2006年12月11日

渋谷『夢吟坊』京のかきあげと冷やしたこ天うどん

muginbou.jpg渋谷で映画の前に夕ご飯。何度か行った事のある京うどんとむぎとろの店『三宿 夢吟坊』渋谷マークシティ店へ行きました。こちらは広々とした居心地の良い店内で入りやすく、日替わりランチ、日替わりレディースセットなどが充実していて、平日ランチタイムのサービスセットは5時まで頂けるので助かります。渋谷でランチを食べそびれた時間帯にも安心のお店。この日も女性のおひとり様客を多く見かけました。

mukakiageu.jpg
まずは、名物のかきあげうどん 920円。かきあげは別皿で出されます。

mukakeudon.jpg
関西風の薄い醤油色、温かいうどんのおつゆは、出汁と醤油のバランスも良くてちょっと甘めの食べやすい味。
おうどんはコシよりもモチモチ感の方が強い印象。やさしくてホッとするような、素朴うどんです。

mukakiage.jpg
こちらのかき揚げは、よくあるふつうの衣で野菜を固めるようにまとめられた物とは全く別ものです。ごぼうはうす〜く長〜く削られたもので、カリッカリ。凄い歯応えで、ガリガリ音がする程。これがまた旨いんですよねー♪ 同じように薄く長いニンジンも、根菜を食べてるゾ! という充実感があります。大きめの芝えびもおいしくて良いです。これらがバラバラに揚げられているんですね。まず、抹茶塩で頂いてみたのですが、これがイケる♪

mukakiageudon.jpg
その後、かきあげをうどんに入れて食べてみると、お出汁が薄味なのもあってか、わざわざおつゆに入れなくてもいいような気がしてきました。折角のカリサク食感もおつゆに浸ってやわらかくなってしまうし。これは、お塩だけでそのまま頂くのが絶対おすすめですね☆

muhitakotenu.jpg
もう一品は、冷やしたこ天うどん 1,020円。表のお品書きで「たこ天」の文字を見かけてからこれに決めてました(⌒∇⌒)

muhiyasiudon.jpg
冷やしのおつゆは一口飲んで、讃岐風? と思いました。だしには北海道高級利尻昆布、九州、四国の鯖節、うるめ節、宗田節に追い鰹本節を使用しているそうなので、このイリコの出汁加減が讃岐うどんの出汁と通じる物があるのかもしれません。正確に言うと、自宅で作った讃岐うどんの出汁つゆに凄く似ていました。いりこと昆布ダシの旨味がよく利いていて、色は全く醤油が入っていない? という位の透明さ。これが凄くおいしい! 好みのおつゆです♪
冷やしのうどんは、温かいうどんとは逆にコシを強く感じておいしかったです。長くて太くて立派なおうどん。
器までキンキンに冷やされているので、食べ終わるまでずっと、ダシもうどんも具も冷え冷えで頂けます。

mutakoten.jpg
たこ天は、ひとつひとつが大きめなのと、部位によって固いところがあって、格子に切り込みが入っているのに、それでも噛み切れないものがあって大変σ(^_^;) おいしいんだけれど、ちょっと固かったかな。もう少し一切れを小さくして欲しいかも。
ゴボウ天も歯応え十分なので、食べ終わる頃には結構顎が疲れました(^▽^;)
おうどんは、温かいものは少し粉っぽさを感じたので、冷たい物の方がおいしくて良かったです。
他もおうどんも食べてみたいのですが、ついこのゴボウ天が忘れられず頼んじゃうんですよね。
次回は、昆布だしに「夢塩」という名の塩を使った塩うどんを食べてみたいと思います☆ (もしかして、冷やのお出汁はこの夢塩なのかな!?)


