2007年07月09日

池袋『The Olive Dining』鮮魚のソテーとパスタランチ

池袋でランチ。雑誌OZの池袋特集の中から吟味した一軒、『The Olive Dining(オリーブダイニング)』へ行って来ました。二階へと階段を上がる店舗はちょっと外見入りづらいですが、階段には月一回開催されているというプロのアーティストによるライブの写真などが飾ってあって、良い感じ。店内は一面の窓から外の光りが降り注ぎ、明るくて居心地良いです。
olived01.jpg olived02.jpg
壁には有名人やフィルハーモニー楽団などのサインが一杯飾ってあります。音楽関係のお客さんが多いのかな? ランチメニューもお手頃価格でなかなか充実。さて、何を食べようかな!?

olivedsp.jpg
ランチメニューのスープとパン。お野菜たっぷりのスープは、手作りのホッとするようなやさしい味わい。パンもパリパリでおいしい。

olivedp.jpg
ランチメニューのゆでたてパスタより、春野菜のパスタ(980円)。さやいんげん、空豆、ボンレスハム、アスパラガス入り。

olivedpu.jpg
チーズのコクと香りがたまらない、クリーミーなパスタ。このパスタ、凄く美味しかったです! さやいんげんや空豆、アスパラのシャキシャキ食感と、手作りのようなやわらかいハムの塩気と、全体のバランスが素晴らしいですね。食べ出すと止まらないおいしさでした。ランチのパスタは他に「ナスとピーマン」「ボロネーゼ」もありました。これは、全部試してみたいと思わせますね〜(^^)

olivedtara.jpg
本日のランチより、魚料理(1,000円)は築地直送の魚が日替わりで用意されるそうです。この日はサワラかタラのソテーという事で、タラのバターソテーに。とっても良い焼き色に仕上げられたタラのソテー。バターソテーというと油っこいかな? と心配しましたが、全然油っこくなく、サックサクに焼かれています。

olivedtarau.jpg
見て下さい、鱈のこの厚み! 3cm以上はあるかと思われます。この身が、しまっていながらふっくらとやわらかくて、本当に新鮮なおいしさがあります。塩・コショウも絶妙に薄味で、タラそのものの味わいを堪能できます。パスタもおいしかったけれど、この魚料理が絶品でしたね〜。
そして、付け合わせのなんてことないレタスのサラダまで、ぬかりがないんです。ドレッシングが本当に必要最低限しか使われていない感じで、私の好みにぴったりでした(*^-^) それでいて、薄くはないっていうところが凄いです。こちらのパスタ、魚料理、サラダを食べてみて、味付けってとっても奥が深くて難しいよなぁと改めて感心させられました。

ランチのパスタは800円、900円、980円の三種類。魚料理は1,000円。とても気になった限定4食の鶏肉小玉ねぎトマト煮込みが1,100円。
メイン、スープ、パン、デザート、コーヒーのランチセットが1,850円と、このクオリティでこの価格はかなりリーズナブルだと思います。
さすがに人気のようで、12時過ぎには続々と女性客が訪れ、13時前にはほぼ満席くらいになっていました。

ちゃんと隅々まで手をかけられた、本当においしい料理が食べられる、こういう小ぢんまりしたお店ってなかなかないですよね。
今回このお店を見つけられたのがとっても嬉しかったです。料理がおいしいので、夜、ディナーでも来てみたいですね〜☆
また池袋でランチする時は、ここが第一希望になりそうです(^^)


東京・横浜 個室・隠れ家レストラン&ダイニングバー 東京・横浜 個室・隠れ家レストラン&ダイニングバー
お店には、私が行く前にチェックしていた『OZ 池袋』と、この本↑が置いてありました。


