2006年05月07日

『さか田』ぶっかけうどんのトマト仕立て

sakatag412.jpg
有楽町の試写会帰りに、『さか田』へ行きました。
『さか田』は何度も行っているのですが、SeeSaaブログの方ではアップしていませんでした! 
今まで『さか田』で頂いたおうどんはこちらをご覧下さい。



sbutals.jpg sagesatod.jpg
まずはおつまみに豚ロースのすだち醤油 ¥600と、あげ里芋の田楽 ¥500を頼みました。
テーブルのお醤油が、生醤油うどんなどにも使うおいしいお醤油のため、全然辛くないので、すだちとこの醤油にジャバっとつけても全然しょっぱくなく、さっぱりとおいしく頂けます。
確かゴマ味と味噌かな? 豚ロースで三種類味が選べます。素材の豚ロースがしっかりとした良いお肉なので、どれも美味しかったです。
こちらはおつまみも全部おいしいですが、焼酎やお酒に合いそうなしょっぱめのものが多いです。その中でもさっぱり系の一品。
あげ里芋の田楽は、ホクホク、さっくりと素揚げされた里芋に甘じょっぱい田楽味噌がうまーいです! 里芋好きにも、田楽好きにもお勧めの一品です。

shiyatenorosi.jpg shiyatenu.jpg
冷たいおうどんは、冷天おろし ¥1,000。
ぶっかえうどんに海老天、ナス天、サツマイモ天、青じそ天と大根おろしがのっています。透明がかった黄灰色のつるつる麺。すごいコシと噛み応え!
お出汁は、見た目濃いめですが、実際は濃くなく薄くなく、丁度良いお味です。全体的に、以前に比べて少しインパクトに欠ける気がしましたが、他の色んなお店でおいしい讃岐うどんが食べられるようになったせいか、自分の舌が肥えたのか? とちょっと考えてしまいました。でも、勿論十二分においしいよるんるん

sbukkaket.jpg sbukkaketu.jpg
もう一品、こちらでは、創作うどんを頼まずにはいられません。
ぶっかけうどんのトマト仕立て ¥900。意外にも温かいうどんです。
まず、見た目にびっくり! そしてトマトの洋風な香りにまた驚かされます。
たっぷりのトマトスープに、ホールトマト、まいたけ、しめじ、えのきとネギ。スープはミネストローネ風。これはタイムかセージ? ハーブが利いていて、ちょっと辛みも感じます。おいしい♪ 思いっきり洋風なので、讃岐うどんを食べているのも忘れるほど。おうどんはしっかり讃岐うどんですが、無国籍な新しいおいしさの創作うどんです。

以前同じくぶっかけうどんのココナッツミルク仕立て(メニューから消えていた様子。おいしかったのに!)や、釜バター(釜玉うどん+バター)、釜ペペロンチーノ(釜あげうどん+鷹の爪を浸けたオリーブオイル)などを食べた時にも感じましたが、本当においしい讃岐うどんは、パスタと一緒で、茹でただけでおいしい冷たくても、温かくても、それ自体でおいしく頂けるので、何をかけても、何と和えてもおいしくなって、不味くなることはないのです!
その讃岐うどんの美味しさを更に研究開発して、未知のうどん世界へと広がる創作メニューを提供してくれる店主の心意気に感動しますぴかぴか(新しい)

ところで、久し振りに行ったら、店長さんと店員が全員変わっていました。
店長らしき男性は前の店長さんと似ている気がするので、御家族なのでしょうか?
一度食べると、すぐにでもまた食べたくなるおうどんです。いつも夜並んでいたり店じまいで入れないのでなかなか行けませんが、またすぐに行きたいと思います!

