2006年01月05日

『たわらや』京都のおうどん

tawarayag.jpg京都、北野天満宮で初詣した後に食事する店を探し歩きました。
TO-FU CAFE FUJINO』は凄い行列で諦め、他にもお目当てのお店がお休みだったりしてあてもなく彷徨っていると、何と、行ってみたかった“一本うどん”で有名な『たわらや』を偶然発見! やった〜♪ 二組並んでいましたが、築400年の町屋をいかした、井戸の残る風情ある店内でゆっくりと待つことにします。

tawarayat.jpg天井が高く、柱は黒光りして歴史を感じさせます。京都の古い家屋は本当に素敵ですね。
店内には有名人のサインが沢山。そして、またもや“まいう〜!”「でぶや」の文字を発見!
京都に来てまで「でぶや」の店に出会うとは!? そんなに大食いの店ばかりに行っている訳でもないのに……。
“一本うどん”とは名物“たわらやうどん”の事で、太さ約1cm角以上、長さは50cm以上あるという太くて長いうどんが一本だけ、出汁に入っているという物らしいです。TVや雑誌等で見かけてから凄く気になっていました。
しかし、元旦の2時過ぎは遅かった! 限定という事ですでに売り切れてしまっていました。残念!もうやだ〜(悲しい顔)

tawarayak.jpgきつねうどんです。
お出汁は薄味、でも丁度良い甘さ加減でとてもおいしいです!
おうどんもモチモチでおいしい。少し太めの優しいうどんです。
お揚げは甘めですが、甘過ぎずバランスの良いお味でおいしかったです! 

tawarayateka.jpg天釜うどんです。
こちらは釜揚げうどんと天ぷら。
釜揚げうどんはあっつあつのモッチモチ! 薬味のゴマ、ネギ、ショウガを入れたこの熱々のつけつゆが、本当に凄くおいしいんです!! 色は黒くて濃いのですが、そのまま飲めるくらいの濃さで出汁が利いていて、釜揚げうどんとよく合って本当においしかったです♪ 天ぷらは海老の小さい物が2つとさつまいも、大葉、海苔。天つゆ(写真右下)が結構な薄味だったので、おうどんのつけつゆにつけながら食べました。海苔の天ぷらがおいしかったです。
次回京都へ行った際には是非“一本うどん”に挑戦したいです!

三度目からの京都通本 タイトルが京都好きの心をくすぐります。

京のめん処 馴染みのうどん・そば屋さん 京のめん処 馴染みのうどん・そば屋さん

レストランたわらや
京都市上京区北野天満宮前下ル
電話 075-463-4974
営業時間 11:00〜16:00(L.O.15:30)
定休日 不定休(火曜は要確認)




ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 21:50 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | うどん

2005年11月20日

『つるとんたん』TOKIAトキア

tokia.jpg有楽町の試写会前後のお食事に、とても重宝しそうなビルが出来ました!
丸の内の“東京ビル<TOKIA>”トキアです!
住所は丸の内2-7-3ですが、ビックカメラから、国際フォーラムの間を通って渡った所なのでほとんど気分は有楽町ですね。
ピンクのコウモリ以外は普通のオフィスビルな外観です。
時間は4時過ぎ。お目当てはカレー専門店の『インデアンカレー』それなのに!
11:00〜22:00の通し営業のはずが、準備中!?「5:30から営業」の手書き張り損が。
ショック!!もう一つのお目当て大阪お好み焼き『きじ』も準備中!?
こちらも通し営業のはずですが、まだオープンしたてで軌道に乗っていないのでしょうか。
気になった立ち飲み屋『赤垣屋』も、外にまで行列が! え〜!?立ち飲みやに並んでるってどうなの??

という事で、もう一つ気になった大阪のおうどん屋さん『つるとんたん』に行きました。
サンプルメニューの丼の大きさにまず度肝を抜かれます。2人で一つのおうどんを食べている女性客もいました。

長考した末に頼んだのは、“きつねのうどん”“鴨汁うどん”
kitune.jpg
“きつねうどん”は、大きな丼に浮かぶこれまた大きなお揚げさん!
シンプルだけど迫力あります。
お出汁は、優しい柔らかいお味。ほんのり甘くて美味しいです。
おうどんがつるつるのモチモチで、透明にピカピカ光る美しい麺。美人うどんです。讃岐うどんとはまた違うモチモチ感は、もの凄いです。
お揚げは丁度良い甘さ加減で美味しい! ユズの皮の千切りも利いてさっぱり頂けますね。始めは「でかっ!」と思うのですが、よく見てみると、うどんの量は案外少なめ?かえってお出汁の量が普通よりも多いのでは? という印象でした。