『The Olive Dining(オリーブダイニング)』ぐるなび
東京都豊島区東池袋1-47-5 モリハタビル2F
TEL 03-3986-2578
営業時間ランチ  月〜金 11:30〜14:30(L.O.14:00) 
ディナー 月〜土 18:00〜22:00(L.O.21:00) (ドリンクL.O.21:30)
定休日 日・祝 (但し貸切り時営業)



ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 15:47 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 1/87600食

2007年06月30日

新宿『台南担仔麺』でおいしい台湾屋台料理を堪能

毎日がシンクロニシティのrabbitpoleカップルと久しぶりの再会☆ 新宿でご飯を食べる事になり、みんなで『台南担仔麺(たいなんたーみー)』へ行きました。前に行った時、その無茶ウマ料理と驚きの安さに感動し、皆で食事するならココ! となりました。さて今日は何を食べようかな!?

kaisenbifun.jpg
まずは前回の記事を読んだrabbitpoleたちが気になっていたという特製海鮮焼きビーフン(海鮮炒米粉¥900)とハチノスを注文。海鮮焼きビーフンは、「どっちの料理ショー」で紹介された逸品。

kaisenbifunu.jpg
う〜ん、何度食べてもウマーいです(^^) コショウが利いた味付けも好みだし、海老や貝柱などの具も豊富。今回はイカがちょっと小さめだったけれど、それでもさっぱりとした美味しさは相変わらず。堪能しました♪

hachinosu.jpg
ハチノス(涼拌牛肚¥500)は、暑くなって来た今の気候にぴったり。

hachinosuu.jpg
パクチーが入っているのがまた良いんですよね。ここで冷菜といえばこれ、という感じになりました(^○^)

goyaitame.jpg
そして苦瓜と白子の黒豆炒め(小魚苦瓜¥900)。ゴーヤ大好き! 独特の味わいのある黒豆炒めも大好きで、よく食べます。

goyaitameu.jpg
ゴーヤが1cm弱くらいあるんじゃないかという程厚めにカットされています。しっかりと残るゴーヤの苦みがたまりません。でも決してかたくはなくて、シャキシャキで食べやすい。黒豆の風味とタカの爪の辛味で、濃厚に炒められたゴーヤとシラス。暑〜い日にとっても良さそうなメニューでした(^^)

taiwanokonomi.jpg
カキ、玉子、春菊の台湾風お好み焼き(オーアーチェン¥750)は、ふわっとしたやわらかい卵焼きという感じ。カキが入った贅沢なこの台湾風お好み焼きは、繊細であっさりした生地を甘酢っぽいソースで頂きます。初めて食べる食感と味わいですが、ホッとするようなおいしさ。家で作ってみたくなる味ですね。

nankotu.jpg
お勧めメニューから、鶏軟骨のから揚げ(¥500)。ナンコツ唐揚げというと居酒屋のコロコロしたものを連想していましたが、こちらのものは全く違って、長いままの軟骨。サクッと揚げられていて、コリッコリ。ニンニク、パプリカ、タカの爪の炒めた物がかけられているのがまたナイスです。こういうひと手間が味と満足度を大幅にアップさせますよね♪

ta-mi.jpgta-bi-fun.jpg
そして、シメにはお約束の担仔麺(ターミー¥200)と担米粉(タービーフン¥200)。小さなお椀ですが、その美味しさはビッグです(⌒∇⌒) ターミーは太めのしっかり麺を楽しんで、タービーフンはつるつる、細いビーフンを楽しみます。肉みそ自体は濃いめの味付けですが、このスープと麺で食べると、案外あっさりと頂けちゃいます。これも何度食べても絶対に飽きないおいしさですね〜。400〜500円位にして、もうちょっと量を多くしたらとも思いますが、これ位の量をツルッとシメに食べるのが丁度良いのかもしれませんね(*^-^)

