのだが、又七といるからこそ生きてくるような感じで、受けの人なのだと思った。

見た目で言えば、太平の千秋実がC-3POで、又七の藤原釜足がR2-D2と言う事なのだろうけれど、C-3POのあの腕のカタチ、ヒジを常に内側135度位にくの字に曲げているあの姿は、まさしくR2-D2側の又七のその姿なのでおかしくなった。

SWファンで未見の方は是非観て欲しい。
ノッポとチビのチビの方がC-3POの格好なのだから、何ともおかしくなる。

この二人のかけ合いを、ルーカス監督がC-3POだけに語らせる手法にした事、あのロボット2体は、千秋実と藤原釜足を足して2で割った、二人で一人の存在なのだなと思った。

ルーカスはスター・ウォーズにこの二人のキャラをヒントにしただけだと思っていたのだが、大筋のストーリーもほとんどそのまま使われ活かされている。

父と子の葛藤やフォースという目に見えない力を操る者たち、壮大な宇宙戦争などその拡げ方は素晴らしく、ルーカスの素晴らしい才能による物だが、この「隠し砦の三悪人」があったから、「スター・ウォーズ」シリーズが更に、もっと、面白くなった事には間違いがない。


と言われても、観ていない人はえー!? と思うかもしれない。

SW好きで、まだ「隠し砦の三悪人」を観ていなくて、えー!? と思う人には、是非観てもらいたい映画だ。

写真左からレイア姫とルークあるいはハン・ソロ、C-3POとR2-D2。

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 00:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | スター・ウォーズ

2005年06月21日

「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」これから観る人へ

やっとSW熱も落ち着いてきたので、映画の感想に取りかかろうと思います。

感想と言っても、内容は書けません。
観た直後の感想、この1行”に集約されています。

まず、これから「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」を観る人、観ようと思っている人へ、一つだけ、もっともっと「SWEP3」を楽しむ為に、観る前に出来る事をアドバイスしたいと思います。
それは、エピソード4,5,6,1,2を観倒すコト!

最低でも直前に一通りは観て欲しいです。
回数は、観ればみる程、EP3を深く理解し楽しむ事が出来るはず。

そして、サウンドトラックを聴き倒すコト!
「スター・ウォーズ」シリーズは、今までの他のどの映画よりも、映像と音楽が密に結びついている作品だと思います。
例えば、登場人物それぞれにテーマ曲があるように、それぞれのエピソードにも、テーマ曲があります。
それらを深く聴き込んで、理解していると、映像とストーリーをもっと重層的に観る事が出来、映画を更に立体的に感じる事ができると思います。
サウンドトラックは、ただ聞き流すのではなく、一曲一曲のタイトルを確認して、「この曲は何のテーマ曲なのか」と、サビのフレーズだけでも覚えていると、映画の面白さが2倍にも3倍にもふくれ上がるのです。

ダースベイダーのテーマ曲は有名なので誰でもすぐわかると思います。
あとはレイア姫のテーマ。ルークのテーマ。ヨーダのテーマ。ルークとレイアのテーマ。
EP3には出てこないけれど、イォークのテーマ、ジャバ・ザ・ハットのテーマ曲もあります。

そして、これらのテーマ曲のサビのフレーズは、手を変え品を変え、アレンジを変えて、それぞれの登場シーンに必ず使われているのです!

その律儀さには本当に嬉しくなります。
例えばその人物が登場していなくても、他の誰かがその人物について話すシーンや、ただ、連想させる為だけにも効果的に音楽は使われます。

ダースベイダーのテーマ曲はわかりやすく、アナキンの場面でも何度も使われます。アナキンが出ていないシーンや、エピソード1,2でも、暗黒面の力を予見させるような場面でさりげなく使われ、シーンを盛り上げます。

ストーリーやセリフについていけないようなシーンがあったとしても、そのシーンに使われている音楽が、何のテーマ曲なのかを知っていれば、きっとそのシーンの意味が理解出来るし、その深意までが伝わってくるのです!