丼の写真だけだと大きさがよくわからないと思うけれど、実際はこんなです。
da.jpg 顔3つ分???

kamou.jpg
“鴨汁うどん”は、冷たく締めたうどんと、温かいつゆで頂きました。
締められたおうどんは更に四角くエッジが立っているのに、口当たりがとっても優しく柔らかいです。
冷たい麺は更につるっつるに、モッチモチなります。喉ごしも良くて美味しいです。
ただ、こちらもひと玉だと少し量が少ない印象。大きなお皿のせいですね。

kamo.jpg
鴨汁は濃いめなのでうどん湯が欲しいところです。鴨は脂ののった大きな肉が4,5個入っていて凄く美味しかったです。

他のメニューでは“海老、アスパラのクリームうどん”“カレーうどん”が美味しそうでした。
店内もお洒落で、うどんの量やメニューなどからも女性向けという感造ですね。
イメージの中の“京女のおうどん”です。あくまでイメージで。
ホワイトクリーム系のおうどんは凄く美味しそうでした。次回頂きたいと思います。

きつねうどん口伝きつねうどん口伝
大阪船場の元祖きつねうどんの店、松葉屋主人が明かす美味のテクノロジー。
グルメ本としても読み物としても楽しめます。レシピも公開しています。
[大阪]「今井」浪花風味きつねうどん詰合せ[大阪]「今井」浪花風味きつねうどん詰合せ

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 01:21 | 東京 ☁ | Comment(8) | TrackBack(2) | うどん

2005年10月29日

『たれ半』にやっと行けた!

oden.jpg半蔵門の試写会帰りに、食べる所を探していると、なんと目白の讃岐うどん屋『たれ半』が半蔵門にも出来ていた事を発見!早速行ってきました。
時間は10時頃。丁度2席だけ空いていてすぐに入店出来ましたが、私達の後から何組か入店出来ずに帰っていきました。ラッキー!
メニューを見ると、おつまみが充実していてどれも美味しそうなものばかり!
とりあえずおでんと串揚げを注文します。
おでんは“じゃがいも”“すじ肉”“ゴボウ天”をチョイス。
スジ肉は固まりでなく薄くてペラペラの物でしたが、トロトロで柔らかくて美味しい!“ゴボウ天”も美味しかったです。

kusiage.jpg串揚げは、“レンコン”“キスのシソ挟み揚げ”
レンコンはまるで里芋のような粘りがあって驚きました。
茹でてから揚げてあるのかな?
“キスのシソ挟み揚げ“はあっさりしていて美味しい!
ただ、ソースだけでなく、練り梅や抹茶塩なんかの方が合うかもなという印象です。
モンドヴィーノ」を観た後だったので、焼酎が揃うお店でついワインのデキャンタを頼んでしまいました。

buttama.jpg
シメのおうどん。悩みましたが、美味しいと評判の“ぶったま”、ぶっかけうどんに温泉卵が入った物を頼みました。
まずは温泉卵をつぶさないように、一口おうどんとお出汁を頂きます。
お出汁は甘い醤油だしで、結構濃い感じです。
おうどんは、透明感が強くて灰色っぽく見えるような、へこんだ麺で、ツルツル、もちもちで美味しい。 それからレモンを搾り、卵をつぶして、大根おろしを混ぜ混ぜして頂きます。
うん、美味しい! 今までに冷たいお揚げを食べた記憶がなかったのですが、甘く出汁がしみたお揚げは凄く美味しかったです! 最近ぶっかけや生醤油うどんに生卵を混ぜて頂くのがお気に入りです。
麺はモチモチして美味しいのですが、もう一つパンチが足りない気もしました。
でもこの具と味で夜¥480! 昼は¥430。 このお値段なら納得! 安すぎるかも!
もう一つの温かいおうどんは悩んだ末に“すじこんうどん”¥680にしました。
“素うどん”か“きつねうどん”と悩んだのだけど、おでんのスジ肉がとても美味しかったので、かけにするならとこちらに。

sujikonudon.jpgこちらのスジ肉が、おでんのスジ肉よりも大きな固まりの、スジ!って感じの肉で、少し固い部分もありましたが、食べ応えは満点。
おでんよりも甘めの出汁に浸かったスジ肉もまたとっても美味でした! 
あと、コンニャクがよくあるスジ肉と一緒に煮込んだ物ではなくて、普通のコンニャクが乗っていて初め驚きましたが、食べてみて更にびっくり。
色が薄くて、ただ湯がいただけのようにしか見えないコンニャクですが、これ、凄く味がするんですね! 初めは何の味なのかわからなかったのですが、もしかして塩を利かせて茹でてあるのかな? そのまま、コンニャクだけ食べても充分美味しく頂けちゃうような、そしてうどんと一緒に、お出汁と一緒に頂くとこれがまた合うんですね! 意外な発見でした。