6時過ぎに入店した時はまだ一組しか居なかったお客さんも、8時過ぎ頃にはほぼ満席になっていました。安いし旨いし、人気あるのも頷けます。
お会計は、四人で5品とそれぞれターミー、タービーフンを食べて、なんと5,050円也! HPのワンドリンククーポン使用して、お酒を飲むのが1人だけだったというのもありますが、それにしても激安じゃないですか!? 元々充分お安いのですが、行かれる方は是非、クーポンを使われると、お会計時に嬉しいサプライズを楽しめると思います\(o⌒∇⌒o)/☆
今度は是非一度ランチでも訪れてみたいです♪

酒井美代子の今夜は台湾料理―海鮮・蒸しもの・粥・麺・点心・デザート75種 B級グルメが見た台湾 アジア裏メシ街道―韓国・台湾 父と娘のおすすめ料理
酒井美代子の今夜は台湾料理―海鮮・蒸しもの・粥・麺・点心・デザート75種
B級グルメが見た台湾
アジア裏メシ街道―韓国・台湾 父と娘のおすすめ料理
よく行く中華料理店は、ほとんどが台湾料理だった事が判明しました。台湾料理が口に合うのかな? 台湾料理の味付けと、油を使っていてもそんなに油っこく感じない、あっさりした感じが好きです(*^-^)☆


『台南担仔麺』 
新宿区歌舞伎町2-45-1 常盤ビル1F
TEL/FAX : 03-3232-8839
営業時間 : AM11:30〜AM4:00(年中無休)
昼休み :(平日のみ/PM3:00〜PM5:00)
座席数 : 45席

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 15:58 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 1/87600食

2007年06月19日

八重洲地下街『韓式食堂 市場』で石焼ビビンバ・冷麺・参鶏湯セット

sijyan.jpg東京駅の八重洲地下街、南口にある『韓国食堂 市場』八重洲地下街南口店でランチしました。
こちらは営業時間11:00〜22:30の間、フルオープン、しかもランチメニューが17時まで頂けます。
中途半端な時間にちゃんとした食事がしたい時、とっても重宝しそうですね(^^)♪

sijyanibr.jpg
石焼ビビンバ&冷麺セット 1,150円。ビビンバは単品だと730円。サイドメニューの冷麺まで結構大きくてボリュームがあって嬉しい驚き(^○^)

sijyanibu.jpg
石焼ビビンバは、小皿のキムチを混ぜまぜして、辛味を足して頂きます。ちょっと挽肉とか具が少ないかな?? でも、熱々をおコゲを作りながら、フーフーして食べるのはやっぱりおいしいですね(^○^) 

sijyanru.jpg
冷麺は、ハーフサイズ?とは思えないくらい、結構多いです。酸味が強くて食の進む味わい。さっぱりしていてとても食べやすいです。蒸し鶏がしっとりしていて美味。

sijyansb.jpg
参鶏湯・ミニビビンバセット 1,150円。市場風参鶏湯は単品780円。

sijyansu.jpg
参鶏湯(サムゲタン)は、ずっと食べてみたかったメニューです。普通は、丸鶏のお腹にもち米と薬膳食材などを詰めて煮込んだものですよね? こちらのサムゲタンは、シジャン(市場)風にアレンジしたものらしく、朝鮮人参、ナツメなどと一緒に煮込んだ鶏モモ肉が一本入っています。
さっぱりして、でも鶏の出汁がよ〜く出たおいしいスープ。骨付きの鶏もも肉が、スプーンでくずれる程柔らかく煮込まれていて食べやすいです。ヘルシーで体に良さそう♪

sijyabu.jpg
ミニビビンバといっても、結構多いです。お茶碗は普通サイズみたいで、中身はハーフという感じでしょうか。石焼ビビンバよりも、ビビンバのタレの甘味や食材の味が際立っていておいしいです。石焼と普通のビビンバを同時に食べ比べたのは初めてだったのですが、食べる前の予想を裏切り、普通のビビンバの方がやけに味わい深かったです。結構辛いかな??