京のめん処 馴染みのうどん・そば屋さん 京のめん処 馴染みのうどん・そば屋さん
京都で行きたいうどん屋さん、一杯あるんですよね〜。本物の京うどんを食べ歩いてみたいです♪

きつねうどん口伝 きつねうどん口伝
大阪・船場の元祖きつねうどんの老舗「松葉屋」についてのすべて。松葉屋の歴史から、美味しさへのこだわりと追求、その結果編み出されたうどんの打ち方、だしの取り方のレシピまでもが載っています! 読み物としても面白い、関西うどんのバイブルです。

『夢吟坊』HP
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-3 渋谷マークシティ EAST MALL2F
TEL 03-5458-5970
営業時間 11:00〜23:30(L.O.23:00)



ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:45 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うどん

2006年11月23日

京風しっぽくうどんwith黒七味

寒くなってきましたね〜! {{ (>_<) }} こんな日は、お家でおうどんでも食べようという事になり、『京・味匠麺処 薬師庵』の“京風しっぽくうどん”を買ってきて、お家で頂きました。

sippoku.jpg
こちらのおうどんには、以前にも紹介した、京都 原 了郭の黒七味が入っています♪
渋谷紀伊国屋で黒七味を買った時に見かけて気になっていた、『薬師庵』のこの黒七味入りのおうどんを、恵比寿の成城石井でも発見exclamation “しっぽくうどん”は初体験なので興味津々です。

sippoku01.jpg
薄い色の京風のお出汁は、すっきり薄味だけど出汁が利いていておいしいです。
うどんについている具は、乾燥ゆば・黒七味・乾燥ネギ・味付椎茸・とろろ昆布・蒲鉾・三つ葉と盛りだくさん! ネギだけでなく、三つ葉も鮮度の良いものが入っているのが嬉しいです☆
普段うどんには入れないような具材のとろろ乾燥湯葉、味付椎茸、とろろ昆布がこの薄味のお出しに良くあって、とてもふんわりやさしい印象。

sippoku02.jpg

おうどんは、意外とコシがあって、つるつるもちもちしてなかなか良かったです。
おだしがとても繊細な味付けなので、黒七味を沢山入れてしまうと黒七味の風味に少し負けてしまうかもしれません。少しずつ、加減しながら頂きました。
写真の三つ葉の上やうどんにのっている黒い粒々が黒七味です。
しっぽくうどんとは讃岐の冬のうどんの食べ方で、野菜を汁と一緒に煮込み、煮込んだ野菜を上にかけたものなのだそうです。
今回頂いたしっぽくうどんは、京風なのですが、色んな地方のしっぽくうどんがあるのかな? それならそれぞれどんな具が入っているんだろうか? とか、うどん道に更に奥深さを感じたしっぽくうどんなのでした。


京風しっぽくが楽天で購入できます♪ お値段も手頃で嬉しいですね(^^)
勿論、原了郭の黒七味いりかわいい

薬師庵のおうどんでは他にも
京鴨うどんすき(1人前)とか、

京鴨なんばがすっごく食べてみたいです(⌒-⌒)


おいしいごはんのためならば
服部幸應のごちそう取り寄せ帖
おいしいごはんのためならば
黒七味が紹介されている本です本

ペン 「京都『原了郭』の黒七味」の記事はこちら。

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:52 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | うどん

2006年11月10日

飯田橋『きしめん 尾張屋』三色きしめんと鴨せいろ

owariya.jpg東京駅の味噌煮込みうどんに続き、飯田橋で本場のきしめんが食べられるお店があるという噂を聞きつけて、『きしめん 尾張屋』へ行きました。こちらはすぐ近くに蕎麦屋も経営されているので、間違えて蕎麦屋に入りそうになりました。
大正震災後、銀座から神田に移ったそばの老舗だそうです。
どんなきしめんか楽しみ〜♪

owakamoseiro.jpg
鴨せいろきしめん 1,000円。温かい鴨汁に冷たい大盛りきしめん。

owakamo.jpg owakisimen.jpg
鴨汁は、見た目凄く濃そうですが、そのままでもちょびちょび飲める位、出汁の利いたおいしいつけ汁。関西風のつゆが主体という事ですが、関西でも名古屋のつけ汁は結構濃いんですね。
鴨肉はとってもやわらかくて脂身もウマーexclamation つくねも入っているのが嬉しいです。
薬味がゆずの皮、ショウガ、三つ葉、ネギと4種類もあるのがまた良いですね。ユズの風味が濃いめの鴨汁と良く合います。
黄みがかった透明のツヤツヤめん。平べったいのに、思いの外コシがあってツルツルして、とてもおいしいきしめんです! そのままきしめんだけでも全然いけますかわいい