それ程「スター・ウォーズ」シリーズでは、音楽が大きな意味を持ち、音楽が及ぼす影響も大きいのだと思います。

その映画との出逢いは一生でたったの一度だけ。
その出逢いを最高の物にしたいと思います。


カチンコ「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」三度目に思うカチンコ
カチンコ"スター・ウォーズ トリロジー"サウンドトラックカチンコ
カチンコ「スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還」と「隠し砦の三悪人」カチンコ
カチンコ「スター・ウォーズ エピソー3」予告編を観るカチンコ

スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2005/06/25)
売り上げランキング: 1,102


スター・ウォーズ エピソード1 & 2 DVDダブルパック
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2002/12/06)



スター・ウォーズ・トリロジー
サントラ ユタ交響楽団
Priject-T (1998/04/25)
売り上げランキング: 57,577


Star Wars Episode III: The Revenge of the Sith [Original Motion Picture Soundtrack] [Includes Bonus DVD] Star Wars Episode III: The Revenge of the Sith [Original Motion Picture Soundtrack] [Includes Bonus DVD]

超オススメ!大ヒットの予感爆弾
ウクレレ・フォース〜スター・ウォーズ ベスト・カバーズ〜 ウクレレ・フォース〜スター・ウォーズ ベスト・カバーズ〜
あのレイア姫のテーマ、アナキンのテーマ、ダースベイダーのテーマ曲が、ウクレレ&たて笛で奏でられるリゾートるんるん 
その面白さは、あなたの想像を超えているexclamation×2ウクレレの音色にまた違った感動が生まれます♪

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 00:52 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(5) | スター・ウォーズ

2005年06月12日

“スター・ウォーズ トリロジー”サウンドトラック

デンデデデデン デン デンデデデデン デンるんるん
デンデンデン デデデン デデデンるんるんデンデンデン デデデン デデデンるんるん

あのテーマ曲が頭をグルグル回って四六時中ダースベイダーの虜。

ダークサイドに落ちてしまったようだ。

「スター・ウォーズ エピソード3」の前売りやグッズを買ったり、予告を観たり特集を観たりしているうちに段々とフォースの暗黒面に侵されて行っていたらしい。

6/18のジャパンプレミアに向けて旧三部作を見直しているうちに益々その症状は悪化していく一方。

寝ても覚めても、ダースベイダーのあの登場テーマ曲が頭の中をグルグルぐるぐると回って止まらない。
そのうち、気づけば口ずさむようになっていた。
スター・ウォーズ・トリロジー
サントラ ユタ交響楽団
Priject-T (1998/04/25)
売り上げランキング: 57,577

るんるんdendedededen.den.dendedededen.den.
dendendendededendededen.dendendendededendededenるんるん
この曲最高に良い出来だと思う。映画の悪役テーマ曲史上では一番、抜群の出来。迫力とメロディラインの素晴らしさに感動する。

映画の中で、ダースベイダーの乗ったタイ・ファイターが画面の端っこにチラッと映るだけのシーンでも、アレンジ変えされたテーマ曲がチラッと流れる。その律儀さにおかしくなりながらも、感動する。

レイアのテーマ曲や、ヨーダ、イウォークのパレードなど、他の全曲も素晴らしい出来で、一度聴いたらまたすぐに聴きたくなるようなサントラ。聴いた事のない人は是非。
スター・ウォーズファンでない人にこそお勧めしたい。

超オススメ!大ヒットの予感爆弾
ウクレレ・フォース〜スター・ウォーズ ベスト・カバーズ〜


あのレイア姫のテーマ、アナキンのテーマが、ウクレレでまったりと聴けるリゾート 

その音色にまた違った感動が生まれる!


オムニバス ウクレレ・カフェ・カルテット 宮川彬良 栗コーダーカルテット James Hill キヨシ小林 松宮幹彦
ジェネオン エンタテインメント (2005/07/09)
売り上げランキング: 74
おすすめ度の平均: 4
5 今も聴いてます!
5 サイコーです。
5 これはすごい!超傑作のスター・ウォーズ カバー作!


あのダースベイダーのテーマ曲が、ウクレレ&たて笛で奏でられるリゾートるんるん 
その面白さは、あなたの想像を超えているexclamation×2

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 03:38 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(1) | スター・ウォーズ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。