店内は広々として、テーブルの間隔も開いているし落ちつける感じ。ランチメニューのセットは組み合わせも豊富でとっても悩みました。東京駅近辺でちゃんとご飯が食べたい時に、使えそうなお店です(⌒∇⌒)☆


魅力探求!韓国料理 日本の食材でつくるチャングム・レシピ―韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」 韓国 オモニの食卓 ケンタロウの韓国食堂
魅力探求!韓国料理
日本の食材でつくるチャングム・レシピ―韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」
韓国 オモニの食卓
ケンタロウの韓国食堂
本場の韓国料理に挑戦してみたいけれど、ちょっと難しそう。でも、ケンタロウさんのレシピなら作れそうな気がします(*^-^)☆

サムゲタン健康法―超A級韓国薬膳
今度はお腹にもち米などがつまった、丸鶏のサムゲタンが食べてみたいです(^^)


レストラン『韓国食堂 市場』
東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街南1号B1F
TEL 03-3271-5262
11:00〜22:30 フルオープン
無休

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 13:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 1/87600食

2007年06月11日

カレッタ汐留『遊食菜彩 いちにいさん』で”黒豚しゃぶかつ”と贅沢な“野菜蒸しセット”

カレッタ汐留の『遊食菜彩 いちにいさん』で黒豚ランチ♪ 一度行きたかった、かごしま遊楽館にあるレストラン『遊食菜彩 いちにいさん』をカレッタ汐留で発見! 早速行ってみました(^^)
ichinisan.jpg ichinisant.jpg
カウンター席では、黙々としゃぶかつ用のお肉を巻き巻きして下ごしらえし、揚げている板さんの仕事振りを見る事が出来ます。ランチ時のカウンターでも、テーブルが広々としているので、ゆったり落ちつけます。

ichiyasaimusi.jpg
黒豚の野菜蒸しセット(豚しゃぶ・蒸し野菜、豚汁、蒸しちらし寿司)1,050円。ヘルシーなさっぱりメニューが食べたい気分だったので、ナイスなセットがありました♪

ichiyasaimu.jpg
このせいろ蒸し、おいしかったです〜(^^) せいろ蒸しされた黒豚、野菜をポン酢で頂くさっぱりメニューです。黒豚はほんのり赤身の残る綺麗な桃色。本当にやわらかく、旨味が凝縮されれいます。ただしゃぶしゃぶしただけでなく、蒸した事で更においしくなっているのだと思います。
しかし、このメニューのメインは、野菜ですね。蒸されただけのお野菜がこんなにおいしいなんて! ちょっと感激してしまいました。大根、ニンジン、カボチャ、ブロッコリー、モヤシまで、全てがそれぞれの素材の味を最大限に引き出されていて、旨味を堪能できます。豆腐と、下に敷かれたマロニーがまた旨いんだ(*^-^)♪ この野菜蒸しを頂いて蒸し野菜の美味しさに開眼し、家でも野菜を蒸して食べてみようと強く決心しました☆
デザートには甘〜いパイナップルと、ライチも入っているのが嬉しいです(^○^)

ichimusizusi.jpg
こちらはセットの蒸しちらし寿司。ちらし寿司まで蒸されています。そのまま蒸すらしく器は熱々。ちらし寿司といってもそんなに酢は強くなく、ほんのり酸味のあるほかほかちらし寿司はホッとするおいしさです。ちらし寿司にはシイタケやカンピョウが入っています。レンコンや錦糸卵の彩りも良く、小さくても手をかけられていて、有り難みと珍しさを感じる一品でした。
後から気づいたのですが、ご飯の横にあるネギ味噌、お通しでも出されたのですが、これ、豚しゃぶやカツにつけて食べるのだったのでしょうか!? お茶請けで食べちゃいましたが、そんな食べ方もあると知って、もう一度試してみたくなりました。

