2005年08月28日

霞ヶ関 イイノホール『泰南飯店』

試写会の合間に霞ヶ関近辺でランチする店を探し歩いた。

お店は沢山あるのだろうけど、みんなビルに入っているのでよくわからなくて、結局見つからず、イイノホールの地下飲食店街の本格中華料理店『泰南飯店』へ。

店内が広いので、会社員で一杯になる平日ランチ時にも並ばず入れる使えるお店。
P1000029.jpg

まずは“肉入りやきそば”。

入店時に他の客が食べていたのを見かけて思わず注文。
ちょっとモヤシが多いような気もしたが、あんかけのトロッとした優しい食感と味で普通に美味しかった。

もう一品はランチセットの“冷やし担々麺とサケ炒飯”。
P1000032.jpg

“冷やし担々麺”は、結構濃い目のしっかりとしたゴマスープに、トマトの角切りがとっても良く合って、今まで食べた担々麺の中でも一、二を争う美味しさ!

温かい担々麺も食べてみたい。トマトは冷やしだけなのかな?

サケ炒飯は、ご飯の一粒一粒までが鮭の色に染まってピンク色に!

具は鮭と卵だけで、とてもシンプルだけれどぱらっぱらに炒まっていて美味しい。
もう少し量食べたかった。

その後、サケ炒飯を何度か家で作ったけれど、ご飯はピンク色にはならない。
どうやったらご飯がピンク色になるのだろうか??

店内が冷房効きすぎで、ご飯がすぐに冷えてしまう気がする。
もう少し冷房弱くして欲しいけれど、ある程度は仕方ない事なのだろうか。

レストラン中国割烹 『泰南飯店』日比谷店
住所:東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビル(イイノホール)B1F
電話:03-5532-1152
平日11:00〜15:00、17:00〜22:30(LO22:00)、土11:00〜17:00(LO16:30) 
日・祝日定休
HP:http://www.tainanhanten.com/

台湾の料理鉄人が教える簡単、美味しいレシピ【私にも作れた】チャーハン台湾の料理鉄人が教える簡単、美味しいレシピ“【私にも作れた】シリーズ チャーハン”
チャーハンだけで34種類! 目から鱗の組み合わせ例は、
●金時豆とエビの卵チャーハン
●ふくろ茸と山椒風味卵チャーハン
●プリプリのエビと銀杏の卵チャーハン
●ザー菜と海苔の卵チャーハン
●キウイフルーツとサケの卵チャーハン etc

【極上!尾道発】瀬戸内産 さけちりめん 65g

チャーハンにパスタに。
伝説の鮭ちりめんふりかけ。


汁なし担担麺マイルド 2食入り


本物の担々麺が食べたい!
広島で人気爆発の汁なし担々麺『きさく』
本場四川スタイルの担担麺。
中国、四川省直輸入の山椒が放つ薫り高い刺激!
初めての辛さに驚きつつもう一杯!クセになったら止まりません。激辛!麻婆豆腐で有名な四川料理の隠れた逸品。



ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 01:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 1/87600食

87600食分の一

今年2月にフジテレビで4夜連続放送された「地球45億年の奇跡2」。

「第一夜 食べる惑星」を流し見していて、聞き逃せない言葉が耳に入ってきた。

『人間が産まれてから80年、一日三食として、死ぬまでにする食事の回数は8万7千6百食』 

えええっっ!!??

8万7千6百食? 87600食? 87600回? 数字にするともっと少なく感じる。

普段考える事はなかったけれど、実際計算してみても、やっぱり87600回。

しかも、私は一日2食なので、58400食。

それの三分の一以上はもう終わっていて、4/7くらいのところか。

単純に計算してあと25000食。25000回しか食事出来ないのだ。

これは衝撃的な事実だった。

普段の、日常的な食事も入れて、あと25000食しか食べられないのか。

そう考えると、毎日の食事がとても大切なものに思えてくる。

ちゃんとした食事をしよう! できあいのものとかインスタントで済ませずに、なるべく手作りしよう。

カップラーメンなんて食べてる場合じゃない。

と一瞬考えたけれど、あれ? 待てよ。単純に、おやつとか、夜食とかプラスすれば、食事の回数は増えるよね?

じゃあ一日三食プラスおやつプラス夜食で一日五食、80年で146000食。

一日二食の私でも、プラスおやつプラス夜食の一日四食で、あと66700食食べられる。

あ〜、良かった!

そう考えていくと、大好きなハンバーガーやインスタントラーメンなどのジャンクフードも、愛すべき貴重な一回の食事の立派なメニューに思えてきた。

という事で、美味しい物関係のカテゴリー名を“1/87600食”に代えました。

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 1/87600食

2005年08月22日

中野『旬』

試写会帰りに、ちょっと軽く食べて行こうという事で、“親子丼”ののぼりがはためく黒豚・地鶏屋 炭火焼き『旬』へ。
以前はなかったので、最近(ここ1.2年?)出来たお店らしい。
親子丼大好きなので、表のメニューで「どっちの料理ショー二回出演の親子丼!」と書いてあるのを見て迷わず入店。
P1000020.jpgまずは店一押しの“薩摩軍鶏刺身”。半解凍のルイベ状で出され、次第に溶けてきて綺麗な赤色になってくる。
歯応えがあって、旨味があって、でもさっぱりしていて美味しかった。
そんなに野趣というか臭みもないのでちょっと物足りない感じも。
お醤油が美味しくて、刺身醤油かだし醤油かと思ったら、鹿児島のたまり醤油だった。たまり醤油って美味しい!

P1000019.jpg“大山地鶏山椒炒め”は、こってりとした醤油とピリリと結構強く利いてくる山椒がとても美味しい。
一緒に炒められた椎茸、しめじ、タケノコがまた美味い! ちょっと油っこいかなと思ったけれど、しっかりとした味付けが絶妙で、最後まで美味しく頂いた。

そして、メインの親子丼。
地鶏としゃもとあるのだけれど、今回は”軍鶏親子丼”にしてみる。
朱塗りの赤いフタつき丼で出て来る。フタを開けるのがお楽しみ。

P1000010.jpg良い感じに半熟の卵。そして、しゃもが黒い! 炭火で焼いた軍鶏を卵でとじた変わり親子丼だった。

軍鶏は炭の香りが移り香ばしく、身が締まっていて美味しいが、親子丼として食べるのが勿体ないような、主張する味。

普通の“地鶏親子丼”も食べてみたくなる。普通の親子丼も、やはり炭火で炙った物らしい。
親子丼は普通に出汁で煮たお肉の方が好みかも。でも、次回は是非地鶏の方に挑戦してみたい。
この親子丼、ランチはなんと、480円! らしい。今度はランチで決まり!
P1000008.jpg
もう一品ということで、シンプルに“とりの唐揚げ”。
ショウガとガーリックで絡めた唐揚げという事だが、こちらは意外にも味が薄く、もっと染みこんだ味を想像していたので、ちょっと物足りなかった。
でも揚げたてで柔らかいお肉はそれだけで充分美味しい。

今回は本当に鶏三昧になってしまったけれど、限定の“薩摩黒豚軟骨角煮”や”黒豚どんぶり”もあるらしいし、“とり雑炊”や“とり茶”も食べてみたい。

刺身好きとしては“しゃもユッケ”や”ささみのカルパッチョ”も気になる。
冬は“しゃもすき”、“とりなべ”、“つくねなべ”!

中野ごはんの選択肢、美味しいお店が一軒増えた。

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 00:16 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 1/87600食
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。