『さか田』で今まで頂いたおうどんです。
かわいい ”ぶっかけうどんココナッツミルク仕立て”、“生醤油うどん”、”釜玉うどん”
かわいい ランチセットの“かやくうどん”と“ざるうどん”
かわいい ランチセットの“山かけ”と“生醤油”温


さぬきうどん偏愛(マニアックス) さぬきうどん偏愛(マニアックス)
私の讃岐うどん入門本。こちらに店名だけ載っていた頃から気になっていたお店です。初めて行った時は感動しましたぴかぴか(新しい)

あの、讃岐うどんのバイブル「恐るべきさぬきうどん―誰も書かなかったさぬきうどん針の穴場探訪記 (第4巻)」東京唯一の掲載店でもあります。

レストラン『さか田』
住所 中央区銀座1-5-13 仰秀ビル2F
TEL 03-3563-7400
営業時間 11:30-15:00
     17:00-22:00(21時位までに行かないと入れないかも?)
日祭定休 土曜昼のみ営業



ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:25 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(1) | うどん

2006年04月16日

『丸亀製麺』セルフうどんとは

marukameseimen.jpg 池袋サンシャインシティアルタB1Fに、いつの間にか出来ていた釜揚げ讃岐うどん『丸亀製麺』でおうどんを食べました。

こちらは『はなまるうどん』のようなセルフサービスのうどん屋さんで、トレーを持ってうどんを注文、そのままレジでお金を払うシステムです。

maseorosibukkake.jpg maseorosibu.jpg
冷たいうどんは季節メニューのおろしぶっかけ。大盛で430円。
出汁つゆの色の濃さと量の多さに驚きます。つゆは、見た目ほどは濃くないけれど、ちょっとしょっぱめで濃いめです。
麺はコシがあるけどやさしい感じ。太さや長さにばらつきがあってヒヨヒヨ麺が多かったですが、店内でうちたて、ゆでたてを頂けるのは嬉しいですね。うちたて麺はやっぱりおいしいです。
こちらは麺のこだわり六箇条を掲げていて、「ゆであげ後30分経過した麺は廃棄するコシへのこだわり」なのだそうです。
「廃棄」って言葉とうどんがどうも結びつかない……。
こういうシステムって、セルフ系のお店ではある程度仕方ないのかもしれませんが、時代と逆行しているような気がします。30分過ぎてのびててもいいから、50円とか100円で食べさせて欲しいです。勿体ないから。

masetorotama.jpg masetorotamau.jpg
とろ玉うどん 温の並、380円。
とろろと温泉卵、揚げ玉をのせてくれます。温かいほうのだしつゆも濃いめ。
温泉卵がおいしいです。生卵よりも、混ざりきらない感じがいいですね。
卵ととろろを混ぜると丁度良い加減になりますが、まだちょっと濃いかな?
これは関東風に味付けされてるんでしょうか。

masetenpura.jpg野菜かき揚げ130円、さより天100円。
冷えていたけれど、案外美味しかったです。
野菜かき揚げはサクサク。さより天はちょっと固かったです。

こちらのお店、初めはてっきり香川の有名な製麺所、丸亀製麺株式会社の店舗なのかと思いましたが、全く関係のない企業のチェーン店でした。しかも「北海道の小麦粉100%使用」と麺のこだわり六箇条にもありますが、北海道の粉で作ったおうどんでも、
讃岐うどんと言ってしまえば讃岐うどんなんですね。
讃岐うどんって一体!? 釜揚げ、ぶっかけという食べ方の事を言うのでしょうか。

もの凄く気になったのは、店内の掃除やテーブル上の備品などの補充が全く出来ていない事です。セルフ店とはいえ、一時間に一回くらい店内を巡回しないのでしょうか? 
湯飲みはないし、紙ナプキンも最後の一枚。醤油瓶は大きなカウンターの上の3つ、全てが空!
他のテーブルの客も醤油が切れていた様子で、店員さんに頼んだら、隣のテーブルの醤油瓶と取り替えて、そのまま行ってしまいました。隣のテーブルは!?
これにはびっくりしましたね〜。教育やシステムがしっかりしていないとかじゃなくて、醤油が勿体ないとか、節約の為にわざとやっているとしか思えません。
レジの中の店員は、支払いの時にこちらを向いて堂々とお茶飲んでるし。
今どきこんな店員みたことないですよ!
20人位用の大きなカウンターテーブルは少し力を入れると斜めになるし、椅子もガタガタ。湯飲みは安い物なのか、お茶を入れたら熱くて持てませんでした。