ichisyabukatu.jpg
黒豚しゃぶかつ(モモ肉)セット(豚汁、ご飯)1,100円。「しゃぶかつ」というものが気になったので注文してみました。セットの豚汁は、バラ肉と野菜の旨味が溶け出した、甘めの豚汁ですが、ショウガがよく利いているので、あっさりとした上品な味わいがあります。いわゆる豚汁のイメージとはちょっと違うおいしさ。
ゴボウ、大根、ニンジン、ネギにコンニャク入りで、ご飯茶碗よりも大きなお椀に入っています。これ、良いですね! また味わいたくなる美味しさの豚汁でした。

ichisyabuu.jpg
しゃぶかつとは、薄切り肉をクルクルと何層にも巻いたカツでした。これは、一度しゃぶしゃぶした物を巻いて揚げているのでしょうか? 下ごしらえしているのは生肉のように思えたのですが。モモ肉のせいか、少し固めでしっかりとした歯応えがあります。ちょっと揚げ過ぎのように思えたのはやはりしゃぶしゃぶした肉を揚げるという事で、火が通る時間が長くなるからなのかもしれません。こちらを、ソバつゆ+おろし+ゆずコショウで頂くのですが、このツユがとてもさっぱりして、カツがあっさりと頂け、とても美味でした。そばつゆといっても、とても色が薄くて見た目は天つゆっぽいです。ゆずコショウがまた良いアクセントになっています。
カツでは黒豚のバラかつもあるのですが、こちらは普通のお肉なのでしょうか? それともバラ肉薄切り巻きなのかな? 

しゃぶカツセットよりも、野菜蒸しセットの方がお安いというのが意外に感じるほど、野菜蒸しセットの、やわらかい黒豚と野菜の美味しさにときめいて、また食べたいなぁと思いましたが、こちらはやはり黒豚しゃぶしゃぶのお店で、それもソバつゆで食べるしゃぶしゃぶというのが売りらしいので、次回は是非、しゃぶしゃぶを頂いてみたいです(^▽^)/♪

かごしま黒豚物語 鹿児島いい店うまい店vol.12〜食べ歩き〜
かごしま黒豚物語
鹿児島いい店うまい店vol.12〜食べ歩き〜
鹿児島といえば、黒豚、芋焼酎、さつま揚げ?? 鶏飯という名物料理が食べてみたいです(^○^)☆

レストラン『遊食菜彩 いちにいさん』
東京都港区東新橋1-8-2カレッタ汐留B2
TEL 03-5537-2123
営業時間 11:00〜22:30(オーダーストップ21:45)
日・祭日は21:30閉店(オーダーストップ20:45)
ランチ11:00〜16:00

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 17:28 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 1/87600食

2007年06月02日

ニュー新橋ビル『牛かつ おか田』レアで頂く牛かつとソースかつ丼

新橋ランチ♪ 新橋でランチする機会があったら、絶対に行きたい! と思っていたお店、ニュー新橋ビルの『牛かつ おか田』へ行きました。ニュー新橋ビルは、『ポンヌフ』『七蔵』『キッチン東』などが入っている新橋駅前ビルを、更にディープにした感じ。サラリーマン御用達の居酒屋、一杯呑み屋が沢山ひしめき合っています。これらの呑み屋がやっているランチは、お値段も控えめで品揃えも多く、女性客も結構多かったです。お魚の定食などがメインのお店が多いのも嬉しいですね。ちょっと入りづらいけれど、入ってみれば結構居心地良さそうです(^^)

okada01-1.jpg okada02-2.jpg
平日ですが、12時過ぎにすでに20人位の行列が出来ていました! でも、お店のドアにある「30秒で揚がります。お待たせしません」という思い切りの良い貼り紙の言葉を信じて待ちました。その後、20分程で入店! OLさん二人組と向かい合っての相席です。
店頭もそうですが、店内は更にスナックっぽいです。カツ屋さんとは思えないような店構えで、でもお客は全員レアな牛カツを食べている。不思議な光景。