あとは、おでんでも頼んだゴボウ天がうどんにもスライスして入っていて驚きましたが、こちらもおでんとはまた違った味と柔らかさで美味しかったです。

うどんの麺は、冷たく締めた物よりも温かい麺の方がモチモチ感が際だって合うような気がしました。お出汁も、少し甘めで濃いめで、自分の中の“讃岐うどん”のイメージとはちょっと違いますが、これはこれで美味しかったです。

うどんを目当てに行ったのですが、おつまみの充実ぶりが嬉しかったです。
半蔵門で食事なら間違いなくここ!ですね。目白店にも行ってみたいし、お昼にも行きたくなりました。


絶品うどん図鑑―首都圏で食べる讃岐ほか全国のご当地うどん絶品うどん図鑑―首都圏で食べる讃岐ほか全国のご当地うどん
さぬきうどん偏愛(マニアックス)
この本片手に美味しいさぬきうどんを食べ歩こう! 何度も何度も読み返して、ほとんどのお店情報は頭の中にインプット! お世話になってます。

レストラン『讃岐庵たれ半』半蔵門店
〒102-0082 東京都千代田区一番町10 ウエストビル1F
TEL 03-3263-1168
営業時間 11:30〜14:30
     17:30〜24:00(L.O.23:00) 日曜定休

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 23:19 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | うどん

2005年10月16日

改装後初の高円寺『さぬきや』

高円寺『さぬきや』が改装の為に休業してから「『さぬきや』もうやってるかなあ」とよく話していました。
近くへ行く予定があったので改めて調べてみると、2004年の12月からプレオープンしていたという事実が判明!
やっていたのかー! では、早速行ってきま〜す♪

実は5時頃に『青葉』中野本店でラーメンを食べたところ。
そんなにお腹は減ってないけれど、美味しいさぬきうどんならいつでも食べられます。
まず、冷たいうどんは“醤油うどん”
syouu.jpg美しいですね。美味しいうどんは食べる前からワクワクドキドキします。
親父さんから「醤油は一度に全部かけると辛いから、まずは半分かけて食べてから、半分食べたら今度は卵を混ぜて食べて」と丁寧に説明がありました。
言われた通り、濃い口醤油を半分弱くらいかけて混ぜます。
うどんが重い! しっかりと重量感があって、粘りもあるのでやすやすとは箸が持ち上がりません。

一口食べると、うどんが美味い! このうどんですよ。食べたかったのは。
強いコシとうどん粉の味。醤油は舐めてみると結構甘みが強くてさっぱりした味だったので、全部かけました。
syouyuu.jpgこのツヤ! 麺の輝き! エッジが立って、面は少しへこんで見えます。
ミョウガもいいですね。卵黄を足して混ぜて食べると、滑らかになりますが、そんなに劇的な変化は感じなかったです。
うどんが全てという感じでしょうか。何を入れても、負けないうどん。何と合わせても美味いうどんです。

genpei.jpgもう一品、温かいうどんは
“源平うどん”に。
きつね、刻み、霜降り和牛うどんと悩んだ末、お揚げとかまぼこ、牛肉が少し入っているという“源平うどん”に決めました。
まず驚いたのは、牛肉。生の物をうどんの上にのせただけ! レアです。
こうやって出て来るとは思わなかったので、びっくりしたけれど、それ程良いお肉という事ですね。
写真でもわかる通り調味もされていません。おそらく他の一品メニューでも使われている和牛だと思うのですが、無茶苦茶美味かったです! 
久し振り過ぎてさぬきやの出汁の味を忘れていたのですが、その味にも驚きました。
イリコとか魚系の出汁が強く主張しない、甘くて優しい味。
最近よく食べていたような“さぬきうどん”の味を想像して食べたら、大分違う印象を受けました。何の味とか説明出来ないのですが、とても美味しいです。
うどんも美味しい。出汁も美味しい。かまぼこも美味しい。お揚げも美味しい。お肉も美味しい。
とてもバランスの良い、優しいおうどんだなあと思いました。

“舞茸クリームうどん”“地鶏煮込みうどん”というパスタ感覚の変わりうどんもあります。
以前“地鶏煮込みうどん”を食べたことがあるのですが、ニンニクをバターで炒めるようで、厨房から「フレンチ? イタリアン??」というようなもの凄く洋風な良い香りがしてきます。
次はこれかな!?