これで、うどんが100円200円なら我慢出来るかもしれないけれど、そんなに安くもないし。
ただ「丸亀製麺がこんなことしていいのかな?」という不安や心配は、無関係の企業のチェーン店という事を知って、なくなったので、逆にホッとしました。
名前、いいんでしょうかね? この企業はやきとり、粉もん、ラーメンにスパゲティと全国展開していて、『丸亀製麺』だけでも28店舗あります。
初めて入った人は絶対に香川の丸亀製麺のお店だと思ってしまうと思うので、本家にとってイメージ的にとっても良くない事だなあと強く思いました。

ちょっと小腹が空いた時に使いやすく、また行きたいと思うお店なので、もう少し店舗の状況を改善して欲しいなと思いました。

恐るべきさぬきうどん―麺地創造の巻 恐るべきさぬきうどん―麺地巡礼の巻
もう一度、いちから讃岐うどんをおさらいしてみます。

絶品うどん図鑑―首都圏で食べる讃岐ほか全国のご当地うどん 絶品うどん図鑑―首都圏で食べる讃岐ほか全国のご当地うどん


レストラン釜揚げ讃岐うどん『丸亀製麺』サンシャイン池袋店
東京都豊島区東池袋3-1-3 サンシャインシティアルタ内
03-3989-1870
営業時間 午前10時〜午後10時

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 16:55 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うどん

2006年03月22日

『丸香』釜玉山とひやかけ

maruka63g.jpg
神保町ご飯では最近濃いものばかり食べていたので、
たまにはおうどんでも。久し振りに『丸香』へ行きました。

土曜日の16:30くらいに入店。
空席が目立ちますが、こちらは売り切れ終いしてしまうので、
遅い時間に行く時はドキドキします。
今の売り切れ終いって何時頃なんでしょうか?
 
mkamaa.jpg mkamatamayama.jpg
釜玉山550円。レシートでは釜玉うどん450円に+山芋100円という内訳になっていました。
前回もこれを頂いたので、カレーうどんとかカレー釜たまなど他のメニューにも挑戦したかったのですが、ついついこれを頼んでしまいました。だって、おいしいんだもんわーい(嬉しい顔)
こちらのおうどんは見た目も美しいです! 黄みがかって小麦の香りがする麺は、見ただけで弾力が想像出来そうなくらいの存在感があります。
よく混ぜて、特製の甘くてうま〜い出汁醤油を少しずつかけながら頂きます。
うまい! うまいよ!! 山芋とろろに包まれた釜玉うどんは、やさしいおいしさで、つるっつると入っていきます。でも、やさしいだけじゃない! おうどんは勿論モチモチとコシがあっておいしい。山芋は卵と合わさっても味わいが強く主張する、普通の山芋よりも結構味の濃いもの。辛みが好きなので、ワサビがちょっと少ないかな? でも、本当においしいです。釜玉では、今まで食べたお店の中で一番おいしいかも。

mhiyaka.jpg mhiyakake.jpg

ひやかけ350円にうどん大盛り100円+きつね100円で550円。
大盛りうどんにデ〜ンとのったトッピングのお揚げが立派で、迫力あります!
薄い醤油色に透きとおったお出汁をひと口。うん、うん。おいしいよ♪
お揚げの下のうどんを箸で持ち上げようとしますが、おうどん自体に重みがあって、なかなか持ち上げられません。でも、ぐいぐい引っ張っても切れない! 
冷たいおうどんは更にシコシコでアルデンテ。たまらんです
お揚げはほとんど油揚げそのままの味わいでおいしいです。薄味で、おうどんと出汁の邪魔をしないし、冷やかけとも合う。食べ応えも満点でした。

mgoboten.jpg
もうひとつトッピングにゴボウ天150円を注文しました。
真っ白でフワフワの柔らかいカマボコのような白身魚のすり身の天ぷらの中に、
結構太いごぼうが入っています。ゴボウは歯応えが残っていておいしい。
初めて食べるホワイトゴボ天です。


温かくなってきたら、冷たいうどんに生卵+山かけの“月見山”を頂いてみたいでするんるん

本場さぬきうどんの作り方 本場さぬきうどんの作り方
そろそろ家でうどんを打ってみたい!