owasansyoku.jpg owatukimiorosijpg.jpg
三色セット(天ぷら、とろろ、おろし)炊きこみご飯付き 980円。
月見おろしは、おろしぶっかけきしめんに卵の黄身入り。おろしでさっぱり、でも黄身がしっとりきしめんと絡んでおいしいです♪

owatenpura.jpg owatororojpg.jpg
天ぷらは海老、イカ、シシトウ、ナス。衣がポテッとしたしっとりタイプの天ぷらで美味♪ そして、イカの天ぷらが絶品ぴかぴか(新しい) 見た目小さいけれど、凄い厚み! 食べ応えありますね〜。ナスもいいし、ししとうは辛かった!
とろろは綺麗に飾りきりされたカマボコ入り。こういう見た目っておいしさを増しますよね〜♪
そして、このカマボコがしっかり魚の味がしてまた旨かった☆
全ての素材が良い物を使っているなぁという印象でした。

とにかく、ちゃんとしたきしめんというものを食べたのも初めてかと思うのですが、こんなにモチモチして歯応えのあるおいしい麺だとは思いませんでした。讃岐うどんに引けを取らない味わい深さがありますね〜
他のメニューも、蛤きしめんとか、牡蠣を使った物とかも、とにかく全部おいしそう♪
店員のおばちゃまもとても感じよく、老舗の佇まいも素敵で、絶対にまた来たいと思わせるきしめん屋さんでした☆


蕎麦ときしめん 蕎麦ときしめん きしめんと言えばやはりこの本 本

大人の名古屋 2006年版   名古屋のほんとうにいいもの 名古屋いい店うみゃー店 ここまでやるか名古屋人―イチゴスパから名古屋嬢、メーエキからモーニングまで
大人の名古屋 2006年版 名古屋のほんとうにいいもの
名古屋いい店うみゃー店
ここまでやるか名古屋人―イチゴスパから名古屋嬢、メーエキからモーニングまで

名古屋の味噌煮込みうどんはもの凄く固い芯の残る強力タイプなのに、それに比べてきしめんはとてもやわらかくコシのある、繊細なタイプ。名古屋からこんなに違うタイプのめんが派生したのって、とても興味深いですね目

『きしめん 尾張屋』
東京都千代田区飯田橋4-8-11
アクセス JR・地下鉄飯田橋駅東口
TEL 03-3261-1073
平日  11:00〜21:00 
土曜日 11:00〜20:00
定休日 日・祝日



ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:42 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(2) | うどん

2006年10月14日

東京駅『玉丁本店』味噌煮込みうどんの芯に驚く

tamatyoh.jpg東京駅八重洲地下街に本場名古屋の味噌煮込みうどんのお店があるらしいという噂を聞きつけて、地下街を端から端まで歩き回り、やっと探し当てました! 『玉丁本店』、場所はオレンジロードの八重洲南口より。5時までランチメニューの無料サービスご飯がつけられる! 時間は5時3分前だ! 急げ♪

ta-01.jpg ta-02.jpg
味噌煮込みうどんに付いてくる白菜のお漬け物。なんと、味噌煮込みうどんにこのお漬け物を入れグツグツ煮て食べるという解説が! 美しくておいしかったので、煮込む前に全部食べてしまいそうでしたが、説明通りに煮てみましたるんるん

ta-03.jpg ta-04.jpg
味噌煮込みうどん 鶏と木の子入り 1,260円。土鍋の蓋を取るとモウモウと湯気があがります。すかさずそこへ白菜の漬け物を投入! また蓋をして、紙エプロンを付けてから(食べ方解説通り)頂きます。
味噌のお出汁は、凄く濃いめだけれど、甘味と旨味が凝縮されていて奥深い味わい。ただ濃いだけでないので、おいしくてそれだけでもどんどん飲めちゃいます。卵をくずしてもほとんど濃さは変わらないかな。
そして、驚いたのは麺の固さexclamation これは、コシというよりも固い。断面を見ると、しっかりと白く芯が残っています。メニューに“「芯が残る」という感覚は名古屋名物味噌煮込みうどんの特徴です”という断り書きがあったのですが、本当に固めに茹でているんですね。この固さだと、知らない人からクレームがついたりするのかも。ちなみに「やわらかめ」も注文出来るそうです。