レストラン『さぬきや』All About
東京都杉並区高円寺南4-38-7
電話:03-3314-4488
営業時間 18時頃-23時頃
定休日 日曜日・祝日

ネットで買える本場のさぬきうどんと言えば『亀城庵』!
●お鍋に最適!極太・讃岐うどんセット(10袋入り)
●お鍋に最適!極太・讃岐うどんセット(10袋入り)

茹でるのも面倒ならコレ! 
レンジでチンするかき揚と味付お揚げを乗せた具付きのうどんのセットです。
レンジで 本格讃岐うどん 計10食レンジで 本格讃岐うどん

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 04:13 | 東京 ☔ | Comment(10) | TrackBack(4) | うどん

2005年09月04日

新橋『かおりひめ』“ひしおみそうどん”

本来の予定ならば、映画の前、昼ご飯に『ジャポネ』か『さか田』、映画の後、試写会の前の夕方に、昼『さか田』なら『ジャポネ』か、とか予定していたところ、昼12時台の『ジャポネ』はもの凄い行列で無理、『さか田』は休業日! もうお店で食べる時間もなくなってきたので、国際フォーラムまで戻り、ネオ屋台の『『パパガヤデリ』でファラフェルを食べた。

そして、映画を観て、さらに夜の試写会の前に何か食べておこうかという事になった。
“ファラフェル”が、見た目よりも意外に食べ応えがあり、腹持ちが良くて、あまりお腹はすいていなかったのだけれど、おうどん位なら食べられるというお腹状況により、新橋の「香川・愛媛せとうち旬彩館」二階『かおりひめ』へ。

前回から一週間でまた来てしまった。
新橋近辺は、沢山食べる所がありそうでいて、ランチに行こうと思うとなかなか適当なお店が見つからない。
会社員がわんさかと入っていく居酒屋とか、どうなんだろう? とちょっと気になりながらも、なかなか後をついて入店する勇気はないし。

新橋近辺のランチで良いお店があったら情報をお寄せ下さい!
kaorihimehisiomiso.jpg気になっていたランチの定食コースを食べる程ではないので、何となく、普段では頼まなそうな、“ひしおみそうどん”と、定番の“ぶっかけうどん”。

“ひしおみそ”って、何か全然わからなかたのだけれど、食べてみると、“もろきゅう”のあの味噌だ! わさび漬けとか、発酵した感じのお味がちょっと苦手なので、初め恐る恐る頂く。
ちょっとクセがあるものの、このお味なら全然いける。
普通に美味しく頂いた。

ただ、初めからあまりお腹が空いていなかったので、空いていたらきっともっと美味しく頂けただろうと思う。うどん職人さんごめんなさい!

kaorihimekijyo-yu.jpg“ぶっかけうどん”は、うどんに乗ると苦手な大根おろしが乗っていたけれど、こちらも美味しく頂いた。ここの大根おろしは美味い! 安心して“ぶっかけ”、“生醤油”うどんが頼める、私にとってはまれな店。

でも、先日頂いた、“生醤油うどん”の、生卵の絡んだお味が忘れられない。
ここで冷たいうどんを食べるなら、迷わず“生醤油うどん”をお勧めする!


kaorihimekaiage.jpg天ぷらは、“ゴボウ天”と“海老かき揚げ天”。
実物を見て、あー、オーダーかぶった! と思った。
“ゴボウ天”って、“かき揚げ”状のゴボウか。普通そうなのかな?

ちょっと油っこい感じもしたけれど、普通に美味しく頂いた。
“海老かき揚げ”の海老は、大きめの有頭海老で、海老大好きの私としてはとても嬉しかった。

ここはうどんメニューが4時半までという事もあるのか、5時前にお客さんがどっと入ってきて結構混んでいた。

夜も昼と同じうどんメニューを、量を減らすか値段を割り増しするかしても、是非提供して欲しいと思う。きっとうどん目当ての客が沢山来ると思うんだけれど。

レストラン新橋の「香川・愛媛せとうち旬彩館」二階『かおりひめ』HP

さぬきの夢2000生うどん香川県産小麦100%使用!香川・高松市 ≪さぬき麺業≫『かおりひめ』でも使用の小麦粉使用。
さぬきの夢2000生うどん香川県産小麦100%使用!香川・高松市 ≪さぬき麺業≫
麺通の間でも有名な「さぬき麺業」の“生”さぬきうどん!
美味い!!