食べればやせる讃岐うどんダイエット 食べればやせる讃岐うどんダイエット
でた〜! 讃岐うどんでダイエットexclamation 確かに、低カロリーで体には良さそうです。そういえば、毎日おうどんを食べるようになってから、
全然風邪をひかなくなりましたわーい(嬉しい顔) 「讃岐うどんで風邪知らず!」本 本 出そうかな。

絶品うどん図鑑―首都圏で食べる讃岐ほか全国のご当地うどん 絶品うどん図鑑―首都圏で食べる讃岐ほか全国のご当地うどん 
食べ歩きにはこちらをお供に。

かわいい『丸香』2回目は。かわいい
かわいい『丸香』でヤケド『野らぼー』で内出血かわいい

レストラン『丸香』
東京都千代田区神田小川町3丁目16-1
定休日 暫定 日曜 祝日 土曜の夜
営業時間も変動があるそうです。お店の人に聞いてみよう♪

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 21:48 | 東京 ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | うどん

2006年03月06日

『薩摩 黒丸』黒毛和牛の肉うどん

kuromarug1.jpg汐留シティセンター1Fの饂飩・和牛飯『薩摩 黒丸』に初めて行きました。こちらはテイクアウトも出来、イートインコーナーも設けられたフードコートの中の一件です。
薩摩直送の食材を中心にした「ブラックフード」にこだわったお店で、黒毛和牛を特製のたれで味付けした「和牛飯とうどん」をメインに、夜は焼酎も頂けます。
私が試写会帰りに行った21時位には、飲み会グループ一組と、女性のお一人様が夕食されていました。


sakua.jpg kuromarukake.jpg
ベーシックに「ぶっかけ」から頂きます。
多めのつゆで見た目はかけうどん、冷やしうどんのように見えます。
具はネギのみ。うどんは固めで、つるつるだけど、うどん粉の味はあまり感じません。
ちょっとインスタントっぽい? “ゴンブト”とかのイメージです。
讃岐うどんと比べてしまいますが、うどんはあくまで普通ですね。
出汁は結構イリコが利いていておいしいです。

sakugyua.jpg kumagyuu.jpg
「特製黒毛和牛飯」が気になりますが、うどん好きとしては、まずはおうどんをということで「黒毛和牛の肉うどん」を頂きました。
おうどんは温かい物の方がもちもち感が増しておいしいです。そして、黒毛和牛の上手さに驚きます! 初め、固くてスジっぽい? と思ったのですが、一口、また一口と食べ進むうちに、噛めば噛むほど牛肉の旨味が溢れてきてちょっとびっくり!!
普段、あまり和牛を食べる機会がないので、久し振りに食べたせいもあるのかもしれませんが、和牛って、オージービーフとは全然違うんですね!?
改めてそのおいしさを知りました。

お茶が「血液サラサラに」なるという“黒豆茶”なのが嬉しいです。
他の丼メニュー「黒毛和牛飯」や「コラーゲンたっぷり黒酢角煮丼」、「枕崎産かつおのたたき定食」「黒ゴマからあげ定食」「チキン南蛮定食」などの定食メニューもおいしそうでとても気になります。遅いランチや早めの夕食に今後活用させて頂こうと思う、使い勝手の良いお店でした。