ta-05.jpg ta-06.jpg
味噌煮込みうどん 串カツ入り 1,380円。揚げ物がだし汁に浸かっているのって本来ならあまり好みじゃないのですが、これが意外にも、旨い! 串カツが、味噌串カツになっているexclamation&question 卵が良い具合にとじられていて、重なるおいしさ。しかも、上面はまだサクサク感も残していて、カツの旨味も味わえる。油っこくもなく、意外に味噌煮込みうどんともよく合っていました。
お出汁が濃い味なので、ご飯が欲しくなりますね。ランチサービスか、ご飯がつけられるクーポンもあるので、是非ご飯と食べられる事をお勧めします☆
なごやめし 名古屋式。 どえりゃ~!!名古屋モーニング―喫茶店の万博!!100品
なごやめし
名古屋式。
どえりゃ~!!名古屋モーニング―喫茶店の万博!!100品
不思議の食の都、名古屋。いつかは名古屋めしを食べ歩きしてみたいですかわいい 表紙のバックが赤いのも名古屋式!?

レストラン『玉丁本店』
東京駅八重洲地下街オレンジロード内
行き方:東京駅八重洲改札口を出たら「オレンジ・ロード」を有楽町方面へ向かって進み右手。
TEL   03-6225-4831
営業時間  11:00〜22:00(ラストオーダー 21:30)
土・日・祝 11:00〜21:30(ラストオーダー 21:00)

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:50 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | うどん

2006年09月18日

『丸香』で夏の終わりのぶっかけうどん

maruka0609.jpg神保町で夕御飯。最近食べ過ぎ気味なので、今日はさっぱりと『丸香』でおうどん。映画『UDON』を観てからやっと讃岐うどんが食べられました。
前回前々回は釜玉山と冷やかけ、その前はかけとつけ。
今回は釜揚げやカレーうどんを食べてみたかったのですが、カレーはどうやら冬メニューらしく見当たらず。ぶっかけうどんの“夏限定”で“9月一杯”という文字を見てぶっかけに決定。もう一品はシンプルに釜たまにしました。

marukabukkake.jpg mbukkakeu.jpg
ぶっかけうどん 600円(500円+大盛り100円)。
大盛りは迫力ありますね〜! 普通だと少なめなイメージがあるので、つい大盛りを頼んでしまいますわーい(嬉しい顔) 久し振りにお店で食べたぶっかけは、お出汁も丁度良い加減、なによりもおうどんのモチモチ感、コシ、ツヤが素晴らしくて、一口食べるともう幸せぴかぴか(新しい) 好みですが、貝割れはいらないかな? 折角のうどんの滑らかな口当たり、のど越しの邪魔になるような気がしました。美味しいんですけどね♪

marukamatama.jpg mkamatamaujpg.jpg
釜たまうどん 550円(450円+大盛り100円)。
う、美しいですぴかぴか(新しい) ダシ醤油の色が薄いので、沢山かけても見た目は変わらず美しいまま。卵と混ざったうどんは、信じられないくらいのコシを更に発揮し、箸で長い麺を持ち上げようとすると、割り箸が折れるかと思うくらいの重量を感じます。釜揚げの麺は、更にモチモチ感が増し、力強く伸びるけれどとてもやさしいのど越し。夏の終わりの弱った胃腸にぴったりのお腹にやさしいおうどんですね〜かわいい シンプルでとてもおいしいのですが、好みでいうと、前回、前々回にも頂いた山芋とろろ入りの釜玉山の方がもっとおいしいかもわーい(嬉しい顔)

marukagesoten.jpg 初回来店時にげそ天を食べて、あまりおいしくなかったのですが、こちらは天ぷらの種類が少なく、他に食べたい物も見当たらないので、ゲソ天に再チャレンジしました。以前の巨大ゲソ天とは違って、小さめのゲソが2つ 150円。その結果は、相変わらずおいしくない……ふらふら とにかく衣が固まっていて油っこい。衣がボテッと厚くて普通の天ぷらと違うんですけど、片栗粉とか入っているのでしょうか? これが香川の味なのかなぁと、食べる度に思います。天ぷらがもっとおいしかったら完璧なのに。勿体ないです。