矢野味噌 ひしお500g名前が良いです。“矢野味噌 ひしお”

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(1) | うどん

2005年08月20日

新橋『かおりひめ』

ずっと行きたかった、新橋の「香川・愛媛せとうち旬彩館」二階『かおりひめ』へ試写会前に。

一階が香川・愛媛の特産品ショップで、二階が郷土・せとうち料理の『かおりひめ(香媛)』。
一階のショップでは讃岐うどんやお出汁を買った事があったが、こちらはランチでしかうどんメニューがないと聞いていて、夜にしか来る機会がなかったので今まで入った事がなかった。
P1000033.jpg

うどんを食べに来たのに、夏限定メニュー”宇和島丼セット”の写真がとても美味しそうで、小うどんもついているし、ひとつはこれにする。
“宇和島丼セット”は、「伊達アジのタタキ」「釜揚げしらす」「じゃこ天」がのった海鮮丼で、ショウガ醤油を回しかけて頂く。
アジの赤身がとても綺麗。釜揚げしらすも美味しい。じゃこ天も嬉しい。箸が止まらなくなり、小うどんの存在を一瞬忘れる。

小うどんは、ちょっと関西風お出汁? 色が薄い醤油色で、お味も普通だった。
うどんは四角くて端が尖ってねじれている。うどんはまあまあ。海鮮丼の方が美味しかった。

もう一つは冷たいうどん、“生醤油うどん”。
生卵がのっている生醤油うどんを見たのは初めてなので挑戦してみる。

P1000034.jpg

生卵と大根おろしってどうなの? と思いながら、よく混ぜて、出汁しょう油を少しずつかけながら頂く。
これが、うまいっ!!
ぶっかけうどんや生醤油うどんの大根おろしのパサパサ感が苦手な自分にとって、プラス生卵というのはとてもよい効果をもたらすようだ。
うどんと、おろしと、生醤油とが生卵を介する事で混ざり合って、更に旨味を引き出している。

こういう食べ方もあったのか! その美味しさに感動した。
おうどんも、冷たい方がずっと美味しい。冷たいうどんの方が麺が太い気がする。

これはまた食べたくなるし、家で生醤油やぶっかけをする時に是非真似してみたいと思う食べ方だった。

他の昼メニューでは、要予約のお昼の献立・ひゅうが飯セット・鯛茶セット・ミニ会席コースなども気になる。
かおりひめの定食・釜揚げたらいうどんとあられ丼・本日瀬戸内さしみ定食(ミニうどん付)・ 讃岐豚カツ重とミニうどん などもグッとくる。

鯛飯や鯛茶、夜の一品料理もどれも美味しそうなので、是非また行きたいと思う。
ただ、なぜ夜はうどんメニューを提供しないのか、とても疑問。
うどん職人さんが帰ってしまうのか? 夜でもうどんを食べられるようになると嬉しい。

帰りに一階のショップで「鎌田商事 低塩だし醤油 200ml」としじみスープを購入する。

しじみスープは、rabbitpoleさんの「毎日がシンクロニシティ」記事を読んでから無性に飲んでみたかった物。愛媛のものだったとは。これ、好きなだけパッとお湯に入れて飲めるのでとても重宝する。
ちょっと汁物が欲しい時、一人の食事に。しじみスープは滋養が豊富だそうで、酒飲みにも有り難い。

だし醤油は、本当はもう少し大きな瓶の、「だし醤油売り上げナンバー1!」の物が欲しかったけれど、試写会前だったので、荷物にならない小さめの物に。

これで、家で作ったざる、生醤油、冷やかけうどんを食べてみた。
だし醤油だけでこんなにいつものうどんが美味しくなるなんて!
めんつゆとは全然違う、甘くて深みのある優しい味。
美味しいだし醤油って本当に美味しいから、よくうどん屋さんでもお皿に出して箸につけて舐めたりしている。醤油だけで酒が飲めそう。

そのままかけ醤油としては勿論、濃縮なので、 2〜3倍にうすめて天つゆやめんつゆに、5〜6倍にうすめてかけつゆやお吸い物にと、200mlでも結構長持ちして何にでも重宝する。

お料理にひと味足りない時に、またいつものうどんや料理をもっと美味しく頂く為に、これからは脱・めんつゆして、だし醤油を使おうと思う。

鎌田商事 低塩だし醤油 200ml美味しくてしかも低塩。

特別の製法で仕上げた風味絶佳の味わいエーシン しじみスープ 80g
しじみスープ

ブログランキングに登録しました!→人気blogランキングへrbanner.gif


posted by bakabros at 04:08 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | うどん
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。