絶品うどん図鑑―首都圏で食べる讃岐ほか全国のご当地うどん 絶品うどん図鑑―首都圏で食べる讃岐ほか全国のご当地うどん

薩摩焼酎―奄美黒糖焼酎 焼酎ボトルに囲まれた店内。焼酎好きにはたまらないですビール

レストラン『薩摩 黒丸』
東京都港区東新橋1-5 汐留シティセンター103-6
営業時間 月〜金/11:00〜23:00(ラストオーダー22:00)
     土日祝/11:00〜21:00(ラストオーダー20:30) 無休

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 13:32 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(3) | うどん

2006年02月22日

『さぬきや』あん肝どぶ汁のつけうどん

sanukiyag1.jpg ankoudobujiru.jpg
お気に入りの讃岐うどん屋、高円寺『さぬきや』で「あん肝どぶ汁のつけうどん」(季節メニュー)と「山かけうどん」を食べました。

ankoutuyu.jpg ankimou.jpg

「あん肝どぶ汁のつけうどん」1,100円。
あん肝大好きの私としては、これは外せないメニューですね〜♪ ベーシックなおうどんか、前から気になっていた「舞茸クリームうどん」も食べたかったのですが、季節限定でいつ終わるかわからないという事で、あん肝うどんに決めました。
こちらは、あん肝をなめらかにすり鉢ですり、おつゆにといてコクをだした、味噌仕立ての温かいつけ汁に、温かいおうどんをつけて頂くメニューです。

まず、香りが凄い! あん肝の香りですよ〜。初め肉かと思った白身の魚は、あんこうでしょうか? あとは白菜、青海苔とネギが入っています。
こ、これは!? あん肝です! 濃厚なあん肝の風味がノドにも鼻にも広がって、うまいです!
味噌とバランス良く溶け合って、更に深い出汁が出ているような、初めてのおいしさ。初めてのあん肝どぶ汁体験です。おうどんも勿論おいしくて、おうどんとあん肝どぶ汁のおいしさを確認する為に、どんどん食べ進んでしまいます。箸の止まらぬおうどんでした。

sanukiyamakake.jpg yamakakeu.jpg

冷たいおうどんは「山かけうどん」950円。
まず、透き通ったつゆの美しさに目が留まります。山かけと混ぜないように、かけつゆだけを頂きます。うん。おっ!? 結構薄め。山かけのお出汁って、濃いめのイメージがあったのですが、とても優しくて繊細な薄味の冷たいかけつゆです。おいしい! 

冷たいおうどんは、温かい物よりも更にもの凄いコシで、噛み応えのあるしっかりうどん。透明で面がへこんだシコシコ麺です。小麦の香りがたつような、本当においしい小麦粉の味のするうどんです。うまい!
こちらの山かけは“つくね芋”を使っているそうです。普通の山かけとは全然違い、臭みがなくてさっぱりしています。かけつゆと、うどんと混ぜようとしてもなかなか混ざらずに分離するようなしっかりとした存在感。よーく混ぜて頂くと、またなんとも言えないおいしさです。
つゆが薄めなので、山かけの繊細な味わいがそのまま最後まで頂ける、本当にさっぱりあっさりした山かけうどんでした。

さぬきうどん偏愛(マニアックス) 私の讃岐うどんバイブルです! 『さぬきや』も『四国屋』『野らぼー』『一滴八銭屋』も、私のうどん道は全てこの本から始まりました!

絶品うどん図鑑―首都圏で食べる讃岐ほか全国のご当地うどん 恐るべきさぬきうどん―麺地創造の巻恐るべきさぬきうどん―麺地巡礼の巻
首都圏で食べるご当地うどんか、そろそろ、本場へ飛びますか!? こちら(おそさぬ)をお供にどうぞ♪

かわいい前回の『さぬきや』は、「醤油うどん」と「源平うどん」を食べました!かわいい

レストラン『さぬきや』All About
東京都杉並区高円寺南4-38-7
電話:03-3314-4488
営業時間 18時頃-23時頃
定休日 日曜日・祝日

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 02:05 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(1) | うどん

2006年01月30日

『四国屋』肉刻みとぶっかけうどん

sikokuyag.jpg最近すっかりB食グルメにはまってしまっていたので、久し振りに本物の讃岐うどんが食べたくなり、新中野の『四国屋』へ行きました! 讃岐うどんを食べに行くのも久し振りなら、『四国屋』はもう数年ぶりかも!? 以前来店時は常連風の、どちらかといえば年配のお客さんが多かった気がしましたが、今回は若めのカップルが多かったです。時間帯もあるのかな?