かわいいこれまでの『丸香』の感想記事です。
『丸香』釜玉山とひやかけ
『丸香』2回目は。
『丸香』でヤケド『野らぼー』で内出血


首都圏&讃岐のうどんの名店150―最強のUDONツアーズ! 今食べられるもっとも旨い店セレクション 絶品うどん図鑑―首都圏で食べる讃岐ほか全国のご当地うどん
首都圏&讃岐のうどんの名店150―最強のUDONツアーズ! 今食べられるもっとも旨い店セレクション
絶品うどん図鑑―首都圏で食べる讃岐ほか全国のご当地うどん
映画『UDON』効果なのか、第二次うどんブームが来ている様子。もっと美味しい、もっと色んな種類のうどんを食べ歩きたいでするんるん


レストラン『丸香』
東京都千代田区神田小川町3丁目16-1
定休日 暫定 日曜 祝日 土曜の夜
営業時間も変動があるそうです。お店の人に聞いてみよう♪


ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 19:45 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | うどん

2006年08月28日

『七蔵』新橋で絶品稲庭うどん

nanakura.jpg映画『UDON』を観た後に、本当ならば讃岐うどんをアップしたかったのですが、稲庭うどんになちゃいました♪
『ビーフン東』『香港屋』と最近よくお世話になっている新橋駅前ビル1号館の2階にある『七蔵』(ななくら)で、評判の稲庭うどんを頂きました。『ビーフン東』と同じフロアにあります。このビルはおいしい食のテーマパークだかわいい



naitumonoha.jpg nanainaniwau.jpg
お通しはなく、うどんに付いてくる“いつもの白菜漬”でビールを一杯。
試写会前に、開店を待って入店したので客は自分たちのみ。とても綺麗で広々としたジャズの流れる店内で、天ぷらの揚げられる音を聞きながら飲むビールは最高です。映画の時間があるので30分くらいで切り上げるつもりが、ゆったりとした空間にすっかり良い気分。もう遅れてもいいや! という心持ちになってしまいました。

nainaniwauu.jpg nainaniwadasi.jpg
注文したのは稲庭うどんの大1,300円。小900円、中1,100円です。
付け出汁を2人分用意してもらい、2人で大をひとつ食べました。
まず、乾麺とは思えないほどの滑らかで艶のあるうどんに驚きます。
食べても、滑らかさと、もちっとした食感、そしてスルスルと入っていくのど越しにまたびっくり。本当においしいし、うどん自体、粉の甘味があるのでそのままでもいけます。お出汁のつけ汁は味噌ベースで、ひき肉入り? パンチがあるけど優しくやわらかい、奥深い味わいです。薬味のミョウガがとても良く合って、凄く良いです。締めにお湯で割って全部飲み干せちゃうのも嬉しいですね。もっと食べたい! いくらでも入りそうな、ペッピンうどんでした♪

nakisetunoyasaiten.jpg nakisetuyatenujpg.jpg

季節の野菜天 1,000円。揚げ油の音でもう期待は高まるばかり! 思った通り、とても美しく、そして最高に良い素材を使った、こだわりの野菜天ぷらでした。
さつまいも、ししとう、シイタケ、玉ねぎ、ヤングコーン、レンコン、新生姜、アスパラ。玉ねぎの天ぷらって初めて食べた気がしますが、これが美味しい! 松笠に飾り切りされたさつまいもも、溜息が出る美しさ。ほくほくで、歯応えを残した揚がり方も絶妙。普段食べるさつまいもの天ぷらとはもう別料理です。ヤングコーンも、レンコンも、きっとあげる前に仕事しているのでしょう、本当に揚げただけなのになんでこんなに美味しいの!? といちいち驚いてしまいます。

今度は是非ゆっくりと、他のおつまみ、料理も堪能してみたいです♪

稲庭うどん物語
稲庭うどん物語
posted with amazlet on 06.08.28
無明舎出版
無明舎出版 (2000/07)
売り上げランキング: 668,649


うどん大全―うどん打ちの奥義、うどんの魅力を知る。 日本全国絶品うどん図鑑〈2005‐06〉
うどん大全―うどん打ちの奥義、うどんの魅力を知る。
日本全国絶品うどん図鑑〈2005‐06〉
讃岐うどんから始まったうどん食べ歩きですが、うどん道は奥が深い。更なる美味しさの追求に行ってきます♪


レストラン『七蔵』
港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館2階
TEL:03-3571-5012
平日:10:50〜14:30 17:00〜22:00
休日:土・日・祝日

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 18:40 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うどん
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。