okada03.jpg
まずは、基本の人気メニュー、牛ロースランチかつセット(ライス・味噌汁付)1,200円。ランチセットのライスは、お1人様1杯無料サービスしてくれます。
噂に聞いていたよりも少し肉が薄めかな? こんがり、良い揚げ色。テーブルにも常備されている、マヨネーズソースと生醤油、ワサビで頂きます。

okada04.jpg
牛かつは、ほとんどレア! 衣の内側だけに薄く火が通っている感じ。本当に赤いお肉です。写真を撮っているうちにだんだん衣から熱が入ってきました。衣は黄色味を帯びていておいしそう♪ まずはワサビで頂きます。これが、とても良く合っていておいしいです(^^) 噛んでいるうちに段々と肉の甘味が増してくる感じ。
ゴマとマヨネーズベースのソースも良いけど、ワサビが凄くイイ! ワサビと生醤油で食べるとさっぱりして、最後まで飽きずに頂けます。
初めての牛カツ、美味しく堪能しました(⌒∇⌒)☆

okada05.jpg
牛ロースソースかつ丼 (味噌汁付)1,100円。ソースがカツにたっぷりと、ご飯にも染み込むくらいかけられ、その上にマヨネーズのトッピング。カツの下には千切りキャベツ。

okada06.jpg
こちらは、一口食べてソースとマヨネーズの濃さにびっくり。定食のロースかつよりも厚みがあって、丸っこく大きなお肉とソーズマヨネーズの組み合わせは、ボリューム感満点で食べ応えあります。
カツには大盛り千切りキャベツが欠かせない私にとって、キャベツが沢山カツの下に敷いてあるのはポイント高し。ただ、ちょっとソースが濃いのと、ソースの量が多いかな? 自分でかけられると調節出来て良いんですけどね。何故こう濃く感じるのか? よく味わってみると、このソースはどうやら、牛ロースかつについてくるゴママヨネーズソースみたいです。普通のソースだったら多分もう少しあっさりしているような気がします。
がっつり、牛かつを食べたい時には良いけれど、この濃い味は男性向きかなぁ?? といいながらも、おいしく頂きましたけどね(^○^)

牛かつって関西ではメジャーなメニューなのでしょうか。なんとなく関西っぽい料理だなと思いました。
ニュー新橋ビルにしては結構なお値段かな、と思いましたが、牛のカツですからね。それなりかな? 今度は牛ロースおろしかつや、牛フィレかつ(ランチでも2,000円!)も試してみたいです(^▽^)/☆


裸の少年 新・裸のレストラン 裸の少年 新・裸のレストラン
『牛かつ おか田』が紹介されています。ソムリエの田崎真也さんのおススメ♪

おとなの週末 2007年 03月号 [雑誌] おとなの週末 2007年 03月号 [雑誌]
「新橋&ガード下 呑みまくり日記」、「新橋駅前ビル vs ニュー新橋ビル」の対決特集をしています。

レストラン『牛かつ おか田』
東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル・地下1F
営業時間 11:30 - 14:00 / 18:00 - 20:30
定休日 土曜・日曜・祝日

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 12:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 1/87600食

2007年05月18日

有楽町のロメスパ『ジャポネ』久しぶりのナポリタンとジャリコ

japonek.jpg有楽町に行く度に後ろ髪を引かれていた、『ジャポネ』に久しぶりに行って参りました。ロメスパとは、路傍の麺 「路麺(ロメン)」のスパゲティのこと。
先日TBSの「2時っチャオ!」のワンコイングルメの特集でも取り上げられていましたね。これでもっと昼時の行列が増えるかも!?
初回“ジャポネ”と“ナポリタン大盛り”
二回目“ジャリコ”と“チャイナ塩味”
三回目“ヘルシー大盛り”と“インディアン”
四回目“明太子”と“ジャリコ”
五回目再びの“ジャポネ”と“ナポリタン”、と頂いてきましたが、今回は、一年振りの来店という事で、今まで食べた中で一番おいしかった“ジャリコ”と、王道の“ナポリタン”を注文しました♪