「肉きざみうどん」950円。
sinikukizamia.jpg sinikukizami.jpg  
さぬきうどん偏愛(マニアックス)」でも一番人気と紹介されていたので期待大です。
まず、お出汁を一口。うむむ・・・。うまい! イリコも強すぎず、鰹節も弱すぎず、優しくて、でもパンチのある、とにかくおいしいお出汁です!
色は透き通った黄金色で、醤油の色も味もほとんど感じません。塩味が利いて、でもしょっぱくなくて、後口が甘い! とにかく全てが絶妙なバランスで、何とも言えないおいしさなのです。そこへ更に肉質の良い豚肉と、優しいお出汁の邪魔をしない、甘くない油揚げの旨味が溶け込んで、更に深みが増しています。
讃岐うどんは、どちらかと言えばうどんが主役かと思いますが、お出汁がおいしくてその味を確かめながら飲んでいたら、おうどんよりも早く汁が減っていってしまいました。
おうどんも、もちろんおいしい! これ、これですよ! ツヤとコシとモチモチ感。初めて食べた時は「固い!?」と思った記憶がありますが、讃岐うどんを食べ歩くようになって改めて頂くと、そんなに固さは感じませんでした。

「ぶっかけうどん」700円。
sibukkakea.jpgsibukkake.jpg

冷たいうどんはぶっかけに。「ぶっかけ」は、鰹出汁の濃い口か、イリコ出汁の薄口か選べます。イリコの薄口にしました。おうどんが主張する讃岐うどんは、どんな食べ方で食べてもイケますが、「ぶっかけ」はまた格別ですね。薄口とは言っても、きっちりとイリコの利いたダシが固めのコシコシうどんとよく合って、冷たいうどんの醍醐味をたっぷりと味わえる、幸せのぶっかけうどんです♪

「いなり寿司」250円。
siinaria.jpgsiinari.jpg
こちらのいなり寿司は、もの凄く大きくてインパクトがあります。
以前来店時も気になっていましたが、その後この稲荷が凄くおいしいという噂を聞くにつけ、悔しい思いをしていたので、今回は真っ先に頼みました。
一個250円って、高いかな? とも思いましたが、このボリューム、伝わりますか!?
とにかく大きいです! 長さ10cmはあります。幅も、高さも普通のいなり寿司の比ではありません。そして、食べてみてまたびっくり! 大きめのシイタケ、タケノコがゴロンゴロンと入っていて、お酢が強く利いていてとてもおいしいのです。私は酢飯が大好きなので、この酢のよく利いたお稲荷さんがとっても気に入りました♪ ひょうたんのお皿も可愛い。

おうどんは温かい出汁つゆがとてもおいしく、より印象に残りました。
ランチもやっているらしいので、昼に夜にと通いつめたくなる、幸福の黄金色のうどんでした!

さぬきうどん偏愛(マニアックス) 私の讃岐うどんバイブルです!

絶品うどん図鑑―首都圏で食べる讃岐ほか全国のご当地うどん 恐るべきさぬきうどん―麺地創造の巻恐るべきさぬきうどん―麺地巡礼の巻
そろそろ、本場へ飛びますか!? こちら(おそさぬ)をお供にどうぞ♪

レストラン『四国屋』
東京都中野区本町4-36-3
TEL 03-3380-4598
営業時間 11:30-15:00 18:00-翌2:00 売り切れ仕舞い有り
休み 日曜祝日
アクセス 営団地下鉄新中野駅徒歩8分中野通り沿い

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:14 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | うどん
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。