jnapo.jpg
ナポリタン 大盛り 650円(500円+大盛り150円)。エビ・シイタケ・オニオン・小松菜入り。いつも通り、たっぷり大量のスパゲティと焼かれたパスタのツヤがキラキラして、炒めケチャップの良い香り(^^) 腹ヘリ時にナポリタンは外せませんね〜。

jnapou.jpg
前々回に“ジャリコ”と“明太子”を食べた時も感じたのですが、凄いしっとり感があります。ケチャップたっぷりの、甘くて濃くて懐かしいナポリタンです。ケチャップとオイルがちょっと濃いめかな? という気もしますが、濃くてもやっぱりおいしいです(^○^)


jnapocu.jpg
初めて食べた時は、海老も干し椎茸も小ちゃくて、具はあまり主張していなかったのですが、最近、具が大きく、量も増えたような気がします。これは嬉しい変化ですね!

jjariko.jpg
ジャリコ 大盛り 700円(550円+大盛り150円)。ジャリコは一番好きなメニューです。醤油ベースでエビ・肉・トマト・シソの葉・シイタケ・オニオン・小松菜入り。


jjarikoh.jpg
“ジャリコ”の美味しさは、なんといっても炒めたトマトの旨味がスパゲティ全体によく馴染んで絡んでいるところ。しょう油味の麺にたっぷり溶け込んだこのトマトの風味が、なんともいえない奥深い味わいを醸し出しているんですね。フレッシュなトマトを炒めるだけで、こんな複雑な味になるんだなぁと改めて関心させられました。

jjarikou.jpg
見た目シンプルそうですが、とても味わい深いおいしさ。ナポリタンと比べても、とてもさっぱりしているので、最後まで飽きずに堪能出来ます。ジャリコ、好きだなぁ(⌒∇⌒)☆

腹ヘリだとついジャンボ(大盛り)を頼んでしまいますが、レギュラー(並)でも女性なら充分満腹になると思います。レギュラーならこの量と美味しさで、ジャリコなら550円、ナポリタンは500円ですから、とってもリーズナブル。

カウンターだけなので、初めはちょっと入りづらいかもしれませんが、座ってみると結構落ち着くし、店長さんもとても感じが良いので居やすいです。

今回6回目の来店にして初めて、店長さんに「“横綱(大盛りの上、並の三倍量)”ありますから。横綱。次ね。」と声をかけられました! いつも大盛りをペロッと平らげるのを覚えていてくれたのでしょうか!?
いくらなんでも横綱は無理だよ〜。いや、イケそうだけど、さすがにちょっと恥ずかしいので注文出来ないかな〜(^▽^;)
お店のメニュー表もくれようとしたのですが、一回目にすでに貰って帰っていた私。
ちょっと嬉しい(恥ずかしい??)ふれ合いでした(*^-^)

今度こそは、未食のメニュー“梅のり”と“キムチスパ”と、こうなったらいつか究極にお腹を空かせて、一度は横綱に挑戦してみたいと思います(^▽^)/☆


東京必食の激安極うま店〈’06〜’07年度版〉 やまけんの全国出張食い倒れガイド
東京必食の激安極うま店〈’06〜’07年度版〉
やまけんの全国出張食い倒れガイド
『ジャポネ』が紹介されている、極ウマグルメのバイブル本二冊。いつもお世話になっています☆


レストラン『ジャポネ』
東京都中央区銀座西1丁目2番地先 銀座インズ3の1階
TEL 03-3567-4749
月曜日〜金曜日 10:30〜19:30
土曜日     10:30〜15:00
日曜祝日休み カウンターのみ12席

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 17:02 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 1/87600食
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。